BMW3シリーズのリモコンを使った裏技!東京ディズニーランドの広大な駐車場で、帰りに自分のクルマを探す方法

スポンサーリンク

東京ディズニーランド、行かれたことありますか?私の息子が大好きで年に何回かせがまれて連れていくのですが、駐車場があまりに広大過ぎますよね。到着した時に落ち着いて自車の位置を記憶しておけばいいのですが、子供にせかされると時々忘れてしまうことも。そんな時に便利な、リモコンの裏技をご紹介します。

スポンサーリンク

モノレール一駅分

寝坊助な私がいるが故に、ウチの家族はディズニーランドに行くと言っても結構他の家族連れの方々から出遅れます。自宅からはそんなに時間はかからないのですが、到着時間が10時以降なんてザラです。

すると、駐車場で入口ゲートからものすごく遠い場所に案内されるんですね。駐車場の広さまでアメリカンなので、傍らを走っているディズニーリゾートライン一駅分くらい離れたところになってしまいます。まあ、あのモノレールは一方向にしか走らないので行きは走っている方向が逆ですが。

帰りは真っ暗

子供って、楽しいところに行くと限界まで、いや、時に大学の体育会もかくやというくらい限界を超えて遊びますよね。ウチの子供も例に漏れず、大体帰るのは閉園時間近くになります。

すると駐車場は真っ暗。まだまだ大量に並んでいるファミリーカー、特にミニバンの高さにさえぎられて私のインペリアルブルー・ブリリアントエフェクトなんていうダークな紺色の320dツーリングなんて見つかるはずもありません。

BMWコネクテッド・ドライブ・プレミアムを申し込まれている方はお手元のスマホで位置を確認できると思いますが、私は装備しなかったので、その手は使えないんですね、残念ながら。

リモコンキーでウィンカーを光らせようにも遠過ぎるとと反応すらしないので、既に疲労でおぼろげになっている記憶を頼りに、ある程度うろうろ歩き回るしかないのか・・・と思いきや!

こうするとリモコンキーの電波が遠くまで届く!

その方法とは

リモコンキーの先をあごの下に垂直に当てて、口を丸く開けてボタンを押す

は?ですよね。もう一度言います。

「リモコンキーの先をあごの下に垂直に当てて、口を丸く開けてボタンを押す」

何度言ってもこれにしかならないんです。本当にこれだけなんです。

どういうことかと言いますと、リモコンキーは先の方から電波が出ています。通常であれば届く距離は、電池残量にも寄りますが、見通しで30-40mくらい?でしょうか?ですがこの方法ですと電波の到達距離がが少なくとも2倍以上に伸びるんです。

どうやら、口を丸く開けることで電波を増幅しているらしいんですね。ですので口を開けた方向にしか遠くまで電波は飛びませんが、効果は抜群です。もちろん、BMW以外のクルマのリモコンキーでも同様に使えます。

私は直近では息子の誕生日にディズニーランドに行ったのですが、天性の方向音痴に加えて、案の定記憶が薄れており、その時にこの方法で探しました。ボタンを連打してロックの解除とロックを繰り返して、遠くの方で点滅しているウィンカーを目標に真っ直ぐたどり着けました。むしろ真っ暗なので、どこで点滅しているかはすぐにわかりますしね。

この方法の注意点は2つです。

周りに人がいないところでやって下さいね。いい大人が口をポカーンと開けてあちこち見まわしながらなんか手元になんか持ってるものをあごに当ててカチカチやっているのって、怪しさ満点ですから。

あと、もう一点。口をポカーンと丸く開けると、なぜか人ってうつろな目になります。さんざん並んで歩いて楽しんで疲れているのでただでさえうつろな目をしているんです。そこでさらにそんな顔をしていたら怪しさ倍増で、さらに気持ち悪さも加わりますので、目だけは獲物を狙うタカの目のように鋭くして自車を探しましょう。

今回はちょっとした使える裏技のご紹介でした。では、この辺で失礼します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク