BMW320dツーリングで燃費も良く、力強く走るコツ

スポンサーリンク

Carly for BMWや燃費のヨーロッパ式表示と、何も変わっていないにも関わらず購入当初からは随分と印象が違うクルマに感じられる我が家の愛車320dツーリングですが、主にヨーロッパ式燃費表示に変えてからというもの、なんだかより力強く、より燃費良く走れるコツを今更ながら掴んできましたのでご紹介します。

スポンサーリンク

乗るたびに新鮮。

Carly for BMWでのコーディングで今まで気になっていた箇所、不便に思っていた箇所を解消し、かつヨーロッパ式燃費表示にしてからというもの、乗る度に新鮮な感覚を味わえています。

燃費の表示、ヨーロッパ式と日本式とでどっちがいい?

まあ、まだ慣れていないだけとも言いますが(笑)、特にヨーロッパ式の燃費表示は私の意識を変える効果が絶大でして、最近妙に燃費がいい気がするんです。ほとんど偶然の要素もあるのですが、意外とこうしたら燃費が良くなったよ!ということをご紹介したいと思います。

街中での燃費が向上

いかにコーディングをしたとはいえ、エンジンマネジメントの類はいじっておりませんので、コーディングによる効果ではないのは確かですが、都心部での燃費が向上しています。

季節要因もあるのかもしれませんが、以前までは都心部を走ると10km/Lがいいところだったのに、最近はなぜか7L〜8L/100km(おおよそ12km/L台)くらいは走るようになったんです。

最近になって運転スタイルを変えたことといえば・・・

ドライビング・パフォーマンス・コントロールのモードはCOMFORTで、アクセルの踏み方を一工夫。

最近は街中ではCOMFORTで走っています。というのは、ヨーロッパ式燃費表示にして一番のメリットは、瞬間燃費計の表示が変わることでしたので、あえてECO PROにせず走っていたというのが真相です。

ECO PROとCOMFORTでは、特に発進時が違います。ECO PROはほとんどの領域でロックアップして駆動系を直結しているのが感じられるのに対して、COMFORTではトルコンを使ってトルク増強作用を使っているのが、素人の私でも運転してすぐわかるくらい違います。

BMWのATにあるCOMFORTモードの存在意義

COMFORTモードですと、ECO PROよりもはるかに発進が力強いです。そして中間加速も間髪を入れずに反応します。

そうなると、伝達ロスが発生していることになるので燃費が悪くなるような気がするのですが、考えるにこれが一ついい方向に聞いていると考えています。

よく、省燃費運転のコツとして、「発進はゆっくり」というのを耳にしたことがあると思います。その目安として言われるのが、「5秒で20km/h」ですとか、色々ありますよね。やった事のある方はおわかりだと思いますが、5秒で20km/hって、相当遅い発進ですよね。

ちょっと何の本で読んだのか忘れてしまったのですが、昔、実は発進加速はある程度さっさとスピードを上げた方が燃費にはいい、という趣旨のことが書いていました。つまり、早めに巡航スピードに持って行って、長めに巡航状態を維持することで燃費を良くするということですね。

ですが、結局のところ今まではそうやってもある程度以上は良くなりませんでした。それがなぜ最近になって急に燃費が伸びたのかというと・・・ヨーロッパ式燃費表示における瞬間燃費計のおかげなんです。

上でご紹介した記事でも言っているように、要するに燃料を使っている赤いバーをなるべく表示させないようにすればいいわけですよね。これを忠実にやっているだけなんです。

走行状態としては、例えば都内で、制限速度60km/hの幹線道路を走っていて、それなりに頻繁に信号があるとします。そういう場合に、まず60km/hまでさっさと加速して、そのあとはアクセルを巡航状態以上に緩めてしまうんです。このとき、5L/100kmを切るところ、日本式でいうと25km/Lくらいのところになるようにしています。すると、非常にゆっくりとではありますが、スピードは落ちてきます。もし先の信号が赤でしたらそのままアクセルを早めに離してしまい、青だったら少し踏んで加速したのちにまた同じように緩めます。

最近のエンジンでは、実は一定のアクセル開度を保つよりも、このようにアクセルオフでのフューエルカットを頻繁に使った方が燃費が良くなる、ということも少し昔に読んだことがあるんですね。

この動作を穏やかにやるのがコツです。本当にゆるーくですが減速していって、また踏み増して、という操作は、急激にやると同乗者が不快に感じますからね。

大抵のドライバーがこの逆。

運転していると、たいてのドライバーがこの逆の運転をしています。つまり、発進では省燃費運転のコツを忠実に行って、「5秒で20km/h」に到達しているのですが、最後の「巡航状態を保つ」というところが90%くらいの方ができていません。

ゆっくり発進するからゆっくり走るのかと思いきや、こちらがACCで一定のスピードを保っていると、何だか段々離れていく!というクルマが多いです。つまり常に加速状態なんですね。これは省燃費運転では一番やってはいけないことです。こういうクルマにACCで同調して着いていくと燃費が悪くなってしょうがないので、私は一旦ACCの解除のボタンを押して、すぐにまたオンにして設定速度調節ボタンを上でも下でも一度クリックして、現状の速度を維持するようにしています。

ECO PROではまだこの方法を試せていないのですが、最初の発進のところが遅くなるので、COMFORTとどっこいどっこいな気がしますね。ECO PROである程度加速しようと思ったら2500ちょっとくらいは回さないとじれったくてダメですが、COMFORTですと2000も回せば簡単に周りの流れをリードできます。

季節要因かもしれないので断定するのは早いですが・・・

これからの季節は、特にダウンサイジングターボエンジンである現代のクルマにとっては燃費もパワーも一番いい季節になることは以前ご紹介しました。

BMWの運転には一番いい季節になりつつありますね。

この要因もあるかもしれません。いえ、確実に何%かはこの要因でしょう。

ですので、これからちょっと長めの期間で効果を図っていかなければいかなければいけないと思っていますので、折に触れてレポートします。

佐野プレミアムアウトレットに行った時の燃費は、都内の市街地を比較的走ったにも関わらず好燃費を記録していますが、この運転方法を既にやっていたので、それが原因かもしれません。大体、この時以外は都内をちょこちょこしか走っていませんし。あ、だからいいんですかね?あれ?わからなくなってきました(笑)。

いずれにせよ、まだサンプルが少なすぎますので、しばらくはこの走り方で試してみます。

色々楽しめますね。

前の320iセダンも含めるとF30系は足掛け4年以上乗っていることになるのに、まだまだ発見がありますね。色々と試してみることで、どんどん新しい世界がひらけていくのは、飽きが来なくていいです。

私は私のスタイルで楽しんでいますが、きっとそれぞれの方にそれぞれのスタイルがあると思います。今回の私のように、表示一つ変えてみるだけで変化を体感できたのですから、何か最近マンネリ気味だな、と感じていらっしゃるオーナーの方は、何か些細なことでも結構ですので、設定を変更してみると良いかもしれません。

では、今回はこの辺で失礼します。ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク













8 件のコメント

  • いつも、楽しく拝見しております。当方も9月決算時に320iセダン、ラグジュアリーを買ってしまった(笑)。色はインペリアルブルーです。アルビン・ホワイトが人気ですが、インペリアルブルーのが高級感があり、クラス以上の高級感があります。しかし、室内色をオイスターブラックにしてしまったので、夏場は暑さ対策が必要な車だと思い少々ガッカリしております。でも、ブランドイメージは強力ですね。BMWの持つ雰囲気は国産にないものがあり、私は”駆け抜けるよろこび”よりも”所有するよろこび”のが大きい。さて、この車は値引きが派手ですがディーラーのサービスの方が車検・整備は私共にお任せはくださいと言われたので、修理・整備代金で元を取るのかなぁ?今更ながら感じてもいます。初外車で知らない事ばかりなので、すごく参考になります。時々コメントをするかもしれませんがよろしくお願いします。

    • 蜜柑山 三郎様

      いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます!今回はコメントまでいただき、嬉しいです。

      インペリアル・ブルー!私のクルマと同じ色ですね。インペリアル・ブルーはラグジュアリーの方が似合いますよね。私もいつかモールをシルバーに変えて見たいと密かに思っています(笑)。飽きのこない、本当にいい色ですよ。上品でいて、時折どきっとするほど艶めいた表情も見せます。

      所有するだけではもったいないです。ぜひ、長距離を一気に駆け抜けて見てください。320iも燃費のいいクルマですから、20km/Lはいきますよ。燃費が良くて燃料費がかからないと、本当にどこまでも走っていきたくなります。

      これからも当ブログをよろしくお願いします!コメントはいつでも大歓迎ですので、リクエストやご質問・ご感想や愛車の燃費自慢など、なんでも投稿してくださいね。
      では、またのコメント、楽しみにお待ちしております。

  • こんにちは! 今回の燃費のお話も大変参考になります。^^

    440i GC は納車翌日に用事があって結構走りましたので、走行距離 440km で一度給油しましたが、満タン法で 10.88 km/l でした。このうち 300km 程度は高速や有料道路を使っていたと思います。極力 ECO Pro モードで走るようにしていました。

    加速には目をつぶるとしても、地味にエアコンとかケチるのが微妙に快適ではないですよね、ECO Pro は。^^;

    今回の記事を拝見して、私もしばらく Comfort モードで、快適かつ駆け抜ける喜びを感じつつ走ってみたくなりました。^^

    • ベイズ様

      いつもコメントいただきありがとうございます。

      納車翌日にいきなり長距離乗る用事があるとは、慣らしにちょうどよかったですね。

      COMFORTモード、お試しください!ただ・・・440iのエンジンはあまりに気持ちよすぎてヒュンヒュン回りますから、いつの間にかスピードが出すぎている!とか、燃費がすごく悪くなった!などの事態が起こる可能性がありますのでお気をつけください(笑)。

      ECO PROは低速走行などでうまく使うと燃費が伸びていいですよ。市街地は逆にCOMFORTの方が楽ですが。

      440iの加速感はどんな感じなんでしょうか?まだ慣らし中ですのでフル加速は試されていないと思いますが、慣らしを終えてフル加速を試すのが楽しみですよね。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • アクセルをスタート時穏やかに数秒後には、踏み込んでいく、ディーゼルの美味しい低速の鬼トルクをつかいながら、上のギアに、ポン、ポン、ポンと変わって行くまでの加速は、気持ちいいです。後は、ほとんど、アクセルの開度は、それほど、変化無く、流れにのれます。 何も考えず、パワフルに加速を楽しんでも、1回の距離を100キロ以上スムーズにはしれば、まず、20近くは誰でも可能のはずです。320Dは、下手に、一般人が良く考えられる燃費走行をしても、良くなるどころか、普段より、悪くなることのほうがおおいかもしれません。燃費計を睨んでいると、BMWが怖がりますので、みないほうが、良い燃費になります。自然に、気にせず、好きなように運転!駈けぬける喜びを体感した後に、見る燃費は、20を超えているでしょう。

    それは、プリウスでも、同じです。意識しすぎるほど、燃費は良くなりません!
    プリウスで34キロ、320Dで29キロ、これが私の最高の燃費記録ですが、上には上がいます。プリウスで40を超える方がゴロゴロみえますし、320Dでも30キロ超えの方もいます。この両者の燃費は非常にすぐれていますが、後者のBMWは、加速も楽しみながら、それなりの燃費がでることを考えると、総合的にみると、ディーゼルが有利と感じます。
    これからの、pontaさんの、燃費の報告を楽しみにしています。

    • bmwpopo様

      いつもコメントいただきありがとうございます。

      おっしゃる通り、ディーゼルはほとんど回転が上がっていないのにどんどんスピードが上がっていきますよね。しかもその回転域でも力強いので、すごくハイギアードな、大排気量車に乗っているような気分になります。
      私はどうしても踏みすぎる傾向がありまして、まだまだ無駄がある感じです。

      さすがに30km/Lは無理にしても、なんとか25km/L超えをもう一度やって見たいですね。そうすれば、私が目標としている、フルタンクでの航続可能距離1200kmを狙えますからね。

      なるほど、意識しすぎないことですか。ある程度流れに乗って走って、アクセルを緩め気味に走っていけばいいと言うことですよね?そういえば、この記事で書いた乗り方も偶然そのようにして発見したといえます。ただ、私は意識しまくりましたが(笑)。

      では、またのコメント楽しみにしております。

  • 我が愛読誌BMW COMPLETE(ルボランベースなのでCGとはライバルですね。でもCGTVは昔から大好きです)のごく初期の頃にBMW推奨の低燃費運転として、加速時は3000回転以下を保ちつつなるべく短時間で定常速度に持って行って後は速度低下しない程度にアクセルをパーシャル以下に保つという方法が紹介されていました。
    私も実践して確かに燃費が向上するのが確認できましたが長い時を経て最近まで特に意識してそれをする事はなくなっていました。
    理由は他車との関係です。
    街中で一気に加速して定常走行に移る走り方は前走車が邪魔になってフラストレーションが溜まる事が多くなったからです。
    3シリーズのLCI以降F3x系が気になりはじめて(乗換えという意味で)、ECO PROモードでは定常走行時に駆動を抜く技を使っていると知ってからは晴れた日に見通しの良い脇道の無い幹線道路を走る時など前走車との距離をしっかり確保してギア抜いて(MTなので)暫く空走してみたり、前走車が無い時は発進に気を使ってみたりと再びちょっと燃費を気にする運転をしてました。
    現在の代車パッソでも同様に短時間しっかり加速後アクセル緩める走行を実践していますが、エンジン音が尋常なく五月蝿いのと、やはり前後の車との車間が不自然になってしまうのが困りものです。
    多くの車がダラダラ加速する上にメーター読みで制限速度+10km/hで走るんです。一気に加速して制限速度+5km/hくらいで流そうとする私とはウサギと亀の様な走りになってしまいます。。何やらかっ飛んで行ったのにチンタラ走ってるな、こいつ抜かす!とか思われて余計にアクセル踏ませているとしたら全体で見ればむしろエコじゃない?(笑)

    • (元)E46乗り様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      やはりそうなんですね。BMW特有の方法なのでしょうか?どうも昔ドイツで運転した際には周り中がこのように運転していたので、もしかしたら一般的な方法なのではないかと思っていたのですが・・・。と言いつつ、私も最近になって思い出したんですけどね。

      おっしゃる通り、この運転方法は中々やりにくいです。前車がダラダラと加速する車でしたらアウトですし、常に信号待ちで銭湯でもないと理想的な状況ではできませんよね。
      日本ではPHVやHVの方が多いためか、ほとんどの方がモーターだけで発進しようとしてダラダラ加速になっているのではないかと思うのですが、あれは道路の交通容量も減らすのでよくないですよね。

      私も運転パターンは(元)E46乗り様と全く同じです。なぜか、みなさん「制限速度+10km/hまでは許される」といいう感じで走っていますよね。確かに、速度制限があまりにもおかしい箇所はありますが、速度制限には意味があるのであり、万が一の時に止まれるのか、危険を回避できるのか、ということを考えるとそうそう出せないと思うんですが・・・。

      私は、このゆっくり加速する運転方法を広めた媒体は本当にそうなのか、検証して欲しいと思っています。大方、JC08モード燃費計測用のドライバーに、カタログ通りの燃費を出すためにはどうしたらいいのかを聞いたのではないかと推測しておりますが、JC08モード燃費って、○秒で○km/hまで加速して、っていう具合に走行パターンが細かく決めてありますよね。その通りに走れる道路ならともかく、そうではない道路で最大の効率を求めるにはどうしたらいいのか、自ずと違ってくると思うんです。ですので、JAFあたりが検証してくれるといいのですが・・・。あるいは、日本でも市街地燃費・高速燃費・複合燃費と分けるとか。そういえな昔はカタログに「60km/h定置燃費」というのもありましたね。あまりに非現実的な値なので表示されなくなったようですけど・・・。

      私もなぜか張り合おうとする人に困っています(笑)。信号待ちの先頭で周りより早めに出ても必ず追いつかれるのですが、追い越した後にわざわざ前に入ってきてなぜかスピードを落とす人とか、いますよね。高速でも、一定スピードで走っていて追いついたから抜かそうとしているのに、並びかけると急にスピードを上げる方も。私は全く張り合う気は無いのでそうした場合はさきにいかせますが、早晩また追いついてしまうので本当に困ります。特に、高速道路を100km/hで巡航しているとこういうクルマに遭遇する確率が高いので、時には100km/h制限でもあえて90km/hで走ったりして車間を調節したりしています。

      すみません、話がとりとめもなくなってしまいました。省燃費運転は本当に難しいですね。アクセルワークとかではなく、このような不規則な状況にも対応しつつ、となると、中々理想的な燃費は記録できませんね。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です