次期6シリーズの一端が垣間見えた。GTでエンジンはダウンサイジング。

当ブログでもご紹介した通り、BMWは8シリーズの復活に向けて本気で動いているようです。過去記事でお伝えした通り、この8シリーズは6シリーズクーペの後継となるらしいのですが、では一体6シリーズというのはどうなるのか?その一端が垣間見えましたのでご紹介しようと思います。

スポンサーリンク

6シリーズはGT化。

まずは以下の記事をご覧ください。

「5シリーズGT」改め「6シリーズGT」。BMWの新型グランツーリスモ、2017年誕生へ!

clicccar 11/23(水) 16:33配信

clicccar.com(クリッカー)

BMW『5シリーズ グランツーリスモ』(GT)次期型プロトタイプを、偽装が薄い状態で補足に成功しました。新LEDヘッドライトやフロントバンパーのエアインテークが一新されていることが確認できます。

【この記事に関する関連する別の画像を見る】

次期型では「6シリーズ グランツーリスモ」(GT)へ名称変更される可能性が高く、名実ともに生まれ変わることになります。

リア部分はまだカモフラージュが重いがですが、現行モデルとは異なるリアゲート開口部が確認でき、荷物の積み下ろしなど使い勝手が向上するようです。

また「CLAR」プラットフォームにより80kg以上の軽量を達成し、現行モデルより広い居住空間を実現しています。

パワートレインは、1.5リットル直列3気筒、2リットル直列4気筒ターボのほか、「xDrive40e」プラグインハイブリッドのラインナップが予想されています。

(APOLLO)

どうお思いになられたでしょうか?私は少し「ええ?そんなあ・・・」と残念な気持ちになってしまいました。

6シリーズといえば伝説の名車。

そう、あの美しいE24型6シリーズ、いまでも中古市場で大人気の名車です。

http://www.autogaleria.hu -

http://www.autogaleria.hu –

そして、現在のラグジュアリーかつスポーティな6シリーズクーペへと続いてきたわけですよね。

ですが、以前8シリーズをご紹介した時の記事には、8シリーズは6シリーズの後継と位置付けられる旨記載してありました。

8シリーズの開発テストをキャッチ!次期6シリーズは?

この記事でも最後に疑問を呈しておきましたが、6シリーズはGTに生まれ変わるということであれば辻褄が合いますね。

スポンサーリンク

8シリーズはベントレーやメルセデスSクラスクーペに対抗するラグジュアリークーペなのでは?

私の理解ではこの章のタイトルの通りなのですが、そうなるとEセグメントのクーペはどうなるのでしょうか?確かに、今やラインアップしているのはメルセデスだけ(Eクラスクーペ)となりますが、考えてみればそれとてCクラスベースですよね。

ここで考えるとアウディのラインアップに行き当たります。アウディも同じくA5というDセグメントクーペがありますが、それ以上のクラスではクーペはありませんね。ですが、A5スポーツバック・A7スポーツバックというのがあります。

アウディはBMWとは違って偶数番号のモデルがいわゆる基幹モデルで、奇数番号が派生モデルの扱い。これを考えてみると、新しい6シリーズGTはA7スポーツバックに対抗するクルマとなるのでしょうか?

確かに、A5/ A7スポーツバック、かっこいいクルマです。正直申し上げてBMWのGTよりもはるかに見かける機会も多く、実際に人気もあるそうですから、BMWがここに目をつけても不思議ではありません。

だとすると画期的なことではないでしょうか?だって、今までBMWってメルセデスを睨んで何かと商品力を競ってきたメーカーです。それが初めてと言っていいくらいアウディを意識したとなると、BMWがアウディを新たにライバルとして認めたということになります。

これはもちろん私の想像の域を出ませんので、あくまで私の独り言として受け取っていただけたら幸いです。が、なんかモヤモヤしますね。

それにしてもすごいダウンサイジングっぷりです。

少なくとも5シリーズGTの後継であるのですから、ボディサイズはそれなりの大きさであるのに、エンジンが1.5L直列3気筒・2L直列4気筒というのは驚き以外の何者でもありません。もしこの記事が正しいとすると、PHVが最強バージョンということになりますね。

本当に走るのか?という根本的な問いが出てきてしまいますが、BMWが決めたことなのであるならば、それなりの勝算があってのことなのでしょう。

本格的に「ラグジュアリー=大排気量車」とは言えない時代が来たんですね。

それでもまだ半信半疑。

実のところ内容が突飛すぎてまだ私には腹落ちしていません。ほとんどの方はそうだと思いますが、さすがに「ふーん、そうなんだ」と流せるような内容ではないですよね。

つい最近発表になった次期5シリーズの正常進化っぷりとのギャップがあまりに激しすぎます。

新型5シリーズ正式発表!数々の新技術で益々ワクワクするアッパーミドルクラスに進化!

でもきっと、ほぼこの記事の通り出てくるんでしょうね。それはそれで楽しみです。新時代のBMWの登場を純粋に楽しみにしたいですね。

では、今回はこの辺で失礼します。ありがとうございました。

スポンサーリンク













4 件のコメント

  • BMWの中でも、6シリのデザインは何ともいえない、オーラを感じます。そこが、6シリの最大の魅力と思います。BMWの基本デザインであって、洗礼された佇まい、美人と比べても、見とれますね 笑
    エンジンはBMWですから、走りは心配ないと思いますが、ダウンサイジングですね。i8でも1500ですから、6シリに見合ったものになるのでしょう。pontaさんが、欲しい!!と唸るようなBMWの登場がこれから、たくさんあるでしょう!楽しみですね。

    • bmwpopo様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      おっしゃる通り、オーラがありますよね。現行の6シリーズも美しいクルマだと思います。

      そうなんですよ。ちょっとダウンサイジングが過ぎるのでは?と心配になってしまうのですが、BMWですからさすがに走りの点ではエモーショナルなものを持っていると信じたいですね。

      新時代のBMWは私の想像を超えたところに向かっているのかもしれません。でも、それがいいんですよね。いつまでも私たちクルマ好きをあっと言わせる斬新な提案をし続けていってほしいものです。そしてbmwpopo様が予想なさっている通り、その不意打ちをうけて私は素直にびっくりして「欲しい!」と思ってしまうのでしょうね。現に、私は通販番組を見ると「すごい!これ欲しい!」といつも思ってしまうたちですので(笑)。もちろん、買っていませんよ。

      では、またのコメント楽しみにおまちしております。

  • 軽量化の恩恵が大きいという事なんでしょうね。
    5シリーズはカーボンは殆ど使ってなさそうですが、3シリーズ並みの車重なら318iの様に3気筒もありって事でしょう。つまりカーボン使ってると考えるのが妥当かと。
    となると次期3/4シリーズもグランクーペとグランツーリスモの統合なんかもあったりするかも知れませんね。なんにせよ目は離せませんね。

    • (元)E46乗り様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      おっしゃる通り、軽量化の恩恵なんでしょうね。確かに、カーボンを使っていなければちょっと説明がつきませんよね。

      次期3シリーズもカーボンを多用して欲しいですね。実は私、以前ロードバイクに乗っていたことがありまして、その時にカーボンのフレームというのが高嶺の花だったので、「カーボン」と聞くとテンションが上がってしまうという・・・(笑)。カーボンのフレームの自転車は雷がなったら屋根の下に逃げろ!というくらい、カーボンには雷が落ちやすいらしいですね。ゴルフ場でも、カーボンシャフトのクラブを振り上げたら雷落ちますし。

      クルマは・・・大丈夫ですね。静電遮蔽で車内までは電流はきませんから。でも、電装系は大丈夫なんでしょうかね?・・・すみません、また妄想が過ぎてしまいました(笑)。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です