330e試乗!新しい世界を見せてくれる環境対応車

先日の記事で急速充電非対応であることを厳しく批判しましたが、実際にはどんなクルマなのでしょうか?やはり320dに乗っている身としては気にならないといえば嘘になります。今日、ちょうどディーラーの方に行ったので1年点検の予約に寄ったところ、ディーラーのご厚意で試乗させていただけました!そして、その試乗体験は新しい世界を垣間見させてくれた、感動モノの体験でした。

スポンサーリンク

 M2!

実はディーラーを訪問したのは久しぶりです。駐車場にクルマを入れながら、私の目は鮮やかなブルーの戦闘的なルックスのクルマをしっかりととらえていました。そう、M2ですよ。

聞けば三日前に入庫したばかりだそうで、まだナンバーすら付いていません。GWには試乗できるようになると言うことでしたので、これは是が非でも行かなければなりませんね。試乗できたら感想をご報告します。

まずは1年点検の予約、代車でラッキー

私の320dは昨年の5月に登録しておりますので、まもなく法定1年点検の時期を迎えます。何度か電話でご案内を頂いていたのですがたまたまタイミングが悪くて未だ予約できていませんでした。

点検の日程もすんなり決まり、一泊ではなく一週間預けることにしました。まあ、GWは外しているのでそんなに急ぎませんから。

で、代車を出していただけることになりました。
デ:「何がよろしいですか?」
私:「え?そんなに選べるんですか?」
デ:「そんなにはないですけど、5シリーズとか、後はカタログ落ちしてしまったんですけど…3シリーズのハイブリッドですとか。」
私:「え?まさかActive Hybrid 3?!それでお願いしますそれで!」
デ:「あ、ああ、はい」

すみません、勢い込みすぎたので若干引かれ気味です(笑)。

でも、まさかActive Hybrid 3に乗れる機会があるとは思いませんでしたので、すごく嬉しかったです。久々の直6!

ご存知の通り、Active Hybrid 3は直列6気筒エンジンをモーターでアシストしているスーパー3シリーズです。巷での評判は良くありませんが、私には何故だかわかりません。だって、どう考えたって楽しいに決まっているじゃないですか?燃費がいいだけがハイブリッドじゃない!というBMWの気合いが感じられる一台ですよね。

中古市場ではあまり人気がないのか値段が下がっているので、狙ってらっしゃる方もいるでしょう。こちらも必ず感想をご報告しますので、楽しみにお待ちください。

330e試乗!

ここら辺で私のご担当の方が出てきてくださいました。で、「330e、ありますよ」と嬉しい囁き。1も2もなく試乗をお願いしました。

さて、早速乗り込みましたが、まあ後期型とはいえF30ですので私の320dツーリングとさほど眺めは変わりません。試乗車はラグジュアリーでしたのでウッドパネルに薄いベージュのレザーシートで、私のスポーツの黒基調に比べるとかなり華やかな雰囲気です。息子も

「うわー、中が白くてカッコいいねぇ!」

と気に入ったようです。

そうだねぇ、次のクルマはこういう色にしたいね。でも、それは君が汚さなくなってからの話だぞ。

さて、早速スタートです。予想はしていましたが、スタートボタンを押してもエンジンはかかりません。そのままDにシフトしてそっとブレーキをリリースすると、無音のまましずしずと動き出しました。

ディーラー前の幹線道路に出て、加速します。ロードノイズは高まりますが、まだエンジンがかかりません。

幹線道路にはクルマの切れ目で出たので、まずはモーターアシストによる力強い加速を試そうと思ったのですが・・・。信号待ちの集団に追いついてメーターをよく見てみると、ほぼフル充電状態だったようです。

image

ちょっと見にくいですが、メーターパネル真ん中にバッテリー残量が表示されています。あの、ウィンカーレバーの先っちょのボタンを押して表示が変わるところですね。95%と表示されています。

タコメーターの丸いリングの下には誇らしげに「eDrive」の文字もあります。

このときは渋滞中でしたのでACC、Active Cruise Controlを使用して楽をしています。スピードメーターとタコメーターの真ん中にオレンジの実線とクルマの後ろ姿が表示されていますよね?停止中ですのでスピードメーターに表示されている設定速度、50km/hの横のランプはオレンジ色です。走行中はこれが緑に代わります。ACCに関しての詳細はこちらの記事をご覧ください。

BMWのACC(アクティブ・クルーズ・コントロール)の便利な使い方

バッテリー残量表示を拡大したのが次の写真です。もう3kmほど走ってからですので減ってきてますね。しかもエンジンをかけようと奮闘してアクセルを深く踏んでいたりしたのでバッテリーをかなり消費したようです。

image

この時になって、エンジンがかからないのは、もしかして「Max eDrive」モードになっているのかと思い、シフトレバー下の「eDrive」ボタンを押して確認しましたが、「Auto eDrive」になっています。

恐るべし、Autoでここまでエンジンがかからないとは。もう、これは短距離では完全にEVです。

image

このように、EV走行で後何キロ走れるかもちゃんと表示できます。

それにしてもEV走行でもすごい加速です。軽くアクセルを踏み込むと簡単に流れをリードできるどころか、後ろのクルマを置き去りにします。普通、こんな運転をすると燃費が悪くてしょうがないですが、これは1滴もガソリンを使ってないんですもんね。もう、なんかスゴイとしか言いようがありません。

やっとエンジンがかかった!

どうにかしてエンジンをかけようと、信号待ちで先頭になってから一度、一瞬だけアクセルを深く踏み込んでみました。

すると!やっとかかりました!ですが、あまりにスムーズにかかり過ぎて、タコメーターを見てないと全く気づきません。

これはすごいですね。

しかし、かかったのを喜んだのも束の間、ルームミラーをチラッと見てタコメーターに目を戻すと!

またエンジン切れてる…。

この間、数秒です。気付かないほどスムーズなのもすごいですが、バッテリー残量が十分な間はかなりアグレッシブにエンジンをOFFにする設定になっているんですね。

もちろん、エンジンの音・振動対策が今までよりもさらに一段上をいっており、全くエンジン音や振動がないこともこのスムーズさの実現に一役買っています。

いやー、恐れ入りました。

その外、メーターにはバッテリーの充電状態を表示するモードがありました。

image

スポンサーリンク

止まっているときに撮影したので何も表示されていませんが、この後もエンジンをかけてアクセルOFFにしたり、バッテリー走行をしたときにはマイナス・プラスの値を忙しく表示していたので、充電状態がリアルタイムにモニターできるようです。

結局、20分ほどの試乗では無理やりエンジンをかけない限り、全てバッテリー走行で走りきってしまいました。

全体的には、i8とEV走行やエンジンがかかるタイミングが似ていると感じました。そこで思ったのですが、これってすごいことですよね。もうあのスーパーカーの技術が3シリーズに搭載されているなんて。

試乗後に気になるところ、聞いてみました。

ディーラーに戻り、ご担当の方に聞いてみました。そう、まずは一番気になるあの点です。

急速充電できないことについて

急速充電非対応なのは、やはり「普通のハイブリッドとしても走れるから」ということでした。

で、気になる満充電までの時間ですが…3-4時間だそうです。

これをどうとるかは人によると思うのですが、私は「たったの」3-4時間しかかからないのかと驚愕しました。

だって、バッテリーだけで30km以上走れるのに3-4時間ですよ?たっぷり一晩、8時間くらいかかるのかと思ってました。

これなら、例えばデパートとかに買い物に行っても、買い物したり食事したりしている時間に充電できれば、ガソリンを使う機会すらありませんね。十分EVとして実用になります。

それどころか、充電設備がなくても十分HV車として使用可能だということも説明していると聞きました。確かにそうかもしれませんが、こればっかりはもうすこし長い期間乗ってみないとわかりませんね。

PHVについてのBMWジャパンの意気込み

やはり、現場の方の感覚としても、PHVを売っていきたいんでしょうという感覚をお持ちのようでした。戦略的な価格設定にもそれは表れていますね。

でもやはり、EURO7対策もあるでしょう?と突っ込むと、あっさりと「そうでしょうね。」と返されました。もう、自動車業界では周知の事実なんですね。

やっぱりトランクはちょっと狭いです。

これはしょうがないですが、バッテリー積載の関係上、ノンハイブリッドに比べてトランクの底が上がっており、床下収納もありません。

これはBMWの他のハイブリッドもそうなのでしょうがないのですが、プリウスのようにハイブリッド専用設計でない限り解決しない問題でしょう。

ということは、収納力を売りにするツーリングには導入されませんね。Active Hybrid 3もセダンにしか設定されませんでしたから。

そうはいっても、十分な容量ですよ。家族4人で一週間くらいの国内旅行であれば余裕でこなせます。

メルセデスのC350eについて

ご担当の方は試乗されたらしく、感想をうかがうことができました。330eほどスムーズではなく、エンジンがかかったとき、切れたときに明確な段付き感があったそうです。

これは個人的な見解ですが、考えようによっては、エコランに徹したい場合、エンジンがかかっているのかかかっていないのか、明確なフィードバックがあった方がいいという見方もできます。

ですがどちらが好まれるかというと、明らかにスムーズなBMWの方でしょうね。恐らくBMWは日本市場をかなり重視しているので、この辺をかなり意識して作り込んでいます。メルセデスは値段が高過ぎるのも気になりますし。だって、330eより150万円も高いんですよ?

乗り心地が明らかにいい!

もう、滑らかの一言です。フラット感がより増していて一クラス上のクルマのように感じます。静粛すぎるEV走行と相まって気持ちいいことこの上ありません。

最初はモデルイヤーによる改善かと思いました。あるいはランフラットタイヤがまた進化したのかな?と。

降りてすぐタイヤを確認しましたが、コンチネンタル・スポーツコンタクト5。うーん、いいタイヤですが、「コンチのスポコンってすごく乗り心地がイイ!」という評判は正直言ってあまり聞いたことはありません。プレミアムコンフォートという位置づけの中で若干スポーツ寄りの性格を与えられているタイヤです。

これについて伺ってみると、「やっぱり重いですから」と。

なるほど。バネ上重量ですか。

以前、当ブログでもバネ下重量に関しては過去記事で触れましたね。

ランフラットタイヤのススメ

クルマの乗り心地にはこの他に、バネ上重量も関係しています。これはバネ下とは逆に重ければ重いほど乗り心地がいいんです。これはなんとなく想像つきますよね?重ければ色々な突き上げや小動きを押さえ込めるからです。

高級車がおしなべて大きなクルマなのはこういうわけもあるんです。特にロールスロイスなどは、その圧倒的な(?!)バネ上重量で、独特の乗り心地の良さを実現していると言います。まあ、私は乗ったことはないので、わかりませんが。

ハンドルが軽かった。

こういうと昔ながらのドイツ車・BMWファンは嘆きそうですが、決して悪いことではありません。

もちろんBMWのやることですから、軽くなったと言っても路面からの情報は十分伝わってきて、決して雲をつかむような感覚のものではありません。

車重があるがゆえにアシスト量が増やされていることもあるでしょうが、市街地走行に最適化されているような気もします。他の2016年モデルはどうなんでしょうね。

結論:330eは「ストレスを感じないクルマ」

この様に、330eはモーター走行による低燃費や静粛性、重い車重を生かした良好な乗り心地、軽くなったけれど十分な路面情報を伝えるステアリングが組み合わさって、特に市街地走行におけるストレスをかなりのレベルで低減していました。そのストレスというのは、私が320dに乗っているときはわざわざ意識の俎上に上がらなかったストレスでして、今回330eに試乗したことで、また新しい世界が見えてきました。特に燃料を使用していないということは、精神的な負担を取り除いてくれて、快適性能の向上にも資するものであると強く感じます。

EV走行できる距離はまだ短いとはいえ、走行中も8割までは充電可能だそうですので、例えばある程度スピードが乗っている定速走行といった、エンジンが得意とする走行パターンでは、シフトレバーをM/Sの方にに倒して、モードをできるだけ充電する「Charge」に切り替えてバッテリーを充電し、その後の市街地走行でモードを「Auto/ Max eDrive」に切り替えてEV走行に徹する、というように使えば、長距離走行でもメリットを享受出来そうです。

ですがやはり、BMWとしてはターゲットを明確に分けているようで、長距離走行が多い人はディーゼル、市街地走行中心の人にはPHVという勧め方をしているとのことでした。確かに、定速走行では330eに搭載されるエンジンよりも320dのエンジンのほうが圧倒的な低燃費となりますので、私もこれには全く異論ありません。

PS 320dでの発見

ところで、自分でも意外だったのですが、帰りに我が愛車に乗ってもディーゼルの音も振動も全く気にならなかったことです。いや、ありますよ?音も微振動も。ただ、無音・無振動の330eに乗ったすぐ後ですので相当気になると思ったんですが。

これはとりもなおさず、320dの音・振動対策も相当優れているということだと、改めて感じ入りました。

かなり長くなってしまいましたが、ここまでお付き合い頂きありがとうございました。
今回はこの辺で失礼します。

スポンサーリンク













2 件のコメント

  • こんにちは。330eオーナーのろくむしです。
    ちょっと前のblogですけども、やはり330e関連の内容ということでpontaさんの試乗記に便乗してこれまで3ヶ月ほど330eに乗ってみた感想などについて記しておきたいと思います(^^)

    まず、私の所有する330eについて。
    私が330eの購入をしたのは2016年の12月。その頃にはすでに2017年モデルも納車可能だったのですが、私はあえて2016年モデルをチョイスしています。その理由については以前のコメントでも書かせていただいたかと思いますので割愛します(^_^;)

    pontaさんが試乗をされた昨年の4月の時点での2016年モデルと私が購入した12月段階での2016年モデルでは大きく違っている点がひとつあります。
    それは「走行モードがひとつ増えている」ということ。pontaさんが試乗された当時はエンジンによってバッテリーを走行中に充電するにはDSレンジに入れてやる必要がありました(つまりスポーツ走行モードを兼ねているわけですね)
    しかしこれでは経済走行をするためにバッテリーを充電したいのにスポーツ走行モードでガソリン消費が増えてしまっては意味が無いではないか! という意見が多かったようです(^_^;) そりゃそうですよね。
    ってことで、プログラム変更が行われてセレクタレバーの下についているeドライブボタンの切替でそれまでの「AUTOeDriveモード」「MAXeDriveモード」に加えて「SAVEbatteryモード」が選択できるようになりました。
    これにより、スポーツモードにすることなく、エコプロモードでゆるゆると走りつつもバッテリーを充電できるようになりました。それに付随してそれまでSAVEモードではバッテリー容量の80%が限界だった充電を90%まで高めています。
    ただ、、このSAVEモードっていうのがけっこうクセモノといいますか・・・実際には燃費走行のためにどれぐらい意味があるのかな? というのが正直な感想だったりします(^_^;)
    というのは・・・SAVEモードで走行すると、明らかに燃費が落ちるんですよね(汗) そりゃまぁエンジンが普通に回ってるだけじゃなく、SAVEモードにすると常にオルタネーターを作動させることになるので、その分燃費が落ちるっていうのは分かるんですが・・これがまぁけっこう目に見えてドライブコンピュータの燃費計の数値が減っていくんです(^_^;)
    じゃぁ、と高速道路など比較的エンジンが活発に回っている時ならオルタネータの負担による燃費悪化も少ないのでは? と試してみたのですが・・・高速走行中でもやっぱりSAVEモードに入れたらソッコーで燃費は落ちてきちゃいます(苦笑)
    ただ高速走行中はさすがにバッテリーへの充電も早くて、けっこういいスピードで充電されていきますね。正確に計ったわけではないのですが、200Vの普通充電ぐらいのペースでは増えているのではないかと。
    結果的にはエンジン走行中にSAVEモードでバッテリーへ充電しても、そのぶんガソリンで走れる距離が減るので、たんにガソリンのエネルギーが電気化されてバッテリーに移っただけではないのか? しかも変換ロスの分だけソンしてるのでは? というのが私なりの結論というか感想です(^_^;)
    なので長距離走行したあと、市街地走行でEVによる静かな走行をしたい、みたいな明確なEV走行するための目的意識がないといったんバッテリーが減ってしまったPHEVのバッテリーをエンジンで充電するメリットはないような気がしています。
    なので、やはりあくまでもPHEVは外部充電によってバッテリーに電気を蓄え、それを使ってできるだけ走ることで経済効果を発揮する、というクルマなのだと思います。
    まさしく市街地でちょこまかと走ることが多い人はPHEVで、一気に長距離を走る人はクリーンディーゼル、ということなんだと思います。

    それから燃費ならぬ電費ですが、冬の今の時期でヒーターを入れずに走行するとだいたいオンボードコンピュータの数値で20.0kwh/100kmというあたりの数字になることが多いです。走行が短いと30kwhとか25kwhなんかになり、バッテリーを全部使うぐらいまで一気にしずしずと走ると17kwh/100kmぐらいになります。
    この数値は100km走るのにどれぐらいの電気を食うか? という数値なので、普通の燃費と違って数字が小さいほど効率よく走れる、ということになります。
    20kwh/100kmというのは100キロ走るのに20kwhの電力を食いますよ、という意味です。 
    それから実際の走行可能距離ですが・・・ヒーターを入れるとやはり2割以上は短くなる感じですね。たとえばヒーターなしで走行開始した時点で走行可能距離の数値が24kmと表示さえているときにエアコンを入れると(コンプレッサーは回さず、あくまでヒーターのみです)、そのとたんに走行可能距離は20kmぐらいにガクン! と減ります(汗)
    なので私、今のような寒い出勤時には予め出発時間の少し前、まだコンセントに接続している状態でヒーターをオンにして車内を暖めておき、いざクルマに乗って走り出すときにはヒーターを切ってシートヒーターのみオン、という状態で走っています。
    私は通勤距離が短いので、これで十分に快適に通勤できています。ちなみにシートヒーターはあんまりバッテリーには影響を与えないようです。シートヒーターを入れてもすぐに走行可能距離が減るようなことはありませんので。
    この走行可能距離、カタログでは38キロとされていますが、ヒーターを使った走行をしたあとに自宅でフル充電すると21キロとかになります(汗) 逆にヒーターなしでゆったりと走って帰宅した翌日のフル充電時には24キロとか27キロなんてことも。おそらく走行パターンから航続距離を学習し予想してるのだと思われます。(このあたりは通常のガソリンやディーゼルでの航続距離の予測と同じですね)
    それからこの走行可能距離、おそらく、ですけども・・気温によっても大きく変わっているような気がします。あったかい日には航続距離が伸びますし、寒さが厳しい日には短くなるからです。バッテリーが冷えていると航続距離が短くなるっていうのはおそらくホントなのでしょう。
    しかしこのカタログデータである38キロってホントに表示されることあるのかしらん? これから暖かい季節になったらどう変化するのか、注目しております。

    私なりに計算した電費は以下の通り(ちょっと厳しいめに計算しております)
    私の通勤、片道5キロでだいたい25%のバッテリーを消費しますので、20キロでバッテリーがカラになりなる計算です(クルマの表示するEVでの航続距離とだいたい同じですね)
    330eのバッテリーは7.7kwhの容量がありますので、20キロ走行するのに7.7kwhの電力が必要。我が家の場合、オール電化住宅の電気料金体系で深夜の時間帯には1kwhあたり14.22円かかりますから、14円×7.7で約110円ということになります。
    以前乗っていた328iの燃費がこれまた厳しいめに見て平均リッター10キロとして、20キロ走るのには2リッターのハイオクガソリンが必要となります。
    今の価格でだいたいリッター135円+消費税で146円なので、20キロ走るのに290円ぐらい必要ということになりますね。
    ってことで、通勤にかかるコストは2日分(片道5キロを2往復)で

    330e ・・・110円
    328i ・・・290円

    となります。

    しかしこれ、330eに乗り換えて慌ててオール電化住宅契約に切り替えたのですが、その前の従量Aという普通のプランだと1日中いつでも1kwhあたり29.95円かかっていたので、これだと一気にフル充電で228円もかかることに(滝汗) つまり328iと比べてもあんまり旨みがないってことになっちゃうんですよね orz 計算してこれが判明したので、慌てて我が家はエコキュートを導入してオール電化したのでした(^_^;) それまでは給湯はプロパンガスでした(苦笑)

    それからblogの中に画像入りで紹介されている「充電量を表示している」というところ、これは正確には電費を表示しているものではないかと思います(^_^;)

    長々と今回も書いてしまいましたが、pontaさんがおっしゃるように、330eはPHEVで低燃費走行ができるっていうエコな面以外にもいろんないいところがあるのは私も乗り換えてから気がつきました。
    乗り心地の良さ、これは328iと比べてもたしかに言えますね。重さが効いている、というもあるかと思いますが、LCIモデルは車体のあちこちの剛性アップを図っていたり、サスペンション取付部であるストラットタワー上部を頑丈にしてあったりと、乗り心地向上のための対策をしているとのことなので、これも効いてるのではないかと思っています。328iと比較して、明らかにクルマ自体がガッチリしてるという印象がありますので。

    ステアリングの軽さ、これは私も感じました。明らかに軽くなっています。でもおっしゃるようにインフォメーションの薄いいかにも電気仕掛けな軽々しい物ではなく、路面からのインフォメーションをしっかりと伝えてくれるのはさすがBMWですね(^^) 328iに初めて乗った時にも「F30になってBMWはこんなにもステアリングが軽くなったのか!」と驚いたものでしたが、さらに330eは軽く洗練されたと思います。

    エンジンがかかるのが分からないぐらいにスムーズだというのも実感しています。ホントに分からないんですよね(^_^;) 320iと同じだというこのエンジン、エコな運転をしているときにはホントに主張をしないエンジンなのですが、先日ワインディングロードに初めて持ち込んでちょっと元気に走ってみたところ、かなり活発で快音を響かせてくれるいいエンジンじゃないか! と惚れ直しましたよ(^^)
    排気制御バルブがついたデュアルマフラーが開いて高回転まで回り出すと、スゴイいい音を奏でてくれますよ。この音は328iとはまた違った感覚です。(328iも排気制御バルブつきデュアルマフラーだったんですがちょっと音色が違ってます)そしてスポーツモードで走るときの加速性のよさ、コーナーを抜けてアクセルオンした瞬間に弾かれるようにモーターのパワーで瞬時に加速しはじめるレスポンスの良さはPHEVならではと言えると思います。
    けっしてエコなだけじゃない、エンジン車とひと味もふた味も違う「駆け抜ける喜び」を感じさせてくれるのはさすがBMWのハイブリッドだな、と思っています(^^)
    まだまだこれからつきあっていき、春や夏にもまた違った発見があるかと思いますが、またそんな気づいた点があったらご報告させていただければと。

    ・・長文になってしまうのがはなはだ恐縮なのですが、またおつきあいいただければと(^_^;)
     

    • ろくむし様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      今回は長文での330eに関する考察、非常に興味深く拝読しました。ありがとうございます。

      特に印象が残ったのは、結局、エンジンでの充電は、ガソリンを電気エネルギーに変換しているというところと、家庭での充電も電力のプランをよく考えないと割高になるというところです。

      これは、今後の自動車社会に大きな示唆のあるご指摘だと思います。

      日本車は、今や猫も杓子もPHV、「リッター40km!」と言っていますが、それは本当に環境に優しいのか、と。本当にお財布に優しいのですか?と問いかけて見たくなります。みんながみんな、ろくむし様のように1kmあたりのコストを考えているわけでもないと思うんですよね。そして、電気で走ることが意外に高コストであるのは、私が「一見さん」としてi3を代車で借りて乗り回し、充電した時に感じた感覚とも一致します。要するに、言葉を選ばずに言えば「環境に優しいのってお金がかかるな」と。

      ですが、電力プランを変更したり、うまくやることで経済性は改善できるんですね。これは330eユーザーの方には是非ともご参考にしていただきたい内容です。

      >けっしてエコなだけじゃない、エンジン車とひと味もふた味も違う「駆け抜ける喜び」を感じさせてくれるのはさすがBMWのハイブリッドだな、と思っています(^^)
      330eの真骨頂はここですよね。私も試乗の時に強くそう感じました。これは新しい楽しみがある!と。たかが15分くらいの試乗でそう感じたんですから、オーナー様はもっと楽しいでしょう。実際、当ブログへコメントいただける330eオーナー様方のコメントは、いつも気合が入った、本当に330eが素晴らしいと感じていることが伝わるような素晴らしいコメントが多いです。

      長文でも全然構いませんよ。私の記事より内容が充実しているので、私が恥ずかしくなってしまいますが(笑)、330eをこれからご購入しようとされる方には大変ご参考になると思います。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です