「マクラーレンF1」の夢再び!マクラーレンとBMWが次世代パワートレインの開発で提携!

あの名車、マクラーレンF1が再び蘇るのか?!そんな期待を抱かせてくれるニュースを発見しましたのでご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

マクラーレンとBMWの提携は初めてではありません。

早速ですが、ニュースは以下です。

マクラーレンとBMWが協力…次世代パワートレイン開発へ

英国のスポーツカーメーカー、マクラーレンオートモーティブは1月31日、BMWグループとの間で、次世代パワートレインの技術開発における戦略的プロジェクトを行うと発表した。

この戦略的プロジェクトでは、新たな内燃機関技術の開発に共同で取り組む。各自動車メーカーは、EVやプラグインハイブリッド(PHV)など、環境技術の開発に注力しているが、今後数十年間は、ガソリンエンジンやディーゼルエンジンなどの内燃機関が、引き続き主流と見られる。

そこで、マクラーレンオートモーティブとBMWグループは、現行のエンジンに対して、高出力かつ、CO2排出量の少ないエンジンの開発を推進する。このプロジェクトを、英国政府なども支援する。

なお、マクラーレンオートモーティブとBMWは、過去に市販スーパーカーのマクラーレン『F1』の開発において、協力したことがある。

マクラーレンオートモーティブのマイク・フレウィットCEOは、「これは、すべてのパートナーとの関係を強化するエキサイティングなプロジェクト」と述べている。

写真を拡大写真を拡大

(レスポンス 森脇稔)

いかがですか?これってすごいニュースだと思いませんか?

そもそも「マクラーレンF1」って何?

「マクラーレンF1」とは、1990年代にマクラーレンが発表したロードカーで、エンジンはBMWの6L V12エンジンを搭載していました。デザイナーは、F1で活躍していた奇才ゴードン・マーレイです。

マクラーレンF1

このクルマの特徴は、カーボンモノコックボディをいち早く採用したり、3人乗りで運転席がセンターのレイアウトになっているですとか、ガルウィングドアとか色々ありますが、何よりも「徹底した軽量化」が一番のキモでした。

1,200kg以下の軽量な車体をパワフルなBMWの6L V12、最高出力600ps超というモンスターエンジンで走らせるのですから、加速性能は当時としては異次元の速さでして、CGがフルテストした時の記録も、具体的には覚えてはいませんが、驚異的な速さだったと記憶しております。数値的には今でも第一線で戦える性能を誇っていました。

スポンサーリンク

最近、マクラーレンのロードカーは結構出ていますが。

マクラーレンは、マクラーレン・オートモーティブを設立して(というかマクラーレンF1を出した当時のマクラーレン・カーズが元ですが)、積極的にロードカーを売り出しています。マクラーレンF1の発表当時はそうした市販体制が整っていなかったのですが、当時は日本人には馴染みの深い、マクラーレン・ホンダの最盛期のちょっと後だったこともあり、相当話題になったものでした。

ですが、現在のマクラーレンのロードカーはというと・・・いまひとつパッとしない印象ですね。F1でも現在はマクラーレン・ホンダが復活しておりますが、そちらもちょっとパッとしない戦績ですし。

これはもう、あの名車、マクラーレンF1にあやかろうとして再びBMWとパートナーシップを組んだとしか思えないのですが・・・。

あの夢を再び!

マクラーレンF1の発表当時は日本もバブル期で、○千万円ではなく○億円するこのクルマを購入した方もいたようです。私は実際に走っているのを目にしたことはありませんが、当時のクルマ好きの仲間たちの間で「スッゲー!」と話題になっていました。

こういうクルマって、年齢にかかわらず、やっぱり夢を見させてくれるものです。もちろん、「そんな高性能どこで必要なの?」という意見もあるでしょうが、そういうことではないんですよね。

理屈では、現在のクルマの進化って、環境性能と自律運転が一番の柱です。恐らく、この二つの技術を磨いて行くことでしか何十年後かにもクルマが存在し続けられる道はないと言っても過言ではありません。もちろん、こういった方向に異を唱えるものではありませんし、私はこの方面の技術が進化してもやはり「スッゲー!」と感心するでしょう。

ですが、今回のマクラーレンとBMWの協力体制というのはそう言った点ではなんら期待が持てるものではなさそうです。ですが、何か人の感性に訴えかける部分、クルマの操作が人から離れていこうとする時代において、あえて人の中にある喜びを呼び起こすようなクルマができそうな、そんな予感がしてならないんですよね。なんだか、マクラーレンの思惑通り、マクラーレンF1の幻に引っ張られているみたいでちょっと悔しいですが(笑)。でも、今回も強烈な個性を持ったクルマを出して欲しいと思っています。

実は私、今までマクラーレンのロードカーにはさほど注目していませんでした。ですがこれからはちょっと目を向けておかないといけなさそうですね。

では、今回はこの辺で失礼します。ありがとうございました。

スポンサーリンク













4 件のコメント

  • ponta様 マクラーレン東京 赤坂ショールームへぜひご来店下さい^^
    マセラティ、レクサスにも、ぜひ!
    2017年のpontaさんは、高級志向に変身!!

    • bmwpopo様

      いつもコメントいただきありがとうごいざます!

      マクラーレン赤坂って・・・あ!こんなところにあるんですか!気づきませんでした。結構よく通るところなのですが・・・この辺は中々面白いクルマのディーラーが多いですね。TESLAもありますし、ALPINAのニコルもありますし、あと、 CORNESもあって、それから・・・と高級車が目白押しですね。さすが赤坂・青山。

      あの辺、私には最も縁遠いところです。高級志向には・・・変身しません。だって、マクラーレンではキャンプに行けませんからね。あ、でもレヴァンテはいいかもですね。そういえば、レクサスRXやLXでキャンプに来ている方って、見ませんね。MINIやBMWは意外といるんですが。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • このニュース記事、私も昨日見つけてブログネタにしようかと思っていました。がPontaさん程の記事にはできそうにないですね〜。いつもながらPontaさんの表現力に脱帽です。
    ところで学生時代、バイト先のカフェが入っていたデパートの1階のエントランス前の広場でマクラーレンF1の展示会をしていて、しかも昼休みに見に行ったらほんの少しの時間だけ近くにいたギャラリーに中を公開してくれたんです。幸運にもあのドライバーズシートにほんの30秒くらい座る事が出来ました。
    それはそれは凄い風景でした。
    一体どんなエンジンを開発するんでしょうね。
    モジュラーエンジンベースのスーパーエンジンっていうのも案外面白いかもと思っています。
    まあ完全オリジナルなエンジンが出来るんでしょうけどね。楽しみに続報待ちましょう。

    • あっきろ様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      あ・・・そんな・・・照れちゃいます。でも、お誉めいただいて嬉しいです。あっきろ様のこのニュースの記事も読んで見たいです。こういうのって、色々な方が色々な視点で物申すのが楽しいじゃないですか?そしてそれを読んで、ああそういう考えもあるのか、と思えるのって、すごく楽しいことだと思います。

      マクラーレンF1の実物を見たどころか、運転席にまで座ったことがあるという方、初めて見ました(驚)。見てはいませんが、あの、なんというか、いえ、取り乱しています。だって・・・すごい!すごいじゃないですか、それって!あー、少しでいいのであっきろ様の記憶のをハッキングしてその光景を見て見たいです(笑)。

      どんな車になるんでしょうね?今回はさすがにゴードン・マーレイほど尖った人が開発するわけではないでしょうから、常識的なスーパーカーが出てくるとは思いますが、最近のイギリスのプロダクトデザインは結構好きです。アストンマーチンDB11なんかも、上品な中にも男性的な力強さと色気が感じられていいですよね。こうしたクルマにBMWエンジンが乗るというのは、エキサイティングですね。さすがに専用スポーツユニットを作成するでしょう。となると、主役はM社ですかね?

      今でも十分に化け物じみたパフォーマンスを誇るマクラーレンのクルマにBMWがどのような命を吹き込むのか、早く見て見たいですねー。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

      では、またの

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です