新型5シリーズのディーゼルの燃費がすごい!ついでにPHVもパワーがすごい!

ついこの間正式発表となった新型5シリーズですが、具体的なモデルのスペックが漏れ聞こえてきましたのでご紹介したいと思います。結構驚きの内容なんですよ。

スポンサーリンク

まずはディーゼルから。

520d EfficientDynamics

本国ドイツでは、新型モデルのディーゼルが出るとまずは「エフィシェント・ダイナミクス」バージョンが話題になるんですが、新型5シリーズも例外ではありませんでした。

BMW 5シリーズ 新型、究極のクリーンディーゼル…25.64km/リットル

ドイツの高級車メーカー、BMWが10月13日、欧州で発表した新型『5シリーズ セダン』。同車に欧州で3月、究極のクリーンディーゼルが設定される。

このディーゼル搭載車は、「520dエフィシエントダイナミクスエディション」。「エフィシエントダイナミクス」とは、BMWの企業スローガン。BMWならではの運転する喜びを、高い環境性能とともに実現しようという考え方。BMWの最新環境技術を投入し、燃費やCO2性能を高めたモデルを指す。

新型5シリーズセダンに用意される520dエフィシエントダイナミクスエディションでは、直噴2.0リットル直列4気筒ターボディーゼルを搭載する「520d」グレードをベースに、徹底した走行抵抗の低減を施した。

最大出力は190hp/4000rpm、最大トルクは40.8kgm/1750rpm。アイドリングストップ機能が付く。トランスミッションは8速ティプトロニック。ナビゲーションシステムのデータを利用し、最適なシフトチェンジをアシストする機能を採用する。

これらの結果、520dエフィシエントダイナミクスエディションは、欧州複合モード燃費25.64km/リットル、CO2排出量102g/kmと、高い環境性能を達成。それでいて、0-100km/h加速7.5秒のパフォーマンスも兼ね備える。BMWは、「セグメントにおいて、最も経済性に優れる」と自信を示している。

(レスポンス 森脇稔)

これはすごい燃費ですね。ただ、記事自体の内容は間違っていないのですが、トランスミッションは8速「ティプトロニック」といってしまっているあたりが個人的には気になります。

ティプトロニックはポルシェですよね。BMWは「ステップトロニック」です。

欧州複合燃費ではわからないので・・・

JC08燃費でわからないかと思い調べてみました。

日本ですでにわかっている320dで見てみると、JC08燃費は21.4km/Lと言うのはわかっているので、これを基準に比べて見ましょう。

320dの本国での欧州複合燃費は、4.4L/100km。日本風に表示すると約22.7kmですね。

この辺でもうわかってしまいました。この新型5シリーズのEfficientDynamics、燃費良すぎです。

スペックからすると現在320dに積んでいるエンジンと同じなのですが、何か改良でもされたのでしょうか?それとも、CLAR採用によるボディの軽量化が効いているのでしょうか?

320d、エンジンを刷新!

まあ、日本仕様はオプションがたくさんついている状態ですから、車両重量がかさんでもう少し燃費は悪くなるでしょう。

そしてEfficientDynamicsは装備を簡素化し、かつ空気抵抗を少なくするために車高を落としたりした「燃費スペシャル」ですので、実際の日本仕様の520d(いえ、「523d」でしょうか?)はもう少し燃費が悪くなるとは思います。

それにしても全長5mに迫ろうかと言う大型セダンがこの燃費で走るのですから、あっぱれとい言う他ありませんね。

次はPHV

本当にそんなパワーが?!

続いて、PHVです。これも驚きの数値が発表されています。

BMW・5シリーズ次期型のプラグインハイブリッドモデルは航続距離35kmの高性能!

BMWのミドルサルーン『5シリーズ』次期型にラインナップされるプラグインハイブリッドモデルを偽装の軽い状態でキャッチしました。

「5シリーズ」次期型には新型「7シリーズ」で採用されている、新軽量プラットフォーム「CLAR」を採用。カーボンファイバーなど軽量素材で100kg以上の軽量化とるといわれています。

現行モデルよりワイドで薄いキドニーグリルを採用、ヘッドライトのアウトラインは新型7シリーズを踏襲するデザインが予想されています。

今回捕捉したPHVには、ベーシックな「530e」とハイパフォーマンスの「540e」、2種類のグレードが設定されると見られます。

「530e」は最高馬力280psを発揮する2リットル直列4気筒ターボエンジン+電気モーターで、航続距離は35kmを発揮、「540e」は同エンジンをブラッシュアップし、最高馬力326psを発揮、航続距離は30km程度を発揮すると予想されます。

(APOLLO)

BMW・5シリーズ次期型のプラグインハイブリッドモデルは航続距離35kmの高性能!BMW・5シリーズ次期型のプラグインハイブリッドモデルは航続距離35kmの高性能!BMW・5シリーズ次期型のプラグインハイブリッドモデルは航続距離35kmの高性能!BMW・5シリーズ次期型のプラグインハイブリッドモデルは航続距離35kmの高性能!

うーん、これは本当だとしたらすごいですね。ただ、ちょっとまだ半信半疑です。この記事、出所は上のディーゼルと同じなのですが、こちらでもCLARを、カーボンを使っていると説明していますよね?ですが、CLARは軽量ボディのことでして、カーボンを使うのは「カーボン・コア」という7シリーズの特徴なのでは?と思っています。現に、5シリーズではカーボンを使っているというソースが見つからないんですよね。それとも声高に主張しないだけで、当然のように使っているのでしょうか?

現行330eだって同じような成り立ちで、システム総合出力は224psです。ちょっとこれは幾ら何でもハイパワー過ぎませんかね?530eのエンジンをブラッシュアップしたのが540eということは、今の320i用のエンジンと330iツーリング用のエンジンを思い起こさせますが、これだって素の状態、というか、PHV化されていない状態での出力は184psと252psです。

これはやはり、エンジン全体に何らかのブラッシュアップがされたのでしょうか?

EV走行距離は大したことはないですね・・・

ボディが軽量されていることを考えると、EV走行の距離が30km程度というのは今ひとつですね。i3に搭載された、エネルギー密度の高いバッテリーは使用しなかったのでしょうか?あるいは、今後の年度改良で搭載されて、飛躍的にEVとしての航続距離を伸ばしてくるのでしょうか?

BMWの近未来が垣間見えた!i3改良版とFCV(燃料電池車)の発表。

その時には単純計算で1.7倍すると、EV航続距離が50kmくらいになりますね。そうなると俄然魅力的です。

スポンサーリンク

日本上陸はいつなのか。

PHVの導入は本国でも2017年3月とのことですから、きっと日本には早くて2017年5月かと思います。

ですが・・・早めにしたほうがいいですよね。だって、その3年後には、上の記事にもありますがFCV(燃料電池車)が発売されるんですよ?

もちろん、FCVはリアルに目玉が飛び出る値段になるだろうと思いますが、そうはいっても話題性という点では抜群です。FCVが登場するのにいつまでもPHVが出ない、なんていうことになると、購入熱も冷めちゃいますよね。

心配しなくてもいいことを心配していますね。どうせ自分では買わないのに(笑)。

共用化のメリットを生かして欲しい!

最近のクルマ作りにおいては、部品やエンジンの構造を強要することが当たり前です。現にBMWのエンジンは、今やモジュラー化されてどのシリーズでも基本構造は一緒ですよね。

部品や構造の共有化というと、コスト削減ばかりに感じますが、実はそうでもないんですよ。他車で採用した新技術・新エンジンが他の車種にも転用できますから。

となると3シリーズへの早期搭載を期待してしまうのですが・・・どうでしょう?来年、最後のMYで出てくるでしょうか?ただ、7シリーズ・5シリーズと言ったG系はボディ構造がCLARを採用していて、現行のF系3シリーズとは違っているので、若干微妙かもしれません。

そうなると次期3シリーズで、という話になりそうですね。それはそれで楽しみに待つということもできるでしょう。

では、今回はこの辺で失礼します。ありがとうございました。

スポンサーリンク













4 件のコメント

  • たしかにdの燃費は冗談みたいに良すぎますよね。とにかく「すげえ!」のひと言です。
    ただeについては情報が錯綜しているようで、18日のCARVIEW!によると、「530e iパフォーマンス」を名乗り、パワートレインは330eと同じみたいですが、ゼロエミッション走行の最大航続距離は45㎞とされています。740eが42㎞を謳い、先発の330eは36.8㎞。最新5シリーズのPHEVならその上は行きたいところなので、結構良い線かもです。で、欧州複合燃費が50㎞/Lって・・・。これはもう、ひれ伏すしかありません。悔しいですけど(笑)。
    現実に戻って330eレポートの続編です。
    ゆうた様の「SAVEモードで90%まで充電可能」というコメントに衝撃を受けて、これは自分もやってみなくては!と思い立ち、昨日午後の仕事を自主キャンセルして走り回ってきました。(たぶんバチが当たります。)
    まずフル充電からバッテリーが切れるまで、例によってAUTOとCOMFORTのデフォルトな組み合わせで走ります。エアコンを使うと20㎞くらいでバッテリー切れ(残量が10%以下)になるところ、エアコンオフでは28㎞まで持ちこたえました。ちょっと暑かったけど我慢しました。フラットな道を上手く走れば30㎞は行けるでしょうが、カタログの36.8㎞はちょっと無理ですね。
    さて、ここからが本題でして、SAVEモードにして約20㎞の走行で50%まで順調に回復。しかし、そこからなかなか率が上がりません。さらに5㎞ほど走ってやっと52%になりましたが、私はこらえ性がないので、つい禁断の?シフトノブ倒しに手を出してしまいました。(これでSAVEモードは解除されます。)
    するとみるみる数字が上がり、15㎞弱で80%に到達するも、そこからはまたも頭打ちです。そのまま数キロ走っても一向に変わらないので、もはやこれまでとSAVEモードに戻したら82%まで充電。そのうちに自宅に着いてしまったので実験走行を終了しました。
    こうしてみると、SAVEモードだと50%以上は時間をかけて充電。シフトノブ倒し(すみません、うまい言葉が見つからないので)では80%までは急速充電するものの、そこで頭打ちなのかも知れません。また、ゆうた様はECO-PROで走行されているのに対し、私はCOMFORTに入れっぱなしでしたので、そこらへんの違いがあるのかなと思ったりもします。まあ、気の短いおっさんの妄想ですので、アテにはなりません。今度マイスターに訊いてみます。
    長文失礼しました。なお、およそ75㎞の走行はすべて下道で、市街地、郊外の幹線道路、のどかな田舎道など、バラエティに富んでおります。申し遅れましたが、名古屋市近郊に住む愛知県民です。

    • 夢酒様

      詳細なレポ、本当にありがとうございます。ものすごく興味深いお話で、熟読させていただきました。

      なるほど、結果から見るとどうやら80%で走行充電は頭打ちのようですね。ですが、50%→80%までの30%分の充電に15kmしか走らなくていいというのが私には衝撃的でした。ディーラーでも、普通のHVとして使えますから、と言われてはいましたが、そうはいってもやっぱり急速充電できないことをカバーする決まり文句なのかな、と正直いって感じておりましたが、その言葉に嘘はないようですね。BMWに一番詳しい肩のいうことは信じるものです。

      今回の夢酒様のレポを拝読する限り、330eは長距離走行でもディーゼルに勝るとも劣らぬ燃費を稼げるのではないか?と思うようになりました。例えば高速道路を走っている時はACCをオンにして80〜100kmでクルーズすれば、ずっとエンジンで走っても20km/L弱は走るでしょう。となると、自宅から高速部分ですとか、高速での渋滞ですとか、高速を降りて目的地までの一般道走行でEVモードでずっと走れるでしょうし。そうすれば燃費のいい部分だけをエンジンで走るという理想的な状況を実現できるのではないかと・・・。

      確かにカタログ通り36kmもEV走行するのは難しそうですが、手前味噌ながら私が夏に島根に行った時のような走行パターンでしたら20km/L超えはかなり現実的な数値かと思います。それどころか、25km/Lくらいいけそうかもですね。

      新型5シリーズの情報ですが、記事中にも書いたように正直半信半疑です。ですが、320dや330eの発表の時も、その度に発表された燃費が「そんなに走るわけないでしょ」レベルでしたので、もしかしたら・・・という気はあります。ですが思うに、530eと540eはまだ仕様が決定していないのかもしれませんね。

      今回は本当に詳しいレポをありがとうございました。当ブログをご覧いただいている330eユーザーの方にとっても大変有用な情報だったと思いますし、オーナー予備軍や、私のように興味があるだけの人にとっても大変参考になる情報でした。

      では、またのコメント、楽しみにお待ちしております!

  • いやあ、すごいことになりましたね。
     520dの燃費が国内仕様でいくつになるか楽しみです。というのは、新型Eクラスの220dのそれが、JC08燃費で21.0km/lとなっているからです。こちらのエンジンはC220dと違い、2リッターで、パワー的にも520dのそれとまさに実力伯仲であり、特にトルクが全く同じって、互いを意識しているとしか思えません。
     燃費でも、おそらく同じか520dの方がいいのではと・・・少なくとも同じレベルでしょうね。ともに5mクラスのサイズで、このデータは驚異的ですね。ちなみにE220dは1800kgです。

     こうなると、ミドルクラスでしかもディーゼルというモデルが日本でも人気を奪い合うことが予想されますが、520dの価格もどの辺になるのかも注目ですね。これまたおそらくですが、E520dの698万がひとつのメルクマールになるかと。
     pontaさんの記事にもありましたが、国産車では今ステーションワゴンがほとんどありません。ひとつは日本人の多くがワゴンを必要とするライフスタイルではないこともあるのでしょうが、それに加えて、元になるセダンが今人気がないということも言えるかと。
     このミドルクラスにあたるモデルで、国産のディーゼルというのは想定すらできません。いささか手前味噌ですが、こうしたクラスでディーゼルモデルを選ぶ人が増えてほしいと思う小生です。

    • 桂様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      そうですね、すごいことになっていますねー。E220dの燃費が320dを上回るというのもかなり衝撃的でしたが、520dも凄そうですね。

      実は私、燃費アップもそろそろ頭打ちかな、と思っていたところがあるんです。そこにまず320d改良型で燃費もパワーもアップ。E220dがあのサイズのクルマなのに
      私の320dツーリングよりも燃費がいい!すごい世の中になってきたなと思っていたら・・・520dがこれですから(笑)。どこまで行くのかクリーンディーゼル!と思わずため息をついてしまいました。

      520dは、おそらくE220dより少しだけ価格を安くしてくると思います。そして、E220dがオプションとしている装備のうち何か一つは標準装備にして(笑)。後出しですから、多少商品力を高めることはできますもんね。

      桂様おっしゃる通り、日本ではまず魅力的なセダンがなかなかないというのはありますよね。ステーションワゴンって、以前も記事にしましたが私自身はロマンのある車種だと思っていますが、クルマなんぞに興味のない方からすると、まだ荷物グルマにしか見えないのかもしれませんね。そしてミドルクラスのみならず、コンパクトでもディーゼルが普及すればもっとエネルギー効率も良くなりますし、今ではゴルフGTIやルノー・メガーヌ、アルファ・ジュリエッタくらいしかない「ホットハッチ」も盛り上がってくると思うんです。ディーゼルのホットハッチなんて、楽しそうじゃないですか?

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております。当ブログはBMWブログですが、ご遠慮なくC220dと比較してのBMWの悪い点などのご指摘のレポをください!個人的には、桂様のご視点での比較に非常に興味があります。
      お願いしてしまって恐縮ですが、ぜひご検討ください!よろしくお願いします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です