CG AWARDだけでなく、今日発売のCG 2017/ 2月号はBMWファン必読です。

以前、当ブログのカー・オブ・ザ・イヤーの記事の中で「CG AWARDにも興味がある」とお伝えしました。本日発売のCGで発表されていたのですが、さすがCG、やってくれました!

スポンサーリンク

期待に違わぬ1位

ノミネート車は本家COTYとは微妙に違うのですが、COTYの最下位がトップに来ています。

覚えていらっしゃいますでしょうか?何が最下位だったか・・・

カー・オブ・ザ・イヤーはインプレッサ!M2はエモーショナル部門賞!

そうです!我らがM2ですよ。CG AWARDではこれが1位です!やった!月並みな表現ですが、本当に素晴らしいクルマでしたからね。

M2初試乗!もしかしたらどこよりも早い試乗記

各記者の方が残していらっしゃるコメントも興味深いです。頻出ワードは、「M235i/M240i」ですね。詳しくは是非ともお読みください。個人的には、渡辺編集長のトランスミッションに対するコメントに非常に共感を覚えました。

そして新型5シリーズ試乗レポート!

これも必読です。私はこれからの1ヶ月、内容を覚えるくらいに読み込んでしまうのだろうと思います。

ネットでもちらほらと試乗レポートを見るようになっていますが、さすがCG、陳腐な言葉や極端な表現を使わずに冷静な視点で書かれていて、かなり詳しいです。試乗車は540iと530d xDriveというのは他の記事と共通ですが、目の付け所が違います。私もこういう記事を書けるようになりたいですね。まあ、プロと比べても仕方がありませんが。

ところで耳寄りなのは、出し惜しみなく日本でも最初からディーゼルがラインアップされるといいうことです。残念ながら直列6気筒の530dではなく523dですが、大事なのはそのタイミング。

いや、タイミングはさっき「最初から」って言ったじゃん、とお思いになりましたよね。違うんです。右ハンドルの日本でも、全世界同時発売と同時、2017年初頭に販売開始だそうなんです!

当ブログでも何度も申し上げていますが、BMWは本当に日本市場を重視してくれているのがこの事実からもわかろうかというものです。

そして私が思わず羨ましく思ったのは、ウィンカーレバーが変わるそうです。このウィンカーレバー、私はかつては記事の中で操作性の悪さを酷評しました。

BMWのレバーはすべて元の位置に戻る!

スポンサーリンク

それが、メルセデスやアウディと同じく、押し込んだらその位置で止まるように変わったそうなんです!やっぱり。操作しにくいっていう人の方が多かったんですよ。

ただ、メルセデスやアウディもそうでしたが、やっぱりワンタッチウィンカーは残るのでしょうね。余談ながら、私が試乗したCクラスもA4もワンタッチウィンカーは3回点滅でした。

さらに・・・謎だった「リモート・ビュー」ってこれのことじゃないか?!という記載もありました。キーワードは「コネクティビティ」ですね。ちょっとだけヒントを申し上げると、かつてご紹介したこのリモコンの裏技が必要なくなるかもしれない、ということです。

BMW3シリーズのリモコンを使った裏技!東京ディズニーランドの広大な駐車場で、帰りに自分のクルマを探す方法

こうした機能や変更点は、後発のクルマには時期が来れば装備されていくと思います。つまり、次期3シリーズにも同様の装備が期待できるということです。

これは益々次期3シリーズが楽しみになってまいりました!

普段買ってない方も是非どうぞ。

その他にも、この季節の恒例ですが、長期テスト車が一斉にスタッドレスで雪道を走った印象を記しています。しかも、昨年はミシュランのX-ICEだった、というご担当が二人いて、それぞれ今年は違うタイヤを履いてらっしゃるので、これまた個人的には非常に興味深く読みました。

そして最初の方の「BREAKING NEWS」にもかなり興味深いBMW関連のニュースが・・・ここのキーワードは「iとM」+「5」です。中身はぜひCGでご確認ください!

とにかく今月号、私のために書かれたのかと思うほど内容が今の私の興味のある点をこれでもかというほど突いています。これは・・・しばらく寝不足になってしまいそうです(笑)。

ご興味のある方はこちらからどうぞ。意外とCGは発売日を過ぎてしばらくすると、店頭からなくなってしまうことがあるんですよね。それだけ人気があるということなのでしょうけど。

私は定期購読しているので、発売日には必ず手元に届いています。これは本当に楽です。

では、早速さらに深掘りしてじっくりと読むことにしますので、今回はこの辺で失礼します。ありがとうございました。 

スポンサーリンク













6 件のコメント

  • 新型5シリーズ楽しみです。530Dは登場しそうもないので、アルピナをどうぞ^^
    しかし、新型ですから、ディーゼルじゃなくてもいいかも!

    • bmwpopo 様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      いやいや、新型もディーゼルは期待できますよ。欧州複合燃費でしょうけど、530d xDriveでもカタログ燃費は22.2km/Lらしいですから。

      とにかく軽いみたいです。6気筒のxDriveなのに1,600kg以下。メルセデスのEクラスの4気筒より軽いらしいですから。

      CLARの威力は絶大ですね。

      まあ、車重が重ければ出せない乗り味というのもありますから一概に良し悪しの判断は出来ませんが、少なくともBMWが目指すEfficient dynamicsの観点からは大成功と言えるでしょう。

      これは早速試乗しに行かねばです。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • 幸運にも冬休み限定で320dツーリング Msportユーザーになりました。(ディーラーの厚意で帰省用にお借りしました)
    ディーゼルの良さをひしひしと感じています。
    そしてF31の良さも。
    アンビエントライトはオレンジの設定でした(笑)
    ブラックの内装には間違いなくオレンジですね。この配色の某野球チームは贔屓ではありませんが…。
    そして偶然にもディーラーに受け取りに行った時、ブラックサファイアのM2が納車を待っている所でした。
    因みにウインカーですが、E46はメカニカルレバーだったのでしっかり作動させると当然ホールドされてました。
    その代わりワンタッチは無くて、3回くらいの点滅させたい時は自前でラッチ前で止めて点滅時間分セルフホールドする必要がありました。
    ウインカー繋がりでもう一つ。早速今日エレクトリカルウインカーの洗礼を受けました。我が家に帰る時、緩い右カーブ直後に右折する必要があるのですが、しっかりカーブ手前で右折サイン出しても、カーブ曲がり切る前にウインカーが解除されてしまい、1度目はウインカー無しで右折してしまいました。
    一度帰宅後再度出かけた時は注意していたので再度ウインカーを操作して事無きを得ました。これに慣れていかないといけないですね。
    新しいウインカーシステムはこれによく対処できるでしょうか。楽しみでもあり心配でもあり。

    • あっきろ様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      おお!320dツーリングで帰省とは、粋な計らいをしてくれるディーラーさんですね。アンビエントライトはオレンジでしたか。やはりスポーツ系のイメージのクルマだけが白なんですかね。

      E46の時期は私はまだ若くて、指をくわえて見ているだけしかできませんでした。永遠の憧れのクルマの1台です。E46ではウィンカーレバーは戻らないタイプだったんですね。CGによると、戻るのは「モーメンタリー」、戻らずホールドされるのは「オルタネート」というそうです。例えばBMWのATの前後シフトなどはモーメンタリーですね。アウディではA4はモーメンタリーですが、A6はオルタネート、ということになります。

      モーメンタリーのウィンカーレバーはちょっと操作しづらいですよね。2シリーズのツアラー系やX1のようにもっと節度があれば操作しやすいんですが。モーメンタリーの場合はウィンカーが切れるのはステアリングの舵角センサーからのフィードバックによるので、これが故障するとウィンカーが切れません。私はE90の時に、E90の持病ともいうべきステアリングの舵角センサーの異常やDSCユニット自体の故障で、2回このような事態に遭遇しました。幸い、F30系では克服されたようで、一度もそのようなことはありませんね。

      大丈夫、そうは言ってもすぐに慣れますよ。まだ右に左に出して焦っていないだけいいじゃありませんか!

      あ。後燃費の良さにもご注目ですよ。新エンジンのディーゼル、私はまだ乗ったことがないのでご感想もお教えください。あっきろ様の視点での評価、すごく楽しみです。あっきろ様のブログで読めると嬉しいですね・・・なんて(笑)。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • ponta様
    ご無沙汰いたしました。CG・・・本当に昔からの良本ですよね。あの頃は、オートスポーツやモーターファン等の雑誌も人気でしたが、やはり私としてはCGが一番でした。私も創刊号までは行きませんが、1970年頃から欠かさず愛読しています。結構な量と重さなので、保管が大変ですが(笑)纏めて譲り受けてくださる方って居ますかね?
    小林さんが亡くなられたのは残念ですが、一時経営危機を伝えられながらもその意思を継いで頑張っていますよね。最近の長期テストカーを見ると、結構高額な車が増えていて、会社も順調になったのかとホッとしています。
    最近は、レジェンドレーサーの記事が懐かしく、「あぁ~こんなレーシングカーがあったなぁ~」と楽しんでいます。
    なんだか、おじいちゃんの回想録みたいになって申し訳有りません。

    • keybowBMW様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      CGは本当にいいクルマ雑誌です。私は完全にCGに育てられました。若い頃は他の雑誌も読んでいましたが、日本車の記事ですぐに「ポルシェ並み!」「ベンツ並み!」などと連呼する陳腐な記事ばかりですぐに嫌になりました。どこがどうポルシェと似ているのか、どう違うのか、ツッコミどころ満載でしたね。

      初めてCGを読んだ時には衝撃を受けました。まずは記事に書いてあることが高度すぎてわからない!用語などもわからない言葉が出てくるので繰り返し何度も読んで意味を推測し、その次に出てきた時にそれで意味が通るかどうか考えるという、非常に地道な勉強を続けましたね。まだグーグル先生がいない時代です(笑)。

      確かに、CGってボリュームありますし、紙質がいいので重いですよね。私は保管場所に困るので順次古いものは処分しています。ですがその際には古くてもお気に入りのクルマの記事が掲載されているものはとっておいて・・・という感じなので徐々に増えていっておりまして、そろそろピンチを迎えております(笑)。

      長期テスト車は確か今は購入はしていないと思いますよ。メーカーさんからの長期貸与の形をとっているのではないでしょうか?あ、全てではないですが。

      CGって、私は好きですし非常に共感できるのですが、CGが絶賛するクルマって・・・以外と人気が出なかったりしますよね(笑)。最近で言えば長期テストでシトロエンのグランドピカソを絶賛していて、私もミニバンならこういうのがいいな、と思っていたのですが・・・その後も一向に街中に溢れる気配もなく(笑)。

      今回、新型5シリーズの試乗記事を執筆されたのは渡辺編集長ですが、周回コースでの高速テスト中の事故から無事に復帰されてご活躍されていて何よりですね。

      あ、すみません。キリがなくなってきてしまいました。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です