新型5シリーズツーリングがジュネーブショーでデビュー!日本への導入時期は?

5シリーズはアッパーミドルクラスのサルーンとしての人気はもちろんですが、ステーションワゴンボディのツーリングも人気ですよね。日本への導入はいつ頃なのか、新型5シリーズ試乗の時に伺ったお話から予想したことをご紹介します。

スポンサーリンク

新型5シリーズツーリング、ジュネーブショーで公開!

お待ちかねのツーリングはジュネーブで初公開となります。以下の記事をご覧ください。

【ジュネーブモーターショー2017】BMW 5シリーズ 新型、ツーリングを初公開予定

写真拡大 (全10枚)

BMWは2月2日、スイスで3月に開催されるジュネーブモーターショー2017において、新型『5シリーズ ツーリング』を初公開すると発表した。

新型『5シリーズ』については、1月のデトロイトモーターショー2017において、新型『5シリーズ セダン』をワールドプレミア。今度はジュネーブモーターショー2017において、ワゴンの5シリーズ ツーリングの新型がデビューする。

新型の開発コンセプトは、「ダイナミックで機能的かつインテリジェント」。新型5シリーズ セダン同様、スポーティなデザインを採用する。また、新型5シリーズ ツーリングでは、サスペンションサイドメンバーやテールゲートをアルミ製にするなどして、軽量化を追求した。

室内空間は、先代比で拡大。すべての座席で、頭上、肩周り、足元のゆとりが増した。後席には、チャイルドシートを3個固定することも可能。静粛性も高められており、BMWによると、新型5シリーズ セダンと同等の静かなキャビンに仕上げられているという。

リアシートは、40対20対40の3分割式。荷物スペースの容量は、通常状態で570リットル。後席を倒せば、最大1700リットルに拡大する。リアゲートは、ガラスハッチのみの開閉が可能。オプションで、ハンズフリーでのリアゲート開閉を可能にしている。 《レスポンス 森脇稔》

今回もツーリングの使い勝手の特徴であるガラスハッチの単独開閉などは健在ですね。上の記事ではオプションとなっていますが、いわゆる「スマートオープン」、あのバンパー下に足をくぐらせるとリアゲートが開く機構は日本仕様では標準となるでしょう。

荷室もはるかに3シリーズツーリングよりも広くなるのでしょうね。ちなみに、市場した新型5シリーズの荷室容量は530L。現行のF30系3シリーズのセダンでも480Lの容量を確保していますので、たった50L増加と思われるかもしれませんが、実際には私が手を伸ばしてもトランクの一番奥まで届かないほどの奥行きが確保されていました。

これがツーリングとなると、スペック上は若干の拡大しかないでしょうが、リアシートのヘッドレストを超えて積載する部分というのはこの容量には入ってきませんので、相当な荷物を積める事でしょう。何より、荷室の高さがあるので便利ですね。

スポンサーリンク

320dツーリングのラゲッジルーム解剖。

2016.10.27

導入時期と導入車種は?

まず導入時期ですが、これはちょっとはっきりしていません。おそらくですが、2017年第4四半期(10月〜12月)となるのではないか、ということです。

この時期って、そういえば新型5シリーズのセダンでも523iが導入される時期ですよね。

新型5シリーズ、日本正式発表!発売は2/11から、お値段は599万円〜

2017.01.12

ということはツーリングも最初から日本仕様のセダンと同じグレードがフルラインナップで最初から導入される・・・と思ってしまいますが、個人的にはそうならないと思います。

F31、つまり現在の私の愛車も、すでにセダンの320iは328iと335iに遅れて導入されましたがすでにラインアップされていたのに、ツーリングでは当初は320iはラインアップされませんでした。320iツーリングが出たのはだいぶ後になってからです。

この例も考えると、BMWとしてはツーリングのように車両総重量が嵩む車の場合はディーゼルか、ガソリンでも比較的パワーのあるクルマでないと、と考えている節があります。というかその通りなのですが。

これを考えると、新型5シリーズのツーリングは、導入当初は523d/ 530i/ 540iと540i xDriveの4車種になるのかな?と思っています。そして遅れて523iが加わると。そして330eと同じく、530eはトランク下のスペースをバッテリーに使い、セダンでもトランク容量が410Lに減るくらい侵食しますので、ツーリングは設定されない可能性が高いと思っています。

でもX5には設定されましたよね?あれだって相当トランクスペースを侵食しているんですから、別にツーリングでPHVを設定してもいいと思うんですが・・・。

xDriveの拡充はないのか?

最近、ようやくBMWはxDriveを拡販して行く気になったみたいです。それは218dアクティブツアラー/グランツアラーにxDriveが設定されたことでもわかりますよね。

2シリーズアクティブ/ グランツアラーにディーゼルのxDriveがついに登場!この日を待っていました!

2017.01.18

私も上記の記事で歓迎しましたが、これなんですよ。何かと言うと、540iではなく523dにxDriveを設定して欲しいんです。

実はToto BMWのWさんともお話している時に、3シリーズでも320d xDriveがあれば最強なのに、と申し上げたところ、苦笑しながら、

「みなさんそうおっしゃいますね。確かに、4WDで重量がかさんでもディーゼルであればさほど影響はないと思います。」

とおっしゃっていました。

この「みなさん」のところ、重要です。当ブログでもなんども申し上げている通り、BMWは日本市場をかなり重視しています。そして、BMWという会社は結構ユーザーの要望を聞いてくれるメーカーです。それはM2にマニュアル車が設定されたことでもわかりますよね。

M2にMTが設定されて思うこと。

2016.10.29

上の記事では私はけちょんけちょんに言ってますが(笑)、とにかく、ユーザーの声は届きますし、それを拾って実現してくれます。

ということは、218d xDriveの売れ行き如何というところもあるでしょうが、新型5シリーズでももっとxDriveが発売される余地はありますよね。実際、都市圏ではなく雪国でもっと拡販しようと思ったら、4輪駆動であることの訴求力は抜群でしょうし、そうすることでBMWとしても市場を広げられるわけですから。

とはいえ、いつになるかはわかりません(笑)。本当にそうなるかすらわかりませんし。

ですが、雪道でもBMWはxDriveでなくてもスタッドレスタイヤさえ履いていれば抜群の走破性を誇りますので、実際にはxDriveでないと困る場面というのはあまりなさそうなんですけどね。

雪道をBMWのFRで走れるのか?

2017.01.27

では、今回はこの辺で失礼します。ありがとうございました。

スポンサーリンク













4 件のコメント

  • 毎度の自分語りですが実は私の所有車歴の中でリアハッチの無い車ってE46とその前のランサーしかないんです。そのランサーも一つ前の型が5ドアで新型4ドアにするか5ドア型落ち在庫にするかかなり悩みましたし、E46も本国の様にツーリングにMTがあれば迷わずそっちにしたと思います。
    今更ながら自分がリアハッチ好きだという事に気付きました。
    セダンのスタイリングは勿論好きですが、リアハッチの利便性は捨てがたいものがあります。
    実際E46の時に家電量販店で比較的大物を買って車まで行って入らないから配送してもらった事が2、3度あります(笑)いずれも、体積的には入るのですが、3シリーズセダンのトランク開口ではどうにも物が入れられなかったんです。リアがハッチになっていたら難なく放り込めた筈でした。
    結果、グランクーペはスタイルと使い勝手のいいとこ取りになってますね。
    という事で新型5シリーズ、個人的にはセダンよりツーリングやスクープショットによると、現行5GTより3GTや4GCっぽくスタイリッシュな次期GTが気になっているところです。

    • あっきろ様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      今回のコメント、なるほどと唸らされました。潜在的に自分が好きなクルマの形を追い求めるものなんですね。確かに、あっきろ様の愛車遍歴を拝見しますと、直近がE46だったのでそうは思わないですが、ハッチバック好きというのはうなづけますね。

      私は今まではスポーツセダン好きでしたので、やはりそのような車種ばかりでしたが、今の320dツーリングで宗旨替えです(笑)。リアゲートが開くというのはこうも便利なものかと思いました。インプレッサWRXもそうだったんですけどね。なんであの時に気づかなかったんでしょう?

      むしろ4GCがあのスタイリングでハッチバックと言う方が意外ですよ、普通の人にとっては(笑)。私も最初はあまりの意外性に驚きましたし、同時に「なるほど!」と感心した覚えがあります。

      どうやら次期の5シリーズのGTは「6GT」になって、ラグジュアリークーぺのラインは8シリーズに移行するようですからね。「6シリーズ」の名を冠するくらいですので、次期6シリーズGTにはカッコよくなてもらわないと困りますね(笑)。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • 320Dツーリングで、ガラスハッチの単独開閉、記憶にあるのは、1回、2回、それぐらいあけただけですね^^笑 NEW5シリーズのキャッチフレーズは「ビジネスアスリート」サラリーマンの目標となる車ですので、pontaさんの次期車にピッタリです。そして、ツーリングはステーションワゴンのトップグレードです。車庫などの問題がクリアしていれば、かなり大柄ですが、運転はすぐなれます。

    旧型5シリいつのまにか、公式ページで120万円サポートになってますね!知りませんでした。
    総額120万円なら、欲しいですが・・・笑

    • bmwpopo様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      なんと!ガラスハッチ、便利ですよ。私はいつも、何かさっとものを取り出したい時はガラスハッチの意を開いています。

      >総額120万円なら、欲しいですが
      同感です(笑)。そのくらいでもないと5シリーズなんてとても手が出ません(笑)。写真で見る限り、BMWのセオリー通り、リアのテールライトの意匠はツーリングとセダンで大きく変わらないので安心しました。これもまた、早く実物にお目にかかりたいものです。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください