BMWの外気温計は便利ですが・・・今日はなんか変?

今では結構たくさんの車についていますが、外気温計って便利ですよね。冬にクルマの中でぬくぬくとしていると外が極寒で凍結の危険があることに気がつかなたかったりします。雪道ドライブでは大いに助けられましたが、今日はなんだか変でした。

スポンサーリンク

凍結注意警告

今朝一番に近場の用事でクルマに乗った時に、エンジンスタートと同時に「ポーン」という警告音が。

ギョッとしてメーターパネルを見ると、外気温3度以下・凍結注意の警告でした。確かに寒さに震えながら乗ったこともあったので、そうか、そんなに寒いのかと思って外気温計を見ると−0.5度!そりゃあ寒いわけだ・・・と一瞬思いましたが、違和感を感じました。そこまで寒いかな?

もしかしたら、昨日帰ってエンジンを切った時の気温を表示しているのかもしれませんので、そのうち上がるだろうと気にしないことにしました(笑)。

この凍結注意警告、個人的には大変優れた気遣いだと思います。ブラックアイスバーンって、お耳にしたことがありますでしょうか?その名の通り黒いアイスバーンなのですが、これが路面が濡れているだけのように見える曲者なんです。特に雪などがなくても、地面の湿気が低温で凍結して現れるものですので厄介でして、これに足元をすくわれたことがあるという方は結構多いようです。

外気温3度というのは、吹きさらしの橋の上や、そこだけ気温の低い山かげなどで凍結している危険性がある気温らしいです。そうなると、見ただけでは判別がつかないブラックアイスバーンにも備えられるというわけですね。

実際、雪道ドライブをした時にもこの外気温計の表示する気温を頼りに路面の状態を注視しながら走りました。

さすがにおかしい。

一旦自宅に帰り、昼にまた買い出しに出かける時にも同じようにまた警告が点灯しました。これはさすがにおかしいです。今日の東京はそこまで寒くありません。と言っても東京にしては寒いですが、さすがに氷点下の気温ではありません。

これはおかしいと思い、家内を下ろしてからクルマを止めて周りをよく観察して見ました。ずーっと−0.5度を表示しているということは、どこかに氷が残っているのではないか?と思ったんです。

スポンサーリンク

アタリでした。昨日、バンパーの雪と氷は帰宅後に落としたのですが、こんな所についていました。

これ、どこだかわかりますか?上の方がフロントバンパーです。そう、フロントバンパーのさらに奥のところにまだ氷がついていたんですね。ちなみにこの写真を撮影したのは、もう夕方になってからです。日が当たらないので全く溶けないんですね。

多分これが原因です。って、外気温計がどこにあるのか知りませんが(笑)。だって、-0.5度ってちょうど氷くらいの温度ですよね。そして、外気温計はもちろんエンジンの熱などの影響を受けないところにあるので、いくらエンジンが温まっても溶けるはずもありません。ひたすら「外気温」が上がって溶けるのを待つしかないんですよね。こういうことも考えると、やっぱり氷が残っていることから考えて、ここら辺に外気温計がある、というので正解ではないでしょうか?

おそるべし最強寒波

今日はおかげで外気温がわかりませんでした。ですが、これって雪国では日常的に起こることなのではないでしょうか?確かに私はコンビニに入る時にちょっと深めの積雪の中に突っ込みましたが、こういうのって家に帰ってからお湯でもかけて溶かすしかないですよね。でも、よく考えると、自宅駐車場でお湯をクルマにかける手段って意外とないんです。地道にやかんでかけたくともアンダーボディですし。雪国の方、どうなさってますか?

まあ、平日は私はクルマに乗らないのでこの1週間で溶けてくれることを祈るとしましょう。

では、今回はこの辺で失礼します。ありがとうございました。

スポンサーリンク













8 件のコメント

  • pontaさんおはようございます。
     今朝も寒い朝でした。家内を駅まで送ることになりましたが、6時で外気温計は氷点下3.5度でした。
    我が家周辺は雪は降っていませんでしたので、リアルな気温だったようです。
     この記事読んで、以前小生の部下が雪国に転勤したことのエピソードを思い出しました。風雪でフロントウィンドウが曇るとき、ついウィンドウウォッシャーを使いたくなるが、一瞬で凍り視界ゼロになり、ドツボにはまるというものですが、なんとなくやってしまいそうな。
     アンダーボディの氷は溶かすのは大変そうですね。雪などが積もったとき、小生はシャワーをガンガン掛けて溶かすことがありますが、アンダーボディではやったことないなあと。まあ、原因がわかればそれはそれで対応も可能かと。小生も気をつけたいものてす。

    • 桂様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      寒いですね!そんな気温では凍結にはお気をつけないとですね。もっとも、桂様ならそんなことは先刻ご承知かと思いますが・・・。

      ウォッシャー液の瞬間凍結、ありますね!わかりますわかります!東京でもなる時があるんですよ。冬の一番寒い時期、朝早い時間帯に起きてクルマで出かけると、窓が曇るので思わず、と言うか無意識にウォッシャー液を出したことがあるんです。そうしたら・・・うすーい氷が窓一面に貼ってしまって、かえって前が見えないという(笑)。あれ、冷たくてもデフロスターをかければ東京ですとすぐ溶けますが、雪国では溶けないでしょうね。一度そうなったら大変ですよね。

      アンダーボディの氷結は、スプレーの解氷剤でも買ってきてブシューっとやればいいのかもしれませんが、そこまでクリティカルな問題でもないので今のところ放置しています。解氷剤も結局は油らしいので良し悪しですね。まあ、いつでも凍結していると思っていればいいでしょう(笑)。でもこの状態で今朝の桂様のような気温だと、ちゃんと−3.5度って表示されるのでしょうか?多分−0.5度以下だったら表示思想なきがするんですが・・・。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • 国産車でも3℃になると凍結注意の警告が出ます。BMWのポーンという警告音は嫌な感じがするので、凍結や給油警告の時は、違う音にして欲しいですね。重要な警告には違いないのでしょうが!
    今回の最強寒波は、私の仕事場で今まで経験したことがないぐらいの積雪です。月極で借りている駐車場は、ランクルぐらいじゃないと、無理じゃない??と思うぐらい深く雪がありあきらめました。笑

    下回りを洗える、洗車機を利用すると、外気温復活するのでは??

    • bmwpopo様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      やっぱりそうですよね。最近の国産車はもれなくでもないですが結構ついていますよね。なにせ、遠い記憶で話をしているもので・・・すみません。さすが試乗で色々な車に乗られているbmwpopo様なだけあります。

      おお、やっぱり今回の積雪はすごかったんですね。平成26年豪雪に匹敵しますね。でも、どうもこういう豪雪が東京で降る時って、あまり良くないことが起こるという都市伝説もあります。例えば、二・二六事件。あの写真、どれを見ても東京なのに結構な積雪ですよね?東京も昔はかなり雪が降っていた!のではなく、やはり何円ぶりかというような豪雪だったようです。

      ニュースでは各地で玉突き事故があったことなどを報じていますし、やっぱり大雪は生活を乱しますよね。現代においては特に。

      コイン洗車場とかに行けばいんでしょうね。ですが最近、ああいうコイン洗車場ってめちゃくちゃ少なくないですか?私の家の近くにも当然なくて・・・まあ、自然と溶けるでしょう(笑)。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • E46の前に乗っていたCBランサーにもオートエアコンの機能の一部として外気温計が付いていてかれこれ25年くらいそういう車に乗っています。数少ない雪道走行ではE46とも外気温計が凍る経験は無かったです。
    でも確かに外気温計の設置部が凍りついたら、しかもそれがなかなか溶けなかったら外気温が異常値を示すことは不思議ではないですね。安全マージンが増える方向のエラーなので、まあ許せなくはないですがやはりなんとかしたいですよね。
    スチームクリーナーなどはどうなんでしょうか、効果ありそうですけど。新たな投資が必要ですが…。
    何にしてもとても勉強になります。ありがとうございます。

    • あっきろ様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      25年も前から!し、知りませんでした・・・。私が初めて外気温計付きのクルマに乗ったのはE90の320iでしたから(笑)。前々から知ってはいましたが、実際についているのを見て「おおかっこいい!」とも思いましたが、冬になって警告音を聞いた時には「すごい!」に変わりました。なんか、路面状況と会話しながら走る感がすごくあって、「運転している」感がすごくしたのを覚えています。

      ご指摘通り、今のところは保守的な方向への誤表示ですので問題にはなりませんが、もっと寒いところ、−0.5度以下のところではどうなるんでしょうね。多分、時間はかかってもちゃんとした気温を表示するのだとは思いますが・・・。

      スチームクリーナー・・・というと、あの、通販番組でやっている、台所の床の汚れとかがすごく落ちるやつですか?あれ、実はすごく欲しいです(笑)。ケルヒャーも考えられますけど、あれって元の水道がお湯であればお湯が出ますが、確か中で温めてお湯にする機能は・・・ついているんですかね?なかったような・・・。まあ、自然と溶けるのを待つか、あるいはコイン洗車場でじゃーっと一気に落とすかですね。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • ガソリンスタンドにある、自動洗車機のオプションに、下回りを洗浄する!を選べるのもあります。
    お湯がでる洗車機もあるかも!!今は、何でもあります。笑

    • bmwpopo様

      いつもコメントありがとうございます!最近は真面目なコメントが多いですね(笑)。

      アドバイスありがとうございます。そうですよね。後出しで申し訳ないのですが、実はボディが汚れているのを気にしてGSの機械洗車に持って行って、オプションの下回り洗車もやったんです。でも全然落ちていないと。

      塩カルも落ちていないので、やり直しですね。コイン洗車場で吹き飛ばしてきます!

      では、またのコメントお待ちしております。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください