個人的にお気に入りのドライブのお供。

スポンサーリンク

何度か当ブログでご紹介しているように、私は320dツーリングでオートキャンプに行きます。キャンプで星空を観察したい!という事で手に入れたモノが、意外と通常のドライブでも威力を発揮するのでご紹介します。

スポンサーリンク

まず先に申し上げておきますが、今回はクルマの話は全然出てきせん。BMWのノベルティの話は出てきますが。

それは双眼鏡。

いきなり結論を言ってしまいました(汗)。

星空を見るんだから望遠鏡じゃないの?とお思いかも知れませんが、一応理由があるんです。

望遠鏡は確かに星空観察に向いています。というか、それに特化しているので当たり前といえば当たり前です。ですが素人考えながら、それにしか使えませんよね。

その点双眼鏡なら普通に景色を見るのにも使えます。ですがこれを星空観察する場合に望遠鏡とは決定的に違うことが。

脚です。固定しないと星がよく見えません。

ですが、双眼鏡って三脚に固定できるんですね。知りませんでした。これなら星空観察にも問題ありませんし、景色を見る時には三脚から外せばいいので好都合です。三脚なら持ってます。子供の運動会や学芸会でビデオをとるのに必須なんですよね。

で、何を買えばいいんでしょう?

正直、全く見当がつきませんでした。色々調べまくってみると、以下のような条件が必要なことがわかってきました。

  • 双眼鏡であまり倍率が大きすぎると使いづらいらしく、8倍くらいがバランスが取れていて良さそう。
  • 星空観察には明るくないとダメ。8倍なら42くらい(8×42などと表記してあるもの)は欲しい。
  • ポロプリズム式とダハプリズム式がある。ダハプリズム式はスラッとした今時の双眼鏡で持ちやすいが、ポロプリズム式に比べると若干暗め。ポロプリズム式はいわゆる古典的な双眼鏡の形のもので、嵩張るが明るい。アウトドアで動き回ることを考えると嵩張るのはちょっと・・・。
  • キャンプへ持参することがあることを考えると、夜露を防ぐために防水であったほうがいい。
  • 三脚固定は必須!別売りのアダプターで対応も可。

ですが、具体的に商品を調べれば調べるほど何を買えばいいのかわからなくなります。。っていうのは、値段が違いすぎるんです。表面的な「何倍」とかだけを見ると一緒なのに、それこそ10倍以上の値段の差があったりします。大体、どこのメーカーのがいいんでしょう?

光学機器といえば・・・カール・ツァイスですかね?日本だとニコンとか?後、望遠鏡ではよく見るVixenというのもありますね。これは日本のですか。へー、スワロフスキーのもあるんですね・・・って激高!

でもカールツァイスの光学機器なんて憧れますよねー。エントリーモデルでいくらくらいするんでしょう?

 

こ、これがエントリーモデルの値段ですか・・・。2万円くらいだったら高いですけど即買いしようと思っていたのに・・・あっさり諦めて他を探します。というか、実際に手にとって、覗いてみないとわからないですよね。というわけで、某巨大カメラチェーン店へ向かいました。

そこで双眼鏡・望遠鏡コーナーに向かうと、ポツンと1人店員さんが立っています。早速かくかくしかじかと用途を話しました。

店「これがオススメですかねー。」

と、鍵のかかっている戸棚から青い双眼鏡を持ち出しました。

ちょいお待ち。それはあのエントリーモデルとは思えない値段のカールツァイスじゃないの。そりゃ欲しいけどさ。

激しく突っ込んじゃいましたよ。心の中で。

私が迷っていると、何やら店員さんが一心不乱に外の陳列棚に並べてあった他の商品を手に取ってカールツァイスと覗き比べているようです。何しているんでしょう?と思っていたらこちらに向き直って、

店「やっぱり。私はこっちの方が明るいと思います。実は一押しはこちらなんですよ。ツァイスはいいですけど、三脚に付けるアダプターも高くて28,000円しますしね。こっちなら最初から付いていますよ。」

と言って私に渡してきたのがこれでした。

 

おお、Vixenじゃないですか。しかもコールマンとのコラボモデル。

受け取ってみると、中々ズッシリとして覗き込んだ時に安定感がありますね。しかも、確かに店内の遠くの方を見てもカールツァイスと遜色ない見え具合。

他にもニコンも一応見せていただきましたが、なんか視界が若干黄色がかっているような気がして好みではありませんでした。キレイには見えるんですけどね。

 

後は価格.comで評判が良かったKowaも試して見ました。安いのに結構いい感じな気がしましたが、店員のおじ様は渋い顔で首を横に振っています。

 

店「お客様の用途を考えるとオススメできません。今は明るいところで見ているので違いがわかりませんが、夜空を見上げると如実に違いが出ます。」

なんだかめちゃくちゃ説得力ありますね。そういうところが値段の差なんですね。

店「このVixenは間違いないですよ。これが出た時は結構衝撃が走ったものです。光学機器メーカーがこのくらいのものを出すと50,000円は下りません。」

なるほど。私もそれには納得できます。という訳で泣く泣くカールツァイスを諦めて(ホントはホッとして)Vixenを購入したのでした。

実際に使用してみて

これはもう、あの店員さんに大感謝です。ちょっと気難しい店員さんでしたが、それはプロとしてのアドバイスだったんですね。

買って大正解。ものすごくハッキリクッキリ見えます。もう、月なんか見た日には眩しく感じるくらいです。

試しに買ったその日の夜に道端で見てみたのですが、肉眼で見るよりも明るく見えて、クルマのナンバーなんかはっきりと字が読めます。

もちろん昼間も使用していますよ。お出かけの時にちょっと助手席に乗っけておくと、結構いろいろな場面で威力を発揮します。

例えば、観覧車に乗った時とか。羽田空港近くで飛行機が見れるポイントとか。肉眼では発見できない飛行機まで見えて、羽田の空の混雑っぷりがよくわかります。

子供にも見せているんですが、結構楽しんでいます。何せ、普段から観光地とかにある、あの100円で3分見れる双眼鏡はもれなく見たがる子ですので。でも残念ながら星空観察の機会はまだないんですよね。

ところで!

先日1年点検でToto BMWさんにうかがった時に、いつの間にか息子がノベルティでいいものを貰ってたんですよ。息子が飛んで私のところまできて教えてくれました。

「おねーさんがこれくれたよ!」

image

これ、結構本格的です。ちゃんとレンズにコーティングまでしてあるんですよ。しかも子供の手にぴったりのサイズ。

Toto BMWさん、本当にありがとうございます。こんなのいただいてしまっていいんでしょうか?そういえばどこかでなにかのキャンペーンをやっていたときの来場記念ノベルティとして双眼鏡をくれるようなことをBMWのHPか何かで見たことがあるのですが、それですかね?

とはいえ、何度もお礼を言ってしまいました。それにしてもなんてタイムリーな!

思わぬところで自分専用の双眼鏡を手に入れた息子は大喜び。探検隊気分で首にぶら下げていて、時々覗いてます(笑)。やっぱり好きなんだねぇ。よかったね。

まとめ

子供の頃、一度は双眼鏡ですとか望遠鏡にちょっとだけ憧れることってありますよね。なんだか今更私はそれが噴き出してきた感じですが、ちょっとしたドライブでも持っていくと重宝します。

先週末日帰り温泉に行った時も、富士山があまりにキレイだったので、肉眼でも双眼鏡でも眺めを楽しんできました。

興味のある方は一度ご検討されてみてはいかがでしょうか?

では、今回はこの辺で失礼します。ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク