X3新型発表!都会的なデザインのSUVはお値段639万円から!

第3世代となる新型X3、いよいよ発表になりましたね。当ブログで過去にもお伝えした通り、泥臭さを拭い去って都会派のデザインを身にまとって登場しました。

スポンサーリンク

ちょっと面白い話

今日、523dツーリングに乗っている知人と話していた時のことです。彼が、「新型X3の資料をもらったんですよ!今度お見せしますね!」と私に言ってきました。彼も私と同じく、SUVよりも通常のクルマ派だったはずなのに、どうしてこんなに急にSUVに興味を持ち出したんだろう?と訝っていますと・・・どうやらX1に試乗したらしいんですね。

私もそうでしたが、X1の完成度の高さ、居住性のよさにすっかり参ってしまったみたいでした。

5シリーズオーナーをしてこう言わせるX1、素晴らしいクルマですね。

X1ディーゼルに試乗!〜完成度の高い、万能コンパクトSUV

2016.10.01

BMW X1や2シリーズアクティブツアラーの後席足元はなぜ広いのか?

2017.05.14

そして今や彼は新型X3にも注目しています。これはまんまとBMWの戦略にハマっていますよね。入門SUVのX1でBMWのSUVの魅力を知り、今までにSUVに興味なんぞなかったユーザーにまでX3にまで興味を持たせる・・・正にBMWが思い描いた通りのファンの作り方ではないでしょうか?

ですが私はkれを笑う気にはなりません。だって、何回か申し上げていますけど、私こそそういうのにハマりやすいタチなので(笑)。通販番組を見ているとどれもこれも感心し、欲しくなってしまいます。

新型X3はもちろん高度運転支援機能も満載。

流石にレベル3までは行きませんが、BMWお得意の「ドライビング・アシスト・プラス」が標準ですね。衝突回避・被害軽減ブレーキに始まり、ACC(アクティブ・クルーズ・コントロール)、レーンチェンジウォーニング、ステアリング&レーンコントロールアシストなどの他、事故回避ステアリングまで装備しています。

現時点では望み得る最高の運転支援機能を装備していると言えるでしょう。これにディーゼルとxDriveが加われば、鬼に金棒ですね。もちろん、ラインアップされています。

夢中を解放しよう。ニューBMW X3

つまり、現時点でX3は最強のクロスオーバーSUVと言えるわけです。そう、でもクロスオーバーSUVであって、決してヘビーデューティな「クロカン四駆」ではありません。そうなると、デフロックやテレインコントロールなどが装備されていないと、ですよね。ランドローバーのクルマのように。

ですが、決して走破性はバカにしたものではありません。CGでもこうしたクロスオーバーSUVの比較テストをやっていたことがありますが、大抵のユーザーであれば尻込みするであろう悪路をことも無げに走破する実力を持っていることが証明されています。

スポンサーリンク

最近の技術の進歩には目をみはるばかりですね。

ワイルドさはないけれど。

まだ試乗したことがないですし、実物も見たことがないのでなんとも言えないのですが、初代E83型では兼ね備えていた、SUVらしいワイルドさは、写真を見る限りでは薄れています。ご存知の通り初代X3はBMW初のSUVであるX5の成功を受けて発表された「小型」SUVです。そしてご存知の通り、X5と同じく大成功を納め、今回の3世代目まで続いています。

現行X5もそうですが、BMWは徹底して都会派路線を歩んでいるように見えます、これはSUVに限らず、1〜7シリーズまでのラインも含めてですが、BMWの最近のデザインは「洗練」がキーワードになっているように思います。まあ、昔からBMWと言えば垢抜けたデザインでしたが、同時にすぐに古臭く見えてしまうのが欠点だと個人的には思っていました。

それがE系くらいの頃から、新型が出ても全く古さを感じないデザインになっているような気がします。3シリーズで言えばE46は今見ても洗練されたデザインに見えますよね。

今回の新型X3、一見すると極めてオーソドックスなデザインのように見えますが、その中にもそこはかとなく洗練をまとってい流ように感じます。SUVだからと言ってワイルドさが必ずしも必要だとは思いませんので、このデザインは非常にいいデザインだと思うのですが・・・もう一つ、最近のBMWのデザインの特徴としてあげたいのが、そこはかとない「とっつきにくさ」も同様にあるんですよね。

実は今の私の愛車であるF30系3シリーズにすら、初見ではこのとっつきにくさを感じました。ですが今ではこれ以上かっこいいデザインはないだろうと思うくらいに気に入っています。

ということは、今は私は「洗練はされているけど・・・」なんてうじうじ言っていますが、後々見慣れてくると大のお気に入りになる可能性がある、ということなんですよね。

実物を早く見たい!

まだどうしてもSUVを自分が購入する対象として見れないのは確かですが、そうはいっても興味はあるのは確かです。

このX3の変化具合を見ると、まだまだ厚いベールに包まれている新型3シリーズの変化具合を想像するネタになるかな・・・とも思いますし、激戦区であるミッドサイズSUVにBMWが満を辞して送り込んだ感のあるX3自体にも実際に触れて見たいです。

デリバリーは12月からのようですので、ディーラーの店頭に並ぶのもその頃ですかね。忘れずにチェックしたいと思います。

では、今回はこの辺で失礼します。ありがとうございました。

スポンサーリンク













8 件のコメント

  • CLARシャシーを使ったDセグメントの第一弾ですね。今のX3の乗り味と3シリーズの乗り味の違いを理解して新型に乗ってみたら次期3シリーズの乗り味もある程度予想できるかも知れませんね。
    その為には急いで現行X3に試乗しなくてはなりませんが…。

    • あっきろ様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      確かに!おっしゃる通りですね。私、実はX3に試乗したことがありません。あ、友人が乗っているので助手席にでも乗せてもらいましょうかね。

      あ・・・そういえばALPINAだったらXD3とB3とD3に乗ったことがありますが・・・これは参考になりませんね(笑)。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • 新型X3いいですね。
    もちろん、現行型(もう旧型?)X3を購入するときに、新型が年内に発表・発売されるであろうことは分かっていましたので、それほど「待てばよかった」感はありませんが、それでも、いろいろと新しい装備になっていていいですね。今のところは、エクステリアとインテリアが分かるくらいですが、実際に乗り比べしてみたいところです。

    ※でも、想定通りキープコンセプトで、分かる人にはすぐに分かりますが、そうでもない人には新型と現行型はすぐには分からなそうですね・・・(^-^;

    • ゆっきー様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      BMWの最近の新型車のデザインって不思議ですよね。なんだか、確かに新型なんだけどキープコンセプトで、詳しくない人からすれば「どこが変わったの?」と感じるくらいだと思うのですが、目が慣れて来ると確かに最新のデザイン言語が使われているのが徐々にわかってくるという・・・。だからこそ、長く飽きがこないとも言えるかもしれません。

      かくいう私も、F30の3シリーズが出た時に、E90後期型と余り代わり映えしないな・・・と初見で感じた経験があります。もちろん、段々と馴染んでくるとこれ以上ないというくらい気に入りましたけど(笑)。

      新型X3が実際に街中を走り出した時にどのような日本の景色にマッチするか、楽しみですね。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • 今はSUV乗りですが、走りも良いですし、快適です。デザインも良いので、人気があるのもわかります。X1が前から来ると、大きく見えて迫力があります。かっこいいです。X3は上位モデルなので、人気になることでしょう。良い車ですが、価格が高すぎていますので、手が出しにくい!そうなると、X1になります。

    ポルシェでも、SUVが稼ぎ頭です。カイエンがヒットして、今は、マカンです。
    pontaさんは、いち早く、X3に知人の方と試乗してハマリましょう!そして、即2台注文しましょう!!

    車購入は、突然来るのです。明日かもしれません。1年後かもしれません。
    まずは、試乗から!楽しんで下さい。

    • bmwpopo様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      bmwpopo様のように目まぐるしくは変えられません(笑)。SUVは我が家には縁がないものと思っていますが、そういう食わず嫌いは良くないですよね。

      にしてもX3は高すぎです。車内の広さ、走りを取ってもX1で何の不満もないことは確認済みですし、ボディサイズを考えても私ならX1かな、と思います。本当に大したクルマですよ、X1は。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • これまでのモデルより洗練された新型X3、売れるでしょうね。
    さて、私は別の点でこのモデルに注目しています。
    それは、新型X3が南アフリカのロスリン工場でも生産されることなんです。
    言わずと知れた、日本仕様3シリーズセダンの生産拠点です。ロスリン製3シリーズの品質が
    ドイツ製に全く引けをとらないことはご承知の通りです。導入当初はスパータンバーグ製だと思いますが、
    品質や輸送面での事を考えて、将来はロスリン製X3が輸入されるのではないかと思っています。

    • ジャンキーオーヤマ様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      なるほど!私もロスリン製BMWの品質の高さは体験済みです。というか、ツーリングではない3シリーズユーザーの方はほとんどロスリン製なので、既に十分わかってらっしゃると思いますが。

      スパータンバーグ工場も、初代X5の極々初期の頃は酷評されていましたが、今では非常に高い品質を維持してあるようです。メーカーとして当たり前に期待されることではありますが、その品質管理の徹底には頭が下がりますよね。

      それにしても、ジャンキーオーヤマ様、随分とマニアックというか、通な所に目をつけられましたね。未だに「南アフリカ製のBMWなんてBMWじゃない」という偏狭な方もいらっしゃる中、敢えてその南アフリカ製であることに期待するという。

      私も過去記事で南アフリカ製BMWの品質は高いから気にする必要なんかない!と声高に主張しましたが、その頃は今ひとつ反応が薄かったので、同士を見つけたようで非常に嬉しいコメントでした。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください