40代子持ちのクルマ好きが、愛車のBMW 320dツーリングを評価するとともに、ちょっとだけ日々を楽しくするクルマのある生活の話題をお届けします。

BMW Mに試乗しましょう!今度の土日は予定を空けておいた方がいいかも?!

BMW

Mと言えばBMWファンが誰もが一度は憧れますよね。「MとALPINAのどっちがいいか?!」という、他の人から見れば一見不毛な議論もBMWファンからすれば最も熱く盛り上がる話題の一つです。ALPINAは滅多に試乗の機会というものはありませんが、Mなら試乗できます。そう、Toto BMWならね。

Mを高速試乗できる!

このタイトルを聞くと非常に心躍らせる方は多いのはないでしょうか?何もBMWファンでなくとも、いえ、もっと言えばクルマ好きでなくとも一目おく「M」の称号。BMWと言えばMといた感じで、それほどまでに本格スポーツカーのブランドとして浸透しています。

一時期日本でもありましたが、特にヨーロッパでは、一見何の変哲も無い市販車からホットモデルを仕立てるというのは今でも一般的に行われています。もっとも、Mはその構造からしてベース車とは違っているそうですが、メルセデスのAMG、アウディのRS、VWの「GTI」や「R」、そしてドイツ車に限らず先日試乗したルノーの「RENAULT SPORT」モデルなど、枚挙にいとまありませんよね。

そのMが高速道路で試乗できる機会がまたまたやってまいりました。私も二度ほどお邪魔したことがある、Toto BMWさんのM高速試乗会です。

Mに乗るなんて怖いし気がひける!

ま、まあおっしゃらずにまずはこちらのHPをご覧ください。

M Model Special 高速試乗会

今、M5を体験できるキャンペーンもBMWジャパンでやっていますが、こちらの方はあくまで抽選で、しかも非常に限られた人数の方しかいけません(キャンペーンの詳細はこちら)。ですがこの高速試乗会は正真正銘、申し込みさえすれば間違いなく乗れます。しかも高速道路を。

これは本当に稀有な機会ですよね。そもそも高速試乗って中々機会がないですし、もう一つおまけにMの試乗だって稀有な機会です。ですがそれをやってしまうToto BMWさんの企画力と太っ腹さ。先に申し上げたように、私もこれに甘えて過去に二度ほどお邪魔させていただいています。

関連記事

以前ご紹介したToto BMWさんが開催したイベント、Mフルラインナップ高速試乗会、行ってまいりました!もう、興奮しっぱなしの高速試乗体験でしたので、熱が冷めやらないうちにご報告したいと思います! 予約取れるのかな? いただいたハガキに[…]

関連記事

M3の高速試乗で底知れぬ奥深さに酔いしれて試乗のスタート地点、所沢ボディショップに戻ってまいりました。今度はM6試乗です。 コンペティション・パッケージ! さて、今回用意されていたM6ですが、これまたど派手です。 M6コンペティション・パ[…]

関連記事

さて、いよいよToto BMWさん主催の高速試乗会最後の試乗はM2です。以前試乗した時は一般道、しかも比較的狭い道ばかりでしたので瞬間芸しか楽しめませんでしたが、今回は思う存分高回転で回してきました! M2 ロングビーチブルー 今回試乗[…]

関連記事

またも懲りずにToto BMWさん主催の高速試乗会に行って参りました!最新のBMW3台に試乗して参りましたので、私が受けた印象を順にご報告して参ります。まずはLCIを終えたばかりのM4 Competition編です。 先に今回試乗したクルマ[…]

あれ?2回どころではありませんね(笑)。それはいいとして、この中で私が一番印象に残っているのは、M4 Competitonの試乗です。もう1回写真を眺めてうっとりしたくなります。

本当に何回見ても惚れ惚れするほどかっこいいです。色はこちらの方が好みですが。

もうこのサキール・オレンジのM4なんて、見た瞬間に頭がポーッとして失神しそうです(笑)。私はあまり芸能人などを見てキャーキャー言ったりするのは好きではなく、むしろなぜあんなに騒ぐのかよくわからない方ですが、ことクルマに関しては違いますね。そしてこの瞬間だけは芸能人を見て騒ぐ方の気持ちがすごくわかります。

目玉はM2のMTだけど。

今回の高速試乗、やはり目玉はM2のMTであることは間違いありません。M2のMTには懐疑的な意見を当ブログで表明しましたが、やはり最高のエンジンをMTで思う存分操るというのは気持ちのいいものだというのは理解できます。でも、やはりM DCT Drivelogicの出来が素晴らしいので、むしろ私はM3/ M4をお勧めしたいですね。

BMWと言えば!というのはよく言われる話題でして、時には5シリーズがBMWを象徴するモデルであるとという意見も聞きますが、やはりセグメントのベンチマークとなっている3/4シリーズと見るのが自然でしょう。この3/4シリーズのMというのが、実はMがもっともMらしくあるためのモデルとしてバランスが取れているのでは無いかと個人的には思っています。

上の方でご紹介した記事でいうと、M6はどちらかというとグランドツアラー的な性格、そしてM2はタイトな山道で本領を発揮するタイプです。もちろんそれ以外のステージでも非凡な走りを見せますが、一番オールラウンダーな性格なのはM3/M4でした。特にM4 CompetitionはノーマルM4よりもさらにハンドリングだけでなく高速安定性も高まっていて、さらに高次元でバランスさせた素晴らしい一台です。見た目は420iなどとあまり違わなそうなクルマが、ポルシェ911に匹敵する性能を見せるなんて、すごいじゃ無いですか?

まあ、これは私の趣味も関係しています。基本的には、以前も当ブログのどこかで触れた通りに私は「羊の皮を被った狼」が好きなんです。これは何事に対してもなのですが、特にすごそうに見えないのに、実はすごい、というのに一番シビれます。例えば、見た目はヨボヨボなおじいさんが、実は剣道の達人でめちゃくちゃ強いとか、そういうのですね。私がかつてインプレッサWRXに乗っていたことも当ブログでご紹介したことがありましたが、あのチョイスもこのような趣味からきているんです。

となると、最初の方で述べた、海外メーカーの、ごくフツーに見えるクルマをベースにホットモデルにしました、などというのは私の大好物。その中でもやはり3シリーズ好きの私が、M3/M4を究極の存在とするのはご納得いただけるのでは無いでしょうか?

M2のMTだけでなく、ぜひM3/M4も味わっていただければと思います。

試乗会の予定日は天気も悪くはなさそうですので、試乗日和になるかと思います。少なくとも今の所は雨や雪の予報ではありません。

なんだかToto BMWさんの宣伝になっていますが(笑)、これは頼まれたわけではなく私が勝手に書いているものなので誤解されないようお願いします(笑)。でも、もしかしたら「こういうブログを見て来ました」と言えば「ああ、あの人のブログね」みたいな感じでわかっていただけるかもしれません(笑)。

では、今回はこの辺で失礼します。ありがとうございました。