リアウィンカーのLED、もっといいのがないかな?

スポンサーリンク

当ブログでご報告している通り、私はヘッドライト・フォグライト以外の灯火類はLED化しています。全てコーディングなしで正常稼働しているというある意味奇跡的な状況なのですが、週末にあることに気づきました。

スポンサーリンク

現在のリアウィンカーはGTX

ドアミラーのLEDウィンカーとシンクロしていないことが気になってまずは前後ウィンカーをLEDに交換しましたが、一番最初につけたのはPIAAのF30専用モデル、「超TERA Evolution for BMW」でした。そしてこれが異常を来したので、次はお値段が張るものではなく、Amazonで見つけたGTXのバルブに変更しています。

LEDウィンカーバルブ「PIAA超TERA」を付けているのに、「左リアフラッシャー異常」?!

2017.01.22

LEDのウィンカーバルブをGTXに交換。コーディング不要で、しかもPIAAより明るくなって大満足!

2017.01.24

これ、お安い割にものすごく明るい上に今まで全くトラブル知らずなので、いい買い物ができたと思っています。ですが、この週末にハザードを出して車を離れた時に、あることに気づきました。

「あれ?これ、ちゃんとウィンカーついてる?」

そう、横から見た時にウィンカーが点滅しているのがいまいち分からなかったんです。後ろから見るとちゃんと最近の強い日差しの中でもわかるのですが。

そういえば、318iに乗っていた時、当然後期型ですので全ての灯火類は最初からLEDでしたが、ウィンカーを出している時にふとバックミラーを見ると、後ろのクルマにウィンカーの照り返しが反射しているのがわかったものです。ですが、現在の私のクルマでは確認できません。そして、右折時に横にあるガードレールにも反射していません。

光が直進するLEDなのでしょうがないことなのですが、GTXのバルブは先端に凸レンズのようなものがついていてそれなりに光が拡散するようになっているのに、意外と広がっていなかったんですね。

その点はPIAAの方がウィンカーレンズの方が面全体を照らし出していました。

バルブを変えたらなんとかなるものなのか?

LEDの特性に関わることですので、これは自分でもどうなのかよくわかりません。

GTXはやっぱり明るいのですが、ブレーキライトやバックアップライトに使っている、GTXと同じような作りのSANPIEのものはもっと明るい上に、きちんと反射を使って全体が発行しているように見えます。こちらの方は横から見ても問題ないくらいに明るいですし、むしろ318iに乗った時にバックアップライトの暗さに驚いたものです。

320dツーリングのブレーキライトも結局LEDにしてしまいました。

2017.01.28

320dツーリングのブレーキライトが切れました!LEDなのに(泣)。

2017.03.21

320dツーリングのバックアップライトもLED化。コーディング不要なのにものすごい明るさで大満足です。

2017.01.25

確かにSANPIEの方がLEDの素子数も多いので当たり前といえば当たり前なのですが、本当にそれだけが原因なのか、違いがよくわかりません。

そもそもF30は、光が全方向に自然と広がる電熱球が前提ですので、内部の反射板も電熱球を前提としたカットになっていると思います。ですので、限りなく電熱球と同じような光の広がりをするようなLED球出ないと、同じような光り具合にならないのではないかと思うんですね。

まあ、GTXに不満があるわけではありませんけど、いくつか見て見ましたが・・・色々あるんですねー。

まずはPIAAの超TERA Evolution。「for BMW」ではない、通常のものです。省電力対応とそうでないのがあります。

そもそも私はクルマのLEDに省電力性能は求めておりませんので、どちらでも構いません。気にするのは、ドアミラーウィンカーとのシンクロ具合と明るさのみ。そういう点で、これは値段と明るさのバランスでは優れています。また、よく見ると「for BMW」のものよりもLEDの素子の数も多いみたいですね。

そして、面白いと思ったのがこちら。

1回山型の金属部分い反射させてから光を外に向けて、光を拡散させようとしているんですね。これはグッドアイデアかもしれません。

どうなのでしょう?光の拡散具合という点ではこういった商品の方がいいのでしょうね。まあ、繰り返しになりますが、どうしても電熱球を前提とした前期型にはどんなLEDを入れてもちょっと不満が残ってしまうのでしょうけど。

後期型テールへの交換もできるの?!

根本的な解決方法は、リアコンビネーションライトユニットごと後期型のものへ交換(笑)ですが、そんなことできるのかな?と思っていましたが・・・なんとできるんですね!

Elbe BMWさんというディーラーさんのブログですが、こんな記事がありました。

M Performanceテールライト

前期型にもつけられる・・・とはいえ結局12万円超のお金がかかるようです。いや、でも前期型と後期型、形状は全く一緒なんですね。BMWって、昔から「同じに見えて実は微妙に形状からして違う」というのが多かった(歴代3シリーズセダンと3シリーズクーペとか)ので、今回も違うのかと思っていました。

でも、さすがに私はここまでしようとは思いませんが。

ネットで色々と情報を漁っていますが、定番のPHILIPSやBREXをインストールされている方もいらっしゃるようです。でも、この辺りは高すぎますよね。私の場合は、最初のPIAAも半額に近い形とはいえやはり前後で2万円超もかけたのに、1年くらいで切れてしまいましたから、消耗品にそこまでお金をかけるのは意味がないと悟ってしまっています(笑)。

LEDは必ずしも明るいわけではない。

そうなんです。最近のクルマはLEDヘッドライトを装備したりするクルマが増えてきていますので、LEDはHIDよりも明るいと思われていますが、これは端的にいってしまうと誤解です。

私は昔、ロードバイクにも乗っていましたが、本当に「足」として」乗っていたので、仕事からの帰りが夜遅くなります。そうなると、ライトの選択は重要でした。ロードバイクに載せるので、あまりに電池が多いものにして重量が重くなったら本末転倒ですので、やはり省電力のLEDライトを選ぶしかなかったのですが、これが暗いんです。地面なんか見えはしません。どんなに大きなライトでも、ですよ。結局、点滅させて自分の存在をアピールする用途にしか使えませんでした。もちろん、今はもっと明るいものが出ていますが、基本的にはLEDってそう明るいものではないんです。

318iの時も、夜ドライブに行くことを決断した理由として、LEDライトが明るかったことをあげていますが、これも実は私の考えの根底に「LEDは暗いもの」という先入観があったからなんですね。

318iに乗って嬉しいサプライズ!「街乗りにぴったり」なんて言葉に騙されるな!

2017.06.12

ですが、技術の進歩は早いです。318iのLEDヘッドライトは掛け値無しに明るいものでした。ということは、そろそろLEDウィンカーも以前よりも明るいものが出てきてもいい頃だと思うんですが・・・まだちょっと早かったようです。

ただ、私のようなニーズをお持ちの方、結構いらっしゃると思います。現状ではお値段を考えるとGTXかSANPIE、ちょっと値が張るPIAAがベストでしょうが、もっと革命的なものが欲しいですね。もちろん、今頃メーカーさんは開発に励んでいらっしゃることと思いますが、できれば、明るく光って拡散性も文句のないLEDウィンカーを作って世に出していただきたいと切に願っています。

でも・・・この中では個人的には懲りずにPIAAを試してみたいかな?という気がします。BMW専用よりも素子の数が多くて明るいでしょうし、何より先端がラウンドした形状ですので、反射板をうまく使ってウィンカー全体を光らせることができそうな気がするので。

まあ、GTXが元気なうちは買いませんが、切れる時は突然に来るものですので、その時のために心の準備と情報の収集だけは定期的に続けて行きたいと思います。

では、今回はこの辺で失礼します。ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク













8 件のコメント

  • LEDテールランプに代わっているLCIモデルは専用設計なので明るさ、拡散度合いも最適設計されているでしょうが、バルブ交換タイプの場合はバルブに取り付けられたLEDの数、方向、モールド方法、形状とバルブ用反射板との関係で光り方は千差万別と言えそうですね。
    需要は旺盛にある市場だと思いますから、これから更に種類が増えていくでしょうね。選ぶのがますます難しくなりそうです。その分より良い物も出てくるかもしれません。とはいえ取っ替え引っ替え試すほど安くもないんですよね…。

    • あっきろ様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      そうなんですよね。本当に今でも種類がありすぎて、絞り込めないくらいです。基本的には車種専用設計が一番いいのでしょうけどね。安いものではないので、取っ替え引っ替えして試すわけにも行きませんし。
      ただ、LEDを作るメーカーの方の目に万が一でもこの記事が触れる可能性があるのなら・・・と思って、是非決定版を出して欲しい、との思いであえて記事に書いてみました。

      あっきろ様がそろそろLED化でもしてみようか、と思う様になられる頃にはまた状況が変わっていることでしょうから、私もまた情報収集を続けて行きたいと思っています。

      でもあっきろ様はいいじゃないですか。だって、M4GTSについている、OLEDのリアコンビネーションライトを後付けできるんですから。正に目の玉が飛び出る様な値段らしいですけど(笑)。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

    • bmwpopo様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      あ、もしかして次期車購入方向への誘導ですね(笑)?まあでも、こうしてああでもない、こうでもないと考えていること自体楽しいのでご勘弁ください(笑)。というか、まだまだ次期車は遥か彼方の将来の話ですから。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • はじめまして。
    F30のコーディングでネットをうろついていてこちらにたどり着きました。
    コーディングなしでのLED化ですが、どうやらしばらく前から、ウインカーやバックランプのコールドチェックはデフォルトで「off」になっているようです。
    ですので、最近点検等で工場に入庫した際にソフトウェアアップデートがされた車両は、ポン付けでLEDが取り付けられるようになっています。
    LED化とともにコーディングがらみのトラブルがあったりそれで専用品を売る業者がいたりということで、メーカーが対策に乗り出したのかもしれませんね。

    • 通りすがりの者です様

      初めまして!当ブログにお越しいただきありがとうございます!貴重な情報ありがとうございます!

      そうなんですね。私は一度、LEDにしてからブレーキランプが切れましたが、その時も考えてみればウォームチェックでしたね。ブレーキを踏んだら「ポーン」と警告が出ましたから。一度エンジンを切ると警告は消えましたし。

      ということは、私も実は気にしなくてよかったのかもしれませんね。もし今LEDに変えてコールドチェックがかかって悩んでらっしゃる方は、一度プログラムアップデートをして貰うのもいいかもしれませんね。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • ponta様
    前後ウインカーがLEDでないというのは、私もやはり購入したときから気になっていました。逆にここだけなんとかなれば、他は手を加えずも満足度が増して乗り続けられるとまで思っていました。前車ではPIAAのLEDにレギュレータをセットして乗っていましたが、現車ではコーディングをしてまでLEDに変更することないと思い、電球のまま乗って早2年。先日のプログラムアップデートでDRL有効化していただいてから、「やはりウインカーもLEDに!」の思いが再燃してしまいました。今回は手軽にと思い、BREXを選択しました。欧州車対応を謳ってはいるものの、初めてなので恐る恐る交換しました。
    通りすがりの者様の情報によれば、ponta様お車も私の車もその心配すら必要なかったかと思います。

    • 黒檀様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      おっしゃる通り、なーんにも心配しなくて良かったということですね。なぜPIAAの抵抗付きの高額商品がなくなったのか、わかりました。

      これでどんなLEDバルブでも、信頼性さえ確保できれば試し放題ですね(笑)。

      これからの技術の向上に期待して、良さそうな新商品があったら試してみたいです。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です