どうしても慣れない操作、それは「ドアロック解除」

免許を取得して以来○十年、私が未だに慣れない操作が実はありまして・・・それは「ドアロックを解除する時です。なんでそんな簡単なこと?とお思いかもしれませんが、どうも自分の意思とは違う動きをしてしまいまして、未だに家族からブーイングを受けます。

スポンサーリンク

いわゆる「集中ドアロック」は便利!

「集中ドアロック」と言われてもお若い方にはなんのことだかピンとこないと思います。まあ、現代のクルマは99%が集中ドアロックだと思うのですが、要するにキーのボタン一つ、あるいは室内のボタン一つで全てのドアのロックを解除できる機能ですね。

BMWでは、治安が悪い地域での使用を想定してか、ボタン1回だと運転席のみドアロック解除、2回目で全ドアロック解除とするように設定できるようにもなっていますが、私は1回目で全てのドアロックが解除される、デフォルトの設定のまま使用しています。

これ、私がまだ免許取り立ての頃は当たり前の装備ではなかったんですよ。ドアロックといえばキーをドアに差し込み、キーを回すことで解除していた時代です。ドアのロック/解除は当然キーを差し込んだドアだけ。助手席に誰か乗せるときには、まず運転席に乗り込んでから、助手席までてと体をいっぱいに伸ばしてロックを解除しなければ行けなかったんです。

もしかすると、そうした時代に3ナンバーボディが流行らなかったのは、こう言うときに助手席ドアが遠くなるからと言うのもあったのではないか、などと思うのですが・・・。

そして私が乗った車で初めてリモコンによる集中ドアロックが付いていたのはインプレッサでした。実はその前からキーを運転席ドアに差し込んでロックを解除すると全ドアのロックが解除されるようにはなっていたのですが、リモコンで解除できるようになって飛躍的に利便性が上がりましたね。荷物で手がふさがっていても、一旦荷物を地面に下ろしたりしなくてもよくなったのには感動しました。

私に遅れてリモコンによる集中ドアロックのクルマを購入した姉が、「あんた、こんな便利なもの使ってたんだ!」と行ったのを覚えています。それはそうです。私がインプレッサWRXの購入を決めた理由の一つに、このリモコン集中ドアロックの存在もあったくらいですし、姉がクルマを購入する時も、絶対にあったほうがいい装備として勧めましたからね。

それが今やどのクルマにも装備され、それどころかトラックリッドやテールゲートまで足の一振りで開いたり、ドアのぶに触れるだけでドアロックが解除されたりするんですから、当時の私の想像をはるかに超えて便利になっていると思っています。

その割に未だに間違える!

このように私としては昔から切望し、しかも長年使っているはずの集中ドアロックなんですが、未だに慣れないんですよね。実は今日もやってしまいました。

実は最近、2週間ほどお腹が痛い→治ったと思ったら普通に風邪をひく、と言うコンボでずっと体調が悪かったので家にこもっていたのですが、今日の夜ご飯を家内と買いに行った時のことです。家内のみが買いに出て行き、私はクルマに乗っていました。家内はもちろん、BMW特有の室内からのドアロックの解除の仕方、つまりドアノブを1回引いてロック解除、2回目に引くとドアが開く、と言うのを知っているので、右後席に座っていた家内は私が何も操作しなくても普通に降りて行きました。

しばらくして家内が戻ってきたのですが、後ろからきているクルマを気にしてか、左後席から乗り込もうとしています。そこで私は室内にある集中ドアロックボタン(ハザードスイッチの下にありますね)を押してドアロックを解除した・・・はずでした。

スポンサーリンク

ですが、家内はまだドアノブを1回引いただけで入ってきません。しばらく(と言っても1秒くらい)考えて、あっ、またやっちゃった、と思いながらもう一度集中ドアロックのボタンを押してめでたく(?)家内は乗り込んできました。

もうお分かりですよね。最初に家内が降りた右後席のドアロックが解除されていたため、1回ボタンを押しただけですと全ドアがロックされた状態になってしまっていたんです。2回目でようやく全ドアのドアロックが解除された、と。

これ、私がしょっちゅうやってしまうんですよね。まあ、右から降りて左から乗ると言うトリッキーな動きをする家内もどうなのかと思いますが(笑)。

どうなっているかわからない!

問題は、ドアロックとロック解除のボタンが別れていないこと、もしくは今ドアロックがどのような状態になっているかわからないことです。

前者の方がわかりやすいとは思いますが、そうは思いつつもスイッチが無駄に増えるのは今ひとつスマートな解決方法とはいえあい気がして、個人的にはイヤです。

となると、今がどのような状態か、あるいは次に集中ドアロックボタンを押したときにどのようになるかが別ればいいんですよね。

今販売されている新車のBMWではきちんと対策がされているんです。もうこれだけで羨ましくなってしまうのですが、とブログをお読みの最新モデルのオーナー様でもお心当たりある方がいらっしゃるでしょう。

そう、今のBMWの集中ドアロックボタンは、緑や赤の丸が表示されているので、私のような悩みがなくなるんです。

これは7シリーズのダッシュボードですが、2つのアコンのルーバーの間に横に並んだハザードと集中ドアロックのスイッチです。右側の集中ドアロックのスイッチに緑の丸が表示されているの、わかりますでしょうか?

これは・・・えっと・・・確か全てのドアがロックされている状態を表していたかと思います(最新モデルオーナーの方、もし間違っていたらお教えください。)このように表示してくれれば、私も間違えないで住むんですよね。なんでこんな簡単なことで住むのに最初からそうしてくれなかったのか・・・ちょっとここは気遣いが足りなかったところかと思います。

え?そんなの間違えるやつがいるとは思わなかったんだろうって?・・・おっっしゃる通りです。返す言葉もございません・・・。

でもでも。

最新モデルではこのように表示されていると言うことは、私のような悩みをお持ちの方が相当数いらっしゃったということではないでしょうか?あるいは、日本車では当たり前のようにわかるようになっているのに、BMWはわかりにくい!という声があったか。

いずれにしろ、最新モデルのこの緑や赤の丸を見ると、ドアロックの解除をし損ねるのは私の記憶力減退のせいだけではなかったか、と自らを慰めております(笑)。

これ、リモコンで車外から操作する時には実はあまり問題にはならないんですよね。これも設定次第なのですが、ロック解除でハザードが2回、ロックでハザードが1回点滅するので、ちゃんと最後まで目を話さずに見てさえいれば、今の操作でドアがロックされたのかロック解除されたのかはちゃんとわかるんですよね。

いかがでしょう?もし、最新モデルでなくても、ここを見ればドアロックがどういう状態かわかるよ!という良い知恵がありましたらぜひお教えください!

では、今回はこの辺で失礼します。ありがとうございました。

 

スポンサーリンク













12 件のコメント

  • いつも楽しくブログを拝読してます。G30に乗っているきゃとぴぃと申します。はじめまして。

    本日のブログで紹介されているセンターコンソールのボタンですが、New5シリーズにも同じようにボタンが左右に2つ並んでいて、左側はハザードフラッシャーなのですが、右側は「インテリジェント・セイフティ・ボタン」だそうです。私は最初この右側のボタンの意味がよくわからなかったのですが、緑の輪が点灯していると、すべてのインテリジェント・セイフティシステムがオンになっていることを示しているようです。おそらく7シリーズも同じだと思います。インテリジェント・セイフティシステムとは、レーザーセンサー、フロントカメラ、ブレーキ機能付き追突警告、などを指しているようです。

    ドアの開閉ボタンは、「開ける」ボタンと「閉める」ボタンがドアについています。Pontaさんがおっしゃるように、この2つのボタンが別々についたことで、ドアの開閉を間違わなくなりました。私も1つ前に乗っていた320では、よく間違えていました。以上、ご参考までに。失礼しました。

    • きゃとぴぃ様

      初めまして!当ブログをいつもご覧頂きありがとうございます!そして、早速お教え頂きありがとうございます!

      あちゃー、私が思っていたのと全然違いましたね(笑)。F30系ではすごく目立たないこところにあったスイッチが、もっとアピールすべき機能として目立つ所に出てきたわけですね。個人的には、滅多にオフにするものではないので、目ただない、というか操作しにくいところで良かったと思うのですが(笑)。

      ですがやはりドアのロックとアンロックのスイッチは別れているんですね!いえ、それだけで十分です(笑)。やっぱり、「わかりにくい!」という声があった、ということでしょうから。

      今日なんて、昨日と似たような状況でボタンを押したら今度は全ドアが解錠されて、益々混沌の度合いを深めました(笑)。何かコツでもあるんでしょうかね?取扱説明書をじっくり読んでみます。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • こんちは!お久しぶりです。

    あれはインテリジェント セイフティ システムの作動状況の表示灯です。

    緑は全てのシステムがONの時
    オレンジは任意で一部の動作をOFFにした時
    無点灯は全てをOFFにした時です。

    ボタンを押すとセイフティ システムメニューが表示されます。

    因みに7は集中ドアロックの表示はありません・・・。
    ドアノブを引くだけでそのままロック解除してドアが開きます。
    ドアロックのスイッチはシーソー式(上を押せばロック・下を押せば解除)
    でフラット(デザイン上ウネっていますが)な一枚物に
    なっていてドアパネルのデザインの一部に溶け込んでいますので、
    ボタンが多くても目障りにはなりません。
    と言うよりか、今のG系はボタンが多いわりに、ほぼフラットなので
    結構シンプルに見えますよね?

    確かにドアロックとロック解除のボタンが別れていないと、おっしゃる通りだと思います。
    結構難しい問題ですね・・・・

    何か当たり前に思っていたことが、小贅沢だったんですね・・・m(_ _)m

    • アンゴラス様

      いつもコメント頂きありがとうございます!お久しぶりですね!数少ない7シリーズオーナー様のご意見を伺えて大変参考になります。

      いやー、きゃとぴぃ様にもご指摘頂きましたが、私が思っていたのと全然ちがうという(笑)。

      ですが、スイッチは改良されたんですね!確かに、おっしゃる通りの方式だとわかりやすくて、自分の意思通りに操作できそうです。

      iPhoneなどで流行りのインターフェースとして、一つのボタンに色んな機能を持たせ、余計なボタンをつけない、というのがありますが、これも良し悪しですね。直感的な操作が出来るシーンもありますが、ことクルマですと「間違えない」の方が重要な気がします。

      iDriveが出たての時を思いましますね。あの時も、車内インフォテインメントの革命として概ね受け入れられながらも、あまりに複雑な操作自体は苦言を呈されたものでした。段々と改良されて、主要機能にはすぐに飛べるボタンが付いたり、プログラマブルボタンが付いたりして使いやすくなってきましたが、今後車内インターフェースに関しても同じような道を辿るのでしょう。

      考えてみれば、あまりに多くなりすぎたスイッチを整理するためにまずは最小限まで整理し、その後に新たな発想で必要なものだけ追加していく、というのは、「モノを減らす」という観点では一番いい方法かもしれませんね。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • Ponta様
    お久しぶりです、Eindruckです。
    ドア集中ロックのクルマは今回乗り換えたF系が初めてでして、走り出してしばらくしてすべてのドアが自動的にロックされること自体にとても違和感があります。なぜすべてのドアにロックがかかるのでしょうか?「重大な事故のときや水没のときにロック解除できずにクルマから出られなくなるのでは?」という思いから自分はクルマを運転し始めたときから、ドアロックはしたことがなかったのでしたが、クルマの方から自動的にロックかけてしまうのではどうしようもないのでそのまま従ってます。クルマが自動でロックするときのあの電磁石的なリレーっぽい音を聞くたびに不安に駆られます。後席ドアもドアレバー2度引きでドア開くんですね。後席の同乗者から、ドア開かないよ~と言われて、今までセンターのロック解除ボタン押したりしてました!なので、自分としては、ロックだ解除だなどというレベルよりもっと低次元のところで逡巡しております。
     あと、余談ですが、運転席の窓を開けようとして、窓開閉スイッチを引いたら、右後部座席側の窓を開けてしまうこと多くないですか?以前のE90では頻繁にやらかしていて、運転席の窓開けるときはいちいちスイッチ確認してから、開けていましたが、本日F系でもやっぱり同じことしてしまいました!無意識に腕が伸びるところがなぜか後部座席のスイッチのところなんですね。この点は日本車のほうが間違える確率は圧倒的に低いです。ドイツ人の体格に合わせて設計してあるのかな?それとも、シートの座り方がわるいのかな?

    • Eindruckさん、はじめまして。
      緊急時にドアロックが救助の妨げになるというのはかつてはありましたが、今は国産車でも衝撃を受けると自動的にアンロックされると思いますよ。
      世界には治安が悪い場所もあって身を守る為の術としてこういう機能が発達した経緯もあるのでしょうね。日本ではこの面で必要だという場面はほぼ無いと思いますが。
      また走行中に何らかの事情でドアが開いて転落という事故もゼロでは無いので今はロックをした方が良いという思想だと思います。

      • Eindruck様、あっきろ様

        いつもコメント頂きありがとうございます!

        Eindruck様、あっきろ様がおっしゃられている通り、現代のクルマは一定以上の衝撃が加わると自動的にアンロックされるようになっています。

        この機能は、実はかなり前から装備されていたようですが、防犯上の理由から明らかにされなかったんですよね。最初に公表したのは・・・どこでしたっけ?私の記憶だとジャガーだったような気がします。間違っていたらすみません。

        こうした機能は、ドイツメーカーなどが事故現場を調査したデータに基づくモノです。ドアロックが解除する時間が被害者の生死を左右することが明らかになり、一定以上の衝撃でドアロック解除、そして歪んだボディでも力任せにドアを引っ張って開けられるように、あのドアハンドルの形になっているんです。

        後はあっきろ様おっしゃる通り「だったらドアはロックされていた方がいい」という発想なんだとおもいますが、一つ付け加えるとすれば、走行してドアが自動でロックされるかどうかは、iDriveで設定できますよ。ここはBMWの配慮を感じるところですね。

        では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • E46の時がどうだったか忘れてしまいましたが、F36になって私もよくやります、これ。
    もしかしたら昔のリモコン集中ドアロックは単に前の状態を覚えておくだけだったかも知れませんよ。集中ドアロックをかけたら個別ドアで解除しても全体のロック状態はロックをキープで、もう一度押すとアンロック状態に遷移するという風に。(少なくともPontaさんのインプレッサと同時期のランサーはそんな感じだった気がします)
    これだと運転手の意識とロックの状態がズレないので間違いは起こりません。

    あ、でもE46の時は定速以上でのオートロック機能が無かったからかも知れませんね。
    (単に走行中にドアはアンロックで走っていたかも)

    賢くしたが故に生じた不便を更に賢くする事で解決する、カイゼン運動みたいなものですね。

    • あっきろ様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      あっきろ様もやはり間違える・・・というか、意思通りにいかなかったんですね。あれ、考えた人はまた余程斬新な発想の人だったのでしょうか(笑)。

      一つ前の状態を覚えている、というのは目から鱗でした。これを考えた方は・・・頭がいいですね!こちらの方が圧倒的に自然なんですが(笑)。

      これからはBMWでも「カイゼン」は進むかもしれませんよ!なんといっても本家本元のトヨタと提携しているんですから。もっとも、最新G系モデルのオーナー様の情報によると、ドアロックスイッチに関しては既にカイゼンされて居るようですが。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

      • 本日都合でディーラーに行ってきました。
        展示車ではG31とF48が運転席ドアのオープナーレバーの前方にアンロックとロックの二つのボタンが並んでいました。2015年頃から新発売の型式にはこのデザインマナーが採用されている模様です。

  • >今販売されている新車のBMWではきちんと対策がされているんです。
    それは、良いです。欲しくなりますね。

    国産ですが、オートホールドで停止すると、Dレンジで運転席からのボタンでスライドドア自動で開きません。これは、気づくまで、ドアが手動でも開きませんから、困りましたね。Pレンジに入れると開きました。1度経験すると、わかりますが、乗って遭遇しないとわからないです。

    BMWのドアノブ2回引くと開くのは、慣れると良いですね。
    私の乗っている国産車は、ロックしてあると、ドアノブ何回ひいても、あかないので!

    >ここを見ればドアロックがどういう状態かわかるよ!という良い知恵がありましたらぜひお教えください!

    こればかりは、Totoさんで、車を購入するしかありませんね。

    • bmwpopo様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      Dレンジではドアが開かないと言うのは、良い設定だと思います。ブレーキ踏んでいればいいだろ!という声もあるかもしれませんが、乗り降りしているのを見ているうちにブレーキが緩んで・・・とか、ドアが開く前に必ずPに入れることで、ドライバーが下りた後の意図しないままゆるゆると動き出して・・・と言う事態が防げますからね。

      えー、できればクルマを購入する以外の選択肢でお願いします(笑)。次に押すと閉まるのか開くのかくらいはどこかでわかってもいいのではないかと思うんですけどね。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です