ALPINA B3 Bi-Turbo発見!ちょっとだけ観察させていただきました。

今日、会社帰りにとある駐車場のそばを通ったのですが、歩道に一番近い側に美しいグリーンのALPINAが止められていました。ALPINAが大好物の私は思わず足を止めて、しばらく見入ってしまいました。

スポンサーリンク

アルピナ・グリーンもすごく綺麗ですね。

どこのどなたのかわからないクルマですので、撮影してすらおりません。が、私の脳裏にはしっかりと焼き付いております。

どうやらこのクルマ、テールライトの上側が綺麗なピンク色になっているところから見て、後期型ベースです。

LCI後の3シリーズ、今更ですがかっこいいですね。

2017.02.18

当ブログで度々、私はALPINAにうっとりしている発言を繰り返してきました。そして、もし自分でALPINAを所有するなら、絶対にアルピナ・ブルーにするんだ!とも。

ですがこのグリーン、なんとも言えない深みと艶やかさがあって素晴らしいです。ALPINAのHPにも掲載されていますが、写真が実物の魅力を伝え切れていない好例とすら言いたくなるほど、このアルピナ・グリーンという色は魅力的です。内装のクリーム色とも抜群の相性ですね。

そしてデコラインは、私のイメージと違ってシルバーでした。というのは、私は、アルピナ・ブルーだったらデコラインはシルバー、アルピナ・グリーンにはゴールドのデコラインが似合うと思っていたんですね。ですが、今回見た「アルピナ・グリーン+シルバーのデコライン」というのも大変に美しいです。

ダックテール型のリアスポイラーがかっこいい!

トップ画像にも写っていますが、このダックテールがかっこいいんですよね。あ、ダックテールというのは、セダンでトランク後端が跳ね上がっているような形をしているものを言います。正に「アヒルの尻尾」の形ですね。BMWのセダンは、かなり控えめではありますが、ほとんどのモデルがダックテールになっています。

ですが、このALPINAの派手なダックテールには常々疑問を感じておりました。

「ここ、雨が降ったら水が溜まるのではないか?」

今日の東京は晴れ。実際に水が溜まっているのを見ることはできませんでしたが、見た限りでは私の予想は当たっていると思います。この辺はALPINAオーナーさんに伺ってみたいものですね。

後期型はヘッドライトウォッシャーがなかったのでは?!

当ブログで雪道ドライブが盛り上がっていた頃、後期型F31のオーナーさんから、「後期型にはヘッドライトウォッシャーがない!LEDライトだから雪が解けないのに!」という情報をいただいておりました。

スポンサーリンク

雪でライトが見えなくなる・・・解決法を考えてみました。

2017.01.20

ですが、今回のB3は、ライトを覗き込んでも明らかにLEDライトで、後期型のはずなのですが・・・ヘッドライトウォッシャーが付いています。

あれ?もしかして後期型ではオプションになっているんでしょうか?それとも本国仕様に近いALPINAだけにはついているとかなのでしょうか?これも謎ですが、いずれにしろ雪道で走るにはアドバンテージがありそうです。

ドアハンドルはやっぱり「日本仕様」ですか。

先にも申し上げたように、ALPINAのベースボディは本国仕様に近いことが多いです。私の記憶では、E90後期型で初めて日本仕様のドアハンドルが導入された時にも、ALPINAでは本国仕様のごっついドアハンドルがついていたやに記憶しております。

もしかして、ALPINAだったら私の好きな下向きLEDがドアハンドルに仕込んであるかもしれない!と思って見たのですが・・・見た感じ、日本仕様のスリムハンドルでした。

うーん、ここはちょっと残念でしたね。ですが、ノーマルの3シリーズと変わらぬ使い勝手を追求し、ローカライズしたというのは、ALPINAの一見識として評価されるべきものだと思います。

やっぱりALPINAラブ。

この間、時間にして恐らく3分もなかったと思います。暗かったですし、いきなりしゃがみこんでジロジロとタイヤを見だしたら、街中にも関わらず犯行に及ぶタイヤ泥棒だと思われること間違いないので、恒例のタイヤチェックはできませんでした。

ですが、恐らく標準の20インチのクラシックホイールでしたので、きっと非ランフラットのミシュラン。パイロット・スーパースポーツでしょうね。

私の場合はすでに変態の域に入っているかもしれませんが、本当にALPINAって美しいクルマです。ACシュニッツァーなどもかっこいいと言えなくもないのですが、ことエレガントさ、上品さということにかけてはALPINAに遠く及ばないと思っています。

走行しているALPINAを見かけたことはあるのですが、このように止まっているALPINAを近くでまじまじと見たのは実は初めてのような気がします。見れば見るほど、美しさと高性能車然とした佇まいに圧倒され、益々憧れを強くする結果となってしまいました。

どなたかわかりませんが、勝手にジロジロ見させていただきましたことをお詫び申し上げますとともに、ぜひ、ALPINAのある生活を楽しんでいただけるよう祈っております。

では、今回はこの辺で失礼します。ありがとうございました。

スポンサーリンク













4 件のコメント

  • 3連続コメントで、やっと、前のコメントであっきろさんがいない 笑 

    >ぜひ、ALPINAのある生活を楽しんでいただけるよう祈っております。
    ぜひ、pontaさんが、ALPINAのある生活になりますように!祈っております。

    • bmwpopo様

      いつもコメントいただきありがとうございます!
      >3連続コメントで、やっと、前のコメントであっきろさんがいない 笑
      bmwpopo様もですがあっきろ様も相当にレスポンスが素早いです。お二人の場合、記事を公開した後、寝る前にコメントの通知が私に届いたりしますから(笑)。

      ALPINAいいですよねー。本当にALPINAがある生活ってどんな感じなんだろう?と妄想してしまいます。意外と何も変わらないと思いますが、運転するたびに高揚し、家に帰ってもずっと眺めて居たくなることだけは確実でしょう。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • アルピナグリーンもいいでしょう?両方知ってる私としては選びきれないんです。いつまでたっても新車は無理ですね…。
    まあその前にお値段がとても素晴らしいので結局いつまでたっても新車は無理なんですが。
    中古で探すならブルー一択より選択肢が広がりますよ。何にしても妄想ならし放題なので私は妄想で我慢します。
    因みに3/4シリーズ標準オプションのメタリックカラーもindividualカラーも同額オプションです。
    標準メタリックはかなり割高ですが、individualカラーは少しお得になります。individualカラーのアルピナも乙なものかも知れません。

    ヘッドライトウォッシャーですが、日本ではオプションリストにすら載っていませんが、本国では普通にオプションで付けられます。アルピナとしては後期型でも標準のままにしておきたかったのかも知れませんね。

    • あっきろ様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      アルピナ・グリーン素晴らしいです!BMWって結構昔はグリーン系の色が設定されていて、しかも結構デザイン的に似合っていたと思うのですがいつの間にか今ではなくなっていますよね。

      確かに、ご指摘の通り中古で探すとなるとグリーンも選択肢に入れていると幅が広がりますね。今度中古車でも検索して妄想してみます。

      ヘッドライトウォッシャーは本国ではオプションですか。そこはアルピナも本国仕様なんですね(笑)。だったらドアハンドルも本国仕様にしてライトパッケージをつければいいのに・・・と思うのは浅はかに過ぎるでしょうか?

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です