X2が海外で公開!待ちに待ったこの日がやってきました!

ついにX2が公開されましたね!どうせなら東京モーターショーでワールドプレミアしてくれればよかったのに・・・。まあ、でもいいです。待ちに待ったX2の姿がやっと見れたんですから。

スポンサーリンク

とにかくかっこいい!

もうもったいぶらずにいきなり見て見ましょう。ホント、かつてこれほどにかっこいいコンパクトSUVがあったでしょうか?

BMW X2 欧州で発表 2018年3月に発売

10/27(金) 12:43配信

carview!

BMW X2 欧州で発表 2018年3月に発売

2016年10月のパリサロンでコンセプトカーとして披露されたBMWの新型クロスオーバー「X2」の市販モデルが、本国で公開された。独BMWは現地時間25日、X2を2018年3月に発売すると発表した。

【写真をもっと見る(23枚)】

X2は、X1とX3の中間に位置するクロスオーバー。ただしそのキャラクターはX1やX3とは多少異なり、よりスポーティな側面を強調したモデルとなる。BMWの発表によると、X2はスポーティにセッティングされたサスペンションを持ち、このセグメントのSUVとは一線を画すドライビングプレジャーを実現するという。メーカーではそのキャラクターをX6と同様にSAC(スポーツアクティビティクーペ)と表現する。

エクステリアについては、既存のSAV(SUV)シリーズに共通するラギッドな雰囲気にスポーティさをブレンドしたアレンジが施される。地上高を大きめに確保しながらも全高を抑えたクーペライクなプロポーションや、スポーツカーのようなホイールアーチ、ボディ同色の加飾が施されたサイドスカート、存在感の高いエキゾーストエンドなどがその特徴を示している。

デビュー時のバリエーションは3タイプ。ガソリンが「sDrive20i」(192hp)、ディーゼルは「xDrive20d」(190hp)と「xDrive25d」(231hp)となる。sDrive20iにはスポーティな7速デュアルクラッチトランスミッションが、ディーゼルの2モデルにはインテリジェント4輪駆動システムのxDriveおよび8ATが組み合わされる。

さらに、2018年の前半に3気筒ガソリン仕様の「sDrive18i」(140hp)、4気筒ガソリン仕様の「xDrive20i」(192hp)、4気筒ディーゼル仕様の「sDrive18d」(150hp)「xDrive18d」(150hp)の追加が予定されている。

株式会社カービュー

最終更新:10/27(金) 12:43
carview!

いかがですか?CピラーにもあしらわれたBMWエンブレムが震えるほどかっこいいです!

そして嬉しかったのが、私がかつてコンセプトのデザインをみて「このまま量産車に採用するのは非現実的だから普通になってしまうかも」と思っていたフロントバンパーの造形が、ほぼコンセプトのデザインのまま出てきたことです!

フランクフルトモーターショーは目が離せない!

2017.06.18

一旦は平凡なデザインにしたかに見えましたが、あれもカモフラージュだったんですね。いい方にサプライズです。

日本導入モデルは・・・

とりあえず本国仕様にはディーゼルモデルもラインアップされているようですが、日本に導入されるのはきっとガソリン仕様でしょう。sDrive18iは廉価版ですから導入されないにしても、そうするとxDrive 20iしか入ってこないことになってしまいますね?個人的にはxDrive 25iともいうべきモデルがらいアップされると思っていたのですが・・・となると待望のxDrive 18dか20dの導入があるかも・!と期待してしまいます。

私がsDriveの導入はないと踏んでいるのは、X2はX1に比べてスペシャルな面を強調したいはずだからです。結果として値段はX1よりも高くなるでしょうが、それは当然でしょうね。何せ「スペシャル感」を出さなければいけませんから。

そして、最近のBMWジャパンの傾向として、積極的にxDriveをアピールしていることもあります。これはうがった見方をすれば全モデルでいずれ脱FR化するための布石とも考えることも可能ですが、私はそれはないと思います。あくまで、上級モデルにはFRをラインアップし、xDriveはあくまで付加価値として存在するという図式は変わらないでしょう。

というのは、BMWはxDriveをアピールする以上により「プレミアム」でありたいというのが戦略だからです。そう、はっきりとメルセデスを超えて、ナンバーワンのプレミアムを目指しているんです。

そして、プレミアムカーらしい静粛性と乗り心地、そしてBMWらしいハンドリングを確保するには絶対的にFRが有利です。もちろん、現在のFFベースのX1や2シリーズツアラー系もBMWらしいハンドリングを確保しているのは驚きに値しますが、プレミアムカーらしい生出生徒乗り心地との両立となると話は別です。ちょっとした差ですが、そのちょっとした差が大きく影響しますからね。

そう考えると、いくらxDrive推しのBMWと雖も、やはりFRは完全には捨て去ることはしないと考えています。

そして、X2に日本ではxDriveしかラインアップしないというのは、値段を高くするため・・・ではなく、FFベースでもFRらしい挙動に近づけるため。そしてそれによってBMWらしいハンドリングを確保することが、X2というスペシャルなコンパクトSUVのコンセプトにマッチするからに他なりません。

スポンサーリンク

それにしても、xDrive20iが日本導入となると、このグレードが追加になる2018年前半まで日本導入がない、ということになりそうですね。これはちょっと・・・もっと早くなりませんかね?

ボディサイズはなんとX1よりも小さい!

さて、このようにプレミアム性を与えられるX2ですが、なんとボディサイズはX1よりも小さいんです。

X1の全長×全幅×全高が、4,455×1,820×1,610(mm)ですが、X2は4,360×1,824×1,526(mm)。特に全長が9cmほど短いのが特徴的ですし、全高に至っては10cm近く低いです。そしてこの全高は日本の大抵のタワーパーキングの制限値である1,550mmを下回ります。惜しむらくは全幅が1,824mmと1,800mmを超えていること。ただ、2cmくらいでしたら3シリーズと同じく、ドアハンドルで調整してくる可能性はありますよね。まあ、そこまでしなくてもいいのですが。

もちろん、最先端の高度運転支援機能もてんこ盛り。

最近の新型車は、いわゆる「自動運転」機能をつけないと売れないということでしょうか、X2だからと言って手を抜いていないのがすごいです。本国ではパッケージオプションのようですが、技術による先進(Vorsprung durch Technik )を掲げるメーカーに対抗するためにも、日本仕様では標準装備となる可能性が高いでしょう。

ACC、衝突回避・被害軽減ブレーキは言うに及ばず、トラフィック・ジャム・アシスタントも付いています。これは60km/h以下でそうこうしている場合に、車間距離制御だけでなく、車線維持も行うシステム。つまり日本の一般道ではほぼ「自動運転」を達成しているわけです。この他にも、流石に日本でもオプションとなるでしょうが、「自動駐車システム」、パーキングアシスタントも用意されます。

肝心の使い勝手は。

私が気にするのは、やはり居住空間の快適性と荷室容量ですね。残念ながら、今の所居住性に関してはX1と同等ということしかわかりません。内装も現行X1と似通ったものになるようです。そして荷室容量は470L。

3シリーズツーリングの495Lよりも若干狭いですが、こうして写真で見る限りは荷室の形状は真四角な上に床面もフラットでで使い勝手が良さそうです。

これはキャンプにもいい相棒になるかもしれませんね。もっとも、絶対的な容量は少ないので、ルーフボックスなどで補う必要があるかもしれませんが・・・。とここまで書いて気づきましたが、X1のような大容量の床下収納がある可能性もありますね。そうすると実質的にもっと荷室容量は広がるでしょうから、もしかすると3シリーズツーリングよりもいいかも?なんて思っています。

聴きなれぬグレード展開

今度のX2には、無印のノーマルX2、おなじみのM Sport、そしてxLine・・・ではなくM Sport Xという3種のグレード展開になるようです。

上の引用記事中の写真、鮮やかnブルーのX2が通常のM Sportでガルバニック・ゴールドと呼ばれるイエローメタリック系のX2がM Sport Xということなのですが、ホイールアーチの樹脂などを見る限りでは、これが現在のXLineに相当するものであると思われます。

だとすると、なぜわざわざM Sport Xというモデル名をつけたのか?これは想像ですが、現在のxLineよりもよりスポーティに降っているからでしょう。つまり、豪華装備でサスはノーマルなxLineということではなく、スポーティさも兼ね備えつつも装備を充実させた一台としての意味合いがあるのではないでしょうか?もちろん、M Sportの方がより走りにふっているであろうことは想像に難くないですが、M Sport Xも個人的には大注目しています。

ボディカラーも結構派手でイイ!

引用記事の写真で見る限り、ボディカラーも大人しめな色でなくてイイですね。これは本国仕様ですので日本にそのまま導入されるかどうかは疑問ですが、やはりX2のデザインにはこのような鮮やかな色がよく似合います。

やっぱり個人的には赤系に期待したいですけど。ブラックサファイアも似合いそうな気がしています。迷わなくていいのですが迷います(笑)。あなたなら何色系にしますか?

CピラーのBMWエンブレムをどうしても目立たせたい!となると・・・青系や白系ではなくて、やはり引用記事写真のガルバニック・ゴールドか、あるいはオレンジ系も良さそうですね。

あー早く実写が見てみたい!これはきっとToto BMWさんが展示するに違いありません。X1のディーゼルの試乗車の導入も早かったですから、今度も期待したいですね。

いずれ当ブログで試乗記事をお伝えできれば、私としてこんなに嬉しいことはありません。

興奮のあまり長くなってしまいましたが、今回はこの辺で失礼します。ありがとうございました。

スポンサーリンク













12 件のコメント

  • パッと見たて、ニッサンエクストレイルに対抗したかな?と感じました。
    しかし、現車を見るまでわかりません。
    ワタシが思うところは、何かのシカケが存在して、さすが!と思わせれることがあると信じています。
    BMWが他のメーカーの真似はしないと思っていますから…。

    • 蜜柑山 三郎様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      エクストレイルは私は気づきませんでした。ただ単に、最新のBMWのデザイン言語で上手くまとめてあって、スタイリッシュかつ非常に使いやすそうだなと。最新モデルだけに高度運転支援機能も盛りだくさんでしょうしね。

      これは早く現物を見て触って試乗したいです。ボディカラーもどんな色を揃えてくれるか、大変注目しております。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • いや〜カッコいいですね。
    x1に乗り換えたばかりなのに、欲しくなってしまいました。
    x4、x6に比べてリアウインドウの傾斜が少なくてクーペ感はそれほどでもないけど、かなりスタイリッシュですね。
    UKLプラットフォームで気になるのは、次期1シリーズでもM140iが用意されるみたいだけど、その場合エンジンはどうなるのでしょうかね。AMG45みたいに強力な2リッター4気筒エンジンが用意されるのか、FFで6気筒はないでしょうけど。
    しかし、x2Mにも大いに期待です。

    • ムタのすけ様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      X1があるじゃないですか(笑)。お気持ちはよくわかりますが、ユーティリティの点では明らかにX1の方が上でしょうし、十分カッコいいと思いますよ。

      クーペ感がないのは、BMWなりのコンパクトSUVに対する見識なのかな、と思っています。つまり、BMWって、クルマを買ったその向こうにあるライフスタイルまで見越しているように思うんですよね。特に彼らがSAVと呼ぶジャンルについてはその傾向が強いですよね。
      となると、実用性を犠牲にするわけにはいかなかった、という開発陣の苦悩があったのでは?と私は勝手に想像しています。

      ハイパフォーマンスバージョンは・・・どうなんでしょうね?期待したい所です。私はX2M、あると思いますよ。最近のBMWはMも相当前面に押し出して来ていますからね。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • 先にネットで流れたスパイショットは主にノーマル仕様でしたね。M SportXはコンセプトをかなり忠実に量産化しているように見えますね。
    X系に乗るならSUVらしさが欲しいところなので、個人的にはノーマルかM SportXがいいです。
    実物が早く見たい、試乗してみたいですね。

    • あっきろ様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      おっしゃる通りですね。このクルマは、出来れば一番トンがった仕様を選びたい所です。

      ですが、新世代プラットフォームを使用した、最新のBMWのデザイン言語でスタイリッシュに仕上げたコンパクトSUVというだけでも十分な存在価値がありますので、敢えてノーマルの、しかもあるかどうかは微妙ですがsDriveというのもありだと思います。

      これは本当に早く見たい触りたい試乗したい!ですよね。日本発表は、恐らく遅れてくる20i xDriveが出てからでしょうから、もう少しの我慢ですね。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • 結局、コンセプトカーはコンセプトカーで、普通のBMW顔になっているので、がっかりしました。
    いりません 笑 pontaさんの購入を待ちます。

    • bmwpopo様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      えー、そうですか?バンパーの造形とか、今までとはだいぶ違いますよー?

      そして最後にいつものオチに強引に持ってきましたね(笑)。ディーゼルがあればいいんですが。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  •  荷物を積める車にしか目が行かない小生、ネットの広告でルノーのKangooなんかにすら目が行くのですが、ズバリこちらは高い次元でかっこよさとユーティリティを両立していると見えます。
     pontaさんに言われるまで、勝手にX1より大きいと思ってましたが、この全長の短さは魅力ですね。間違いなく人気になりそうな。

    • 桂様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      桂様のコメントにはいつも驚かされます。私と余りに思っていることが同じで。

      今回のコメントでいうと、実は私もルノーカングー、最強の実用車として前から注目しておりました。本国にはホイールベースを伸ばしたグランドカングーというのもあるみたいですよ。ただ、乗り心地は・・・らしいです。

      そしてもう一つ。X1を上回るサイズだと思っていたのも私と同じです。これは意外ですよね。今まで、スタイリッシュにするには「長く、広く、低く」が常識でしたからね。ボディサイズの制約を言い訳にしていた大多数のデザイナーは、このX2を見て三思三省の必要があります。

      これは全世代に人気が出ますよ。実用的で、スタイリッシュ。これでEVとかPHEVが出たら売れまくってしまいそうな気がします。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • X2、X1のスタイリッシュモデルと言うよりも、
    私には旧型X1(E84)の正統な進化モデルだと映りました。
    勿論、FRとFFという基本構造によるプロポーションの違いはありますが、
    適度なSAVらしさと低全高などによる使い勝手の良さはX2にも確実に受け継がれていると思います。
    X2のプロモーションはかなり若者向きではありますが、旧X1もコンセプトの頃から
    若者を意識したプロポーションを展開していました。結果的には幅広い人気を獲得しています。
    X4やX6のようにファストバックのクーペスタイルにしなかったのも、
    このクラスのユーザーがある程度の実用性を重んじていることをBMWが解っているからでしょう。
    Webに「2なのにX1より小さいの?」なんて的外れの意見がありましたが、
    数字の大小にしか意味を見出せない、幼稚な見方だと思いましたね。
    手頃なSAVを求める人々に、X2はアピール抜群の!モデルです。

    • ジャンキーオーヤマ様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      なるほど!鋭いご視点ですね。確かに、初代X1のあの全高の低さやコンパクトさの方が、現行X1よりもX2との共通点がありますね。

      私の友人が旧X1に乗っていますが、エラく気に入っていまして、この間2回目の車検を通したところです。過去記事にも書きましたがToto BMWを私が紹介して、そこで車検を通したのですが、特に問題なし、強いて言えばバッテリーの交換を考えた方がいいかも、くらいで済んだということですから、耐久性も高いんですよね。

      ということは、旧X1ユーザーは、もしかしたらX2に流れるかもしれませんね。

      まあ、数字が大きいほどクルマも大きくてエライ、という価値観もあるでしょうが、ちょっと見方として古いかな、という感じがしますね。あくまで、自分はどうしたいのか?どういうライフスタイルが夢なのか、ということを軸に考えて、コンパクトなモデルを選ぶ方だって多いんですから。

      早く見たい触りたい試乗したい!ですね。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です