クルマ好きへの究極の質問。

先日、昔からの知人と話している時に、クルマ好きへの究極の質問が出てきました。なんだと思いますか?

スポンサーリンク

相手もクルマ好き。

その知人は女性ですが、ご夫婦でアルファのジュリエッタに乗っています。一度拝見したのですが、黒ボディに赤レザー内装の超オシャレ仕様でして、何を隠そうBMW以外ではアルファも大好きな私からすると羨ましくってしょうがないクルマなんです。

私は独身時代に大変お世話になり、以来親しくさせていただいているのですが、この方、愛車を「ジュリちゃん」と呼んでこのジュリエッタを可愛がっています。

実はお会いするのが1年以上振りでして、私の320dツーリングのことは知らなかったみたいでして、待ち合わせの打ち合わせメールの段階で質問されました。

知「pontaさん、クルマ変えました?」

あ、ブログやってるよーと言ったので見てくれたんですね。

私「えーっと、最後に見たのは何色だったっけ?」
知「白いガンダム色。」

私のガンダム好きも知っていますのでこのように言われてしまいます。

私「今はティターンズカラーのディーゼルのステーションワゴンだよ。」

まあ、紺色ですからね。しかもBMWに詳しくない人に「ツーリング」と言っても通じませんし。

その後落ち合って近況報告や四方山話に話を咲かせた後、またクルマの話題に戻ってから、タイトルのクルマ好きへの究極の質問が飛び出しました。

どれにする?

「もし1台だけ、予算もなーんにも考えずに1台だけすぐにもらえるとしたら何にしますか?」

来ました。クルマ好き同士の会話での軽いジャブどころではなく、全体重が乗ったストレートな質問です。

まあ、私のように汚れた心を持ったオトナはこういう時って大体、めちゃくちゃ値段が高いクルマを指定して、それを売って新車でこれとこれを買う、とか答えるんですよね。ロールスロイスをもらってそれを売ってフェラーリとレンジローバーを買うとか。

ですが今回は1台。しかも「プレゼントだから売るのは無しですよ?」と条件を付けられてしまいました。さすが、汚いオトナクルマ好きの心理をわかっている!

この瞬間、私の頭の中に何十台というクルマがノミネートされ、超高速で比較され出しました。もうキリがありませんので、もう少し絞りこむための条件を付けました。

広い駐車場を新しく借りるとかナシで、現在の環境で320dツーリングを置き換える。

んー、これでだいぶ絞れましたがそれでも決まりません。レンジローバー・イヴォークやM3などが浮かんでは消え、待てよ、911のカレラSとかいいかな・・・いや、キャンプいけなくなるな・・・など考えながら、悩みまくって一つの結論を絞り出しました。

その結論とは。

ALPINA B3 biTurbo。色はアルピナブルーで。もちろんツーリングです。

スポンサーリンク

X06_162A_171

ALPINAのHPのコンフィギュレーターで作ってみました。オプション満載にしてみると、お値段1,600万円超(汗)。私のようなサラリーマンが到底買えるクルマではありません。

コンフィギュレーターでは選べませんでしたが、ドイツでは選べるAWD、ALPINAでいうALLRADもつけたいですね。

実はこのクルマ、私は乗ったことはありません。乗ったことがあるのは、前の5シリーズ、つまりE60の時のALPINA B5 Supercharged。4.4LV8をスーパーチャージャーで過給して500psオーバーを誇ったスーパーリムジンです。

試乗する機会を得たのは、何年か前にToto BMWのイベントに行った時でした。ビンゴ大会などもあって結構盛り上がっていたのですが、それより熱かったのがM6(これも現行型の1つ前のE63ベースでした。)を目玉とした試乗でした。

その中で、なぜかあまり人気がなくて待ち時間なしで乗れたのがALPINAでした。元々興味があったので1も2もなくエントリーして乗っちゃいました。

営業さんの、「遠慮なく踏んじゃってください!」の声につられて出発してすぐフルスロットルで踏み込みましたが、凄まじいまでの猛加速、それでもジェントルで上品な雰囲気を崩さない豪華な内装と乗り心地にすっかり魅了されました。路面からのあたりも素晴らしく柔らかいのに腰砕けにならない足回りにも感銘を受けました。

それ以来、ALPINA大好きなんですよね。

で、なんでディーゼルのD3を選ばなかったかというと・・・特に意味はありません(笑)。もう、ALPINAだったらどっちでもいいです。でも、やっぱりD3の方がいいかな?

決め手の最後は、ただの感覚ですよね。理由なんかありません。

あなたなら、何にしますか?

さて、クルマ好きへの究極の質問、あなたも考えてみてください。どのメーカーの、どのモデルにしますか?あるいは人生最後のクルマとなることがわかっているとしたら、どのクルマを選びますか?

先ほど私は回答をひねり出すのに悩んだと申し上げましたが、実はクルマ好きにとって、これを考えている時ほど幸せな時ってないんじゃないでしょうか?

今晩、寝床に着く瞬間に考えてみてはいかがでしょう?きっとイイ夢見れますよ。

我こそは!という方はどうぞお気軽にコメント欄でお考えをお寄せください。

では、今回はこの辺で失礼します。ありがとうございました。

スポンサーリンク













コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です