BMW3シリーズツーリングの荷室に子供用自転車を積んでみた。

子供もそろそろ小学校で交通安全講習とかを受ける年頃になりました。周りのお友達も大きめの自転車に乗っているので、買いに行ってみましたが・・・。

スポンサーリンク

何を買えば・・・?

子供用の自転車といえば、今はマウンテンバイク「風」の自転車ですよね。当然ながら、本格的なマウンテンバイクとして耐えられる強度はないわけですが、安いものから高い(本格的?)なものまで、いくらでもあります。

当ブログのどこかでご紹介済みかも知れませんが、実は私、昔ロードバイクに乗っていたので、それなりに自転車にはこだわりがあります。

子供にそれを押し付ける気持ちは毛頭ありませんが、親心としてはあまり安全性に欠ける自転車には乗って欲しくないのも事実。そこで、ここ数週間の週末は、色々な子供用自転車を見てリサーチしておりました。

最近の流行りはどうやら・・・メーター付き?

大体うちの子供くらいの年の子は24インチの自転車に乗って、サドルを目一杯下げて両足が地面に着く、といった感じの様ですが、クラスの中でも前の方に並んでいるウチの息子はどうやら24インチでは大き過ぎ、22インチでちょうどです。

そのくらいの自転車を見ると、何やら「CIデッキ」なるものが付いているのが流行りの様ですね。なんてことはない、リアディレーラーが現在何速に入っているかを、二眼メーター風なデザインに表示しているだけです(笑)。

やはりこういうギミックが子供には受けるんですね。私の時は、「スーパーカーライト」「流れるウィンカー」「ATシフトレバー風な変速機」が3種の神器でした。この話題、度々出していますが、同年代の方はご同意いただけるでしょう。

で、私が子供に選んだのは・・・GIOSのジュニアマウンテンバイク。

ウチの子よりもお兄さんである甥っ子がLOUIS GARNEAU(「ルイガノ」と呼びます。フランスのブランドですね。)のマウンテンバイクに乗っていまして、家内の実家近くで購入したとのことでしたので店を教えてもらい、そこで見つけたものです。

ローディに限らず、チャリダーの方なら一度は目にした事があるであろうブランドですよね、GIOSって。比較的安価ですが、50年以上の歴史を誇る名門ブランドです。「GIOSブルー」と呼ばれる、BMWでいうとメディテラニアン・ブルーをもう少し薄くした感じの色が特徴的です。

さて、購入する時は全く気にしていませんでしたが、ペダル等を付けていく自転車を見ていくうちに、段々不安になって来ました。

あれ?これ、積めるのかな?

さすがに22インチともなると大きい!

息子が前に乗っていたのは幼児用の自転車で、シートを倒さなくても簡単に荷室に積めました。

さて、結果やいかに・・・とテールゲートを開けると、もう、その時点で明らかに入りません(笑)。しょうがないので、チャイルドシートを設置していない側のリアシートを倒し、中央も倒すと、ようやく入りました。

スポンサーリンク

お店にあったLOIUS GARNEAUはクイックリリースなので簡単にホイールが外れますが、この自転車はクイックリリースではないのでホイールが外せません。ホイールさえ外せれば、リアシートは倒さなくて良さそうです。

とはいえ、倒したシートの幅から見て、24インチでもギリギリ行けそうですね。まあ、購入した自転車屋さんのおじさん曰く、GIOSは22インチとは言っても結構フレームが大きめで、LOUIS GARNEAUの24くらいの大きさになるそうですから、それを考えるとやっぱり24インチでも大丈夫そうですね。

積み込んだ状態を見て見ますと、ハンドルの高さが微妙にトノカバーの高さを超えています。セダンですと床面を低くしていますが、もしかしたらちょっと引っかかって、ギリギリ入らなかったかも知れません。ハンドルの角度を調整することでなんとかなると思いますが。

ただ、ツーリングは開口部が大きいので積み込みは楽でしたが、セダンの場合はちょっと奥に押し込むのに苦労しそうです。

いやー、ツーリングでよかったです。というか、「ツーリングである」という安心感だけで、「積めるかどうか」という心配を全くしていませんでした(笑)。一瞬焦りましたが、結果的にはセーフで良かったです。

子育てには必要十分、そして何も犠牲にしていない。

子育てを理由にミニバンに乗り換えられる方も多い様ですが、3シリーズのツーリングはこの様に子育てシーンにおいても威力を発揮します。

それでいて居住性も乗り心地の良さも兼ね備え、運転するオトーサンにはドライビングの奥深い楽しみまで提供してくれるという、何の我慢もしなくていい稀有なクルマだと思います。

それに燃費が良くて経済性もいいですしね。ディーゼルならなおさらです。

今更ながら320dツーリングってすごいクルマです。本当によく考えられていますね。運動性がよく取り回しのしやすい大き過ぎないボディサイズ、しかもFRレイアウトで、これだけのユーティリティを兼ね備えさせるのは容易ではなかったでしょう。

最後にサービスショット。デイライトの点灯状態を初めて写真に収めたのでご披露します。

まだ明るい時間でしたが、煌々としていて十分な被視認性を確保しています。眉毛は控えめに、リングの部分が特に明るく光っているのがお分かりになりますでしょうか?

では、今回はこの辺で失礼します。ありがとうございました。

スポンサーリンク













6 件のコメント

  • 息子さんの為に、大きい523Dツーリングが良いですね^^自転車積めます。
    pontaさんの為ではありませんよ!息子さんの為に買うのです。

    • bwpopo様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      あ、新しい攻め方できましたね(笑)。いえいえ、3シリーズツーリングでちゃんt入ってますから、大丈夫です。523dツーリングは確かに気になりますが・・・。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • GIOSを選ぶとは流石ですね。フルサイズよりミニベロ系が得意なメーカーの印象があります。
    グランクーペでも後席全部倒せば24インチなら確実に載ると思います。(27インチの通学車は無理でしたが…)
    天下の3シリーズ、セダンでも十分ファミリーカーでいけますよ。(経験談)
    全能な車などあるわけないので、ミニバンにはミニバンの長所があって3シリーズには3シリーズのいいところがありますよね。Pontaさんも同じ考えだと思いますが、何を重視して何を我慢するか、または何を諦めるか、使う人のライフスタイルや考え方でそれぞれ違うべきですからね。
    私の子育てが丁度Pontaさんと同じ頃は、ルーフキャリアにサイクルアタッチメントつけて、息子用の22インチのMTBもどきと私のTREKのMTBを積んで車で30分くらいの大きな公園までよくドライブしました。
    (あ、そういえばディーラーにE46で使ってたキャリアがF36でも使えるか確認しなきゃ)
    キャンプでもルーフキャリアとルーフトランク使えば怖いものなしです。空力は犠牲になりますけどね。セダンで臨機応変に付加物でユーティリティ性を一時的に向上させるか、ツーリングでそもそもユーティリティ性の高いモデルにするか、3シリーズを選んでからも選択肢は豊富です。
    要は乗りたい車に乗ればいいという事ですね。

    • あっきろ様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      はい、GIOSを奮発してしまいました(笑)。まあ、何回も「大事に乗るんだよ!」と言い含めましたので、長持ちしてくれると思います。

      おっしゃる通り、3シリーズで子育て、全然いけますよね。あっきろ様ご指摘の通り、それぞれのクルマは長所短所を持ち合わせており、向き不向きだってあります。だからと言って、セダンやステーションワゴンをあっさりと子育てが始まるまであるいは終わった人のクルマ、と烙印を押しているような昨今の世の中って嫌だなーって思うんですよ。少なくとも、私は320dツーリングで何も我慢せずに子育てができているので、「子供いるんでしょ?なんでミニバンにしないの?」と言われると、正直「またか・・・」と思ってうんざりしてしまいます。

      あっきろ様の子育て、かっこいいですね!ルーフキャリアにMTBを乗せて遠征していらっしゃったんですか!お子様と野山を駆け巡るというのはいいですね。ということは私もMTBを買ったほうが・・・あ、でも先立つものが・・・大人用はお値段が高いですからね(笑)。

      ルーフボックスはキャンプに行くと「あると楽だろうなー」と妄想はしますが、まあ、そもそも身の丈にあったキャンプとなると、まずはクルマの積載容量を超えない道具をうまくチョイスしてやるべきなのかな、と勝手に思い込んでいまして(笑)。ただ、コンパクトで快適なものほどお値段が高いんですよね(泣)。

      >要は乗りたい車に乗ればいいという事ですね。
      そう、世のオトーサン方に送りたいメッセージはまさにこれです!子育てが始まったからといってミニバンに乗り換えなければいけないなんてことはなくて、好きなクルマに乗って、それに合わせた子育てをすれば言い訳です。あっきろ様のMTBがいい例ですよね。いくらでもなんとかなるんですから。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • ponta様
    BMWネタではないのですが…。
    子供の自転車購入が延び延びになっているなか、ponta様のこのブログを拝見いたしまして、某国産メーカー製を検討してきたところから、方向転換いたしまして、同じくGiosの24インチで決めました。子供に聞いてもやはり色はブルー。24インチになると3×7の21段変速になるようで、希望はしているものの子供車ではなかなかない無い 仕様に子供もすぐに飛び付きました。二週間ほど前に自転車にこだわる父の行きつけのお店(Gios取扱店)で自動車並みの注文書を書きまして、納車までは2カ月近く待つようです。店主も我が家のGiosという選択(というかponta様に教えていただいたわけですが)に感心していました。
    さて、セダンには乗らないかな?
    某ミニバンから320dに乗り換えまして早二年が経過します。二人の幼子を抱えながらも当初の心配は何だったのだろうかと不便さを感じておりませんでしたが、自転車を積載となるとこの事だけは仕方がありません。こういうのは妻の車に任せればと思っていましたが、キャンプに自転車となると、ルーフキャリアが欲しくなります。そういえば、さすがBMW。先日ルーフキャリアのメールが来てました(笑)
    Gios納車待ちですが、良いものを教えていただきました。有難うございます。

    • 黒檀様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      おお!ウチとお揃いですね!ウチのはチビなので22インチですが(笑)。購入した自転車屋さん曰く、GIOSはフレームが大きいから、22インチでもLOUIS GARNEAUの24インチくらいの大きさはありますよ、長く乗れる自転車です、と太鼓判を押して頂けました。個人的には、ホイールの脱着がクイックリリースではないことが気がかりでしたが、自転車趣味の人と話していて、「その方が安全だよ。子供がクイックリリースレバー倒したまま走るよりいいでしょ?」と言われ、確かにそうだ!と納得した次第です。

      いや、納車に2ヶ月待ちですか。そこもクルマ並みですね(笑)。あのー、実は私が買ったお店には24インチも展示して持ち帰り可能な状態でしたが・・・お教えした方が良かったですかね?

      でもあれはいい自転車ですよ。堅牢な作りですし、安心して子供を乗せられます。ただ、マウンテンバイクの常で、最初だけはカンチブレーキが強烈に効くので、ジャックナイフ(急停車で後輪が浮き上がって前に一回転すること。顔面から地面に落ちます。)にだけは気をつけるようにお子様にお伝えください。そのうちブレーキシューが馴染んでくれば、普通に効きの良いブレーキくらいに落ち着きますので。

      ルーフキャリアはいいですよね。私も欲しいのですが、狭い我が家には保管場所がないので、購入に踏み切れません。THULEの折り畳みのでも良いんですけどね。あ、私は自転車用ではなく、ルーフボックスです。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください