Carly for BMWでのコーディング、iDriveがCICならできるかも?という項目と、まとめ。

私の320dツーリングはMY2015ですので、iDriveがNBT仕様となっています。ですが、Carly for BMWの案内を見ていると、CICでできるのではないか、と思われる項目がありますのでご紹介し、「Carly for BMWでできるコーディング」シリーズを締めたいと思います。

スポンサーリンク

NBT? CIC?

まずはそもそもNBTとかCICって何?という方もいらっしゃると思いますので、簡単にお話ししておきましょう。

iDriveは登場以来、細かな仕様変更を何度も行なっておりまして、2013年にも改良が行われました。

改良以前のiDriveはCIC(Car Information Computer)といわれるもので、これが2013年以降はNBT(Next Big Thing)と呼ばれるものになっています。

何がどう具体的に変わったかというと・・・ユーザーサイドではあまり変わりありません。ディーラーで地図の更新をインストールするときにCICではCDでのインストールだったのが、USBからのインストールになるくらいでしょうか?

見分け方は簡単。お手元のiDriveのボタンで「MENU」を押した時のコントロールディスプレイの表示画面で、一番上に「マルチメディア」と出てきたらNBT、「CD/マルチメディア」と出てきたらCICです。

img_0012

これはまさに先ほど撮影したばかりの私のクルマの画面です。一番上が「マルチメディア」となっているので、NBT仕様であることがわかります。

NBTかCICかは、コーディングにおいては違いがあるようです。NBTでしかコーディングできなかったり、CICでしかコーディングできなかったりします。Carly for BMWのCICの項目も、私のクルマでは今の所コーディング不可能となっています。これからも、できるようになるのかどうかはわかりませんが、念のためCIC仕様のユーザーさんのご参考にもなるよう、CarlyのHPで紹介されているCICの項目をご紹介します。

CICの項目

では、例によって表形式で。

項目 説明 選べる値 備考
Gear Shift Indicator menu そもそもギア・インジエーターを表示するか否かを選ぶメニュー active/ not active
Tire pressure menu with temperature 各タイヤの空気圧と温度を表示するメニュー active/ not active 各タイヤにセンサーが仕込まれていないと働きません。F30系では、パンク警告は左右のタイヤの回転差が発生したときに点灯するようになっているので、各タイヤにセンサーがないはずですので、どっちにしろ働きませんね。
Message length while driving SMSなど、Officeの機能で表示されるメッセージの長さを調整 no details/ one page/ up to five pages/ whole text
Sport display スポーツディズプレイの表示 active/ not active
Sport display – units スポーツディスプレイ表示時の単位変更を可能にする active/ not active ps/ kw、Nm/ kgmの表示切替ですかね?
Legal disclaimer (US)

Camera disclaimer

Night Vision disclaimer

それぞれの機能の注意事項表示 active/ not active/ permanent
Navigation fuel stop suggestion ナビゲーション使用時に、ルートサイドでの給油を提案します active/ not active
Route Info ルート・インフォメーションを利用可能にします active/ not active
Navigation geo coordinates ナビゲーションメニューで、緯度と経度による表示を可能にします active/ not active
Navigation while updating ナビゲーションをアップデート中でも使用可能にします active/ not active 日本ですとディーラーでインストールするのが基本ですから、必要ないかもしれません。

後期型はスマホなどを繋いで地図をダウンロードできるんでしたっけ?それなら有効な気もしますが、いずれにしてもCICではないので必要ないかと。

Arrow view in main window Arrow view(?)をサブウィンドウだけでなくメインウィンドウでも見れるようにします active/ not active
Navigation current position ナビゲーション画面に現在地(地名?)を表示します active/ not active
PDC view PDC画面の見え方(縦向きか横向きか)を選びます vertical(F models)/ horizontal(E models)
Video in motion 1/3 TVまたは動画が見れる車両で、運転中にも見れるようにします。

この機能は2/3や3/3と共に設定しなければいけません。

また、”Video only with handbrake”という項目をdisableにするよう書いてあります。

not active/ 3kph(2mph)/ 8kph(5mph)/ active
Video in motion 2/3 上の1/3と一緒に設定します not active/ 3kph(2mph)/ 10kph(6mph)/ active
Video in motion 3/3 上の1/3と一緒に設定します active/ not active

ここまででした。

スポンサーリンク

なんかおかしいですね。動画のところで出てきた、”Video only with handbrake”という項目は、どこにも、他のECUにもありません。ということは現状では使用できないんでしょうか?

Carly for BMWまとめ

さて、長々とご紹介してきましたが、いかがでしょうか?

私のように、「がっつりコーディングする気は無いんだけど、ちょっとした不便を解消したい」という向きには実はぴったりなのでは無いかと思います。

個人的には、特に時計のGPS補正とウィンカーの点滅回数が大きいですよね。時計が結構狂うのでそれから解放されたのも大きくストレスが低減されましたし、ウィンカーの点滅回数も、ワンタッチウィンカーが使い物になるようになったことで非常に嬉しいです。

今後の法令の変更によってはDRLも有効化できるかもしれませんし、さらにCarly for BMWのアップデートでさらにどのような項目が加わってくるのか、楽しみでもあります。

また、大きなポイントは、いつでも元の状態(デフォルト状態)に戻せることですね。

一番最初に必ずバックアップファイルをメールする画面が出てきて、送らないと進めないことは書きましたが、これによっていつでも元に戻せます。

これは、クルマを下取りに出す時など、非常に重宝しますよね。もちろん、下取りに出す時などはクルマを素の状態に戻しておくのが礼儀だと思いますので。

では、一旦これでCarly for BMWに関する記事は終わりにします。以下に記事のリンクを貼っておきますので、ご参考にしていただけますと幸いです。

  1. 準備・アダプターとの接続(iOSでは静的接続)KOMBI
  2. FEMでがっつりコーディング
  3. REMとCSM
  4. CIC(この記事です)

では、コーディングに関しては自己責任ということを念頭に置き、くれぐれも法令違反となるようなコーディングを行わないようご注意の上お楽しみください。

今回はこの辺で失礼します。ありがとうございました。

スポンサーリンク













5 件のコメント

  • 全ての項目が終わってからコメントしようと思っていましたので、待ってましたw
    コーディングなんてものは、今回BMWを買おうと検討するまで全く知らない世界でした。
    調べるうちに、後から不満になりそうな点を省くという意味で、やってみようと思いました。
    ただし、pontaさんほどの語学力がないので、日本語対応のCODE PHANTOMのお世話になりました。
    いくつかの項目を設定しましたが、特段これ以上の設定変更は望まないのと、自分で初期化できるメリットもあって満足しています。
    ディーラーさんも「ディライトとかカッコいいですよね…」と半ば公認の様子ですし、その後の訪問でも文句は言われていません。個人的な(カスタマイズの)楽しみの一つ、というスタンスの様です。
    CODE PHANTOMだとそこまで沢山いじれないので、お金もかからず自己満足の範囲内で楽しめるものだと自分は思っています。
    因みに我が家も、ワンタッチターンシグナルはキャンセルするか回数増やすかで妻に意見を求めたところ「保持は面倒だし、3回じゃ少ないから増やしてほしい」ということで5回に設定しています。

    • 寒梅様

      いつもコメントいただきありがとうございます。

      すみません、お待たせいたしました(笑)。いやー、いつの間にかエラーが解消されていたのは嬉しかったですけど、長かったです。項目をまとめるのも大変でした。もっと項目が少ない時にまとめておけばよかったです(笑)。
      おっしゃる通り、コーディングは自己満足のため、不便さを解消するためですよね。ですので、Carly for BMWもそこまでたくさんの項目をいじれるわけではありませんが、私はこれでいいと思っています。

      DRLやられましたか!BREX CODE PHANTOMはDRLの照度調整ができるのでいいですねー。私もこれならDRLをオンにします。自車の存在を周囲にアピールするのって、大事ですから。そもそも、DRLはアメリカなど大陸の見通しの良い道で遠くにクルマが見えてもどっちに向かって走っているのかわからないことを解消するため、当初は昼間走行でもライトをオンにしていたところから始まったと耳にしたことがあります。私も若い頃にアメリカに旅行に行ってレンタカーを借りて運転した時は、ずっとライトをオンにして走っていました。

      Carlyもできれば対応して欲しいですし、日本でも現在のドイツ車的なDRLが許容されるようになって欲しいですね。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております。

  • いつも楽しく読ませていただいております。先日X1が納車されてコーディングをいつやろうかと考えている毎日です。さて、本家のCarlyのページを見ていると色々と情報がありますね。
    Current Projects of Carly for BMWのページでは現在進行中の計画がありましたが、色々と計画中のようですね。
    More individualizations for daytime running lights Analysis 25%
    NBT iDrive Codings Beta-Phase 90%
    Brake Force Display improvements Internal Tests 70%
    とのことです。NBTのiDrive Coadingはそろそろ何か来そうですね!
    更新されたらまた記事更新楽しみにしております。

    • Yuta様

      初めまして!当ブログをお読みいただきありがとうございます。また、コメントをくださって大変嬉しいです!

      なんという偶然か・・・実は私も昨日同じページを見ておりました!おっしゃる通り、iDrive関連はもうすぐ何か来そうですよね。個人的には、恐らくこの中にはカーナビの速度制限解除、つまり走行中でも行き先が設定できるようになる項目が含まれていそうな気がしています。ついでに、USBでの動画再生にも対応していたりすると嬉しいのですが・・・。

      その際にはCarlyのアプリのアップデート通知が来るはずです。そうしたら早速試して見たいと思っています。

      X1、ご納車おめでとうございます。もしかして、早速xDrive18dを入手された?とかですか?記事にも書いていますが、X1は非常に気になっている1台です。日常の使い勝手など、教えてくださいね。

      今後も当ブログに遊びに来て、お気軽にコメントいただけたら嬉しいです。

      では、またのコメントを楽しみにお待ちしております。

  • pontaさん
    はじめまして。ブログ興味深く読ませて頂き、コーディングに挑戦してみる気になり、アダプターの入手とアプリのダウンロードまで行いました。そしてコーディングを行おうと、アプリをプロバージョンにしようとしたところ、課金が6,000円/Yearとなっていました。これって毎年毎年6,000円を払い続けなくてはならないのでしょうか?なにせ語学力なくよく理解出来ておりませんので御教授頂けましたら幸いです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください