ALPINA D3に試乗してまいりました!こんなすごいクルマが世の中にあったとは。

ALPINAディーゼル試乗会、前回記事のXD3に引き続き今度は本命のD3試乗です。もう、こんなクルマが世の中に存在することが驚きというくらい、究極の完成度を誇る、スーパーサルーンでした。

スポンサーリンク

憧れのD3!

以前B3に乗った時もかなりの感動を覚えましたが、やはり現在320dに乗っている身としてはD3が圧倒的に気になります。気になるどころか、当ブログでも再三申し上げておりました通り、私の究極の憧れでもあります。

さて、実はもうアルピナ世田谷ショールームさんに到着した時から、試乗するD3は目に入っていました。Xd3試乗を終えて帰ってきたら、セールスさんが早速D3を用意してくださいました。

アルピナ・ブルーではありませんが、ミネラル・ホワイトにゴールドのストライプ、非常に上品な外観の1台ですね。ここで思うのは、なぜだかアルピナのデザインにはどんなボディカラーを纏ってもカッコよく見えるんです(笑)。これは私の憧れからくるバイアスもかかっていると思うのですが、全般的にBMWディーラーにある試乗車よりも豪華仕様であることと、大径ホイールを履いていることからボディとのデザイン上のバランスがいいから、というのもあるのではないでしょうか?

しばらくうっとりと眺めていたい、いや、このまま持って帰りたいくらいなのですが、試乗しなければ何にもなりませんよね。ですので、早速乗り込むことにしました。

おっと、その前に恒例のタイヤチェック。銘柄はミシュランPS2、サイズは標準の19インチで、前245/35R19、後265/35R19でした。B3と違って、20インチはオプションですが、19インチの方が乗り心地には期待が持てますし、見た目のバランスもいいと思います。20インチとなると、視覚的にタイヤが薄すぎて不安になってしまうんですよね。

試乗車の内装

内装はおしゃれなサドルブラウンでした。ボディカラーと相まって、ものすごく上品なのですが、色気すら感じられる、いい組み合わせです。ちなみに、ルーフの方の内装色はこの写真ではグレーに見えますが、淡いブラウンですので、内装の統一感はきちんと取れています。

外で聞いても静かなディーゼルエンジン。もちろん、静かなだけではありません。

実はこの時点で外から聞こえるエンジン音が、ディーゼルらしからぬ(笑)音をしていることに気づいていました。なんだか、カラカラしている音ではないんです。うまい擬音が思いつかないのですが、セールスさんにXD3試乗の時に言われた、B3よりも静かだというのは嘘ではない予感がこの時点でしていました。

乗り込んでドアを閉めると、私の320dでもそうですが、エンジン音は聞こえなくなります。そしてそろそろとアクセルを踏んで、先ほどと同じルートをたどるべくショールームから出た途端。

鋭い加速!

XD3と同じエンジンであるにも関わらず、如実に軽さを感じさせました。かなり軽快な加速です。しかも、アクセルをちょっと踏んだだけで飛ぶように加速します。でも、決して暴力的な感じではなく、あくまでジェントルな感触を損なわないのはさすがですね。

排気音の演出がこれまた絶妙。ロードノイズはXD3よりも大きいけれど。

そして、室内で運転して初めて気づいたのですが、このD3にも装着されているAkrapovic(アクラポヴィッチ)のマフラーがいい音を奏でること。正直、ディーゼルでスポーツマフラーを装着しても、音の面で効果があるのかどうかには懐疑的でした。ですが、中で聞いている限り、快適性を損なわない程度に、重低音を基調としたいい排気音を聞かせてくれます。もちろん、回転をあげれば段々高周波な音に変化し、加速時はかなり気分が盛り上がります。

ですが、反対にロードノイズの侵入はXD3より大きいです。やはり、XD3の試乗の時にセールスさんがおっしゃった、SUVならではのストロークの長さが音を減衰しているのは間違い無いでしょう。ですが、そのストロークがない分、ステアリングに伝わる感触はよりソリッドで、むしろ私は好ましく感じました。

B3より快適

乗り心地は、ものすごくいいです。陳腐な言葉でしか表現できなくて申し訳ないのですが、B3よりも明らかにあたりが柔らかく、それでいてサスペンションのファームな感触は失われておらず、全ての3シリーズ中でも白眉の存在と言えるでしょう。高速巡航中はあくまでフラットな姿勢を保ち、路面の荒れはタイヤ自体のダンピングの良さと、サスペンションの柔らかめの初期ストロークで吸収していきます。

この時に思ったのですが、高速安定性やコーナリング性能を求めると、闇雲にサスペンションを固める傾向がありますよね。Mも少しそうした傾向があるのですが、それでも初期ストロークというのは確保しています。サーキットスペシャルであればそれもいいのでしょうけど、公道を走行することを考えると、ALPINAくらい初期ストロークの柔らかさを確保していた方が、路面の荒れにも車両の姿勢が乱れずに却って安定するのではないでしょうか?

そんなことを考えながら第三京浜を流していきますが、セールスさんのおっしゃっていたことが本当であることを確認しました。そう、「B3よりも静か」という、あのセリフです。

もっと正確にいうと、「快適性はB3よりも上」ということです。これはクルマの性格からして、あえてそういう風にしているのだと思います。

スポンサーリンク

どういうことかというと、B3って、最高巡航速度は300km/hオーバーのクルマです。日本ではとてもではないですがそんなスピードは出さないのですが、生まれ故郷のドイツでは実際にそういう使われ方をします。一方でD3の最高巡航速度は270km/h超。両方とも浮世離れしていて、もうどちらも変わらないだろうと思いがちですが、やはりそこはそれ、この速度域ともなると、求められる安定感というのは10km/h違うだけでも相当にレベルが上がるのだと思います。

そう考えると、D3にB3ほどの限界性能を付与する必要はありません。むしろそのぶんは日常域の快適性に振った方が、ユーザーにとっては嬉しいというものです。

そしてこれは見事に実を結んでいると考えられます。上の方で、オプションで20インチもあると申し上げましたが、この標準の19インチタイヤで十分、いや、こちらの方が好ましいでしょう。乗り心地の面でも、ロードノイズの面でも、です。

エンジン音も巡航しているときはえらく低回転ですので、確かにB3よりも静かです。

スポーツディーゼル3年連続No.1エンジンの実力(のほんの一端)

何もALPINAのディーゼルエンジンは、私が贔屓目で見ているわけではなくて全世界に認められているのですよ、とただそれが言いたいだけなのですが、正直申し上げると、私も、そうはいってもディーゼルなんだからガソリンエンジンの吹け上がりの気持ち良さには敵わないだろうと、心のどこかで思っていました。

ですが、第三京浜で巡航中にステアリング裏についているスイッチトロニックのボタンでシフトダウンして回転を上げ手から全開加速を試してみると・・・踏めません、怖くて。そのくらい吹け上がりが鋭く、怒涛の加速を見せます。

それではと、帰路に合流車線で前後に車がいないことを確認して一瞬の全開加速を試しましたが・・・これまたすごいです。感覚的にはB3に引けをとりません。0-100km/h加速のタイムは、ALPINAによるとD3が4.6秒、B3が4.3秒なので、それだけ見ると開きがあるように見えますが、実用的にも、感覚的にも違いはほとんど感じられません。

そして、驚くのはレッドゾーンである5,500rpmまで全く淀みなく周りきること。こういう表現って、ガソリンエンジンのスポーツカーで使われる表現だと思うのですが、ことD3に限っては掛け値なくこの言葉通りの吹け上がりです。この時もあっという間にレッドゾーンに達しました。そしてその時に聞こえるAkrapovicマフラーからの排気音も、主張しすぎないのに気分を盛り上げる、絶妙な具合の音を室内に伝えてきます。

いや、これは確かに世界最高峰のディーゼルエンジン、いや、ディーゼルかガソリンかに関わらず、スポーツエンジンとして相当にレベルが高いところにあると思います。

ALPINAが本当にやりたかったセッティングとは

帰路はXD3の時と同じく、Sportモードをためして見ました。ドライビング・パフォーマンス・コントロールのスイッチの前方側を一度押してモードを切り替えます。もう1度押すとSport+になりますが、このハイパワー車でDSCをオフにして走行する度胸はありません(笑)。

こちらもXD3の時と同じです。ステアリングがずしっと重くなり、やりすぎではない程度にサスペンションが「締まる」感じで、よりソリッドな感触を伝えてきます。ただ、線形の良い高速道路での巡航では必要ないくらいの安定感。第三京浜の早めの流れに乗っていても、こと安定性に関しては歩いている程度のスピードにしか感じません。

すると、お隣に同乗しているセールスさんがこんなことをおっしゃいました。

「確かにこのSportモードはtoo muchだと思います。ALPINAが本当に狙っているセッティングというのは、実はComfortモードなんですよ。Comfortのまま最高巡航速度で巡航できる性能を備えていますし、快適性もその方が高レベルです。このSportモードは純正のBMWで装着されているのでついていますが、あくまでオマケみたいなものですね。」

なるほど。こんなところにもALPINAのポリシーが見えて面白いですね。つまり、ALPINAというのは日常使いで快適性と超高性能を両立させることがメインな訳です。

夢のような時間を終えて。

試乗を終えてショールームに戻ってまいりましたが、体に色濃くD3の感触が刻み付けられました。エンジンの吹け上がり、乗り心地のよさ、恐ろしいまでの加速・・・なんだかその全てが浮世離れしていますが、こんなクルマが世の中に存在すること自体が驚きです。

B3もいいですが、やはりここに燃費の良さが加わると、このD3こそが、M3も含めて、私にとっては究極の3シリーズと言えるでしょう。

ALPINAというメーカーの存在自体に感謝したくなる、そんな試乗でした。

帰りに320dに乗ってみると。

B3の時も感じましたが、サスペンション自体は明らかに320dが柔らかく感じます。というか、ふにゃふにゃに感じます(笑)。というと、D3のサスペンションは硬かったんじゃないか、乗り心地もやっぱり320dの方がいいんじゃない?と思われるかもしれませんが、そうではないんですよね。

それはおそらく、320dのサスペンションが、ALPINAだったら初期ストロークの柔らかい部分を超えて踏ん張り出すところでも、柔らかいままなのでそう感じるのでしょう。街中でも姿勢変化が少なかったD3は明らかに乗り心地と安定性の両立という点で、320dは遠く及ばないところにあります。

でも、いつも通りの感想で恐縮なのですが、がっかりはしませんでした。これが、このゆったり加減も320dのいいところだよね、と。そう、全てがゆったりと感じられます。乗り心地も、加速も。

D3はスーパーサルーン、究極の3シリーズ、いや、究極のDセグメントサルーンです。ですが320dだって、かなりの完成度です。乗り味の違いはあれど、改めて愛おしくなりました。

では、今回はこの辺で失礼します。ありがとうございました。

スポンサーリンク













12 件のコメント

  • アルピナD3まで試乗しましたか!BMWの試乗は、pontaさんの右にでるものはいませんね。
    ぜひ、所有する喜びを味わって下さい。その際は、東京まで見に行きます。
    最近は、ディーゼル音が耳につくぐらい、ガソリンの静けさになれてしまいました。アルピナはともかく、BMW最近のディーゼルを試乗してどの程度感じ方が違うか、体感してみたいです。

    • bmwpopo様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      はい、乗ってしまいました。もう思い残す事はありません・・・って、そんな事はないですが、今までの試乗の中でも1、2を争う、感動の体験でしたね。

      エンジン、静かですよー。X5 35d xDriveに乗った時もエラい静かさに驚きましたが、そのさらに上を行きます。肌理の細かい音質も身震いするほど良いですし。
      ぜひ、BMWのディーゼルに改めて乗ってみてください。bmwpopo様のご感想を伺いたいです。523dとX5なんていいのではないでしょうか?
      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • こんばんは 〜
    ここ2.3日の試乗ご経験はさぞ車好き 並びにbmw好きのpontaさんにとってさぞ興奮冷めやらぬ事と思います!ALPINA! 是非私も試したい〜 ニコルは以前までのディーラーでしたので 葉っぱ掛けてみたいです 笑
    そんな最中 今日は以前お話ししたDrivingExperience ScoringChallengeに東京ベイへ行ってまいりました‼︎ 受付けをすませカンファレンスルームに入るとなんと!本日の講師はチーフインストラクターの菰田さん〜でした。
    無料体験とはいえ ちゃーんと座学から始まり リスクマネジメント ドライビングポジションと..ありがたや 笑
    そして一般道を使っての実走となりますが その前に一人ひとりドラポジのチェックです 以前pontaさんにアドバイスを頂きましたが 菰田さんにチェックされたら こらでもか!ってくらいステアリングを前に弾き出されました〜汗 いや〜〜記事でも読んでおりましたがここまで窮屈になるまでだすのねと伺いましたが サラッと 文章じゃ伝わらないですね!と。 320d Mスポーツを先頭にM140iのトレーニングカーを4台連なれて一人ずつドライビングチェックをして頂きました。まずこういったチェックは教習所以来の事のように変な緊張感バリバリです!
    菰田さんは何にせよスムーズドライビングを推奨しておりました、アクセル ステアリング ブレーキ 加速 減速 左折の方法と.. まるで免許取り立ての様な緊張感 笑 私めわアクセルの踏み方戻し方のご教授を口厳しく言われてしまった今回のレッスンでした!
    楽しかったですよ〜 また参加したいです!
    ついでにM2 チョイ乗りしてきました あれも楽しい 笑

    • char様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      いやー、羨ましいです!菰田さん同乗でドライビングレッスンとは!私が運転の師と(勝手に)仰いでいる方ですよ。

      そうそう、菰田さんはご自身の著書の中でもスムーズな操作を事あるごとに出してきました。ステアリング操作も厳しくありませんでした?基本通りながら独特のステアリング操作を推奨していた覚えがあります。あれは中々難しいですよね。でも、その教えは未だに私の中で生き続けていて、70%くらいは実行しています。

      いかがですか?運転は変わりましたか?

      M2はBMWの中でもきっと最も刺激的なクルマです。余分な装備をオミットしてコストを下げて、手が届きやすい様にしたのは有り難いのですが、それでもまだ手が届かないという(笑)。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • ALPINAを作った国の属する文化圏では、アダムとイヴが禁断の果実を食べた事がこの世の始まりらしいです。
    禁断の3シリーズを知ってしまったPontaさんは、ALPINAに乗って家族みんなでドライブ行こう!を始めるしかありませんね。
    幸い今ならニコルの在庫に2014年式のD4クーペが800万で出ています。急ぎましょう(笑)
    私もD3/D4が究極のF3xというのに一票です。
    勿論ガソリンエンジンの方がより強力でより官能的でしょうけど、日本の実用域ではD3/D4の仕上がりですら過剰でしょう。過剰なパフォーマンスをラグジュアリー方向に分配しているその心意気が、速度無制限の道を持つドイツ以外の国にはよりマッチするという意味で究極たり得るのかなと思います。
    私もいつか試乗でもいいので究極のF3x体験してみたいです。
    あ、Pontaさんとオフ会をすればいいんだ(笑)

    • あっきろ様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      あっきろ様がbmwpopo様化してる!

      2014年式でも800万円ですか(笑)。値段が落ちませんねー。

      確かに、D3は禁断の果実でした。ですが、ポルシェ959が出た10年後の911ターボがほぼ同様の出来だったと言われていますから、BMWも10年後の3シリーズはD3の様になって・・・いませんかね?!

      いや、10年後はもう、内燃機関は虫の息かも知れないですから、今がチャンス!ですが先立つものが(泣)。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

    • 2014年式のD4クーペが800万ですか!お買い得ですね。
      一緒にpontaさんのアルピナを見に行きましょう!

      • bmwpopo様

        いつもコメント頂きありがとうございます!

        私の妄想は、bmwpopo様とあっきろ様が連れ立って我が家まで来ている妄想になってしまいました・・・。なのに今まで通りの320dツーリングが我が家のガレージに収まっているという(笑)。

        では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • ついにD3の試乗をされたのですね! ワタシもクルマのキャラクター的に究極の3シリーズとして自らが所有するならM3ではなく、ALPINAだと思ってます。そして日本で乗るならB3ではなくD3だろうな、と思っているので、今回の試乗記はホントに興味深く拝読いたしました。
    ・・・いや〜、なんだかワタシが想像しているよりももっともっと、さらに高い完成度を持ったスーパー3シリーズみたいですね、D3って。
    でもって、ワタシが妄想する「マイD3」なんですが・・・今回pontaさんが試乗された、「白いボディにサドルブラウンの内装」のD3なんですよ(爆) 今回の試乗車からALPINAデコラインを外した仕様っていうのがワタシの考える「理想の愛車」だったりします(^^)
    (ケチくさいですけども、デコラインですらOPでけっこういいお値段しますしね爆)
    それに、ワタシがいま同じ「白いボディにサドルブラウンの内装」の330eに乗っている理由にも通じるのですが、できるだけ乗り換えたことが分からないような仕様の3シリーズ、っていうのもあります(^_^;)
    かつての愛車328iと同じカラーリングのF30に2台続けて乗ってるんですから、いっそのこと次の愛車も同じカラーリングの究極のF30、っていうのもなかなかオツかな、とかね(笑)
    とはいえ実際に買うとなったら1,000万円クラスですからね〜(滝汗) まぁ妄想するのはタダってことで(^_^;)
    ワタシの妄想の中ではいま、次期愛車はALPINA D3か、テスラmodelSあるいはXか・・・このあたりが筆頭候補です(笑) どれもこれも1,000万オーバーの最新モデル・・ま、妄想はタダですから(こればっかり)
    先日は東京に出張していたのですが、結局ニコルさんには近寄ることもありませんでした。。次に時間的余裕のある出張とかがもしもできるようなら、ニコルさんでD3の試乗、ぜひともしてみたいですね〜(^_^;)

    • ろくむし様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      あの色の組み合わせはオシャレですねー。あんなカッコいいのにろくむし様は乗られているんですね。しかも330eなんて・・・それだけでも充分私には羨ましいですよ。

      妄想とはいえ、330eオーナーのろくむし様がテスラを選ばれるなんて、すっかりEVの魅力にハマってらっしゃる様ですね。次期3シリーズではフルEVも出るようですので、それも妄想に加えてあげてください。
      もしかしたら、次期3シリーズベースのALPINAには、フルEVベースのものも加わったりして・・・そうするとろくむし様の悩みが尽きなくなりそうですね(笑)。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております。

  • pontaさんこんにちは
    私もまさか菰田さんとは おっっと言う一人言がでてしまいました!
    ハンドルを9時15分に持ち 肘が90度のポジション 顔の近くまでホーンボタンが来た時は え〜こんなにって感じで 片手で7時 5時まで回す練習から pontaさんの言う通りの独特なステアリング操作..ハンドルが良く切れます 笑
    このスムースドライビングの基本はきっとその先のドライビングに通じるものなのでしょうね!
    荷重移動うんぬんもかなり頭をよぎります。
    かなり運転は変わりました 笑
    気持ち燃費計が上がってきております!
    しっかり身に付けて行きたいですね!

    • char様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      燃費まで良くなりましたか!あ、もしかしてあれかな?という心当たりはありますが・・・アクセルコントロールですよね?

      荷重移動も、意識するようになると一般ドライブレベルではそう難しくなく出来るようになりますよ。

      それにしても、私が若い頃暗記するほど読んだ著書の内容を、未だにブレずにお教えしている菰田さんには畏敬の念しかありません。素晴らしいことですね。

      本当に貴重な体験をされて、羨ましいです。私も・・・いや、私だと舞い上がってしまってレッスンどころじゃなくなるかもです(笑)。サイン貰わないと!とか。
      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です