夏休み最初の週末は都内ドライブ。不規則な流れが危なかったです。

スポンサーリンク

東京都内では各学校が夏休みに入って最初の週末となりました。相変わらずうだるような暑さでしたが、みなさん元気にお出かけしたようですね。私はというと、今日は家内の実家がある多摩地区までドライブでしたが、流れが不規則すぎて危ないと感じました。

スポンサーリンク

クルマが多い!

都心部はそうでもなかったようですが、比較的近郊の郊外へ向かう道は軒並み混んでいたようですね。

息子は夏休みに入って開放感に浸りたいのか、昨日私が会社に行っている間に、家内の実家に泊まりに行ってしまいました。

ですので今日は家内と息子を迎えに行くためのドライブというわけですが・・・勝手知ったる道ですが念の為カーナビタイムでルートを検索すると、一般道を行くよう指示されました。いつもは高速なのに。

高速を使うメリットがないほど流れが悪いのでしょうね。

暑いと運転までダレる?!

さて、カーナビタイムに従って一般道を走り出したのはいいのですが、今日の交通は本当に不規則でした。

この「不規則」という表現、実は私としては相当抑えめに言っています。つまり、怒りを通り越して呆れています。

タクシーは脇道から出てきて国道を走っている私の土手っ腹に突っ込んできそうになるし、青になっても動かないドライバーや、完全に信号無視して交差点に進入してくるクルマがいたり・・・。また、こうした不規則さに苛立ったのか、妙に荒い運転のクルマがいたり。

夏の時期は事故が増えるといいますが、その理由の一端を垣間見たような気がしました。

これはどうしてでしょうね?暑いと注意力散漫になるのでしょうか?でも室内は冷房が効いてますよね?

こういうことを理解するだけで、自分自身も事故を避けられる可能性が大きくなると思うので、是非とも知りたいです。そして、そんな私がつい最近知ったのが、交通心理士と言う資格。

これは、正に私が知りたいと言っているようなドライバーの心理を学問的に追求し、研究し続けるための資格です。色々調べてみると、かなり費用と年数が必要ですので、今からの私では無理ですが、それでも交通心理学の観点から記された、役に立ちそうな本は出ています。

中々面白そうですね。

まあ、こんなことをつらつらと考える時間があったくらい流れが遅かったんですよ(笑)。

灼熱の中でも快適ドライブ

今日は殆どECO PROで走行しましたが、ECO PRO設定でエアコンを対象外にしていますので、室内はエアコンがよく効いています。あれ?こんなに強力だったっけ?と思うくらいでしたが、実はよく見たら設定温度が22℃になっていました(笑)。逆に言うと、このくらいの設定温度にしておかないと間に合わなかったであろうくらい、カンカン日が照りつけていましたね。

ここまで暑いと気になるのがエンジンの調子なのですが、これが終始滑らかで、熱でたれている感じがしないんです。

一時期、特にディーゼルワンを入れた給油の時に、私は記事中で「効果がイマイチ感じないが、即効性がないのか?」と疑問を呈していました。

ですが・・・どうも最近は考えが変わりまして、どうやら軽油の質が左右しているのではないかと思っています。

あ、軽油の「質」と言っても、含まれる硫黄分がどうのこうのと言う話ではありません。「純粋な軽油か否か」と言うことです。

まだ詳しくは調べきれていないのですが、どうも未だに軽油に「混ぜ物」をしているGSってあるみたいですね。私も噂ベースなので真偽の程はわかりませんが、実際、某石油会社に勤める方と話した時、ディーゼルに乗っていることを話したところ、「灯油でも走るよー」と冗談で言われたことがあるんですよね。

私も、知識としては知っています。が、軽油と灯油は似て非なるものですし、大体そんなことをしたら犯罪になります。

軽油って、灯油とほぼ同じですが、決定的に違うのが、潤滑成分が入っていることです。これは以前にも当ブログでご紹介したかもしれませんが、この潤滑成分があることはディーゼルエンジンにとって非常に大切なんですよね。

どうやら今回秩父で入れた軽油は当たりだったようです。

中央道渋滞時の回り道。ちょっと遠かったけど・・・

2017.07.19

帰路はスイスイ!

ようやく家内の実家に辿り着き、食事をしたりしながら楽しく過ごしていましたが、あっという間に帰る時間です。

息子がいるのでそんなに遅くは出れませんから、時間としては9時前だったのですが、往路とは打って変わってガラガラ。カーナビタイムも素直に高速を使用するようルートを引いています。

もちろん、従いました。高速もガラガラですが、不規則さは相変わらずです。追い越し車線をノロノロ走るクルマに苛立ったクルマが複数台数珠繋ぎになって左側から追い越して行ったり、私自身も前が詰まっているのに後ろから煽られたりしました。

なぜ空いているのにこんなにも不規則なのかはわかりませんが、危ないです。特に、後ろにべったり張り付かれると、怖くてブレーキを踏めませんでした。

まだ交通心理学の本は読んでいませんが。

どうも、こうした流れを見ていると、クルマの運転というのが極めて社会的な行動であることが認識されていない気がします。

運転に慣れていない方が低速で走ることもあるでしょう。一方で、休日と言えども大事な商談で先を急ぐ方だっているかもしれません。

こういうと、運転に慣れていない方に優しくしろ!と言っていると思われるかも知れませんが、そうではないんです。私は、双方に「運転の社会性」という認識が足りないと思っています。

運転に慣れてない方は低速でいいと思います。ただ、それなりの走り方ってありますよね。たとえば、トラックの運転手さんなどは、自分の後ろが詰まっていたら、路肩が広くなっているところで停止して追い越させたりします。

何もそこまでしろとは言いませんが、例えば高速道路では漫然と追い越し車線を走るのではなく走行車線を走るとか、やりようはあると思うんです。

そしてもちろん、速いクルマは煽ったりなどしてはいけませんよね。

お互いが少しだけ周りがどうなっているかを確認し、譲り合う気持ちを持つことで、この様に危険な不規則な流れというのはなくなると思うのですが・・・。

これから本格的な夏休みになるので、益々普段運転されてない様な方も走る様になります。それなのに今からこれでは、先が思いやられますね。

折角の楽しい夏休み、楽しいまま過ごせる様に、今一度自分の運転も振り返って見たいものです。自戒の意味も込めて、ですが。

燃費わるっ!

往路は流れが全くスムーズとは言えない一般道、帰路は、渋滞していないのに何故か本線で40km/hまで落ちたりする様な不規則な流れ、そして全行程エアコン全開・・・の結果、燃費は11.2L/100km(8.9km/L)でした。

驚く程の悪さですよ、これ。ここまで悪かったのは初めてかも知れません。まあ、流れに乗ってこれだったので諦めもつきますが、ちょっと呆然としてしまいました。

加減速が続いたのが原因でしょうね。不規則な流れというのは、このように経済的な損失も伴い、お財布に効いてきます。

うーん、でもまあ、夏はしょうがないですかね。

では、今回はこの辺で失礼します。ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク













18 件のコメント

  • pontaさんお疲れ様でした。
     まさに夏場のあるあるでしたね。小生も土曜日はドライブではありませんが周辺の所用で、孫など乗せて走りましたが、これがpontaさんの記事とまったく同じイメージ。
     あげく踏切で停止していたら、おばさんチャリが横切り、対向車が来ないものと突っ込んであわやというシーンまで。ひどい事故車も目撃しました。
     先週は遅いことに気付いていないレンタカーによる時ならぬ渋滞にイライラさせられましたが、夏はしかたないのでしょうかね。個人的な話ですが、先週1万kmを超え、点検したところ、エンジンもまた快適になりましたが、ここへ来てのメルセデスのディーゼル不正?騒ぎの対応が小生の車にも来るかも…とこれまた軽くストレスになりそうです。お互い気分は軽快に行きたいですね。

    • 桂様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      いやいや、この季節、本当に見ていてヒヤヒヤするクルマが多いです。あまりに不規則な流れって、それだけで追突を誘発しますし危ないですよね。誰も事故を起こそうと思って運転しているのではないでしょうが、「無知は罪」という言葉もある様に、自身の運転が事故を誘発しているかもしれないと考えもしないというのも罪ですよね。
      ディーゼル不正の報道はちょっとやりすぎな気がします。実態がどうだか知りませんが、とりあえず、MBジャパンですら何がどうなのか把握できていないという段階ですし。
      まあ、プログラムアップデートで済む様なので、お気を楽にされて、作業の合間につまみ食い的にご試乗されていればいいのではないでしょうか?
      ただ、もし本当にVW的な、いわゆる「ディフィートデバイス」が組み込まれていたとしたら、流石のメルセデスの看板も地に落ちそうですね。ですがメルセデスはSBCの時も、エルクテストの時もそうなりましたが、不死鳥の様に復活しました。メルセデスが顧客と、環境に対して真摯な対応を取ることを祈るばかりです。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • pontaさん、はじめまして。
    いつかはBMW(こだわってベーエムヴェーと呼ぶ年代です)と思っていたクルマ好きです。
    ネットをうろついてこのサイトにたどり着き、以来楽しく読ませていただいております。
    このサイトに背中を押されて、ついに買っちゃいます、320dのMスポ(本当はpontaさんと同じ
    スポーツが希望でしたが、在庫車の大幅値引き条件で断念)。
    これから雨の中、契約をしにディーラーに向かいます。
    本当にこちらのサイトに出会えなければ、今回の購入は有り得なかったと思います。
    これからも先輩オーナーの記事を楽しみにしております。

    • 赤字代理人様

      初めまして!当ブログをお読み頂きありがとうございます!しかもご成約のコメントの中で当ブログをご参考にしていただいたと伺い、大変嬉しいです!

      とにかく、ご成約おめでとうございます!LCI後はM Sportも洗練度を増している様ですので、乗り心地もいいのではないでしょうか?そしてもちろん、ディーゼルなのに立派にスポーツできることは私が保証します(笑)。
      いやー、当ブログにご成約のコメントをくださる方は今までもいらしたのですが、何回伺っても私まで嬉しくなるものですねー。ちなみにボディカラーは何色にされました?何色でも似合うのですが、ボディカラーも含めて、これからはご自身の愛車として愛でてあげてくださいね。
      そ、そんな、先輩オーナーだなんて(照)。BMWは、確かに運転を楽しみたい方が選ぶことが多いクルマですが、その楽しみ方ってみなさんでそれぞれ違っていいと思いますし、違うべきだと思います。ですので、赤字代理人様なりのお楽しみかたをされれば、私なんかちょっと長く乗っているだけの人です(笑)。
      これから納車までか一日千秋ですね。カタログを眺めて、大いにニヤニヤして妄想しまくってください(笑)!

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!これからもお気軽にコメントくださいね!

      • pontaさん。

        わざわざありがとうございます。
        私もかつてCG誌の熱狂的な愛読者でした。最初に1972年9月号を購入して以来、2000年頃まで欠かさず
        購入し、中高生の頃はそれこそ一字一句暗記するくらい紙面を読みふけりました。ご理解いただけます
        でしょうか?あの頃の(遠くを見つめる目で)のBMWは、羨望の的であり、いつかは俺も、と思っており
        ました。
        他の数種類の車種とともに、心に刷り込まれてしまった訳ですが、そのBMWを所有することができて、
        感慨ひとしおです(大幅に大げさです!)。
        今後とも宜しくお願いいたします。

    • pontaさんのブログにコメントしている国産車乗りです。以前、私はBMWの事を何も知らず、320dluxuryに乗っていましたが、購入後、後悔しました。BMWはMスポ!と言われるぐらい、定番の人気グレード。リセールも有利ですから、320d MSportで正解と思います。

      • bmwpopo 様

        コメントありがとうございます。ラグジュアリの内装もなかなかで、心動かされました。
        Mスポの唯一同意できない点が、リアタイアの255というサイズです。これは過剰装備かと。
        ノイズや燃費、交換時の費用、そしてシャーシーへの長期的な影響を考えるとどうかなと考える次第
        です。見栄えはよいのですが。第一、そんなに攻め切れません(笑)。
        これからも宜しくお願いいたします。

  • pontaさん、こんにちは。
    “「運転の社会性」という認識が足りない”、に心が響きましたので、コメントします。

    普通、一般社会の中では、属している組織やわたくし自身を表に出して、「私は○○です」を前提にもろもろの社会活動や意見発言をしています。
    一方、どんどんクルマがパーソナライズされていく中でのクルマの運転は、本来なら、他の一般社会での活動と同じように運転していても良さそうなのに、そうなっている風には見えません。よく、「クルマに乗ると別人のようだ」などの表現がありますが、むしろクルマに乗ったときの方がよりその人自身のパーソナルな部分が際立ってくるのだと思っています。

    以下、自戒を込めて言い聞かせていることですが、人は行動で判断できる、というものです。
    これは、口先では都合上なんとでも綺麗ごとを言えますが、実際に起こす行動には、強い信念と覚悟と責任が必要だからです。
    クルマの運転時には尚のこと自身の肝に銘じていることです。

    また、交通心理士、交通心理学という言葉はここで初めて聞きました。後学のための勉強になり良かったです。ありがとうございました。

    追記:
    赤字代理人さん、320d MSport購入おめでとうございます!!
    私も時期候補車に、と思っていますよ。

    • engine_for_life様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      実は、この記事のようなことを言うと、意識高い系だと思われたりしてめんどくさがられるかな、と思うのですが、根底にあるのは正にengine_for_life様がコメントでご指摘いただいている通りです。
      クルマは自宅のリビングではないのですが、日本車が総ミニバン化とも言える現象の中、クルマの中の御座敷化が益々進み、運転に社会性がなくなって来ていると思っていますが、おっしゃる通り、他の一般的な社会活動と同じ様な意識で運転しないと、ですよね。
      engine_for_life様が次期愛車として3シリーズをお考えなのはTwitterで拝見して存じ上げておりました。煽るわけではありませんが(笑)、私もBMW仲間が増えていくのは嬉しいです。engin_for_lofe様の喜びの声もお待ちしております(笑)。ただ、今お乗りのクルマもいいですからねー。中々迷う所でしょうね。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • 心に余裕が出来る、アルピナにしますか!そうすれば、イライラしなくなりますよ!

  • 乗り慣れない人が多く路上に出てくる時期ですからね。いつも以上に心して運転する様に心掛ける必要がありますね。
    慣れない運転で余裕がない人と、いつもと調子が違ってイライラする事で余裕が無くなる人、つまりどちらにせよ余裕がないのが事故を引き起こす原因ではないでしょうか。
    以前住んでいた台湾ではとんでもない行動をする車が結構います。片側3車線の一番右から左折するなど日常茶飯事です。それでもその割に事故は少ないと思います。日本だとそんな事をされた後続車のドライバーは、そんな事をした車のドライバーと揉めそうですが、台湾では皆舌打ちはするものの、すぐしょうがないなぁ、と許す感じです。
    日本より皆に余裕があるのかなと思います。(勿論例外もあって、事故したり喧嘩になったりもありますけど)
    余裕こそが事故を防ぐ有効な方法でしょうね。

    • あっきろ様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      台湾のお話、興味深いですね。

      あっきろ様のコメントの中の「余裕」ですが、ではその余裕というのはどこから来るのか?と考えると、社会的な大らかさというのもあるのではないでしょうか?私は台湾に行ったことはないのですが、彼の地は地理的条件は日本と似て島国ではあるものの、出自を辿れば大陸農耕民族特有の大らかな気質というものを残しているのではないかと思いました・・・が、合っていますでしょうか?
      日本では中々難しいかもしれませんよね。ですが、同じである必要はないと思います。日本独自の「譲り合い」、この精神を持つだけでだいぶ違って来ると思うんですよねー。
      ただ、同時に日本人って、クルマを見栄をはる道具としても使いますから、中々「自分が運転に慣れていない」というのを認めるのもハードルが高い気がしますし、自分が上手いとひけらかす様に煽る人もいなくならないですよね。
      まあ、クルマというのは、ある意味で海外でも階級を表すものなので、日本に限った話ではないかもしれませんが(笑)。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • あっきろさんの台湾交通事情、仰る通りに、正に凄まじいですよね。
    広い道路だと、中央に片側3車線の車道、その両側に樹林帯を挟んで二輪車専用車線、その外側に歩道と言う感じで、右折(日本で言う左折)をしようと思うと、樹林帯の向こうを後ろからぶっ飛んでくるスクーターを何度も確認しながら曲がり、曲がったと思うとその先には信号無視の歩行者!って感じです。
    とても自分では運転出来ず、現地のドライバー任せでした。
    確かに車とスクーターの事故も有る様ですが、あのカオス状態にしては事故が少ない感じもして、阿吽の呼吸でアイコンタクトで皆運転しているみたいです。
    何となく、イタリア人っぽいのかな???
    最近の日本は、車を運転しているという意識が薄くなっていて、自分のスタイルで(自由気ままに、好きなように)走っている人が多いように見受けられます。
    お一人エコドライブとか、急にブレーキを踏んでからウィンカーを出すとか、結局色んな面で想像力が欠けてきている気がします。

    • keybowBMW様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      最後のフレーズ、「想像力が欠けている」に大変感銘を受けました。
      思い返せばクルマが好きで、早く免許を取りたくて教習所に通っていた時、「あらゆる危険な事態を想定せよ」と教わっていました。こらは正に、「想像力」を働かせることに他なりません。危険を回避するだけでなく、ベテランともなると、交通の流れを適正にリードし、円滑な交通になるよう気を配る必要もあるのは言わずもがなです。これも少しの想像力と、「自分がやられたら嫌な気持ちになることはやらない」という少しの思いやりがあれば、keybowBMW様があげたような運転ってなくなると思うんです。

      せめて自分だけでも周囲に十分気を使った運転をしたいと思いを新たにしたお言葉でした。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

    • keybowBMWさん、こちらにも失礼します(笑)
      向こうでは片道100km毎日往復していたら3ヶ月くらいでゾーンに入ったというか運転の勘所が突然目覚めました(笑)
      スクーターが怖い時はこちらは急な動作をせずにいると勝手にやり過ごせます。幸い通勤路上にスクーターの川を横切る必要は無かったので余り怖い思いはせずに済みました。
      全てが日本の様に生温い状況ではないので、初心者もあっという間に鍛え上げられますから、全般的には漫然とした運転は少ない様に思います。

      • あっきろ様

        私の返信が行き届かない中ありがとうございます!

        ゾーンに入る、ですか。なるほど、日本は逆に生ぬるく守られているから、漫然と運転するのでしょうね。納得です。

        台湾までは行かないまでも、せめてヨーロッパくらいには厳しい環境の方がいいのかもしれません。現に、日本人はあまり運転が上手くないというのが定説ですからね。

        では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • pontaさん
    いつも楽しく拝見しています。コメントさせていただくのは初めてです。
    今回の記事、ウンウンと頷いてしまいました。
    以前、横浜市北部から横須賀市南部まで横浜横須賀道路を利用して通勤しておりました。
    通常は通勤時は皆さん、ほれぼれするほど阿吽の呼吸で走行しており、きわめてスムーズに
    走ることができました。
    が、、、、、8月頃になると、三浦海岸、湘南方面にレジャーに出かけるクルマが
    一気に繁殖してきます。
    もう秩序も何もあったもんじゃない。追い越し車線は何のため?は序の口でした。。。。
    そういう中、いつも見かける気がする通勤仲間と走行車線を揃って激走していたのは秘密です(^^;

    • toto様

      初めまして!いつも当ブログをご覧頂きありがとうございます!コメント頂けて大変嬉しいです!

      いや、それにしても本当に似たような状況ですね(笑)。そう、「秩序」ですね。秩序がないんです。みなさん、個別に拝見しても、運転操作のどこがまずいというのはないんだと思いますが、全員が勝手気ままに秩序なく走っている、という感じです。

      でもこれって、電車や街中を歩く時、果てはエレベーターとかでも同じですよね。やはり、いつも通勤で慣れている方は整列して電車を待ちますし、降りる方もそれを前提にしてさっさと降りてきます。エレベーターもそうですね。

      思うに、休日くらいはそういったくびきから解放されたいという気持ちから、いつもの秩序は何処へやら・・・になってしまうのでしょう。
      ただ、本文でも書きましたが、クルマの運転というのは、歩行や電車に乗るのとは訳が違います。一度ぶつかるだけで大事に至る可能性がありますから、やはり極めて社会的に責任が重い行為なんですよね。ですので、秩序だった運転と、信頼関係に基づいた交通の流れに気を配るのは、休日云々に関わらずいつでもドライバーの務めだと思います。
      自戒の意も込めて。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!お気軽になんでもコメントくださいね!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です