530e高速試乗して来ました!

スポンサーリンク

Toto BMW 高速試乗会体験記、今回は530eの試乗の感想をご報告します。

スポンサーリンク

待ち望まれていたモデル

F10の5シリーズではPHVがないことに寂しさを覚えていた5シリーズオーナー様や、オーナー予備軍様は多いかと思います。

満を持してというか当然のごとくと言いますか、G30でようやく5シリーズにも330eと同様の機構を持つPHVがラインナップされたのが530e、非常に注目度が高いモデルと言えるでしょう。

実は私が今回の高速試乗会にお邪魔する事を決めたのも、試乗車にこの530e(と540i)があったからです。というわけで、最初にLCI後のM4 Competitionを目にして舞い上がって試乗してしまいましたが、実はメインディッシュはこちらだったりします。

やっぱり530eはM Sportでもノーマルサス?

前回記事で既に写真だけはご紹介済みですが、改めてこちらにも掲載します。

試乗車は530eM Sport です。ボディカラーはブルー・ストーンです。カタログカラーですね。

誇らしげなeDriveのエンブレムがCピラーに輝いています。

PHVといえば、バッテリーのトランクへの侵食具合も気になります。

この奥の部分が侵食されている部分ですね。手前の床面が落ち込んでいるのは、そのようにして高さを一部分だけでも稼げるようになっているということでして、完全にフラットにもできます。

そして、恒例のタイヤチェック。


すこーしホイールハウスとボディの隙間が空いているの、おわかりになりますでしょうか?なんと、私はおバカな事に540i M Sportのタイヤを撮影し忘れておりまして比較をお見せできないのが残念ですが、明らかに隙間が大きいです。

330eと同じく、M Sportでもノーマルサスなんでしょうね。

2017/05/29追記:
カタログで確認して見ると530eでもM SportはM Sportサスが装備されているようです。なんでこんなに感触が違うのでしょうか?その辺の感触の違いは540i試乗記に書いてあります。

540iも試乗して来ちゃいました(笑)。

2017.05.29

そしてさらに、タイヤ銘柄を見てみると・・・やった!ミシュランPrimacy3です!これは乗り心地に期待が持てます。

では、四の五の言わず、早速乗り込んで出発しましょう。

腰高感が気になる。

M4の時と同様の道のりで関越道に向かいますが、このわずかな時間に舗装し直したのかと思うほど(笑)、M4とは乗り心地が違います。当たり前ですが。

その乗り心地は明らかにコンフォート寄りです。はい、BMWファンである読者のあなたが想像されるよりもずっとずっとコンフォートよりです。

そして、ステアリングが軽い!この乗り心地の良さとステアリングの軽さはもう日本車的と言っていいでしょう。

ちなみに、今回の530eは、前に740eに乗った時と違って、バッテリーは70%ほど充電されておりましたので、関越までの一般道及び料金所からの加速、本線への合流まで全てEV走行です。

が。

330eの時ほどの軽快感と言いますか、怒涛の加速感はありません。あくまで穏やかな感じです。

330e試乗!新しい世界を見せてくれる環境対応車

2016.04.24

これはボディの重量も関係しているのかと思って調べてみましたが・・・530eの車両重量がわかりません。軽量化されたといっても3シリーズより軽いというこおてゃないでしょうから、まあ、車両重量が関係しているのは確実でしょうね。。

関越道に入って100km/hで巡航を始めると、ようやくエンジンがかかりました。ちなみにこの時はAUTO eDriveのままです。NAX eDriveモードにすれば日本の高速道路の速度域であればEV走行で対応できるのですが、当ブログにお寄せ頂いた330eオーナー様のレポートだと、AUTO eDriveが一番燃費がいいと伺っていましたので、結局はこのモードで走行することが多いだろうと思い、しばらくこのままで走行する事にしました。

さすがに高速道路の速度域では安定するだろうと思っていましたが・・・これは正直に申し上げて期待を裏切られてしまいました。

3シリーズのアイポイントが低いのもありますが、530eではシートを一番下げてもまだアイポイントのみならず、重心が落ち着きません。軽いステアリングと相まって、恥ずかしながら少しフラフラとしながら走ってしまいました。

これは直前にM4に乗っていたせいではないと断言できます。現に、この後540i M Sportにも乗りましたが、帰路に自分の320dツーリングに乗り込んだ時に、えもいわれぬ安定感を感じました。

ちなみにエンジン音は遠くから微かなハミングが聞こえるのみで、室内の静粛性は相当なものです。ただ、4気筒だとわかるビートですので、それが気になる方は注意が必要です。そのエンジンの性能ですが、高速道路で少し遅いクルマに引っかかり、再加速してまた100km/h巡航に戻す時、加速がじれったいです(笑)。。何回か試して見て、アクセルを床まで踏み込んで針を「eboost」のゾーンに放り込むと、正にブーストがかかった様に鋭く加速します。なんででしょう?740eではそこまでじれったく感じなかったのはエンジンのパワーがあるからというおかげもありますが、530eもそちらのシステムの方がよかったのではないでしょうか?さすがに330eと同じというだけだと荷が重すぎる気がします。

復路は、ドライビング・パフォーマンス・コントロールがCOMFORTですと、オーナー様でもなければよくわからないメーターですので、あえてSPORTにして走行する事にしました。

積極的にエンジンを使う設定になりますが、それでも腰高感は改善しません。まあ、Mアダプティブサスでもオプションでつけない限り変わるわけがないですよね。

エンジンによるバッテリーの充電を制御できる

そして、それと同時にバッテリーの充電の設定をいじります。ここが中々530eの面白いところでして、走行中に充電されるバッテリーの量を調整できるそうなんです。例えば60%と設定したら、走行中にバッテリーを60%まで充電したらその後はそのときに洗濯していたドライビング・パフォーマンス・コントロールのモードによって、通常通り走行する、といった具合です。上限はもちろん90%ですが、これはうまく使えば燃費をさらによくすることができそうですよね。

例えば、どこかにいった帰路に、高速の出口から自宅まではそこまで距離はないので40%も充電されていれば完全EV走行で自宅まではたどり着くとします。そうしたときに設定すれば、無駄な充電で燃料を浪費することなく、満充電は帰宅してからコンセントを繋げることに任せられるわけです。

確かにかなり乗り心地はよかったですが。

530eの試乗を終えるとちょっと複雑な気分になりました。

330eでも通常の3シリーズよりもステアリングが軽かったのは確かですし、530eでも同様にステアリングが軽くなっていることは想像できます。そして、乗り心地が良いことも私としては大歓迎です。

ただ、ちょっと路面との接地感が希薄になっています。F10ではもう少し濃厚な感触を感じたのですが、以前試乗した523d M Sportとはまた違う感触です。

腰高感はありますが、腰砕けにはなりません。むしろ、完全にフラットな乗り心地ですのでこれぞ5シリーズ!と言いたくなります。

でも正直私にはしっくりこなかったのも確かです。

これはあくまで個人の感想でして、この方を歓迎される方もいらっしゃるでしょう。実際、私も大筋では歓迎しておりますが、M Sportであればもう少しがっしりとしたフラット感を出せなかったものかと思います。そう、Activehybridのように。

面白いものです。以前はスポーティセダンの頂点に君臨し、ライバルのメルセデスまでもがBMWの運動性能やハンドリングといったものに追いつき追い越せで開発してきて、ようやく背中が見えたと思ったら、当のBMWはスポーティでありつつもコンフォート性能を向上させているという・・・。これは、「BMWにしては」などの枕詞が必要なものではありません。はっきりとコンフォート志向です。特に530eでは今までのクルマよりも顕著にそれを感じます。

さて、これが530e特有のものなのか?523d M Sportの試乗ではそう感じませんでしたが、次に乗る540i M Sportではっきりするでしょう。

次回はその540i M Sport試乗記をお送りします。少しだけ予告すると・・・「帰ってきたあの6発!」です。

では、今回はこの辺で失礼します。ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク













8 件のコメント

  •  乗り心地がコンフォートに寄って、という記事を拝見し、ひょっとして国産の最高峰のL社みたいな基調になりつつあるのかしらんと気になりました。BMWはもちろんのことMercedesでも路面からのインフォメーションというのは至極重要なものとして認識しているはず・・・と思っていただけに、意外ではあります。ひょっとしてPHVならでの設定? とか。もちろん、BMWのことですから、基本的な安全性に手抜かりはないはずですが・・・
     ときに、ツーリングやワゴンユーザーからするとラゲッジの使い勝手はどうなのかってのも気になります。T社のPのPHVのラゲッジは悲惨なことになっていると聞きますが・・・
     さらにトピずれですが、小生のところも二年目の自動車税の通知が来て、pontaさんのおっしゃっていたメリットを感じましたが、一方でディーゼル車が11年で重課になるのに対し、ガソリン車は13年、しかもHVはずっと重課にならないと知り、納得できない小生です。ご存じのことと思いますが、MercedesにはSクラスにディーゼル・ハイブリッドの設定がありますが、これも11年なんですよね。あの税制が、欧州車&マツダいじめにしか思えない小生です(汗)

    • 桂様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      Lは実はそんなに乗ったことがないのですが、コンフォート性でいうと、さすがハンパなことはしないドイツメーカー、ひと昔前のクラウンマジェスタよりも遥かに静かかつ柔らかいアタリです。最近はクラウンも結構しっかり系ですが、そうなる前のクラウンです。

      530eのラゲッジは、見た限りでは床面積は確保されていますが、高さがないです。ですので、小分けの荷物は結構積めますし積みやすいと思いますが、大物は入りもしない場合があるでしょうね。

      確かに、ディーゼルの方が早く税が高くなるのは納得いかないですね。まあ、古いタイプの排気ガスが汚いディーゼルを早く買い替えさせる為の施策という面もあるのでしょうけど、クリーンディーゼルに関しては免除規定を設けるなど、柔軟な対応をして欲しかったですよね。これだと、折角企業努力をして新しいクリーンディーゼルに買い替えても、その努力が報われない事になります。あまり公平な税制だとは思えませんね。

      まあ、まだまだ期間がありますのでそのうち変わるように祈りましょう(笑)。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • こんにちは。
    しかし、PONTAさんのディーラーは魅力的なイベントが目白押しでうらやましいですね!
    私のところは・・・セールスの人は、自分のお客さんの要望に対しては全力で尽力してくれる方なので長ーくお付き合いさせていただいているのですが、ディーラーは??  というと必ずしも購入者やこれから購入を考えている人に「bmw買ってよかったな!」とか、「bmwを知ってもらおう!」  と思ってもらえる活動を積極的にやっているようには思いません。
    けど、修理にもっていけば迅速に対応してくれますし、興味ありそうな車種の試乗車があるといわずともキーが出てきて「お好きに乗ってきてください」と、いい点はいい点であるのですけれど・・・Mモデルが試乗車になる等は稀の稀で、PONTAさんの記事から見るTOTO BMWさんの活動と比べると・・・正直、同じお金を出して買ってるのに・・等と醜い自分が心の中で顔を出す時があります(笑)
    活発な活動を期待したいです。
    また楽しみにしています。

    • GYU POWER様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      な、なんか・・・GYU POWER様の怨念を背後に感じるのですが・・・気のせいでしょうか(笑)。

      でも、その「放置」試乗方式もいいですよね。私もそう言っていただくことはありますが、なんだかんだ言ってやっぱり遠慮しちゃいます。GYU POWER様とディーラーとの信頼関係を感じます。

      ただ、この高速試乗会は本当にいいですよね。まあ、恐らくToto BMWさんは高速道路から遠いので、普段は高速試乗ができないことから考えられた企画だと思います。ついでにジャパンから話題のクルマも借りて、みたいな感じではないかと。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • TotoBMWさんは、本当に素晴しいディーラーさんですね。羨ましすぎます。540iがいい!笑

  • 530e、523dや330e程にはお気に召さなかった様ですね。
    記事を読んで、私はモジュラー化や共通プラットフォーム化の弊害が出ているのかなという気もしています。当然メリットデメリット両方ありますからね。短期間に多品種展開のメリットと多品種間の整合性の難しさというデメリット。バブル期に日本車が既に経験した事と言えばそう言えない事も無いわけで。
    例えばF30系はロングボディ系を除いて、ノーマル状態ではモデルのキャラクターに合わせて様々なパーツが取り付けられていたりいなかったりします。
    裏を返せば、それらを付ければそれぞれのキャラクターの差は薄まるわけです。勿論ボディ形状の差は無くなりませんが。
    また、後から足回りを変えたり強化パーツを付けたりした320dセダンとノーマルの420iクーペが案外同じ様な乗り味という事もあり得るわけです。
    つまり、F30系は突き詰めれば基本同じ車であり、パワートレインによって性格付けしているとも言えます。んで、パワートレインはモジュラー化されていますから、シリーズを跨いで使われます。あるシリーズでバッチリなパワートレインが別のシリーズにはイマイチという事は当然考えられます。
    実はBMW、この辺りに気づいて方針転換を考えているのかなと思ったりします。
    先の車種減らす発言は、そういった含みもあるのかなと。車種を減らす代わりにもう少し各モデルのキャラクターを立ててしっかり作り込む。従来やっていた、そういうやり方に少し戻す方向と言うか。
    M モデルはモジュラー化していない事からもキャラクター立てにはモジュラー化は難があるのかなと思います。
    車種拡大で門戸を広げ、ニーズに合わせて絞り込む。絞り込んだモデルを作り込んでキャラクターを立てる。というのが狙うべき道でしょうか。
    あまりニーズに走り過ぎても総ミニバン化して魅力を無くした国産メーカーの轍を踏む事になるので、その辺りはしっかり考えて欲しいところですね。

    • あっきろ様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      さすがのご慧眼、なるほどといちいち頷きながら拝読しました。

      CLARはPHVやEVですら視野に入れた各シリーズの共用技術ではあるはずなのに、今ひとつ煮詰めきれていない、ということなのかもしれませんね。

      もう本当にいちいちおっしゃる通りで本当にすごいコメントですが、(笑)、これがもしかすると既に社内的には何でもかんでもモジュラー化路線から転換が始まっているのかもしれませんね。
      総ミニバン化の轍だけは何としても踏んでもらいたくないです。まあ、BMWのことですから、大丈夫でしょうけどね。

      530eはもう少し車重をなんとかするか、よりバッテリーの荷重がかかるリアサスをもう少し締め上げて、フロントサスもバランスを合わせれば良くなると思うのですが・・・。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • 530eはponta様にはどうも「微妙」だったようですね。車重が1845㎏と何かのサイトで見た記憶がありますけど、はっきり思い出せません。違ってたらすみません。素人考えですが、この車重に330eと同じパワートレイン(ですよね?)では、ちょっと厳しいものがあるのかも知れません。
    エンジン走行中にバッテリー充電量を設定できるのは面白いとは思います。たしかに走行中に無駄に充電して燃費を悪くすることはありませんから。ただ・・・水を差すようで申し訳ありませんが、そこまでは自分の手でもできるわけでして。
    以前ろくむし様がコメントされていたように、「目的地到着時点でバッテリーを使い切る」のが燃費の上からも一番効率的です。自宅で充電できる環境なら、フル充電で出発し、バッテリーを使い切って帰宅するパターンです。ロングドライブでは、エンジン走行中にいかに上手く充電するかが頭の使いどころです。
    ちなみに330eに乗っていて一番シャクなのが、ウチに帰り着く直前でバッテリーが切れてエンジンがかかってしまうこと。くそっ、あと500メートルなのに!とか、すごく悔しい気分です(笑)。
    これはもうボードの数値と経験値から割り出すしかないわけで、現状ではクルマが行き先に合わせて自動的にバッテリーの充電レベルをコントロールしてくれる訳ではありません。あらかじめ(高速道路を含めて)走行ルートを入力しておけばAIが最適なモードを選んでくれる、というのならいいのですが、その場合乗員が何人なのか、ルートが平坦なのか上り勾配なのか下り勾配なのか、エアコンやヒーターを使うのか否かなど、様々な要因でEV走行できる距離は変動します。さすがにそこまではねえ・・・。
    と、ここまで書いて、待てよ・・・ひょっとしてすでに530eはそこまで考えられていて、次の進化へのステップを踏んでいるのかも知れないと思い直しました。ろくむし様もそのようなことを示唆しておられましたし。
    M2のように圧倒的なカタルシスを与えてくれるクルマの前ではなんともチマチマした話ですが、でもそうなれば、クルマとの知恵比べが楽しめるかも。ボケ防止に効果がありそうです(笑)。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です