320dツーリングのラゲッジルーム解剖。

私が320dツーリングを買うに際して、最も気にしたのが「実際にどのくらい積めるのか?」でした。ネットでゴルフバッグを積んでいる画像は見たことがありましたが、意外と使い勝手ですとか、詳しく紹介されていないんですよね。私もずっと、早くきちんとご紹介しなければと思っていたので、今回はちょっと詳し目にご紹介しますね。

スポンサーリンク

3シリーズツーリングは荷物を積むためのクルマじゃない?!

世間一般では、3シリーズツーリングはアウディのアバントと同じく、荷物を満載して走るようなクルマじゃないと捉えられていることがあります。

ですが、よーく3シリーズツーリングのDピラー周りを見ていただきたいんです。

img_0401

自分のクルマじゃないのにこの写真を持ってきてしまいました(笑)。

Dピラーは、確かにラウンドしたウィンドウの形状に合わせてかなり傾斜していますが、テールゲートのリアウィンドウの上端が出発している位置は、ルーフスポイラーで巧みに隠されていますが、実はDピラーよりだいぶ後ろなんです。

ですので、リアウィンドウは思ったほど傾斜しておらず、荷室容量を確保できるんです。

ではなぜリアウィンドウをボルボのエステートのように完全に垂直に立てなかったかというと、この機能を持たせるためですね。

DSC_0269

この、リアウィンドウだけを開いたときに、中の荷物にアクセスしやすいように、です。この角度は、身長175cm(公称値)の私が立ってのぞいたときに、ごく自然に荷室全体を見渡すことができ、かつ荷物にアクセスできるようになっています。

よく考えられていると、いつも感心しています。

ラゲッジルームはどうなっている?

では、実際にラゲッジルームをのぞいて見ましょう。

大きさとトノカバー

img_0370 img_0380

上がトノカバーなし、下がトノカバーがある状態です。床面の大きさがわかるように、常備している家内の折り畳み傘をおいています。

特別床面が広いわけではないのですが、形が整っていて荷物を配置しやすいです。

トノカバーを引き出して、その下に収まる範囲の容量がカタログ数値の495Lということになります。目一杯天井まで積み込んだ時の容量ではないんです。あくまで後方視界を確保するのが基本ですから。

ちなみにトノカバーは引き出した状態でも、邪魔にならないように上に上げることができるように溝が切られています。

img_0381

こんな感じなんんですが、これはテールゲートと連動していませんので、いちいち手で引き上げる必要があります。しかも、下げるのを忘れて運転席に戻り、ルームミラーを見ると真っ黒で後ろが何も見えません。したがって、またすごすごと降りてトノカバーを下ろさなければいけなくなります。

ちょっと面倒ではあるものの、個人的には、別にここは連動してなくていいと思います。

そのお陰でこのトノカバー、簡単に外せますし。私のように時々キャンプに行く人間にとっては、荷物を満載するときにトノカバーはどっちみち元から外して玄関に置いて行くので、外しやすい方がいいんです。

ディーラーのショールームで3シリーズGTを見たのですが、ラゲッジルーム床面は大変広くて感心するのですが、テールゲートにハードカバーがくっついているので、外せるかどうか気になりました。ちょっとトライして見たのですが、なんだかよくわからなかったです。

どちらがいい悪いではなく、私の用途にはツーリングのトノカバーの方があっている、ということですね。

ラゲッジネット

実は私、これに関しては非常に無知でして、10−15年ほど前にボルボなどで初めて見たとき、犬をラゲッジルームに乗せるときにするものだと勝手に思っていました。

その時、私はインプレッサスポーツワゴンWRXに乗っていたのですが、そのようなネットなんていう装備がなかったですし、荷物を満載することもなかったんです。しかも、初めて見たのが、実際に大型犬をラゲッジルームに乗せていたボルボだったので、刷り込まれてしまったんですね。

もちろん、今はちゃんと荷物を満載したときに、前に飛び出ないようにするためのものだと理解して活用しています。

ではそのネット、どのように張るのかというと・・・

img_0382

後席左右の天井に、セダンの時はなかったこのようなカバーで覆われた部分があります。指でパカっと開けて見ますと・・・

img_0383

ちょっと見にくいのですが、このように穴が空いているんですね。ここにネットを引き出して、引っ掛けるんです。ネットについている棒を穴に入れて、ラゲッジルームから前方に向かってずらすと、引っかかって固定されます。カチッと固定はされませんが、ちゃんと動かないです。大体、これをつかうときって天井近くまで荷物を積んでいて、荷物でネットを押すので、力が加わる方向的に考えて、絶対に外れないようになっています。頭いいですねー。

で、ネットを張った状態がこれです。

img_0385

意外とほんのちょっとで届きます。ですがこのちょっとがすごく荷物積載に貢献するんです。

昔のクルマって、天地に薄かったのですが、ご記憶している方いらっしゃいますでしょうか?私が初めて乗ったセダンは、ちょっと大き目のクーラーボックスをトランクに積もうとすると高さが足りなくてトランクが閉まらなくなってしまったものです。

320iセダンでも、クーラーボックスを積んでも余裕でトランクリッドが閉まるようになった昨今ではこのような話は昔語りですが、要するに荷物を積むに当たって高さがあることは有利であると申し上げたいんです。実際に、私がキャンプに行くときには、この後席ヘッドレスト下あたりまで荷物を積んでからが勝負で、さらにその上に大きな2ルームテントやらタープやらといった大物をどんどん積んでいきます。これが結構入るんですよ。

では実質的にどのくらいかというと、測ったことがないですし測れませんのでよくわかりませんが、全体として3シリーズよりも二回りほど大きなセダンのトランクなんかでも積みきれない量を飲み込みます。

ちなみにこのネット、シートバックを倒した時にも張れるようになっています。私はまだ使ったことはありませんが、前席の頭上ちょっと後ろにも、引っ掛ける穴のカバーがあります。

スポンサーリンク

床下収納

もしかしてセダンにお乗りの方は一番上の写真でお気づきかもしれませんが、実はツーリングの床面はセダンより高くなっています。その証拠に、リアバンパーと床面が同じ高さになっていますよね。

ですので、ツーリングは床下収納の深さがセダンよりあります。

ちょっとごちゃっといろいろなものが入っていますが・・・

img_0375

深い部分はセダンと同じですが、さらにちょっと広がって浅めのスペースがあります。

ちなみに深い部分には、このIKEAの青い袋の下にGENTOSのLEDランタンが大×1、中×2入っています。

そしてプチプチに包まれているのは、シガーライター電源をAC電源に変換するコンバーターです。

こういうやつですね。私のお気に入りキャンプ場は電源なし比率が高いので、これで移動中の車内でモバイルバッテリーを充電して、モバイルバッテリーからスマホやタブレットを充電するようにしています。iPadでカーナビタイムも使っていますしね。余談ながら、こういうことから必然的にモバイルバッテリーは比較的大き目のものを持っています。

これは持ち歩くには重いので、普通ならこれの半分の容量のもので十分です。これですね。

ストレージパッケージ

ストレージパッケージは3万円ほどのオプションです。

私は最初セダンに乗っていましたが、セダンの時にこのオプションをつけていました。床面に荷物が滑らないように固定するネットや、シートバック裏のネットなどがセットになっており、かなり有用だと思い実際に活用していましたが、ツーリングでは内容がグッと異なります。

img_0378

このシルバーの伸縮する仕切りで荷物を抑えたり、区分したりできるんですね。こうした装備は最近のステーションワゴンには装備されていることが多いですね。

で、このシルバーのバー、上の写真ではありませんでしたよね?どこに収納されているかというと・・・

img_0377

このように、ラゲッジルームいちばん手前の床下に収納されているんです。

そして。このバーを差し込むポイントが、床面に4箇所あります。

img_0386

リングの横にポチッとした穴が2つ並んでいますよね。これは右側を見たところですが、左側にも同じように並んでいて、まっすぐでも斜めでも、バーをセットして荷物を抑えることができるんです。

が。

私、これを全然活用していません(笑)。まず、どう使えばいいのかイマイチよくわからないんですよね。それに、1回穴に挿して使うと、今度は抜きにくいんです。バーの両端の円柱の上のあるボタンを押しながら、荷物固定のベルトを押し上げて外すと取扱説明書に書いてあるのですが、そんなアクロバティックなこと、かがんで手を伸ばしきった状態でできるわけないじゃないですか?

というわけで、普段は所定の位置にしまっていますが、キャンプ時にはこの場所はランタンポールを積む場所に早変わりするので、トノカバーと一緒に家で留守番させています。

その他

img_0373

左側ですが、この十字マークの取っ手を引っ張ると、この辺り一帯の壁面がボコっと外れ、中に救急道具一式が入っています。

そして、その右側に写っているのが、下がシガーソケット。これもストレージパッケージについていたと記憶していますが・・・もしかしたら記憶違いかもしれません。セダンの時はここに電源をつないでコードを引っ張って後席にカー用品の冷蔵庫を置いていましたが、全然冷えないシロモノでしたので早々に撤去し、ツーリングではまだ一度も日の目を見ていません。

そしてその上がフックになっています。下側を指で押すと、縦にくるんと1回転してフックが現れます。これは結構使いますね。そのままにしておくと倒れそうな買い物袋とかを引っ掛けています。出しっ放しですとなんかの拍子に引っ掛けて壊しそうなので、普段は写真のように格納しています。

かなり荷物グルマとして使えますよ。

いかがでしたでしょうか?意外と「カッコだけの」ステーションワゴンではなく、高い実用性があることがわかりますよね。

私も、正直申し上げると購入するときに不安でした。キャンプに行くとき、セダンでは助手席や助手席足元、後席に座る息子の足元まで荷物が侵食していましたが、これが全部ラゲッジルームに収まるだろうか?と何度も何度も逡巡しました。

ですが、結論から言うと、全部入りました。寝袋が薄いので荷物が小さくなる夏などは、余裕すらあります。

何度か掲載していますが、その荷物満載写真がこちらです。

DSC_0306

中身はこちら。

DSC_0307 DSC_0312

それにしてもすごい荷物の量ですね。

荷物満載時は後方視界がなくなってしまうので、普段よりもドアミラーをチェックする回数を多くして、自分の周囲の交通状況を把握し続けるようにしています。

気をつけるのはそのくらいですかね。これだけ積んでもハンドリングには影響ありませんし、関越道の登坂車線でもパワー不足は全く感じません。

まあ、これは極端な例でして、むしろここまで荷物を満載する使い方って、実は滅多にされないと思うんです。ですが、今までセダンだったけど、旅行の荷物がちょっと載せきれないことが多いという方は、ツーリングを検討しても良いと思います。

その「ちょっと」が解消されるとどれだけストレスフリーになるか、私が経験済みですので、保証しますよ(笑)。

では、今回はこの辺で失礼します。ありがとうございました。

スポンサーリンク













6 件のコメント

  • pontaさんいつも充実した記事ありがとうございます。
     小生もE46以来ステーションワゴン系を乗り継いでいますが、やはりポイントは荷室の高さですよね。車椅子とかシルバーカーやベビーカーなど、高さがあってよかったと思うシーンの多いこと。車椅子だと、リヤシートを半分たたまないと厳しいですが・・・いずれにしてもセダンでは絶対無理です。
     これまで乗ったステーションワゴンの中で最小はプジョーの206SWでした。全長4mちょうどくらいのコンパクトモデルでしたが、高さのある荷室はしっかりワゴンと言えるものでした。
     C220dのそれは、数値的には470lと320dのそれよりも少し容量は小さいですが、スクエアな形状で奥行もあり、すごく使いやすそうです。家内からもその点は評価してもらいました。
     小生にはキャンプの趣味はありませんので、pontaさんほどテクニカルな技を駆使するシーンはなさそうですが、これまでの車ではプチ引っ越しのシーンなどで大活躍でしたし、時々ネットのお世話になりますので、もはやステーションワゴン以外は考えられません。

    • 桂様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      メルセデスは伝統的にスペックよりも実用的なラゲッジルームという印象があります。数値では劣っていても、ラゲッジルームの形状がいいために結果としてたくさんの荷物が積める、というイメージですね。
      私にとってステーションワゴンは2台目ですが、桂様がおっしゃる通り、以前のインプレッサWRXの時もステーションワゴンでよかった!と思うシーンが何度かありました。じゃあなんでずっとステーションワゴンじゃなかったのかというと・・・単に3シリーズはセダン!という偏見です(笑)。今ではなんという狭い了見だったんだろうと思ってしまいますが。

      あと実はもう一つ、インプレッサの時に気になったんですよね。ラゲッジルームに積んでいる荷物からのガサガサ音が。今の320dツーリングではトノカバーを閉じていなくてもそんな音はしないので、あれはインプレッサWRXだったからだと思っていますが。

      プジョー208SWなんて、おしゃれですねー。大学生の時に東京モーターショーに言って、プジョー306を見て、社会人になったらこの車にしようかと真剣に考えたくらい、私もプジョーは好きです。また当時、パリーダカールラリーでプジョーが活躍していたんですよね。非常におしゃれな外観とスポーツイメージにノックアウトされたのを覚えております。

      キャンプの荷物搭載は、毎回パズルです(笑)。いかにデッドスペースを無くして隙間なく詰め込むか、散々試行錯誤を繰り返しました。駐車場で大量の荷物を足元に置いてああでもない、こうでもないと悩んでいる姿は、周りから見たらさぞ滑稽だったと思います。当の本人はそんなことをきにする余裕はありませんでしたが(笑)。大体、そこまでしなくても全部積めるんですよね。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております。C220dに荷物を満載する機会があったら、ぜひお見せください(笑)。

  • 荷物はまったくといってのせませんが、ツーリング乗りです。笑
    選んだ理由は、デザインです。
    はじめ、セダンのベースグレードから、お得にBMWが買えるということで、お話をしていました。途中でそのベースグレードが売れてなくなりました。今度は、セダンラグジュアリーになり価格が少しUP、いろいろお話をしているうちに、ワゴンが良い!となりましたが、在庫車がほとんどなく、予算がかなりオーバーしている、ラグジュアリーレザーになりました。

    • bmwpopo様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      結構デザインでツーリングを選ばれる方も多いですよね。確かに、BMWのツーリングってセダンと同じイメージで作っているのに、ルーフラインですとか全体のプロファイルが非常に美しく見えて、私も好きです。
      色々ご購入の際には紆余曲折があったんですね。でもいいじゃないですか、そのおかげで素晴らしい車に巡り会えたんですから(笑)。

      しかもラグジュアリーのレザーシートなんて、おしゃれですね。私のデザインラインのSportはシートを含めた機能性は抜群なのですが、いかんせん色気がありません(笑)。でも、黒基調の内装に赤のステッチというのは気に入っていますが、やはり体育会系ですね。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • うーん、良くできていますね。正直ツーリングワゴンには関心はなかったのですが(すみません)、記事を拝読して俄然魅力的に思えてきました。私はトシですので、いずれ息子に買わせてやろうかと(笑)。
    床下収納庫がいいですね。いろいろ隠せるし(笑)。ワシのクルマはどうなっとるのかなとトランクを開けてみたら、カーペットのすぐ下はバッテリー置き場でした。当たり前ですよね。いちばん後ろにヒモがあったので引っ張り上げると15㎝ほどめくれて、隙間に救急箱が押し込んでありました。
    そこでひらめいたのですが、ツーリングにPHEVの設定がないのは、ラゲッジスペースが上げ底になるため、荷物の収容量が犠牲になってしまうからではないかと。同じセダンでも100L以上トランク容量が小さいですし。それに長距離走行が多い方なら、やはりディーゼルが使いやすいのだろうと思いました。もっともPonta様なら上手く工夫して乗りこなされるでしょうけど。
    数日前、えらく冷え込んだので、ついにヒーターに手をかけました。電熱なのですぐ暖まります。その代わり20㎞ちょっとでバッテリーは使い果たしてしまいました。寒い季節はエンジンを併用した方が効率的かも知れません。

    • 夢酒様

      いつもコメントいただきありがとうございます!今回のコメントはPHVに乗られている方ならではのコメントで、大変興味深いです。

      ツーリング、いいですよー(笑)。床下収納は思ったよりというか、見かけより色々と小物が入りますのですごく重宝します。ですので、X1の床下収納の広大さを見ると、ものすごく魅力的なんですよね。深さもあるので、あれなら床下にキャンプ用の椅子も収納できそうですし。有効に使うとラゲッジルームを広く・有効に使えます。

      ご指摘通り、PHVがツーリングに設定されないのは、ラゲッジスペースを侵食するからだと私も思っています。ですが・・・さすがに100L少なくなると、キャンプ道具が入りません(泣)。まあ、今年はそのキャンプにも全然いけていないのですが・・・。

      でも、330eでもまだ380Lくらいはあるとなると、普通に家族3人とか4人での旅行の荷物は余裕で詰め込めるので、実用上不便さを感じることは・・・ないですよね?正直、ラゲッジルームの容量不足はルーフボックスでも使えば後からでもなんとかなりますが、やはりPHVの機構というのはなんともなりませんから、330eの魅力を全く削ぐことはないと思っています。

      ついにヒーターお使いになられましたか!20kmということは・・・普段の半分まではいかないにしても結構短くなるんですね。おっしゃる通り、寒い季節はCHARGEモードとかにして積極的にエンジンを使われた方が効率的な場合もあるかもしれませんね。それでも十分静かで燃費がよく、かつ運転して楽しいのが330eの素晴らしいところです。私は試乗しか経験はありませんが、本当に凄いクルマですよね。あんなクルマがお値段はかなりしますが、市販されているとは、クルマ好きにとってはいい世の中になったものです。

      では、またのコメント、楽しみにお待ちしております!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です