i8ロードスターが間も無く発表か?動力もテコ入れされてハイブリッドスポーツの最先端へ!

i8ロードスターの開発は以前から噂されていましたが、今回はより具体的はニュースがありましたのでご紹介します。

スポンサーリンク

i8ロードスター、開発中。

以下の記事をご覧ください。

ついに市販化されるBMW i8ロードスターの量産モデルを初キャッチ!

BMWが2012年の北京モーターショーで初公開した「i8コンセプトスパイダー」の市販モデルプロトタイプを、カメラに初めて捉えました。

2012年に発表されたコンセプトカーは、2016年1月に最新の車載インフォテインメントシステムを搭載した「iビジョンフューチャーインタラクション」へと進化し、2016年3月に「i8 ロードスター」としての投入が正式にアナウンスされました。

今回捉えた市販モデル初のプロトタイプは、スマホカメラで撮影されたうえ、リアビューのみですが、i8コンセプトスパイダーとは異なるテールライトのグラフィックやバンパーが備えられているのが確認できます。

パワートレインは1.5リットル直列3気筒ツインパワー・ターボエンジンと電気モーターを組み合わせたPHEVで、強力なバッテリーにより航続距離も大幅に向上すると見られます。ワールドプレミアは2018年になると予想されています。

(APOLLO)

(クリッカー APOLLO)

スポンサーリンク

これはめちゃくちゃかっこいいじゃないですか!ロードスターというだけあって2シーターになるようですが、そもそもi8の後席は狭いので、ちょっと実用には苦しいですよね。しかもあの狭い開口部からどうやって出るのかという問題もありますし。

そして、これは多分ソフトトップですよね?ロードスターというくらいですから。

そしてニュースの内容でもう一つ注目なのが、バッテリーが強力になって航続距離が伸びるということ。これを聞いてまずピンとくるのが、i3の航続距離の大幅延長ですよね。

BMWの近未来が垣間見えた!i3改良版とFCV(燃料電池車)の発表。

2016.09.28

ただこれですとただ単に航続距離が延長されるだけで、特に動力性能が強化されるわけではなさそうですね。ですが、私にはこれとの関連が気になるんです。

i8にS?!上位バージョンが登場か?

2016.06.11

テスラでは、モデルによってバッテリーの容量やモーターの出力を変えてグレード展開していますよね。それと同じように、ロードスターが市販化される段階で、モーターの出力がアップされ、さらにバッテリー容量は当然のように増える、ということではないのかと想像しています。

動力性能は抜きにして。

クローズドボディでもi8の速さ・運転の楽しさというのは折り紙付きです。私も幸運にも試乗してその一端に触れることができましたが、これがオープンになったら、さぞや楽しいのでしょうね。

i8試乗の思い出

2016.05.14

個人的には特に動力性能が上がっていなくてもがっかりしません。まあ、i3では航続距離が上がったので、i8にも同様の改良は施されることはほぼ確実と勝手に思っていますが、「s」バージョンが出なくてもこのロードスターは大人気になると思います。

ところで、ドアはどう開くのでしょう?オープンって、ほぼ立ち上がったまま乗り込めるから楽ですよね。6シリーズカブリオレの後席なんかはその顕著な例ですが・・・i8特有のあの「バタフライ・ドア」であってほしいと思いつつも、乗り込みにくいのが解消されないとなるとちょっと複雑な気分です。

まあ、到底買えませんので心配する必要はないですね(笑)。

では、今回はこの辺で失礼します。ありがとうございました。

スポンサーリンク













4 件のコメント

  • アルピナ、BMW 5シリーズツーリング 新型をベースにしたプロトタイプの写真公開!!
    pontaさんが記事にするかな?と思ったら、はずれました。笑
    i8のオープンを運転しているpontaさんが眩しい^^

    • bmwpopo様

      いつもコメントいただきありがとうございます!
      いえいえ、買ってませんって(笑)。

      まあ、アルピナは必ずセダンだけでなくツーリングも設定しますからね。あまりサプライズはなかったんです。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • i8、やはり車幅がネックです。
    モジュラーエンジン、2気筒1L+モーターで少し小振りな2シーター、その名もi4、なんて作ってくれたら俄然購買欲が増すんですが…。
    Z4のもう一つの後継なんていかがでしょう?

    • あっきろ様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      i8は幅が広いですよね。あれさえクリアできれば実用車として理想的、とおっしゃっていたあっきろ様に私も以前賛成しましたが、この休みの間にちょっと面白いものを見ました。

      所用があって役所に行ったのですが・・・駐車場に堂々とi8が止まっていたんです。周りは平日の日中ですので当然ながら実用車だらけ。その中で、一目でそれと気づくほどに異彩を放っていました。他人様のクルマですので、勝手に写真を撮るのはグッと堪えましたが、あの状態をあっきろ様にお見せしたかったです。

      駐車スペース自体は確かに広めの駐車場でした。正面から見て見たところ、i8の左右に駐車しているクルマとの間隔はほぼ同じで、普通のドアであれば結構広く開けておけるくらいのスペース、そうですね、60−80cmくらいでしょうか、そのくらいでした。そしてその駐車場は、入り口が狭かったですし、段差も結構あるようなところだったのですが、平気だったということですよね。これを見て、確かに普通のドアと同じ感覚があれば開けますというBMWの説明に嘘はないのだな、ということと、車高が低すぎないので段差があるところでもフツーのクルマと同じように乗り越えられるんだなと思いました。ということは、理想的なEV寄りのPHVスポーツカーですよね。通勤に最適な気が(笑)。

      iシリースではi5というのが企画されているようですね。今どの辺りまで開発が進んでいるのか定かではありませんが、ピープル・ムーバー的なクルマとして企画されているようです。あっきろ様のいうようなパワートレインですと、フィアット500サイズのオープントップ、なんていかがですか?私もそれだったら欲しいですね。

      では、またのコメント、楽しみにお待ちしております!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください