BMW推奨は9時15分?!ステアリングの保持位置はどこがいいのか?

今日、ネットでニュースを見ていたらふと目についたニュース記事がありました。そんなに深刻に考えたことはない方も多いかとは思いますが、ステアリングの保持位置についての記事です。昔の話になりますがちょっと思い出したことがあるのでご紹介します。

スポンサーリンク

「9時15分」と「10時10分」

これは教習所でも習いますよね。要するに、ステアリングの直径上の真横を保持するか、そのちょっと上を保持するかということでして、それ以上の説明は必要ないでしょう。

基本的に、クルマのステアリングもそうした保持位置を想定しているデザインになっていますよね。3本スポークでも4本スポークでも、まず真横に2本が走り、下が真っ直ぐ1本か、斜めに2本かの違いだけです。

3本スポークはスポーティ

3本スポークと4本スポーク、どちらがいいというのはないのですが、一般的には3本スポークはスポーティなクルマに多いですね。

例えば、メルセデスは通常のモデルでは4本スポークでもAMGラインになると3本スポークですし、アウディも基本は4本でSラインは3本です。

翻って我らがBMWはというと・・・M Sportでなくとも3本。過去には4本スポークのステアリングもありましたが、今は全て3本ですね。さすがはスポーティさがウリのクルマです。こういう細かいところが、オーナー心をくすぐるんですよね。

実を言うと、この「3本か4本か」は、私が車種を選ぶ上ですごく大事なポイントだったりします(笑)。

「え?!そんなこと?!」って思われますよね(笑)。ホントです。決定打にならないにしろ、他がかなり良くても4本だとテンションが下がり、減点ポイントになります。繰り返しになりますが、いい悪いではないんです。完全に見た目の好みだけの話です。

脱線しましたね。さて、そんな私のお気に入りのBMWの3本スポークのステアリングですが、よく見ると、ちょっと盛り上がっているところがありますよね?

これは「サムレスト」と呼ばれていまして、名の通り「サム(親指)」を「レスト(休ませる、置く)」するところです。

つまり、BMWが、「ステアリングを握ったらここに親指を置いてね。」と教えてくれています。

これはi8ですが、シルバーの線が湾曲しているのでわかりやすいですね。

318i M Sport。

ALPINA B3も。

ここまできたら、ALPINA B5も(笑)。

残念ながらStandardにはサムレストがありません。これは318iのStandardです。

で、このサムレスト、言われた通りこの出っ張りに親指を添えると、見事に9時15分の位置で保持することになります。私は手が大きい方なので、大きなドイツ人サイズでもピッタリですが、もしかしたら手が小さい方は9時15分より少し上になるかも知れません。

と言うわけで、私は素直にBMWの推奨に従って、9時15分の位置で握っています。

スポンサーリンク

10時10分が悪いわけではないですが。

私が読んだ記事では、教習所では今どの様に教えているのか、現役教官にインタビューしていました。

それによると、10時10分の握りは、元々はパワーアシストがない時代、ステアリングを切るのに力が必要だった時代に、力が入れやすいと言うことでステアリングの保持位置として教えていたものだそうです。

だからと言って、10時10分の保持位置を現代では否定するものではなく、背の高い人などはその方が楽だろうと。心臓より高い位置に腕を置いていると疲れやすいというデメリットもあるので、人それぞれだろう、と言うことでした。

これに対して、BMWドライバー・スクールのチーフインストラクターの菰田さんの本では、9時15分を推奨しています。菰田さんが教えるステアリングワークは独特なのですが理にかなっており、私はこの教えを守っているんですよね。

詳しくは省略しますが、要は緊急回避時を考えてのことです。考えてみてください。大きくステアリングを切って緊急回避をする場合に、あなたはどうステアリングを切りますか?

例えば左に大きく回避!と言う場合、左手で引いて切る方ってあまりいないのではないでしょうか?停車している時に、実際にステアリングを切らないまでも(据え切りは良くないですからね。)、可動範囲を確認してみてください。

この時、左手でステアリングを切る動作をすると、下の辺り、太もものところで詰まってしまいませんか?

本能的にこれをわかっているので、大抵の方は右手で「押し回す」はずなんです。

実際、私は若い頃にやらかしまして、免許取得後1年以内に違反点数3点以上累積したら受けなければいけない講習に参加させられました。いえ、参加させて頂きました(笑)。自宅から程遠い教習所を指定されたのですが、これが意外と面白くて役に立ったんです。

殆ど懲罰なので1日中隙間なくスケジュールが組まれていましたが、実技もありました。この中に、緊急回避トレーニングがあったんです。

教習車のマークⅡのセダン(よく見るハードトップではない方です。懐かしい!)で40km/hまで加速して正面のパイロンに向かい、直前で教官が「右!」などと叫んで、その方向に急転回してパイロンを避けるんです。教習所内の道路なのでそこまで広くはなく、その後すぐに反対に切って戻さなければいけない、という、今考えれば結構危ない実技教習でした(笑)。

これが、意外とみなさんうまくできないんですよ。初心者とはいえ、みんな免許持っているのに、ですよ?しかも違反点数が3点行くくらいなので、それなりに運転も継続的にしている人達ですし、若いので反射神経もまだ衰えていないはずなのに。

今でも覚えていますが、私は「左!」とかなり遅めに叫ばれて、必死で右手のみで思いっきりステアリングを押し回し、その直後に左手で素早く切り返してクルマの向きを直進に戻しました。

車内に昼ご飯の時に仲良くなった人達が乗っていて、拍手してくれたのを覚えています。

こういう時には、9時15分の時の方が圧倒的にステアリングを大きく切れるんですよね。10時10分だったらどうだったのか?今であればあえて試してみようなどと思うのでしょうが、その時は流石にそこまで考えませんでしたのでわかりませんが、あそこまでうまく避けられたかはわかりません。

あ、念の為に申し上げておきますと、私の違反3点というのは、なんと「駐停車禁止場所での停車(違反点数1点)」を3回連続して取られた、というなんとも学習効果のない、おバカな理由です(恥)。

じゃあもっと下、4時40分とか持てばいいのでは?

それがそうでもないんです。

緊急回避の時って、手を素早く動かそうとするので、手を直線的に動かそうとします。「回してっ・・・と」なんて考えている余裕はありません。

4時40分の位置から直線的に上に手を引き上げるのって、やりづらいです。恐らく、素早く切ろうとすると、引っかかると思います。

ですが、むしろ直進で保持する時はいいですよね。むしろステアリングを切らない様にしたいので好都合と言えます。これは、件のインタビューに答えていた現役教習所教官もおっしゃっていました。

いかがでしたでしょうか?私も普段は意識していませんでしたが、このニュース記事を読んでハッとし、基本に立ち返ってもう一度自らの運転を省みようと思ったら、昔の記憶がまざまざと蘇って来たのでご紹介しました。

9時15分と10時10分、どちらが良いかはあなたの運転スタイル次第ですが、一度停止中に色々とシミュレーションというか、イメージトレーニング的なものをしてみるのもいいのではないでしょうか?

もちろん、緊急回避だけではなく、普段の扱いやすさや、リラックスする時はどうするか、など、色々な視点で見て見るのも大事かと思います。

では、今回はこの辺で失礼します。ありがとうございました。

スポンサーリンク













7 件のコメント

  • pontaさん、こんにちは。

    先日、BMW Drivers Experienceに参加し、長年こびりついた運転の癖を思いっきり矯正していただきました。結構目から鱗な発見もありましたし、参加してよかったです。

    その時に、講師の薦田さんより同様のお話を伺いました。20世紀に免許を取った人は、10時10分で教わった人が多いとのこと。パワステ普及の影響が大きいみたいですね。

    では、失礼します。

    • toto様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      BMW Drivers Experience、行かれたんですね!しかも菰田さん直々のご指導を受けられたとは!羨ましいです。私だったらキンチョーしちゃって意味不明な運転しちゃいそうです。

      それにしても・・・「20世紀に免許をとった人」って(笑)。そんな、前世紀の遺物のように扱わないで欲しいですよねぇ(笑)。私も最初に乗ったクルマは重ステのニッサンサニーでしたが、普通に9時15分で握っていましたよぉ(泣)。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

      • セミナーの部屋に入ったら、いきなり菰田さんがいたので、多少動揺したのでした。

        しかし、よくよく見直してみれば、プログラムの名前は間違えているわ、名前も漢字は間違えているわ、でグダグダです^^;

  • 私も教習所では10時10分で教わりました。まだ新車のリアウインドウに誇らしくパワーステアリングと書かれていた時代です。
    当然初めは中古車でその様な装備は付いていませんから教え通りの持ち方でしたが、パワーステ車に乗る様になって自然と9時15分に変わりました。
    何故って、スポークの根本に手のひらの下部、親指の付け根を載せるとより広い面積でハンドルに接します。
    緊急時に力が入れやすく滑る事もほぼ無いですから。
    私のもスポーツハンドルですが、オプションのindividual仕様にしたのでサムレスト付いています。
    親指の腹と先、両方が広いのでより力が入れられますね。
    因みにステアリング時の推し側は進行方向側に押す様に引き側は手前に引く方向に力を加えるとより素早くスムーズに回せます。

    • あっきろ様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      あ、あっきろ様も「20世紀に免許とった人」ですね(ニヤリ)。ですがちゃんと時代に合わせて運転スタイルを変えたのはさすがあっきろ様ですね。

      >因みにステアリング時の推し側は進行方向側に押す様に引き側は手前に引く方向に力を加えるとより素早くスムーズに回せます。

      これ、意識したことありませんでした!でも考えてみたらそうですよね。ステアリングってすこーし寝てますから。まっすぐ縦ではないですもんね。
      あ、ということはスーパースポーツの比較的直立したステアリングはやはり操作感が違うんですかね?そこまで考えて乗ったことはなかったので、今度もし機会があったら確認してみることにします!

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • 教習所でどっちの握り方で教わったかは忘れました(笑)。教習車のカペラはパワステ付きでしたねぇ。
    免許をとってクルマを運転し始めたときから、BMWドライバー・トレーニング(現BMW Driving Experience)流の
    9時15分握りを続けています。勿論、教科書は、こもだきよしさん等の著書でした。
    とは言え、ステアリング形状の変化によって、握り方にも微妙に変化があります。
    E46頃までのステアリングは細い4本スポークを基本としていて、上部スポークの上、リム付け根に親指がかかる持ち方でした。
    こうするとリムに小指〜薬指を巻きつけることが出来、手のひら以外の部位にもステアリングからの情報が伝わりました。
    その後のモデルはステアリングスイッチの増加でスポークが太くなって、小指〜薬指をリムに巻きつけるのがやや困難になり、
    それに伴なって親指〜手のひらでの保持が主体となり、手の位置もほんの少し上に上がったようです。
    私の場合、親指はサムレストよりも下の位置です(9時12分くらいかな?)。
    ステアリング・ワーク(回し方)もBMWドライバー・トレーニング流が基本(押し主体の3アクション)ですが、
    街ナカでは右左折での操舵量の違い(右折よりも左折が操舵量が多いですね?)を考慮して、若干のアレンジを加えたりしています。
    ステアリングというと、私の敬愛する評論家、沢村慎太朗氏が「午前零時の自動車評論」で、ステアリングの持ち方や回し方について
    仔細に考察されていて、なかなか面白かったです。曰く、メーカーによって握り方や回し方(押し引き)にも流儀があるんだとか。
    勿論BMWは、あの押し主体の回し方がクルマの動かし方にちゃんと合っているんだそうです。

    • ジャンキーオーヤマ様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      カペラ!懐かしい!そういえばカペラも教習車多かったですねー。

      やはりBMW乗りの方は菰田さんの著書で学んでいる方が多いですね。確かに、ジャンキーオーヤマ様ご指摘の通り、リムに親指を引っ掛けて指を絡ませるように握る握り方が最近のステアリングではやりにくくなってきましたよね。まあ、ステアリングの持ち方は手のひらでそっと押さえつけるように持つのが基本ですから、むしろ今の太いリムにサムレストの方が理にかなってはいるんですよね。

      >メーカーによって握り方や回し方(押し引き)にも流儀があるんだとか。
      勿論BMWは、あの押し主体の回し方がクルマの動かし方にちゃんと合っているんだそうです。

      これは大変興味深いお話です。改めて言われるとそうかとなっ託しますが、逆に言われるまでは想像もしませんよね。BMWの押し回しもクルマの特性に合わせて、というか、それを想定して作られたクルマなんですから、やはりここは素直にしたがって、あの独特のステアリングワークをマスターしたいものですね。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください