BMWのディーゼルと日本のライバル、マツダのディーゼルとの違い

今ではすっかり日本で市民権を得たディーゼルですが、日本にも優秀なディーゼルエンジンを作っている会社があります。そう、マツダですね。SKYACTIV-Dと銘打ったマツダのクリーンディーゼル、侮れませんので比較してみようと思います。

スポンサーリンク

なぜマツダ?

日本の自動車メーカーもヨーロッパで商品展開をしている関係上、それなりにディーゼルエンジンは作っています。ですが、ヨーロッパ車に引けを取らぬ高性能ディーゼルエンジンといえば、マツダです。一連のSKYACTIVテクノロジーは、HVやPHVと行った飛び道具に頼ることなく環境性能を引き上げ、さらにクルマ本来の楽しみも追求したとして非常に評価が高いですよね。

この飛び道具を使わずに、というところがマツダの真面目さを如実に表していると私は思っています。

実際、320dを検討される方は一度はマツダ・アテンザも検討するのではないでしょうか?

マツダのディーゼルエンジンの特徴

マツダのディーゼルエンジンも、基本的な成り立ちはBMWと同じです。

すなわち、第3世代コモンレールシステムによる直噴ディーゼルで、可変ジオメトリーターボを備え、NOxの後処理装置を必要としないクリーンな排気を実現したディーゼルです。

BMWの運転には一番いい季節になりつつありますね。

マツダのディーゼルエンジンのクリーンさというものはどのように実現されているかというと、一言でいうと低圧縮比です。と、なんだか以前ディーゼルエンジンの特性をご紹介した時とは違うことを言っているようですが、そうではないんです。

マツダのディーゼルエンジンの圧縮比は14.0と世界一低圧縮比なんです。ちなみにBMWは16.5。ですが、上でご紹介した記事ではむしろ、直噴化による高圧縮比化が流れであると説明していました。

ここがマツダのすごいところだと思うんですが、発想を転換したんですね。ディーゼルエンジンにおいては、高圧縮比で瞬間的に圧縮することで混合気の温度を上げて点火するのが常識です。これが低圧縮比になると、当然のことながら燃焼が安定しません。

そこを新技術、マルチホール・ピエゾ・インジェクターと可変排気システムで補ったんですね。

結果としてマツダは燃焼効率を高めることに成功し、BMWと同じく後処理装置を必要としないディーゼルエンジンを実現しました。もちろん、BMWと同じようにDPFはついていますが。

低圧縮比は他にもいい作用を生みます。その第一が、ノッキング音の低減による静粛性の確保です。これはどういうことかというと、大雑把に言ってしまうと、ディーゼルエンジンは、ガソリンエンジンでいうと常にノッキングを起こしながら走っていると考えられます。あの「カリカリ」というやつですね。圧縮比を低くすることによって、この音が抑えられます。

そしてさらに、エンジンがスムーズに回るようにもなります。これはノッキングを低減しているのですから当然といえば当然ですね。実際、市場の評価としてもBMWと同等かそれ以上にスムーズに回ると定評があります。

さすが日本のメーカー、日本のディーゼルアレルギーの本質がどこにあるのかわかっていますよね。要するに、環境性能もさることながら、音と振動、「ノロい」「回らない」という偏見の払拭を第一にしています。環境性能は、結局完全燃焼にできるだけ近づけて有害物質の排出を少なくすれば自ずと燃費の上がるというものですから、非常に良い、ユーザーの痒いところにてがとどくアプローチの仕方だと思います。

素晴らしいエンジンですね。BMWのクリーンディーゼル危うしです。

低圧縮比化のデメリット。

上でご紹介した記事中でも書いておりますが、ディーゼルとターボチャージャーの相性の良さは、高圧縮比が前提でした。つまり、低回転域でも高圧縮比のエンジンならば排気ガスがある程度の強さで廃棄されるので、タービンを回すのに十分な排気ガス流量が得られるということですね。

スポンサーリンク

ということは、マツダの低圧縮比ディーゼルは・・・ご想像の通りです。低速トルク、細いですし、ターボが効くのが遅いです。

とまるで乗ってきたようなことを書いていますが、はい、私乗ったことがあるんですよ。以前当ブログの中で登場した、SONIC DESIGNのスピーカーを装着した知人が購入段階でアテンザとBMW320dで迷っていたので、付き合ってディーラーに行ったんです。

本当に短時間の試乗でしたが、比較対象が320dとはっきりしていたせいかよく覚えております。その時私は320iに乗っていたのですが、後に320dツーリングに乗り換える際の参考になったことは言うまでもありません。

で、どうだったかと言うと・・・

  • 静かといえば静かかも。でも、BMWと比べて圧倒的に静かかと言うと・・・そこまで変わらない。むしろBMWは高圧縮比で同等レベルの静粛性を確保していることは評価するべき。
  • 吹け上がりは、確かにBMWと甲乙つけがたい。

と言う感じですね。

ですがそれより何より、低速トルクの細さと吹け上がりの良さから感じたのは、「これはBMWの乗り味と似ているのではないか?」と言うことでした。

実際にそのあと320dに試乗してみると、BMWは極低回転域のトルクは細いものの、1500rpmくらいからの加速というか、いわゆる中間加速の鋭さがすごいものがありましたね。マツダのディーゼルは、スペック上は申し分ない(420Nm)のに力強さはBMWに軍配が上がりました。

肝心の燃費はどう?

厳密には車重が違うので純粋な比較はできないのですが、まあまあ似通った車重ながらやはりカタログ燃費は・・・ほとんど同じです(笑)。BMW320dが19.4km/L、アテンザは19.6km/L。もっとも、最新エンジンを積んだ320dは20km/L超えていますから、やはり高圧縮比による高効率がかろうじて勝利した、というところですね。実質的に差はありません。

クリーンさに問題あり。

どちらもクリーンです。

と言い切って終わりにしたいところですが、こればっかりはメーカーを信頼するしかありません。もちろん、VWのようなことはどちらもしていないと思いますが。

と歯切れが悪いのは、実はマツダのディーゼルが側を通り過ぎると・・・臭うんです、排気ガスが。私が自宅で320dのエンジンを始動しても何も匂いませんが、マツダのディーゼルは確実に匂います。

これは私には確認する手段がないので調べた情報をお伝えすることしかできないのですが、マツダのディーゼルは規制されているNOxを抑えるべく最大限努力しましたが、そのトレードオフとしてアセトアルデヒド系の物質が排出されているそうなんです。

アセトアルデヒドはあの、二日酔いの原因として有名ですね。一般には大気汚染物質とされ、独特の臭気があります。

うーん、これはどうなのでしょう?規制されていないから汚染物質を排出してもいいのかというと、しょうがない面はあるとはいえ、本質的にはVWの「テストモード」と同じような気もします。

ですが、現代の自動車メーカーって、多かれ少なかれそうですよね。だって、某巨大メーカの某大人気HV車のカタログ燃費と実燃費のかけ離れっぷりは有名ですが、これだって、JC08モードのテストの特性に合わせてエンジンをチューニングすればいい燃費出ますもんね。

ですので、現段階では目くじら立てて糾弾するほどのことではないと理解してはいるものの、釈然としないものが残ります。昨今の情勢をみると、企業に求められる企業倫理ってどんどん厳しくなっていくでしょうから、このままですと何年後かには糾弾される事項になってしまうかもしれません。

個人的には、とにかく匂いが気になるという時点でアウトですけど。

まとめ

いかがでしたでしょうか?エンジンの高性能ぶりでは全くBMWに引けを取らないマツダのSKYACTIV-D、かなりよくできています。

願わくば、多少コストを上げてでもアセトアルデヒドの後処理という対策をしていただければと思います。あるいは、どうせ後処理装置をつけるのであれば、元々の燃焼段階でNOxは出してもいいけどアセトアルデヒドは抑えるというようにして、NOxはアドブルーで処理する、というのも手としては考えられますよね。

個人的な好みでいうと、やっぱりBMWのディーゼルの力強さに惹かれます。というか、だからこそ乗っているんですが(笑)。

では、今回はこの辺で失礼します。ありがとうございました。

スポンサーリンク













6 件のコメント

  • こんにちは。
    2012 F10 523d に乗っている愛知県の Gokurakutomboと申します。
    いつも楽しく拝見しております。
    やはり例の VW の一件から、ディーゼル車のクリーンさについては敏感になってしまいますね。
    以前みんカラで、国交省の調査、発表データを紹介されている方がありました。
    http://www.mlit.go.jp/common/001121838.pdf
    http://www.mlit.go.jp/common/001129360.pdf
    一般的に評価の高い車両は、NOx に関しては概ね良好な結果のようでした。
    ただ、今回のように「アルデヒド臭」に関した話は聞いたことがなく、
    今度、マツダディーゼルが傍にいたら気にしてみたいと思います。
    アルデヒド臭とは異なりますが、「アドブルー」(尿素水)仕様のトラックが傍を走っていくと、
    鶏肉が焼けたようなイヤな臭いを残していく気がしています(コペンにオープンで乗る機会も多く、
    様々な臭いが鼻先をかすめてきます 笑)。
    同じくアドブルー仕様の Mercedes の乗用車でも、同じ臭いが出るのかな?
    今後も 320d ライフにまつわる諸々の情報を楽しみにしております。

    • Gokurakutombo様

      初めまして!当ブログをお読みいただきありがとうございます!コメントもいただけて大変嬉しいです。

      テスト結果のご紹介ありがとうございました。そういえばVW騒動の後やっていましたね。簡単な結果報告だけで安心していましたが、こうしてみると色々と各車違うものですねー。NOxは確かに各車とも概ね良好のようですが・・・結構細かいところで違うんですね。

      贔屓目かもしれませんが、BMW320dの結果が一番優秀なような気が(笑)。523dに乗られているGokurakutombo様も安心の結果ですね。

      コペンのオープンもお持ちなんですか!いいですねー。気軽にオープンにできるクルマって、私も欲しいです。季節の風を感じながら走る、というのはクルマの楽しみの中でも最も贅沢なものではないでしょうか?

      それにしても・・・・鶏肉が焼けたような匂いですか・・・。アドブルーで後処理した排気ガスは何かちょっと違う成分が含まれているんでしょうかね?BMWの排気ガスは特に匂いがないので、その感じがなんともわかりません。

      貴重な情報をお教えいただきありがとうございました!またコメントをいただけるのを楽しみにお待ちしております。今後も当ブログをよろしくお願いします!

  •  マツダは、国内での評価に対し、海外での評価の高いメーカーのようですね。ハイブリッドにあらずんばと言わんばかりの国内での論調に対し、しっかりと誠実なアプローチをしていると感じています。
     ところが先日、あるサイトの知恵袋で「マツダのディーゼルは14.0の圧縮比を実現できているのに、欧米のそれのレベルが低いのはなぜですか」という質問を見かけました。pontaさんおっしゃるとおり、その議論はあまり本質的でないなと思いつつ、回答者からそもそもディーゼルエンジンなんてものは…という論調の意見までありました。
     まだまだ日本での市民権は遠いのかと思いつつ、例の長期間保有で自動車税が上がる問題も、ディーゼルだけガソリンより早く上がるというのも理不尽で、やはり政治的な思惑すら禁じえない小生です。
     マツダは国産では数少ない、ディーゼルとステーションワゴンを作っている会社ですから、もっと頑張って欲しいものですね。

    • 桂様

      いつもコメントいただきありがとうございます!その後、C220dステーションワゴンでのドライブをお楽しみのことと思います。今回のコメント、桂様らしい鋭いコメントですね。

      マツダは日本で思うよりもヨーロッパでは知名度も人気も高いようですね。私も、マツダは非常に誠実なクルマ作りをしている会社との印象で好感を持っています。
      うーん、知恵袋は時々回答する方が十分な知識をお持ちではないことも多いと感じますし、質問サイトにしては偏った意見も多いですよね。時々、非常に知識がある方がものの見事な回答を返されていることもありますが、正に玉石混交と言った感じですね。
      まだディーゼルに偏見をお持ちの方が多いのは、わかります。「高級車」メーカーなのにディーゼルなんて!と思っていらっしゃる方、多いようですからね。ですが、メルセデスやBMWだって、もちろん自社のクルマをプレミアムだと認識した上でディーゼルエンジンをリリースしているのはどういうことなのか?ということを一度考えてみていただきたいと思います。結論からいうと、それだけ環境対策意識が高いということですよね。

      もっというと、先進国やプレミアムブランドというところ、一流企業と呼ばれるところほどエネルギーを多く使っているので、地球環境保護に対する責任が大きい、ということだと私は理解しています。裏を返せば「環境ビジネス」ということで、環境対応をビジネス化しているだけ、という批判もあるにはありますが・・・。

      もちろんそれだけではなく、環境対応車でもドライビングが楽しいクルマを作れる技術力がある、ということでもありますよね。

      日本車ではステーションワゴンが絶滅危惧種になっていますが、それだけに真面目なステーションワゴン、世界に通用するステーションワゴンを作り続けているマツダとスバルには本当に頑張って欲しいです。こうした真面目なアプローチを続けた結果がスバルの北米市場での大成功であり、マツダのヨーロッパにおける高評価なんですよね。

      では、また桂様ならではの鋭い視点でのコメントを楽しみにしております。

  • 試乗好きですから、もちろん、マツダディーゼルは試乗しています。笑 CX-5、アテンザ、CX-3、アクセラ、オールディーゼル乗ってみました。(乗りすぎ??)BMWディーゼル購入してから、試乗したのは、2200ディーゼルのアテンザワゴンです。比較の意味もこめまして!
    アテンザワゴン、前から見た感じカッコイイです。輸入車とならべてもマツダデザイン良いと思います。実際、私の借りている駐車場の隣りに、アテンザワゴンが毎日止まっていまして、BMWと見比べていますが、アテンザを乗られている方からみたら、自分のほうがカッコ良いと思っているでしょうね^^

    試乗でアテンザに乗った感じでは、BMWより耳障りな音が少し静かです。走りだしても、回転の上がり方が軽くスムーズに走ります。正直、BMWと差がない!アテンザディーゼルでも良かったかも??と心の中で思うぐらいでした。ただ、BMWの方が、回転の上がり方は重いですが、パワフル感が強い印象!アテンザは軽く回転はあがるのですが、パワーの盛り上がり感が、少し足りないという表現になります。(実際には、速度はでているのかもしれませんが・・)
    数値は、マツダの方が良いと思いますが、BMWのZF製の8速は相当優秀なのでしょう。加速フィーリングが良いです。当然のことですが、BMWのほうが、気持ちいい走りをします。

    アテンザワゴン、良い車です。オプションテンコ盛りにしても、BMWと比べるとお得です。BMWを買わなければ、アテンザ購入していたのか??と言われると・・・・回答は省略!!

    マツダディーラーさん、最近、真っ黒にして、レクサス風??高級路線??ですが、方向性を間違えて、調子の悪いときのマツダさんに、なりませんように!おせっかい??笑

    • bmwpopo様

      いつもコメントいただきありがとうございます。そうでしたか、やはりご試乗済みでしたか(笑)。モータージャーナリストよりも新車に乗られていらっしゃるのではないですか(笑)?

      マツダの「魂動」デザインは、出た当初はキワモノ的な感じがしましたが、生産者として出てくると垢抜けていてかっこいいですね。今までの日本車であれだけ赤が似合うクルマは、かつてのフェアレディZ以外に思いつきません。

      私もbmwpopo様と同じ印象ですね。かるーく回転が上がるな、というん印象ですが、力強さでBMWが勝る、と思いました。やっぱりあのATがいいのでしょうかね、BMWは。どの自動車ジャーナリズム媒体を見てもBMWのATを悪く言っている記事は見かけませんからね。

      まあ、エンジンはスペックの数値ではないのは、正に我々の愛車が示してくれている通りです。パワーが多少低くても、トルクが多少細くても、運転すると自然と笑顔になって運転に没頭する楽しさを持つ、それがBMWという車の根源的な魅力の感じ方ですよね。

      そういえば!マツダのディーラー、最近おしゃれですよね。コメントを拝読して気づきました。おそらくbmwpopo様おっしゃられているのは、あの、ユーノスとかの頃・・・ですよね?私、ユーノスブランドの車結構好きだったんですよ。今生き残っているのはロードスターだけですか?ですがユーノス・コスモとか、憧れのラグジュアリー・クーペでしたね。しかも3ローターツインターのという、明らかに過剰なスペックでしたし(笑)。

      では、また楽しいコメントお待ちしております!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です