えっ!BMWからエンジェルリングが消える?!次期X7スパイフォトで判明。

BMWがフルサイズSUVを開発しているのは知っていました。しかも9月のフランクフルトショーで発表されるクルマで「X7」という名前になることも知っていました。ですが・・・これは結構衝撃的です。もしかしてフランクフルトショーでの「サプライズ」って、このことなのでしょうか?!

スポンサーリンク

X7スパイフォト

この時期に撮影されたスパイフォトなので限りなく市販型に近いはずですが・・・以下の記事をご覧ください。

2017.8.14

イカリングではない!BMWの最高級SUV「X7」、次世代LED灯し最終テスト

BMWの次世代フラッグシップ・クロスオーバーSUV『X7』プロトタイプが、市販型に採用されると見られる、フルLEDヘッドライトを装着し初めて姿を見せた。

9月のフランクフルトモーターショーでワールドプレミアが予想されるX7。徐々にそのディティールが明らかになりつつある。大型キドニーグリル、大径エアダクトなど、その存在感はライバルとなるメルセデスベンツ『GLS』や『レンジローバー』に引けを取らないデザインだ。

X7のボディの基盤となるのは、『5シリーズ』や『7シリーズ』で採用されている「CLAR」モジュラープラットフォームの拡張版。BMWは基本的に『3シリーズ』以上のモデルでこの「CLAR」を起用することを計画しているという。

エクステリアを正面から見ると、既存の『X3』や『X5』とは異なるデザイン言語で構築されていることがわかる。同じくこれから登場する『X2』との共通性あるフロントマスクとなるだろう。

パワートレインは直列6気筒、及びV型8気筒は確定的で、V型12気筒やプラグインハイブリッドモデルのラインナップも予想される。シートレイアウトは3列7人乗りの他、2列4人乗りの超贅沢仕様の設定も噂されている。

X7は、米スパータンバーグ工場にて2018年から生産される予定だ。

写真を拡大写真を拡大写真を拡大写真を拡大写真を拡大

すべての写真を見る(10枚)

(レスポンス 子俣有司@Spyder7)

この記事、さりげなくこれからのBMWの新型車のプラットフォームの情報なども盛り込んでいる量記事だと思いますが、それだけに信頼性もあるのですが・・・ええっ?!ちょっと待ってちょっと待って!というようなことが書いてありますよね。

イカリングエンジェルリングじゃなくなる・・・本当でしょうか?!

何度も言いますが、エンジェルリングはBMWのアイデンティティ「丸目4灯」を際立たせるアイテム

これは当ブログの中でも以前紹介しました。「丸目4灯」はキドニーグリルとともに、長きに渡ってBMWのデザインアイコンとして活躍してきたアイテムです。

スポンサーリンク

BMWのデザインアイコン

2016.08.16

これはBMWオーナーに限らず、世の中全ての方に認知されている、BMWの特徴であると思います。逆に言えば、丸目4灯のクルマをデザインすればそれだけでBMWに似てしまう、というくらいです。

であればこそ、エンジェルリングがスモールライトとして機能するようになった時も、それ以前のモデルでも同様にエンジェルリングを光らせるようなキットがアフターマーケットで流行りましたし、DRL(デイタイム・ランニング・ライト)を有効化するコーディングが人気になったりしたわけです(私もですが)。

BMWのDRLに対するCarlyの対応の早さに驚き!次のバージョンアップで対応するそうです!

2017.06.22

BMWのデイタイム・ランニング・ライトの有効化がソフトウェアアップデートで可能に!ついでに5シリーズツーリングも見てきました。

2017.06.16

これは・・・もし本当になくなるとしたら、って引用記事の写真を見る限りどうも本当のようですが、結構大転換ですよね。

変わり続けるのは賛成ですが。

例えばメルセデスは、今やすっかり昔の面影はなくなっています。でも、誰がみても「メルセデス」とわかる不思議。これこそ変革に変革を重ねてもアイデンティティが確立している好例だと思っています。同様に、アウディもそうですね。まあ、アウディはそれほど変わっているようには感じませんが、どうも日本車はこういう点でちょっと分が悪いように思います。スバル・マツダは最近どの車種を誰がみてもわかるようなデザインになっていますが、レクサスは正直申し上げて今ひとつデザインに一貫性が感じられません。

ですので、BMWがエンジェルリングを廃止して新しい方向に足を踏み出したのは、1ファンとしては興味深く見守りたいですし、その方向性に異を唱えるものではありません。それが、より良いBMWデザインに繋がっていくものでありさえすれば。

でもでも。

やっぱりすごく惜しい気がします。

以前も当ブログの記事で申し上げましたが、このDRLやスモールライトでエンジェルリングを光らせるアイデアは、BMWの特徴を際立たせるアイテムとして非常に気に入ってました。実はE90からF30に乗り換えた時、E90ではハロゲンの黄色い光だったエンジェルリングのスモールライトがF30ではLEDの白っぽい光になってしまうことで、HIDのメインライトとどうかして目立たなくなってしまうのではないか、と密かに心配したものです。もちろん、心配は杞憂に終わったのはご存知の通りですが、私はそれほどにこのエンジェルリングが気に入っていました。

でも、実はそうはいってもこのエンジェルリング、歴史は実に浅いですよね。私の記憶ではE39の後期型からだったと記憶していますが・・・2000年ですか?もし間違っていたらご指摘ください(笑)。

もしかして、「フランクフルトショーでのサプライズ」って、これ?

以前ご紹介した記事で、BMWがフランフルトショーでサプライズを発表するとご紹介した記事を書きました。

BMWがお膝元のフランクフルト・モーターショーで用意しているサプライズとは?

2017.08.09

この記事で読者様のから、「キドニーグリルがなくなるとか?!」というコメントを冗談交じりにいただきましたが、それが現実になってしまったかのような衝撃ですよね。

もう、私はどんなサプライズがあってもこれ以上には驚きません。驚かないと思います。驚かないんじゃないですかね?

段々自信を失っていますが(笑)、あなたはいかがですか?やはり、エンジェルリングがなくなるのは衝撃ではありませんか?

では、今回はこの辺で失礼します。ありがとうございました。

スポンサーリンク













6 件のコメント

  • 私にはそれ程の驚きではありませんでしたよ。むしろi8や7シリーズ、そして3シリーズLCIからプロジェクターレンズの周りをリアルに丸く囲むリングから一部縁取りの様に変わった時の方が驚きでした。リングではなくなったので。それでも正常進化らしい未来感を加味した感じになっていますし、X7のスパイショットをよく見ると内側のLEDと外側のとの間に最新のエンジェルリングと同様のくの字型のライトガイドが見えますから更なる進化系が見えるのでは?と、むしろワクワクしています。
    因みにエンジェルリングの始まりはPontaさんの書かれた通りですよ。

    • あっきろ様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      そ、そうでしたか。あのヘキサゴンリングは巧みに前期型のイメージを引き継いでいたので、逆に私はあまり気にならなかったんです(笑)。

      どうなんですかねー?でも、確かにカモフラージュで隠している気がするんですよ。何れにしても、新しい「〇〇リング」が登場するか、或いはリングがなくなるのか、どちらかはありそうですよね。

      私自身がE39のエンジェルリングを見て惚れ込んだ記憶は確かなのですが、もしかしたら7シリーズとかで先にあったかな?ともちらっと思ったので、あってて良かったです。あの時は思わず「ナイスアイデア!超絶カッコいい!」と膝を打ったものでした。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • どんなデザインになっても、BMW信者のpontaさんは気に入ると思います。
    逆に、絶賛することでしょう。

    • bmwpopo様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      どうでしょう?私の求めるのはただ一つ、BMWのアイデンティティたる「丸目4灯」を際立たせるものであって欲しい、これだけです。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • ここに来て、次期モデルのテスト車が生産型のライトを装着し始めましたね。
    8シリーズやX5はイカリングを採用するようですが、X7はちょっと違いそう、で、
    次期3シリーズの生産型プロトタイプと思われる車両も出てきました。
    g20.bimmerpost.com/forums/showthread.php?t=1213988
    X7同様、何だか凝ったライトユニットですねぇ。そして謎なのが、メインライトの下に細長いスモールライトのようなものが
    あるんですよね。まるで涙を溜めてウルウルしているようで(笑)。これはDRLなのか・・・何なんでしょう(謎)。
    ウィンカーも眉毛から目尻に戻るようですし・・・、ハッ、またLCIで眉毛に移動させるのか!? だとしたら、
    セコイぞ、BMW(笑)!

    • ジャンキーオーヤマ様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      うーん、私も見ましたが、これは何でしょう?かつてポルシェ911が996の前期型で「涙目」ヘッドライトにしましたが不評だった様ですので、BMWは同じ轍は踏まないで欲しいものですが・・・。

      いやいや、眉毛ウィンカーはLCIネタの為に、というのはあり得ますよ(笑)。だって、当ブログの過去記事にも書きましたが、F30系の前期型でなぜウィンカーがLEDでなかったのか、理解に苦しむ・・・というか、明らかにLCIネタ仕込みの為でしょう。眉毛ウィンカーなんて、LEDじゃない時からE65系7シリーズであった訳ですから。

      でも、デザイナーの気持ちもわかります。LCIとなると、何か外観も変えないとそうとわかりませんけど、大きく変えずにインパクトを出すのは容易ではないと思いますからね。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です