レーダー探知機について

私は納車時にディーラーにお願いして、レーダー探知機をつけてもらいました。なんだかそう言うとスピード違反の常習犯のように思われるかも知れませんが、そうではなく、ちゃんと理由があるんです。まあ、読んで見てください。こういう考え方もあるということで。

スポンサーリンク

レーダー探知機って?

よく「レー探」などと省略されていますが、要するにオービスのカメラの位置や取り締まり車両が付近にいるかどうかなどを教えてくれる機器ですね。

私はこんな風に、ルームミラー横の天井からつりさげて取り付けていただいています。

DSC_0281

これはエンジンをかけたときの起動画面ですね。カスタマイズできるのでネットで拾ったBMWマークを表示させています。気分は純正品です。

で、普段はこのような画面にしています。

DSC_0283

おわかりになるでしょうか?スピードメーターとコンパスと時計を表示しています。スピードメーターは正確なスピードがわかるので表示させておりますが、コンパスは・・・私が超絶方向音痴ですので必須なんですね(笑)。この待ち受け画面は色々種類があって選べるようになっています。

そしてこれが取り締まりのエリアやオービスの位置が近づくと警報を鳴らしてくれます。本体に内蔵されたGPSのみで位置を測定しているのですが、これが正確そのもの。いつもどうやっているんだろう、と不思議に思うくらいです。

他にもOBD2に対応しているので、BMWですとトランクリッドオープナーのところにあるOBD2インターフェースの蓋を外してオプションのアダプターを付けると、燃費や横Gなど様々な情報を表示できるようになりますが、私はそこまではやっていません。

どこのにしているの?

レーダー探知機メーカーは主だったものでもたくさんありますが、主要3メーカーをあげるとすれば、

  • ユピテル
  • セルスター
  • コムテック

の3つでしょうか?このうち、私はコムテックは使用したことがないのですが、ユピテルとセルスターは使用したことがあります。

私が現在利用しているのは、ユピテルのZ260csdと言うモデルで、指定店専用モデルとなっています。普通に買うとしたらこれの方が今でしたらいいですね。

というか・・・Amazon激安ですね・・・私のよりも機能がいいのに私が買った時の半額以下じゃないですか・・・これはショックです(泣)。

何が違うの?

まずは警告ポイント数です。これはもう圧倒的にユピテルが他をリードしています。続くのが僅差でセルスターというところでしょうか。

スポンサーリンク

ただ、警告ポイントが多いからと言って必ずしもいいかというとそうではありません。全てを警告するようにすると・・・レー探が始終喋っていて、煩わしいことこの上ないです。私は多少感度を鈍くしたりしてあまりうるさくないように設定しています。

他にはGPSの対応の有無ですね。これは「みちびき」に対応していれば正直メーカー間で大差はありません。

あとは更新が有料か無料かというところです。ここは一番気にされる方がおおいかと思いますが、大雑把に言ってユピテルが有料、セルスターは無料です。

無料の方がいいはずなのにどうして私がユピテルを使用しているのか、もちろん理由があります。

わざわざ有料のを選ばなくても。

そうなんですが、当然メーカーのページでユピテル以外はあまり謳っていないのですが、警告のタイミングというものがあるんです。

セルスターは、今はだいぶ改善されたみたいですが、私が使っていたときはタイミングが遅くてダメでした。通り過ぎてから警告するんですよね。それでは私がレー探に求める機能を満たせません。

ユピテルはタイミングはばっちり合っています。「通過します」の声と共にオービスのカメラの前を通過するという抜群の精度です。

私がレー探に求めるもの。

そこで取り締まりをやっているということは、何らかの危険があるということですよね。いつも通る場所では気を付けないといけないポイントはわかりますが、遠出して初めての場所を通る場合などはこれが重宝します。

以前の記事でも申し上げた通り、スピード規制というものはこの先にある危険を教えて屈れているんですね。

アウトバーンでの運転が高速化する高速道路の走り方を教えてくれる。

スピード制限に限らず、一時停止の取り締まりなどは「捕まったら不運」なのではなくて、その場所で過去に一時停止をしなかったことによる事故が頻発しているから取り締まりをしているんです。次は自分の番とも限りません。ですから、私はこのレー探を付けていることでそれを事前に知ることができ安心できると言うわけです。

あと、最近増えているZone 30をお知らせしてくれます。ご存知ですか?Zone 30。特に速度制限の標識がなくてもそのエリア一体の制限速度が30km/hという箇所です。これはかなり役に立ちますよ。

まとめ

いかがでしょう?レー探というと走り屋さん御用達というイメージが世の中では多いかもしれませんが、そうではなく自分が事故の当事者にならないために情報を集めるツールになるんです。少なくとも、私はそういう使い方をしています。

さて、そういえば私がクルマを買ったのも5月なら、ユピテルの会員登録更新の時期も5月なんですね。期限までに更新すれば1,000円のクーポンが頂けるようですので更新と同時に、GW後半のお出かけに備えてデータもアップデートするとします。PCで簡単にできますので。

では、今回はこの辺で失礼します。

スポンサーリンク













7 件のコメント

  • いつもお世話になっております。
    CMOです。

    『BMW』+『レーダー探知機』で検索したら、このページがトップに来ておりましたので、本日はご質問の投稿をさせて下さい。

    当方、今までレーダー探知機はつけたことがなく、国産車やVW時代はカロッツェリアのカーナビをつけて、オプションのオービスROMを読み込ませてオービス地点のみ警告させておりました。

    ご存知の通り、BMWのナビにはそのような機能はなく、安全運転していれば良いだろう、とは思っていたのですが、やはりオービスぐらいは警告が欲しいなぁ、と思い始めております。

    そこで、オービスの警告をしてくれるiPhone用のアプリを導入してみたのですが、トンネル内の自車位置を特定してくれず、私が知りたかった山手トンネル内のオービス地点で残念ながら警告は鳴りませんでした。

    記事中には、OBD2ポートへの接続をされていらっしゃらない、という事でしたが、トンネル内での自車位置は如何ですか? 普通に使えるレベルでしょうか?

    また、いつもご紹介されているカーナビアプリについては如何でしょう? アプリでは自車位置の特定は厳しいのでしょうか?

    アプリでは無理、しかしレーダー探知機なら大丈夫、という事でしたら、レーダー探知機の導入を検討しようと思っています。よろしくお願い致します。

    • CMO様

      いつもコメント頂きありがとうございます!その後、AH3のご調子はいかがですか?

      まず、カーナビタイムですが、これはトンネル内でも自車位置マークは動き続けます。が、実は「トンネル進入時と一定のスピードで走っていると仮定して」いるだけでして、関越トンネルのように真っ直ぐなトンネルならいざ知らず、山手トンネルのような曲がりくねっている箇所や渋滞箇所もあり、速度が一定でない場合はやはり位置がずれます。

      一方で、これは私が使用しているレーダー探知機では、なぜかカーナビタイムと同様にGPSのみでの自車位置特定にも関わらず、山手トンネルでも結構正確に警告します。もちろんずれる時はありますが、大抵の場合においてカーナビタイムよりも、というか、iPadのGPSより正確な位置測定をしています。

      結論としては、レーダー探知機は完全に一致、とは言いませんがかなり頼りになると感じています。

      山手トンネルはカーナビ泣かせです。基本的には、場所を覚えるのが一番の対策ですが、私の場合は知らない土地に行った際にも信頼できる情報を提供してくれるために、カーナビタイムもレーダー探知機も欠かせないと個人的には思っております。

      ディーラーの代車などに乗ると、この二つがないことで不安感を感じるほどです。

      ご参考になりましたでしょうか?

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

      • ponta 様
        非常に分かりやすい回答、ありがとうございます。
        大変参考になりました。
        .
        先日、「オービスガイド」というiPhoneのアプリの検証をする機会があり、
        私のクルマを友人の運転で、圏央道→中央道→山手トンネルの順で走り、
        私は助手席にいて、そのアプリの画面を見ていたんです。
        .
        そうしますと、中央道から首都高に向かう道中では、
        制限速度を超過している場合の警告(GPSで検知?)や、
        (80km/h制限から60km/h制限になったあたりは助かりますね)
        オービスの位置に対する警告するタイミングの正確さに驚きましたが、
        私が一番欲しかった、山手トンネル内の警告については、
        地図上での自車位置が明後日の方向にズレてしまっていて
        これがアプリの限界なのかな?と感じ、ご質問に至った次第です。
        .
        Youtubeでレーダー探知機のインプレッションをしている方を見ると、
        山手トンネル内で実際に使用した際に、
        ジャイロを使っていない機種の方が自車位置が正確、とか、
        車速センサーを取っているとは思えないタイプでも
        山手トンネル内のオービスの位置を正確に警告していて驚きました。
        あれはどういう仕組みなんでしょうね?
        iPhone(アプリ)との違いが全くわかりません…
        .
        当方、羽田空港や、オフ会等でお台場や大黒に行くことが多く、
        そのたびに、オービスの正確な位置が知りたいなぁ、と思いつつ、
        もう丸4年が経過してしまいました。
        .
        頂いた情報を基に、もう少し調査してみます。
        今回はありがとうございました。
        大変参考になりました。m(_ _)m

    • CMO様

      拝見しました。

      五反田のオービスは、確かまあまあ新しかったと思います。開通当時からありましたっけ?私が気付かなかっただけかもしれませんが、なかったと思います。両方とも警告がなかったのは、単にデータとして入っていなかったからではないでしょうか?
      一方で落合換気所付近のものは開通当時からありますので、両方警告していますもんね。

      一つ仮説ですが、レーダー探知機は速度を計測するレーダーを検知しますよね?ということは、マップ上でレーダーの電波を検知した時に位置を補正している・・・ということはありませんかね?

      一方で、マップ上のデータのみのアプリだとそのような機能がないので、GPSをロストしたらアウト、ということで一応辻褄は合いそうな気がします。

      あくまでも想像ですが、可能性としてはありそうじゃないですか?

  • ponta 様
    .
    五反田の場所、いつも失念してしまいます。
    あそこが一番スピードが乗る場所なので、あそこを知りたいのです 笑
    .
    アプリだと位置を見失い、レー探だと位置を補正出来ている件、
    その推理、非常に納得出来ました。確かにそうですね。
    iPhoneで出来ずに、レー探なら出来るとなると、それ以外しか考えられません。
    .
    GPSをロストしている場所では、
    ジャイロ等を使わずに、マップマッチングとレーダーでの位置補正。
    なるほど。理に適っています。
    それならOBD2ポートを使わずとも、近しい値を求められそうですね。
    .
    素晴らしい推理、感服致しました。
    レー探、つけようかしらw
    ↑そうなると今度は機種選びに迷う訳ですね…

    • CMO様

      レー探は個人的にはやっぱりユピテルが多機能化つ正確だと思います。その分お値段も高くなりがちなのがちょっと玉に瑕ですが・・・。

      いずれにせよ、ご納得の行くまで比較してお求めになることをお勧めします!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です