ALPINA B5を見に行ってきました!

今年の東京モーターショーで正式に国内発表となるG30ベースのALPINA B5 Biturboですが、ALPINAの総輸入元のニコル・オートモビルズさんのショールームに展示してあるということでしたので、見に行ってまいりました!

スポンサーリンク

次に見れるのは東京モーターショー

一番最初に申し上げておきます。明日7/9(日)までALPINA世田谷ショールームに展示してあるNew ALPINA B5ですが、次に見れるのは東京モーターショーです。

モーターショーではALPINAの展示ブースには柵があってクルマの近くまで近付けません。ましてや、乗り込んでインテリアを確認するなど無理。ですが、明日までなら可能です。

気になっていました。

最近、ニコルさんではイベントが続いています。最近ではALPINAとMの比較試乗会をやっていました。

実はこの時も行こうとしたんです。ですが日常の忙しさにかまけて(忘れていたとも言います)電話をかけたのが前日だったので、既に予約で一杯でした。

この時にかけて頂いた言葉が、

「Mはこの機会でなければ乗れませんが、ALPINAでしたらご用意はいつでも可能ですよ。雑誌とかに貸し出している時以外であれば・・・ですので、ALPINAでよろしければ事前にお電話でご確認の上いつでもお越しください。」

こういう言葉は例えビジネス上の社交辞令でも真に受けるに限ります(笑)。かと行って、購入もできないのにそうそう行く理由も無いのも事実です。

そこにB5展示の告知。渡りに船とばかりに行ってみたわけです。

とにかく見て見ましょう!

御託を並べるのはこれくらいにして、早速見て見ましょう。

ああ、美しい・・・なんと美しいんでしょう!アルピナ・グリーンのボディカラーにゴールドのストライプが映えます。ショールームの外から見えるのですが、その時点ですでに目を奪われてしまいました。

ちなみに、フロントスポイラーのALPINAロゴなんですが、これ、今までのようにALPINAストライプとセットのデコセットではなく、スポイラーそのものの造形の一部となっています。なんというのでしょうか、つまり、「貼ってある」のでなく、「彫ってある」感じです。

ALPINA CLASSICの20インチ鍛造ホイールですが、若干デザインが変わっています。なんというのでしょうか、スポーク部分がストレートなラインになったというか。ホイールの中心付近にあったくぼみのような部分がなくなっています。

こうしてためつすがめつ外から眺めていたら、なんと、「乗っていただいていいですよ?」とお声かけしていただきました。

「え?でもシートに座ってはいけないって書いてありますけど・・・」

「お子様などがお座りになることがあるのでご遠慮いただくこともあるんです・・」

なるほど、気を使わなければいけないということですね。わかります。というのもこの展示車、まだ走行はできないデモカーということですが、明日までの展示を終えたらドイツに返してしまうらしいんです!要するに、ニコルさん自体も非常に気を使っているということですね。

では、早速乗り込んで見ましょう。

インテリアもALPINAワールド

恐る恐るドアを開けて見ました。

この瞬間、「うわーメーターがブルーだ!」などと考えていましたが、シート自体はノーマルの5シリーズと同じようです。ですが、さすがはALPINA、コンフォートシートですね、これ。

ALPINA独特の赤みの強いウッドパネル。これ、これですよ!そしてまたも恐る恐る、ギクシャクとした変な動きで運転席に潜り込みます。

スポンサーリンク

す、すごい・・・メーターパネルが青い・・とまたも思ってしまいました。自発光式のメーターパネルもALPINA専用ですが、これになってからより青みが強調されましたね。その前のステアリングはM Sportのものと同じく、握りが太いタイプです。

そしてそのメーターパネル。エンジンをかけなければ実際のメーターは表示されないのですね。

そして室内をぐるっと見回してみると・・・

ALPINAのシリアルナンバー入りプレートはセンターコンソール、iDriveのコントローラーの後ろにありました。どうやらこのクルマは6号車のようです。そして”ALLRAD”の文字。BMWでいうxDriveですね。さすがに600psオーバーともなると、後輪だけでは受け止められませんよね。

そしてウッドパネルに輝くこのALPINAのマーク。

ブルーのアンビエントライトも光っていますが、このウッドパネルだけで室内の雰囲気がガラッと変わっています。豪華というか色っぽい雰囲気というか、とにかくこの雰囲気自体がたまりませんね。

走行できないクルマという割にはharman kardonは装着されています。

そして一つ発見が

もう相当舞い上がっていて恒例のタイヤチェックの画像を撮り忘れてしまいました。ALPINAと言えばミシュランPILOT SUPER SPORTS。Mと一緒ですよね。

と思いきや。

なんとピレリP ZEROだったんです!最初はフロントのタイヤを見て気づいて、へー、と思っていただけなのですが、リアに回ってみるとなにやら見慣れないマーキングが。

お分かりになりますか?この「ALP」のマーキング。こんなの見たことがないなあ、と思って、傍に立っているセールス氏にうあkがって見ました。

すると、なんとやはりこれはALPINA専用のP ZEROとのことです!ピレリがB5や今後出てくるD5のためにピレリが開発したとのこと。そのできが思いの外よく、専用モデルとしてこのマーキングが施されることになったとのことです。

いや、驚きましたね。ALPINAは生産台数だけでいうなら年産1,500大程度の小規模メーカーです。そのメーカー専用モデルのタイヤのマーキングまで作って開発するとは、ALPINAが占めている得意な地位と、メーカーとしてリスペクトされているを如実に示していますね。

感激の体験でした。

もう感激しすぎてしすぎて、ぼーっとして実はよく覚えていないんです(笑)。

ですが、この後、もっと感激の体験が。B3、試乗できました!

ですが今回は長くなってしまいましたので次回に譲りたいと思います。

では、今回はこの辺で失礼します。ありがとうございました。

スポンサーリンク













8 件のコメント

  • アルピナグリーン、綺麗ですね。やはりブルーかグリーンか選択の悩みは尽きる事が無いですね。
    それにしても実車に乗り込めたとは羨ましい限りです。さらにB3に試乗ですと?当然帰る前にD3ツーリングを予約したんですよね?
    私も10年くらい前に一度青山のニコルにお邪魔した事がありますが、アルピナブルーのB7は外から見るだけでしたよ。
    Pontaさんに比べたら相手にされてない感じですね(泣)
    B3のレポート、今から楽しみです。

    • あっきろ様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      あああD3ツーリング、オーダーできたらどんなに幸せなことか!もちろん、先立つものがありませんのでそんな冒険はできませんでしたが。

      グリーンは本当に美しいです。クルマで鑑賞に耐えるものってそうないですが、アルピナ・グリーンとアルピナ・ブルーはその数少ないクルマの中に入りますね。
      いや、B5を眺めていましたが、「どうぞどうぞ」という感じで大変良くして頂きました。最近、近くにAMGの専門店もできましたし、こじんまりしたお店であることもあってか、気持ちよく鑑賞できました。
      ブログを書いているから、というのではなく、お店の雰囲気として歓迎して頂いた感じです。もちろん、最後には申し上げて載せることをご承諾頂きましたが。
      B3、感動でした。余りにも興奮しすぎているので、少し落ち着いてからご報告しようと思っています。ご期待に添えるよう、頑張って書きます!

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • アルピナ、やっぱりいいですねー!
    ブルーもグリーンもなんとも言えない美しさです。
    B3のインプレ、楽しみにしています(^^)a

    • おやにゃん様

      いつもコメント頂きありがとうございます!
      ALPINAを買うならブルー!と20年程妄想してきましたが、こんなに美しいグリーンを見てしまうと・・・心が揺れますね〜。いや、買えもしないので揺れる必要はないのですが(笑)。
      B3の記事、アップしましたのでよろしければお読みください。
      だは、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • pontaさんは、ニコルさんも近くて羨ましい土地にお住まいですね。世田谷は行ったことありませんが、ニコルさんは、どこに行っても良いサービスを提供してくれるでしょうね。ニコルさんでも営業さんによっては、とんでもないのはいますが!笑
    本物を見るとイメージがつかみやすくなります。アルピナの試乗までされるのですから、夢のようです。
    この写真のグリーンは好きです。ジャンプして次期車になるかもしれませんね。

    • bmwpopo様

      いつもコメント頂きありがとうございます!
      東京都内からは青山や世田谷、また東名高速の横浜青葉IC近くにもありますので、恵まれていますよね。
      このB5、前の週は青山に展示してあったそうですし。
      いやー、グリーン美しいです。E46までは純正でもグリーン系の色があったと思うのですが、E90になってからなくなりましたよね。初期型に淡いグリーンがあって、これもいい色でしたが、こうした艶のある深いグリーンはやはりアルピナ・グリーンの右に出るものはないでしょう。オプション価格も激高ですが。
      次期車ですか。そうできたらどんなに幸せなことか!まずはせっせと宝くじを買うしかないですね(笑)。
      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • アルピナのメーター良いですね!
    スポーツモードにするとタコ針の下側が回転に合わせて緑色になって
    追従してくるのが何とも言えません!
    現行Gシリーズはコーディングできるのですが、
    如何せん、解析しているショップが今の所、関東のショップのみなのと
    メーターのキャリブレーションが必要で、
    最大の難関は田舎者ですので、とても行ける距離ではありません(泣)

    都会の方は何でも揃うので羨ましいです!!

    • アンゴラス様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      え?!G30はコーディングでメーターをALPINA仕様にできるのですか?!私がもしオーナーだったら意地でもやっちゃいます(笑)。

      そういえば、B3でもシフトインジケーターが私のとちょっと違ったんですよね。終始COMFORTで走っていたのですが、「D」だけでなく、「D3」「D4」「D5」といった具合に今エンゲージされているギアが表示されるんですよ。これもコーディングでなんとかならないんですかね。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です