コーティングしても浸透する憎いやつ!花粉を甘くみてはいけません。

花粉の季節真っ盛りですね。花粉症の私は夜は寝られないですし鼻水は止まらないし・・・でそれだけで花粉が憎たらしいのですが、なんとコーティングをしていても、洗車すると花粉の後が消えないそうです。一体どういうことなんでしょう?

スポンサーリンク

突然、LINEが着信。

以前当ブログでも宣言しておりますが、さらなる低燃費化を目指して自分自身の軽量化に励んでおりますが、午前中に一通り軽量化チューンを行ってきて帰宅してへばっていたところ、BMW乗りの知人からLINEに着信が。

彼はブラック・サファイアのX3に乗っているのですが、内容は「花粉にやられました」と。

私なんか花粉にならとっくにやられっぱなしですので、「?」と思ったのですが、次のメッセージが「遠目にはわからないですけど」というもので、写真もきました。

ちょっとここには写真は載せられませんが、いやー、彼もKeeperコーティングしているので綺麗ですね。濃色系は特に映えます。ピカピカです。

320dツーリングにコーティングで気分一新!

2016.11.19

で、写真を見てもよくわからなかったのですが、近づいた写真が来てようやく意味がわかりました。

なーんか、点々がついています。これ、花粉?と思いつつ、「水洗いすれば落ちるよ」と気軽に返信したところ、なんと洗車後の写真とのこと。

え?花粉が落ちない?コーティングしてるのに?

これにはびっくりしました。

花粉って、厄介なんです。

花粉症の私にとってはもちろん厄介ですが、クルマにとっても厄介なんですよね。あれ、サラサラしているように見えて実はそうではないんです。乾いたボディに花粉が積もっていて、あの、タクシーの運転手さんが持っている羽の棒(あれ、なんていうんですかね?)で払っても、落ちません。それどころか、うっすら筋が残る始末。花粉が潰れて中身が出て来て、これが結構粘着質なのでくっついてしまうんですよね。落とそうと思ったら結局水洗いするしかないんです。

普通に考えると、いかに花粉といえどもコーティングしていれば水洗いで落ちるはず。それが落ちないということは、コーティングを変質させてしまうのでしょうか?!

などと考えていると、件の知人から続報が来ました。わざわざKeeperLaboさんに確認したそうです。

簡単にまとめると、

  • 花粉のシミはコーティングに浸透してボディに到達してしまう。
  • これから暑くなると、ボディが熱せられて表面に浮き出てくる。
  • 結果として、夏前には綺麗になる。

ということでした。

スポンサーリンク

きっと浸透するのは花粉自体ではなく、あの、潰した時に出て来てボディにくっつく成分でしょうね。なんていうのか知りませんけど。

本当に花粉というのは厄介なやつです。

どうしても花粉を落とす時に潰してしまいますよね。

水洗いだろうが手洗い洗車だろうが、羽で払っただけで潰れてしまうくらいですから絶対に落とそうとすると潰れてしまいますよね。これはもう、諦めるしかないのでしょう。

コーティングの技術って、そうは言ってもだいぶ進歩しました。コーティングが世に出だした時、ボディが真夏の太陽で熱せられて冬は冷やされて・・・という膨張と圧縮をするので、コーティング膜がひび割れてしまった、というのもあったくらいです。

もちろん今ではそんなことはありませんけど、エシュロンコーティングなど他のコーティング方法でも「花粉のシミも浸透しません!」と謳っていないところを見ると、どのコーティングでも防げないのでしょうね。諦めるしかない、というのが結論ですが、なんだかちょっと癪に触る感じです。まあ、私の場合は花粉に対する印象にバイアスがかかっていますので、余計にそうです。

心当たりありませんか?特に濃色ボディの方。洗車しても洗車してもなんだかうっすらと残る茶色っぽいシミ。コーティングしている方ほどあるのではないでしょうか?逆にコーティングしていない方は、さすがに塗装面には浸透しませんので逆にの固定ないのでしょうね。

あ、私も濃色車ですね。そういえば・・・どうなんでしょう?実は今現在の私のクルマ、ひどい状態なのでわかりません(笑)。花粉が降り積もったところに若干雨が降ったので・・・あとはご想像にお任せします。これも早く落とした方がいいのかもしれませんね。

最後に、今日のお出かけと燃費報告

さすがに軽量化チューンで疲れが溜まって来ているので、今日はまたも御殿場にある温泉「天恵」さんに行ってまいりました。

カーナビタイムの斬新なルートに驚愕!久々に日帰り温泉へ。

2016.06.05

今日も日帰り温泉へ・・・。改めてアルミテープの恩恵を感じています。

2017.01.08

往路の東名高速は順調、帰路は海老名付近を中心にいつも通りの渋滞、という感じでしたが、燃費は望外によくて、5.0L/100km(19.8km/L)。家内だけアウトレットで別行動していたので比較的市街地を走り回ったりし、かつ一般道ではずっとECO PROではなくCOMFORTで走っていたので期待はしていませんでしたが、よかったです。

さて、私のボディにびっしりこびりついている花粉はどうなのか?!落とすとやはりシミが浸透してしまっているのか?!気になるところではありますが、それは別の機会に譲ることとします。

では、今回はこの辺で失礼します。ありがとうございました。

スポンサーリンク













9 件のコメント

  • こんばんは。
    先回118dについてコメントでやり取りさせて頂きましたが、ついに試乗してきました!
    ありがたいことに自由に1人で試乗OKということで、高速道路やら街中やらあちこち試すことが出来ました。
    色々と発見がありましたが、pontaさんのコメントにありました通り、ゴルフとは別物ですね、、、
    比較をするのに同じ土俵ではないように感じました。
    一番驚きだったのですが、FRということで後輪側から加速していく感覚が何だか新鮮でした!
    何度でもアクセルを踏み込みたくなるぐらいです。

    ただ気になったのは、高速で速度を上げた時にドッシリとしなかった、ハンドルをしっかりと握っていないとフラついた感じがしたことです。
    pontaさんの320dツーリングではどんな感じでしょうか。大きいのでドッシリとしてるのでしょうか??
    取り留めのないコメントとなってしまいましたが、お答え頂けると幸いです。

    • エスポ様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      残念ながら320dでも標準のステアリングではどっしり感が不足しているのは同じです。過去に何度か当ブログでも取り上げているのですが、これは「サーボトロニック」を装備することで劇的に改善されます。具体的には以下の記事をお読みいただけるとお分かりになるかと思います。
      http://ponta01.net/activehybrid3
      他にも折に触れてサーボトロニックの話題は出しておりますので、右上の記事内容検索から「サーボトロニック」で検索して見てください。
      ただ、1シリーズにサーボトロニックの設定があったかどうかは定かではなく・・・じゃあ、ダメなの?!とお思いかもしれませんが、直進安定性の改善ということでしたら、ホイールアライメントの調整がオススメです。
      http://ponta01.net/alignment-adjustment
      私も最初はきょときょとして苦労しましたが、今ではすっかりリラックスして運転しています(笑)。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • Pontaさん、花粉症大変ですね。最近はどんどん新薬も出ていますし、症状が軽く済むといいですね。
    車の花粉症も厄介です。
    濃色系は特には目立ちそうですね。淡いシルバー系が一番目立たない感じですかね。シャンパンクォーツも目立ちにくい色です。ただ目立たないが故に目立った時には手の施しようがないなんて事態にもなりかねないので、案外早くわかる方がいいかも知れませんよ。

    • あっきろ様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      お気遣いありがとうございます!いつも私は「ザイザル」という薬を飲んでいるのですが、夜もまともに眠れませんので、今まで眠くなるので避けていた市販薬に手を出してしまっています。

      クルマの花粉は本当に驚きましたねー。実は知人からのLINEを受信した時にはソファで寝っ転がっていたのですが(笑)、洗車後にも落ちていないとわかった瞬間は飛び起きました(笑)。

      確かに、シャンパン・クオーツは目立たなそうですね。綺麗な色で花粉汚れが目立たないなんていいことづくしじゃないですか。個人的にはジャトバとか茶色系であれば目立たないのかな?と思っています。

      まあ、塗装までは入り込まないようですので多分手遅れとかにはならないんだと思いますが、何と言っても黒系は大変ですよね。コーティング直後や洗車直後の状態は非常に綺麗ですが、その状態を保つのが大変で・・・。私も以前のE90がそうでしたので、よくわかります。それなのに今回も懲りずに濃色系にしているという・・・。

      時に、新しい相棒の4GCはいかがですか?ブログを拝見すると、ミシュランX-ICEに交換した時のお写真ではちょっとグレーがかって見えて、本当に不思議な色だなーと思っています。実物は綺麗でしょうねー。4GCは一見3シリーズと瓜二つに見えますが、中身はやはり4シリーズベースですから、だいぶフィーリングが違って、よりスポーティなのではないでしょうか?

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • ponta さん
    花粉が、コーティングを通過するというのは初めて知りました。どんな風になるのか、ぜひ、写真を拝見したいです。「夏前には綺麗になる」というのも、良くわかりません。浸透した花粉が排出されるということでしょうか?ううむ…。
    ちなみに、私のE90は、ディーラーでやってもらったのですが、特に、そういう症状は出ていないようです。いずれにせよ、つらい花粉の時期、早く過ぎると良いですね。ただ、次は、黄砂が待ってますけどね。

    • irmscher様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      うーん、何とご説明していいか、私も写真でしか見ていないのですが、ぼんやりと黄色?茶色な点々が見える、という感じです。正直、黒系のボディカラーだったのでわかったのだと思います。

      私もホワイトのボディカラーの時は全く気づきませんでしたし、今回は・・・まだ洗車していませんのでわかりませんが(笑)、ボディカラーによって目立つ・目立たないがありそうです。

      私のも早く洗車して様子を見たいのですが・・・知人からも続報があったらご報告しますね。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • 花粉症、つらいですね。お察しします。私も花粉症とはかれこれ25年以上のおつきあいです。もうすっかりお友達です(笑)。
    フィールドワークをやってましたので、この季節はもう大変で大変で。一回現場へ出るたびにクリネックスのボックス一箱カラにしてくるという有様でした。あらゆる対症療法を試しましたが、怠けグセも手伝って結局ダメ。ただ年を食うに従って症状が軽くなり、今は市販薬でどうにかしのいでいます。いいお薬出てますしね。
    しかし、花粉恐るべしですな。
    >タクシーの運転手さんが持っている羽の棒
    毛ばたきですね。昔新車を買うとサービスでくれました。私も一本、ちょっと高いヤツを持ってますけど、結構重宝しまして、上手に使えば埃をきれいに落としてくれます。こするとボディを傷つける恐れがありますから、くるくる回しながらなでる感じで。
    花粉もそれで一緒に落とせると思ってたんですが、甘かったか・・・。そうすると潰れた中身が毛ばたきにくっついて、ヘタしたらボディ全体に塗りたくることになりかねませんね。
    愛馬・白葦毛Ⅱはその名の通りアルピンホワイトでコーティング済みですが、ざっと見たところ花粉の被害は――正直言ってわかりません(汗)。

  • パールは汚れませんよ^^コーディングもしていません^^笑 
    BMWを離れて、早いもので、4ヶ月程度になりましたが、そういえば、1回も洗車してませんね~!笑
    その間に、豪雪地帯にもなりました。それでも、ぜんぜん、見た目はきれいです。
    BMWはドア下に跡がつくのがだめですね。

    そろそろ、1度、洗車でもしますか!笑

    • bmwpopo様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      4ヶ月間1回も・・・ですか?洗車していないと?私もあまりマメに洗車する方ではありませんし、コーティングしているのをいいことにいつもGSで機械洗車にぶち込んでいるので人のことは言えませんが(笑)。

      確かに、白などの淡色系の色ですと、ドアの中のグリスの黒い垂れ跡が気になりますね。ですがあれ、布でぐいっと拭うだけで綺麗になるんですよ。もちろん、カーシャンプーで優しく落としてあげるのが一番いいのでしょうけど、ちょっと強めに拭き取る感じでこすれば簡単です。

      ぜひ、一度洗車してください(笑)。白でもパール系なら洗い甲斐があるのではないでしょうか?

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください