BMWがお膝元のフランクフルト・モーターショーで用意しているサプライズとは?

初めて見た時はなんとも漠然とした発表だな、と思いました。これで興味を抱く人なんているのかな?と。ですが、今日のニュースを見た途端、「もしかしてコレのこと?」と思ったことがあったのでご報告します。

スポンサーリンク

お膝元のモーターショーで何もないとは考えにくい。

今年はもう、BMWの新車発表もなさそうな中、こんなニュースが飛び込んで来ました。

 2017.8.7

【フランクフルトモーターショー2017】BMW、「非常にエキサイティングなサプライズ」を予定

9月12日、ドイツで開幕するフランクフルトモーターショー2017。同ショーにおいて、BMWグループが「サプライズな」発表を予定していることが分かった。

これは、日本時間の8月5日、BMWグループがドイツで開催した決算発表の場で明らかにしたもの。BMWグループ取締役会のハラルド・クルーガー会長は、「フランクフルトモーターショー2017において、非常にエキサイティングなサプライズを発表するつもりだ」と公表している。

BMWグループは前回のフランクフルトモーターショー2015において、新型『7シリーズ』を初公開。自動駐車や部分自動運転などの先進技術を搭載し、メルセデスベンツ『Sクラス』や、アウディ『A8』、ジャガー『XJ』、レクサス『LS』などの競合車との違いをアピールした。

ハラルド・クルーガー会長の言う「非常にエキサイティングなサプライズ」が指すところは、現時点では不明。BMWグループの次世代車が登場する可能性もある。

写真を拡大

(レスポンス 森脇稔)

ですが・・・このニュースだけで興味持ちました?正直私はこういう言い方はあまり好きではありません。いや、私も人並みにこういう言い方をされると期待が高まりますが、その期待って大抵満たされないんですよね。

まあ、私の妄想力が高過ぎると言うのもありますが、イタズラに期待させる方もさせる方ですよねぇ。

あれ?もしかして、コレのこと?

ところが、今日発見したニュースを見て、このタイトルの様に思いました。

運転手もそこそこくつろげる『レベル3自動運転』、BMWが2021年発売の電動SUVに搭載

「レベル2」では運転中は常に注意を払う必要がありますが

近い将来にBMWから登場する電気自動車(EV)のクロスオーバーは、それが「i5」か、それとも「iNext」か、あるいは他の名前で呼ばれることになるのかはともかく、レベル3の自動運転機能を備えることになると、EV情報サイト『InsideEVs』が報じている。

SAEインターナショナルは、レベル3の自動運転を「条件付き自動運転」と定義している。これは、クルマが全ての運転機能を制御するが、ドライバーの介入準備を必要とするシステムを指す。つまりドライバーは、ステアリングから手を放したり道路から目を離したりできるものの、現在の状況下で自動運転を遂行できないとシステムが判断した際には、速やかに運転を引き継げるように注意していなければならない。カナダでBMW iのナショナルマネージャーを務めるケビン・マーコット氏は『InsideEVs』に対し、「(このクロスオーバーEVは)電動化だけでなくテクノロジーの観点から見ても大きな躍進となります。私たちが業界で一歩先を行くための重要な意味を持つ製品です」と語っている。

今回の報道においてもう1つ興味深い点は、これで1つの噂が事実と確定されたと同時に、別の噂に終止符を打ったということだ。BMWがi5と呼ばれるクロスオーバーEVを開発しているとの噂は数年前から聞こえていたものの、そのプロジェクトが中止になったという噂もあった。BMWは最近、EV化に注力するためラインアップを整理すると発表したが、電動クロスオーバー、BMW流に言えば電動”スポーツ・アクティビティ・ビークル”の開発は続いているようだ。

なお、その車名はBMWの未来を眺望したコンセプトカー「BMW VISION NEXT 100」(上の画像)にちなんでiNextと呼ばれているが、これがそのまま市販モデルの名前になるかどうかについては、最終的な決定が出ていないらしい。

スポンサーリンク

BMWは、このクロスオーバーEVに多くの新技術を搭載するとしているが、具体的な内容は明らかにされていない。『InsideEVs』によれば、BMWはこのクルマが2021年に発売予定であること再度認めており、さらに「i8」のロードスターが2018年に、MINIのEVが2019年に、そして「X3」のEVが2020年に発売される予定となっている。

 

By John Beltz Snyder
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

(引用元:engadget日本版)

ちょっと直訳調で読みにくいですが、要点としては、

  • 2021年に発売されるクルマにレベル3自動運転機能搭載
  • そしてそのクルマはフルEV
  • i5と呼ばれる次世代クロスオーバーである可能性が高い

ということですね。

この記事、なんだか信用度が高い気がします。タイトルも正直に「そこそこ」くつろげる、と言っていて、正直ですしね(笑)。

レベル3自動運転とは?

最近、アウディが発表した新型A8で話題になった「レベル3」の自動運転ですが、簡単にいうと、完全自律運転です。ドライバーは完全に運転操作から解放され、ステアリングから手を離し、テレビを見たりスマホをいじったりできる様になります。

え?とお思いになります?そうですね。まだ、完全自律運転における、責任の所在の問題は解決していません。

ですので、アウディも「高速道路で」かつ「60km/h以下」という限定条件のもとでのレベル3自動運転です。しかも、クルマから人間による操作へのハンドオーバーは10秒ほどの猶予を見ているとのこと。

このような縛りを設けることで、ようやくドイツ政府の許可が下りたのでしょうね。各国政府が追随するかどうかは未知数ですが、外圧でもあった方が日本でも認可されやすいかもしれません。

限定条件は付いているものの、このA8のレベル3は日本でもかなり重宝しそうですね。だって、日本ではかなり多い状況じゃないですか?高速道路で60km/h以下って。もしシステムが信頼に足るものであれば、少なくとも渋滞の最中での追突事故といった、うっかりミスや気を抜いた脇見を原因とする事故は防げることになると思います。

先を越されたBMWの反撃

さすがは「Vorsprung dutch technik(技術による先進)」を掲げるアウディだけありますが、我らがBMWも負けてはいられないと思ったのでしょうか?

もし引用記事がBMWの言う「サプライズ」だとした場合、フルEVにレベル3自動運転搭載となると、これはもう未来のクルマそのもの、一つの完成形だと思います。そして、それがクロスオーバーであることも私には象徴的なことの様に感じられます。その話はこの記事の中で個人の予想としてご紹介した通りです。

X2は21インチホイールで武装した武闘派。

2017.05.09

また、メルセデスもマイナーチェンジしたW222型Sクラスで、スマホを使用した「自動」の縦列駐車機能を搭載しました。

まあ、この程度であれば、BMWも似た様な機能は既に搭載しています。オプションの「パーキングアシスト」や7シリーズでデビューした、例の「リモート・コントロール・パーキング」ですね。

ですので、こうした機能は次期3シリーズにもしかしたらオプションで搭載されるかもしれません。以前も申し上げた様に、既にBMWは今現在搭載されている以上の「自動運転」機能を開発済みとのことですので。

後は認可と熟成度の問題なのでしょうね。

さて、いかに?!

9/12にフランクフルトショーは開幕します。その時になればわかることですが、やはりなんだかんだで期待してしまいますよね(笑)。

ただ、2021年に売り出すクルマの話題ではちょっとインパクトが弱いかな?と個人的には感じます。

さて、あなたなら何を期待したいですか?私なら・・・想像すらしていなかったこと、そしていくら考えても想像すらできないことであって欲しいですが、少なくともまずは目先の話であって欲しいです(笑)。

「ALPINAをBMW傘下に収めました!これからはM PerformanceやM Sportだけでなく、ALPINA SportやALPINA Performanceもラインナップします!」

なんていうのはどうでしょう?

こういう妄想は楽しいですよね。まあ、このように妄想が過ぎてしまうからこそ、実際に聞いて「なんだ・・・」とがっかりするのかも知れませんが(笑)。

では、今回はこの辺で失礼します。ありがとうございました。

スポンサーリンク













8 件のコメント

  • 色々考えてみましたが、やはり以前話題になった3シリーズのEVが発表になるんではないでしょうか。しかもレベル3の自動運転機能付きで。
    自動運転とEVはBMWとしてもリーディングカンパニーでありたい部分だと思いますが、新型A8でAudiが一歩先んじた感がありますから何らかアピールしておきたいところでしょう。
    いや、個人的にはALPINAがモデルバリエーションとして出てくるのは大歓迎ではあるんですよ。
    あるんですが、現実問題としては無いですね(笑)
    さてさて9月が楽しみになって来ました。
    iPhoneもね。

    • あっきろ様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      確かに、それもあり得そうですね。結構、最近のBMWはアウディも睨んで動いているフシがありますので、A8のレベル3対応はかなり気になっていることでしょう。

      3シリーズフルEVというだけなら、「おっ?いいね!」くらいですが、レベル3がつけば「ぬおおおすげえ!」くらいには驚きそうです(笑)。そして後はToto BMWさんが試乗車を入れるのを待つ、と(笑)。

      何はともあれ、楽しみにして良さそうですね。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • BMW、今度は何をデビューさせるのだろうか?
    あちこち予想を立てウンチクをたれるのが、楽しい
    時期になりました。
    あまり関係がない話題ですが、昔、井上陽水さんが、「みなさん、お元気ですか?クウネルアソブ。
    」ニッサン セフィーロのCMが、車よりも井上陽水さんの怪しさが目立ち、一体何のCM?みたいなのもあり、色々楽しみです。
    ところで、内緒ですが、今度の新3シリーズからキドニーグリルが無くなります…。これは全くのウソですが、これくらいのインパクトがあると身もココロも遊びココロもあり、色々ありますがこんな角度も楽しみの一つです。ワタシの場合。

    • 蜜柑山 三郎様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      懐かしいですねー、セフィーロのCM!クルマのCMで社会現象にまでなったのってあれくらいじゃないですか?

      ビックリしたじゃないですかー。BMWって、丸目4灯といい、キドニーグリルといい、逆スラントノーズといい、空力に不利なデザインアイコンが多いんですよね。

      丸目4灯はカバーで覆い、キドニーグリルはグリルシャッターをつけてまでデザインアイコンを守ろうとしているのはあっぱれなんですが、なくなると言われても「ついに諦めたか!」と信じてしまう素地はあるんですよ(言い訳)。

      確かに、蜜柑山 三郎様がおっしゃるくらいのインパクトある発表が欲しいですねー。あ、キドニーグリルは残って欲しいですが(笑)。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • 新しいインパクトのある車を登場させるのはBMWの宿命ですね。
    「BMWがジャンボフランクフルトを販売するようになりました」大手コンビニで!
    BMWオーナーは、コンビニに行けば、フランクフルトを無料で食べる事が出来ます。

    こういう遊び心がある展開をして欲しいです。

    • bmwpopo様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      あ、そのフランクフルトはフランクフルトショー期間中にBMW Tokyo Bayとかでやって欲しいですね。やたらと来場者が増えそうですけど(笑)。

      BMWは確かに都会的なデザインで、そうしたブランドイメージを築くことに成功しています。メルセデスも最近は同様のイメージを築きましたよね。

      でも、なんだかクール過ぎるんです。ブランドイメージなのかドイツ的なのかわかりませんが、もう少し遊びゴコロが欲しいですね、確かに。

      アウディのキャンプイベントなんかはアットホームな感じで良かったですし、BMWもサーキットイベントだけでなくて、例えばオリエンテーリング的なドライブイベントでもやればいいのに、と思います。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • pontaさん

    こんばんは!今度は私がお邪魔させていただきました。
    レベル3であれば、相当テンションが上がりますね。少し前から技術的な問題より認可の問題のほうが取り沙汰されておりましたが、アウディのぬけがけwを皮切りに、欧州各社動き出しましたね。
    トヨタとの絡みが、良い方向に日本のお偉方を動かしてくれたら一気に進みそうですが。
    何にせよ楽しみなモーターショーですね。

    • kanchance様

      いらっしゃいませ!いつも当ブログをお読み頂きありがとうございます!その後、DRLはいかがですか?

      アウディのぬけがけは驚きましたよね。でも、アウディってこういう政治的な働きかけは非常に熱心な印象です。流れるウィンカーもそうですしね。

      ただ、BMWも流れるウィンカーと違って、ADAS(高度運転支援システム)の分野では無視するわけにも行きませんよね。おっしゃる通り、日本ではトヨタのパイプもあって有利かもしれません。

      とにかく、あと1ヶ月近くは妄想を逞しくして楽しめそうですね。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!私もまたkanchance様のブログに遊びに行きますね!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です