BMWを始めとした欧州車の急激なEVシフトに違和感を抱いているのは私だけではなかったようで・・・何だかホッとしてしまいました。

スポンサーリンク

過去の記事で、フランクフルトモーターショーで急激なEVへのシフトが進んでいることに対して疑問を呈した私ですが、そのさらに前には「楽しみ!」といっていたので戸惑われた方も多いと思います。ですが、どうやらいわkんを抱いたのは私だけではなかったようです。

スポンサーリンク

「EVへの流れは止まらない」なんて本当?

ちょっと長いので引用は控えさせていただきますが、消えることもない記事だと思うので霖雨にてご紹介します。

フランクフルトショー2017で見た“EVシフト”の実情と行方

「EV化の流れは止まらない」のウソ

両方とも私の愛読誌CGのweb媒体であるWebCGの記事へのリンクですが、筆者が異なっています。特に2つ目の記事は、最近になって320dを中古で購入された自動車ジャーナリスト、清水草一氏の連載記事へのリンクでして、320dと絡めて書いてありますので非常に興味深く読めました。

まあ、これを読んでから私の違和感の正体がはっきりとしたんですよね。それはズバリ、「動機が不純そのもの。」。

自動車の生みの親とも言えるゴットリープ・ダイムラーとカール・ベンツや、発明王エジソンだって、ビジネスを考えていなかったわけではありません。むしろビジネスを軌道に乗せたからこそ現代の暮らしは便利になり、我々は彼らの発明に連なる文明の利器から得られる便益を教授していられるのだと言えます。

翻ってEVはどうか?と考えると、クルマ単体だけに注目して「ゼロ・エミッション」などとのたまわっていますが、例えば中国なんて石炭をガンガン焚いて郊外を撒き散らして発電しているのに。「環境対応」も何もないだろう、と。ただ単に、ドイツや日本の車にはもはや正面からは太刀打ちできないことを悟っての鞍替えですよね。

英仏もそうです。まあ、英仏はそれぞれに魅力あるメーカーがありますので中国ほどの二枚舌とい言うわけではないでしょうが、それとてドイツ勢の切り崩しを睨んでのこと。

もっと私が許しがたいのはVWです。ディーゼル不正が発覚してからはあっさりと内燃機関を捨てて、まるで市場の批判の矛先をそらすかのように自らの影響力(なんせ『ウォルフスブルグの巨人』ですからね。)を駆使してまるでEVが既定路線のごとく誘導しているかのように見えます。私、ディーゼル不正ではVWは嫌いにはなりませんでしたが、今回のフランクフルトショーの件で一気にVWのイメージは地に落ちました。とはいえ、かつては不可能と思われた「3Lカー(100kmを3Lの燃料で走りきる)」で低燃費競争に先鞭をつけたメーカーですので、今回の件でもそのような良心的な方の「白VW」の志から出ていると思いたいのですが、今の私にはとにかく業績を回復したい、ディーゼルの「ディ」の字も聞きたくない!と言っている「黒VW」が買っているようにしか見えません。だって、どう考えてもEVが本当に地球温暖化の切り札とは思えないんですもん。

BMWもこれからはEVメーカー並み?!25車種のEV/PHVを2025年までに投入!

2017.09.15

ビジネスは発明品の利便性を広く世に行き渡らせるために必要とは言え、あまりにビジネス主導なんですよね。とってつけたような「環境対応」なので、私の心に響かなかったのだろうな、と言うのが結論です。

では、なんで心に響かないのでしょうか?別に動機が不純でも、新たな「駆け抜ける喜び」の提案であればそう悲嘆にくれる必要もないですよね。

そこに崇高な志はあるのか?

一昔前といえば、自動車メーカーは安全対策に躍起になっていました。

特に有名なのはボルボやメルセデスですが、彼らがいち早く事故現場に駆けつけて、衝突状況や破損状況、そして乗員の怪我の状況などを綿密に調査して何千何万という事例を集めてその対策を施したことが、今現在の自動車の安全装備やボディ剛性の向上に繋がっているわけです。

そこには、「自動車の事故で起こる不幸を無くしたい」という志がまずあって、それが有用であると認識され、新たな付加価値としてユーザーに受け入れられたからこそ存続しているわけですよね。

このような作り手の思いがこもった製品というのは、クルマに限らずユーザーの心に響くものです。そしてそれが純粋な志から発していればこそ、ビジネスとして外連味なく成り立つのではないかと考えています。

例えば、なぜM2はあんなにBMWファンに熱い支持を受けるのか?それは、クルマが持つ楽しさというものを最大限引き出し、かつ扱いやすいサイズで・・・とユーザーのニーズにマッチした製品だったからですよね?そしてそれを求めやすい価格で売り出した。そのために、上級のMシリーズには装備されているものでも、ある程度削るなどのことも行いました(例えば電制ダンパーなど。)。

この時、BMWは何を考えていたのでしょうか?もちろん、そうしたニーズがある市場が存在するのを調査とマーケティング理論から知ってのことでしょうけど、あえてM240i(M2登場当初はM235i)もあるのに登場させたのは?

「M」というブランドが最大限発揮している、BMWの魅力をできるだけ多くの顧客に届けたい!という志、または理念があったからでしょう。

そうなんです。ドイツで発表されたEVシフトには志があまり感じられないんです。みんな、EVが地球環境に対する最終解答でないのに気づいているのに、それでは負けてしまうからEVシフトを進めている。なんだかそんな気がしてなりません。

これはあくまで私の感じ方ですので、異なるご意見をお持ちの方も多いはずです。もちろん、フランクフルトショーの場で思いついて発表したわけでもないでしょうし、数年といいうオーダーでEVの開発なんてできるものではありません。少なくとも10年くらい前から基礎研究には着手していないと間に合わないはずです。そういう意味では、勝ち組となるべく、PHVとFCVの最先端と言える技術をもつトヨタと提携したBMWもしたたかといえます。まあ、真面目に水素内燃機関の研究もしていた分の出遅れを取り戻すためなのかもしれませんけどね。

EVの分野での最も崇高な志だと思うのは、いうまでもなくトヨタのMIRAIですね。これには特許の公開などの動きも含めて、さすがと唸らざるを得ません。

個人的な予想(願望風味99%)→それは妄想というのでは?!

EVへのシフトの流れは鮮明です。これは間違いありません。何年かかるかはわかりませんが、確実にEV化します。

ですが、全てがEVになる!とか、そういう極論には真っ向から反論します。スマホの普及状況を思い出してください。私はガジェット大好き人間で、スマホに変更したのも比較的早かった方ですが、動機は「3.11で電話は繋がらなかったのにネットは繋がった」という事実を目の当たりにしてからでした。とにかく家族と連絡が取れずに苦しんだ私はすぐにスマホに買い換えたわけです。

そしてスマホの利便性が鮮明になるにつれ、「いずれは全てスマホになる!」などと世間では言われていたのを覚えています。今ではほとんどの方がスマホをお持ちだと思いますが、それでも通話が長い人などはガラケーを好んで購入しますよね。

スマホの登場からすでに10年たってもこれです。たかが、と言ってはなんですが、ある程度普及価格で購入できる商品でも完全なる普及まではこれだけの時間がかかっているんですよね。

ましてや、インフラも整っていない上に、価格帯としてはスマホよりもはるかに高いEVがそんなに爆発的に普及するわけはありません。私は、私が運転できなくなる頃くらいにEVかつ完全自律運転が普及しつつある状況にある、というくらいの普及速度だと思っています。もちろん、これより早いぶんには全く問題ありません。ですが、もし電力供給の問題が解決しない中であまりに早く普及しすぎると、今度はEVシフトを歓迎していたユーザーは、一転して自動車メーカーや政府を非難するでしょう。

「自然エネルギーを活用しないと環境対応とはいえないのに、無責任にEVを増やして電力需要を増大させ、結果としてCO2排出量を増やしている」

と。もちろん、自動車メーカーにしてみれば、自分で自然エネルギーの発電所まで用意するわけには行かないので迷惑千万な日なんでしょうけど、こうなる恐れは十分にあります。その恐れを認識している証拠が、BMWが提案している、太陽光で発電してEV/PHVを充電するガレージの提案であり、廃棄バッテリーを利用した家庭用蓄電システムだと思います。

BMW i3を利用した災害対策?!電気自動車の寿命は長い。

2016.06.25

そして、あくまでEVは通過点でしかないことにきっと気づくはずです。行き着く先は、やはりFCV。水素で走りながら充電する、究極の環境対応車です。

そしてこの頃には内燃機関の開発も相当進んでいるでしょう。現在マツダが提案しているHCCIの技術なども熟成され、かつ水素の内燃機関も視野に入ってくるでしょう。

こうしてようやく、水素を燃料とするクルマが道を走るようになるのではないでしょうか?!(強引)

きっと、「実用車はFCV、スポーツカーは内燃機関」のような住み分けができるのではないかと想像(妄想)しております。

きっと楽しめる、今後の自動車の行方

最後の方は壮大な妄想大会になってしまいましたが、ご容赦ください(笑)。いつものことです。

ともあれ、今のEVシフトには志がなく、あまりにドロドロな内面が見えすぎている、というのが面白くないんです。

そして、英仏勢や中国勢が目論んでいる、テスラの二番煎じ的なビジネスモデルというのは功を奏さないと思います。EVだろうと内燃機関だろうと、「クルマの楽しさと本来の役割」というさじ加減を本質から知っているメーカーこそが生き残れるのであって、EVのスペックや航続距離だけが問題なのではないのですよ、結局。

なんてきっぱり言い切っていますが、すでにドイツ勢が製品化までしており、日本でもFCVが販売されていますが、他メーカーでは口頭での発表ばかりで一向に魅力的なEVコンセプトカーなどの話が聞こえてきません。

これを持ってしても、基礎研究を積み重ねてきた大メーカーとは底力が違うのは明白ですよね。

私は、BMWがフランクフルトで発表したiビジョンコンセプトを見る限り、挑みかかられたドイツ勢(特にメルセデスとBMW)は、必ずEV化しても我々を楽しませてくれる、相変わらずのメルセデスワールド、BMWワールドを展開してくれると信じております。

こういうクルマが街中を走ると考えるとなんだか想像もつかないですが、今現にi3やi8って走っていますもんね。やっぱりちゃんと路上を走るんですよね?そのくらい現実感のないかっこよさですが、やはり以前どこかの記事でも申し上げたように。「近くて手がとどく未来」にワクワクしている自分がいるのも事実です。

では今回はこの辺で失礼します。ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク













10 件のコメント

  • 初めまして
    evは流れですね。発電所のCo2を無視してevはゼロエミッションとかおかしいですよね。
    水素を造るのもガソリン、軽油の製造コストの比にならないほど高いですし、自動運転の車に乗るならタクシーに乗るかなと‥
    温暖化とCo2の関係も政治的で科学的根拠が定かでは無いですよね。
    次世代は半分以上がevになるでしょう。

    • ハセケン様

      初めまして!当ブログをお読みいただきありがとうございます!コメントも頂けて大変嬉しいです!

      EVは流れ、ですか。確かにそうですね。ハセケン様おっしゃる通り、CO2と温暖化の関係も微妙、発電所でガンガン煙出していればゼロエミッションなんてちゃんちゃらオカシイ話ですからね。

      水素も今は高コストですが、もし需要が増大すれば、そこに技術革新があって、コストが下がるのではないかと思っています。まあ、気が長い話ではありますが、少なくとも電気のコストダウンよりは期待が持てるのではないか、と。だって、電気は今までも大きな需要があって今程度までしかコストが下がってないわけですし。

      水素のコストをめちゃくちゃ下げて、発電も水素でやればいいと思うんですよね。自然エネルギーだけに頼るのは、需要の巨大さを考えるとちょっと危険かな、と。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!これからもなんでもお気軽にコメントくださいね!

  • 今後は、電気自動車、電気自動車と、普通に生活している人なら、テレビ、ニュースなどで、情報が自然にはいってきていると思います。(中には、電気自動車の存在すら、知らない人もいますが!笑)一般にみなさんが、こうなるのが当然と思える事こそ、違う事になるのが、世の中です。誰にも、この先どうなるかなど、わからないってことです。人間の足が進化して、乗り物などに乗らなくても、思った所に一瞬で移動することが出来るようになるかもしれませんよ!

    • bmwpopo様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      「どこでもドア」ですね!わかります。あれが究極の到達点ですよね。

      まあ、私が生きている間には無理でしょうが、個人的にはクルマには浮いて欲しいです。以前もコメントで出したことがありますが、高千穂遙氏の名作スペースオペラ「クラッシャー・ジョウ」シリーズのエアカーのイメージです。法律で10cm以上浮いてはいけないことになっていて、普段はリミッターがかけてあったり、荒地走行時には一時期だけリミッターを解除できるようになっていたりと、中々細かく設定されています。これがまず実現して欲しいですね(笑)。
      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • pontaさま、こんばんは。

    私もEVの流れは否定しませんが、EVの燃料となる電気を作る時のことを考えると、EVが全てを解決するというかのような論調はどうなのかとは思います。
    ただ、自動車メーカーとしては、やはりEVに対応しないといけないとは思うので、これから徐々にEVが発売されるでしょうね。

    でもガソリン車、ディーゼル車にもいいところはあるので、用途によって使い分けがされていくようになるといいのではと思います。
    また、携帯のようにガラパゴスになるのは困りものですが、HVや水素も頑張ってほしいですね…

    • ゆっきー様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      自動車メーカーも、EVには巨大な投資をして来ていますから、その回収のためにEVは出してくるのでしょうね。でも、この記事でも申し上げたように、電力供給の問題を解決しないと、「走れないクルマ」を売ることにもなりかねませんし、CO2排出量はトントンな気がしています。
      これは排ガス規制の抜け穴ですよね。自動車メーカーは電力供給には責任を持ちませんが、目先のクルマに限定した排ガス規制はEVを出せばクリアできるから当然そうしますもんね。

      だから、関連業界を含めて、目標排出量の総量を規制しないと、本当の意味での環境対応ができたことにはならないと思います。

      こういうこと、私が思いつくくらいですから、規制する側も絶対に気付いているはずなんです。それでもそうならないのは、やはり「政治」、あのディーゼル不正を行ったウォルフスブルグの巨人が、矛先をそらすため、或いは自分たちはもうディーゼルを売れないため、という不純な動機が元になった政治の成果かな、とどうしても勘ぐってしまいます。

      いや、むしろ自分たちの利益のために、大げさに言えば地球環境をないがしろにした輩がいるということに強い憤りすら感じますね。あんな不正をする発想があるくらいですから、EV化という美名の下にそのくらいはするでしょう。低燃費は商売のため、環境のことなんか二の次だという企業倫理を全世界に開帳してしまったのですから。「今まで」はもうしょうがないですが、「これから」、人類の未来までないがしろにするなんて、酷い話です。

      熱くなってしまいました。すみません。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • EVに関して思うところは前回のEV記事のコメントでほぼ書き切ってます。
    メディア記事では日系が遅れているという表現も多いですが、既にHVは世界で最も実績がありますし、PHVや燃料電池車も市販レベルで揃えています。これらはEVプラスαの機構ですからピュアEV化にそれほどディスアドバンテージがあるとも思えません。各社それぞれも提携なりで単独で存在しているメーカーも無いですし、油断は禁物ですがそれほど臆する必要も無いでしょう。粛々と開発を続ければ大丈夫ではないかと思います。

    BMWから外れてしまいますが、恐らくPontaさんもそうだと思うのですが、私はガンダム世代です。かのモビルスーツは熱核融合炉エンジン搭載ですがどの様にパワーが伝達されていたのかはよくわかりません。
    21世紀になって初代ガンダムの焼き直しとされたガンダムSEED系の話は後半こそ核融合発電機を載せた機体が出てきましたが、基本はバッテリーによるモーター駆動が表現されていて劇中でバッテリー切れが何度も起こっています。
    この話、ニュータイプの代わりに遺伝子操作されて秀でた能力を持つコーディネーターとノーマルな人間との戦争、互いに差別主義へと走り戦争する勢力と宥和の道を目指して戦争を止めようとする勢力の戦いや葛藤が描かれていてなかなか面白い作品です。まだご覧になった事がないなら是非ご視聴をお勧めします。

    • あっきろ様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      私も、EV化への不純さへの怒りは上の方で書いてしまいました。

      ガンダム世代です。好きなモビルスーツはゲルググかZガンダムです。

      SEEDも見ていましたよ。続編のSEED DESTINYもです。全部ではないですが。

      ガンダム世界では、現代ではまだ夢の核融合が実用化されていますよね。SEEDのニュートロンジャマーは印象的でした。実は最初に聞いた時、「ああそうか、核融合を邪魔するからね、『ジャマー』ね。なるほど・・・っていやいやいや、そんなわけない!『ジャミング』の方だろ!」と叫んだ(心の中で)おバカな記憶があります。最後の方はニュートロンジャマーキャンセラーが出てきて核融合が可能になって、強力なモビルスーツが出て来ましたね。懐かしいです。

      でも、全部は見ていないので話が繋がってないんですよね。もう一度見て見たくなりました。個人的にはマリュー・ラミアス艦長が好きで・・・若いはずなのにオトナの魅力があって良かったです。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • お久しぶりです。読み応え十分な記事でした。
    EV路線への転換戦略は、各国の政治的思惑やメーカーの覇権争いの材料にしか過ぎず、我々ユーザーはメーカー側の戦略にまた乗せられてしまうのか、と常々思っていましたので、当記事はスラスラと読めました。
    メーカー側はもちろん各社間で競争してますから、いろいろな戦略を立てるのでしょうが、我々ユーザーの楽しみは残しておいて欲しいものです。
    40代、50代と年齢を重ねていくと、みなさんは再びクルマの原点に立ち返っていくのも分かる気がします。例えば、マニュアルトランスミッションや機械式メーター、コンバーチブル、三角窓・・など、趣きがあって恰好いいですね。
    個人的に、最近、旧年式のイタリア車や英国車へココロが移ろいでいくことがあります。
    やはり、クルマを便利な足代わりとしてではなく、一生の友として考えるようになるのでしょうね。(もちろん好みは移ろいでいきますが。)

    • engine_for_life様

      いつもコメント頂きありがとうございます!また、いつもTwitterで「いいね」していただきありがとうございます!

      クルマの原点に帰る。

      おっしゃる通りかもしれません。この歳になってもまだM4にときめいたりしていますが、その高性能ぶりもさることながら、プリミティブとさえ言ってもいいようなソリッドなエンジンの感触、操縦性の全てが惹きつけるんですよね。もちろん、プリミティブと言っても非常に洗練されてはいますが、ど素人の私でもクルマに「乗せられている」感じがせずに楽しめるのは素晴らしいです。

      engine_for_life様のTwitterを拝見していると、クルマに愛情を持って接しているのがよくわかります。だからこそ、このコメントの最後の一文の名言「クルマを一生の友と考える」が何の外連味もなく入って来ます。

      EV化に関しては、本当にある意味腹が立ちます。今後私が「ウォルフスブルクの巨人」のクルマを購入することはなさそうです。愛車がゴルフのengine_for_life様には大変申し訳ないですが。ゴルフは本当にいいクルマなのに、企業倫理を疑います。
      クルマは悪くない。ユーザーだってもちろんです。そんなユーザーと、開発者の気持ちを踏みにじっている幹部が腹ただしいです。ディーゼルの不正だけなら正直ここまでは思わなかったんですけどね。
      BMWはディーゼルもシロ、EVはいち早く対応している優等生っぷりですが、贔屓目でも何でもなく、どうせならこの様な正直者が生き残って欲しいです。正直者がバカを見る世界であって欲しくないです。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です