BMW6シリーズGTがすごくカッコいい!今月号のCGに載っています!

6シリーズGT、私自身はすごく興味を持ちながらも中々全貌をちゃんと確認しておりませんでした。そんな私にぴったり合わせて(?)今月号のCGがやってくれました。見開き2ページしかありませんが、いつも通りに美しい写真とともに、です。

スポンサーリンク

やっぱりカッコいい!

BMWのHPで見るとなんだか相変わらずリアが重く見えるのですが、CGの写真で見る限りはそうは見えません。実際、リアエンドの高さは先代モデルたる5シリーズGTと比べても6cmも下がっているそうです。

いかがですか?なんだかまだ重ったるく見えますでしょ?でも・・・

こちらだとどうでしょう?スタイリッシュなファストバッククーペっぽいリアスタイルに見えますよね?実はCGのP.107右下に掲載されている写真はもっと流麗なんです。ぜひ、お手にとって見ていただきたいと思います。

うーん、これは実際にはどうなんでしょう?実物を見て見るしかなさそうなのですが・・・モーターショーに実車が展示してあるんですよね。ですが3連休も予定がびっちり。モーターショーにいく余裕はありません。

そんな時にはBMW Tokyo Bay。ですが、いつ展示されるのか皆目見当がつきません。まあ、モーターショーの後にその展示車がそのまま展示される可能性もなくはないですが、はっきりとはわかりませんからね。

これはやはり、なんとかして時間を作ってモーターショーにいくしかなさそうです。

実用性も十分以上。

私が注目したのは、荷室容量の大きさです。どのくらいあると思います?

なんと後席を起こし状態で610L!5シリーズツーリングですら570Lなのに!

これはキャンプにも使えますね。もっとも、1000万円超のクルマでキャンプにいけるほど私は剛毅でもありませんし、そもそも手が届きませんけど(泣)。

その上、CGに試乗車もそうでしたが6シリーズGTはやはりニッチカーという位置付けのクルマらしく、640i xDriveの一車種展開。でも、この一車種が最強すぎます。

シリーズ名の後の「40i」が示すように、搭載されるエンジンは例の3L直列6気筒ツインスクロールターボエンジン。740iや540iと同じ、あの官能的なエンジンです。しかもxDrive。さらにさらに、GTですから少しだけセダンやツーリングよりもヒップポイントが高くて乗り降りしやすいと来ています。

これはもう、最高の実用車だと思うのですがいかがでしょう?

これでクルマ人生が終わっちゃう?!

これ、完全に「あがり」のクルマじゃないでしょうか?かつては、メルセデスのSクラスがそう呼ばれていて、その心は「これ以上のクルマがなくて、他のクルマに乗れなくなる」というものだったことはご存知の方多いと思います。

スポンサーリンク

ではBMWの7シリーズはというと・・・そうは言われなかったんですよね。これは7シリーズが相対的にドライバーに楽をさせない、つまりきちんと操縦しないといけないクルマであることを示すいい例だと思いますが、ある意味では楽をさせるという観点では未完だったということになります。

実際、CGの記事を読んでいても7シリーズへの遠慮というものは全く見られないと書いてあります。快適性・運動性能など全てに置いて、ということですが、ニッチなクルマだからこそできた「ヒエラルヒーの破壊」ではないかと思うんです。つまり、今まで数字が大きいシリーズは超えてはいけないという不文律があったのが、ニッチすぎて、かつコンセプトが斬新すぎて従来の物差しでは測れなくなったが故の上位シリーズ超えなのでは?と。

もしかして、これはとんでもない名車なのでは?!というのは私の贔屓目だと思いますが、個人的にはこれが人生最後のクルマになっても後悔はしないと思います(きっぱり)。

一般受けは悪し。しかもネックとなることが。

ここまで私が気に入っている6シリーズGTですが最大のネックは値段とボディサイズです。

まずは標準モデルで1,081万円という価格。いくら7シリーズ以上かも?!と私がここで喚いても、この値段なら740eとか買えちゃいますからね。どうしてもそちらに目がいくでしょうし、そこであえてこれを選ぶのは私のような奇特な人間だけでしょう。

ここでちょっと、ウチの家内に意見を求めて見ました。CGの該当ページを開いて、

「このクルマ、どう思う?」

まあ、我ながら漠然とした聞き方ですが(笑)。すると家内は、

「まあ、特別いいとも思わないけど、悪くはないね。」

そこですかさず追い討ちをかけます。

「これ、荷物がすごく詰めるんだよ。ウチのクルマ(言わずと知れたF31型320dツーリング)だと495Lだけど、610Lも詰めるんだって。キャンプの荷物も楽々だよ。しかもちょっとだけ車高が高いから乗り降りしやすいし。」

「私は今のクルマでも特に乗り降りしにくいとは思ってないけど・・・実用的ってこと?」

「そう。しかもカッコよくない?」

「うーん、まあね」

と反応は今ひとつ。そこで値段を明かして見ました。「これ、1,000万円以上するんだよ」と。すると途端に、

「こ、これで?!これでその値段だったら『なし』でしょう。」

とまあ、うちでは当然買わない(買えない)前提なのでお気楽な発言なのですが、見事にNGでした(泣)。

そして、もう一つのネックがボディサイズ。続けて家内にネタバラシしていきます。

「大きさがよくわからないだろうけど、こう見えて全長は5m以上、幅は1.9m以上もあるんだよ。ウチのクルマ(言わずとしれた(以下略))よりも30cm以上長くて、10cm以上幅が広いんだよ。」

「じゃあ、絶対狭い道なんか入れないね(ニヤリ)」

うっ・・・既に癒えたはずの古傷をえぐられました。

バンパー擦ったぁぁぁ!あーやってもうた!なんで死角にブロック置くのー?

2017.05.03

確かにその通りですね。ですが6シリーズGTにはアクティブステアリングも装備されているようですし、CGでは車庫入れでそんなに切り返しが必要なかった、って書いていますもん。あ、でもこれは海外試乗記でした・・・狭い日本の駐車場ではどうでしょう・・・。

このように、一般受けは非常に悪いです。BMWもそれをわかっているからこそのモノグレード展開。しょうがありません。

昔、CGでも記者のどなたかが書いてらっしゃったのですが、CGでオススメするクルマやグレードは意外と売れない、という趣旨の文章がありました。まあ、私も、自分が好きになったクルマがニッチで一般受けしない、ということは私もいっぱしの「マニア」になってきたのかな、と自らの成長を喜んでおくことにします(笑)。

いかがでしょう?当ブログの読者様の中ならご賛同いただける方がいらっしゃるかもしれないと思っているのですが・・・我こそは!と思う方はコメント欄に熱いメッセージをいただけると嬉しいです(笑)。逆に反対の立場の方からのご意見もお伺いしたいですので、そのような方もコメント欄にメッセージをください。あ、要するにどなたでもコメントいただケルト嬉しいです。いつも通りですね。

では、今回はこの辺で失礼します。ありがとうございました。

スポンサーリンク













4 件のコメント

  • 6シリーズ良いですね!あがりの車でいっちゃいましょう~(笑) この価格帯以上の個人で購入している半分以上の方は、残価設定で購入していますし、苦しければ売却すれば殺されはしません(爆)買えないではなく、買えた(所有できた)が人生のステップアップだと考えていますし、自分のモチベーションにも繋がっていくと信じています。たかが車で・・と思われる人もおられると思いますが、その先に見えなかったものが見えてくることもあると思います。これは個々の考え方の違いにも寄ると思いますが、レールの上を走るのが良い人はそのままでも良いと思います。人それぞれですので・・・。今買える車で満足するのか、少し頑張って買えた車との差は大きいと思います。その分リスクも伴いますけどね・・。
    ここから物理的ですが、当然、駐車場に入らなければだめですけど・・ネ(爆)
    我が家の7は嫁さんが99%乗っています。前車はインプレッサでしたので、当初はボディのデカさに相当クレーム入れられました(笑)どこの家も最大の難関は金額よりも嫁・・・・・・ でも今は買い物、子供の習い事や塾にスイスイ乗っています。pontaさんも知ってのとおり、サイズの割に取り回しや見切りが楽なんですよネ!
    狭い道でも平気で運転しています。慣れとは恐ろしいもので…。あと田舎なのかもしれませんが、結構、道を譲ってくれますので、運転が楽です(笑)ですので運転にも余裕ができ、穏やかな気持ちでハンドルを握っています。車格に合わないみっともない運転はできませんので・・・。とまあ、色々と書きましたがpontaさんのBMW愛は以前からヒシヒシと伝わってますので、ぜひともハイクラスを乗っていただきたいです。試乗では見えない所有できたからこそ、見えるものがあると確信しています。
    あっ・・CGの評価の方でしたかね?・・・(笑)
    普段はエルグランド乗りより・・・(爆)

    • アンゴラス様

      いつもコメントいただきありがとうございます!返信遅れまして申し訳ございません。

      いや、おっしゃる事ごもっともです。もちろん私は「たかがクルマで」とは思わない方の人間ですし、むしろそのために働き、所有するだけでは飽き足らずブログまで書いて拙文を披露しているくらいですから(笑)。
      それにしても7シリーズを乗りこなす奥様、カッコいいですねー!そうなんですよね、7って大きいのは大きいんですが、むしろ見切りという点では3よりも5よりもいいかもしれません。絶対的なボディサイズさえ頭に入れて、後はよく見て入ればそうそうぶつけるような風には出来ていないんですよね。
      普段はエルグランドですか!なんとも贅沢な布陣ですねー。も、もしかして当ブログの常連コメンテーターの方のようにそれぞれに名前が付いているとか・・・。

      あ、なんでもありません!お気になさらずに!(笑)。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

    • 私は残価設定(法人)で320dツーリングMスポーツに乗っていますが、納車半年で早くも飽きてしまいました。
      理由は簡単です。
      小さい、せまい、迫力が無い。

      月々いくらぐらいになるのかわかりませんが、
      5シリーズ以上に乗り換えたいです、、、。

  • 蓋を開けてみると私の予想は全く外れ、従来のGTの文法に則ったニューモデルでした。つまりベースシリーズをストレッチしてリアルーフをスラントさせても破綻しない様にし、ルーフ後端にはアクティブスポイラーを装備するものです。
    むしろグランクーペの文法に寄せてベースシリーズと同じジオメトリーにリアシート頭上を少し下げてリフトバックを設けると思ってました。
    5シリーズを少しストレッチしたサイズは十分伸びやかなデザインが可能ですね。バランス的には3シリーズGTと4シリーズGCの中間的な流麗さかなと思います。
    ただ気になるのは車体剛性。E46の時全く音のしなかった我が家付近の私道への進入口へのアプローチ、F36ではかつて乗っていた国産車ほどではないですが、ミシリと音がします。リアの開口が大きいが故に車体がよれる方向の外力には少し弱いのかなと思います。CLARプラットフォームでどれほど高められるのか次期G20系を読み解く上でも興味深いですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください