新型5シリーズのM550iは驚愕のパフォーマンス!

新型5シリーズの当面の話題はデビューフェア時にラインアップされる車種かと暢気に構えていたら、ちょっとびっくりするニュースを発見しましたのでご紹介します。もう、筆(指?)の休まるヒマもありません(笑)。

スポンサーリンク

M550i、驚愕のパフォーマンス!

私が発見したのは以下の記事です。

BMW 5シリーズ 新型に462馬力の「M550i」…加速は現行 M5 超えた

<
BMWは3月、欧州向けの新型『5シリーズ セダン』に高性能グレードの「M550i xDrive」を設定すると発表した。

M550i xDrive は、新型5シリーズセダンの現時点での頂点に位置する高性能グレード。Mパフォーマンスが手がけた直噴4.4リットルV型8気筒ガソリンターボエンジンを搭載する。最大出力は462hp/5500rpm、最大トルクは66.3kgm/1800rpm。66.3kgmの強大なトルクは、1800rpmの低回転域から引き出される。

M550i xDriveグレードには、「Mスポーツパッケージ」が標準装備。内外装にスポーティな演出が施される。サスペンションやブレーキなど、足回りも強化された

駆動方式は4WDの「xDrive」。トランスミッションは8速ステップトロニック。0-100km/h加速は4.0秒で駆け抜ける。最高速は250km/hでリミッターが作動する。

この性能は、先代5シリーズセダンベースの現行『M5』の0‐100km/h加速4.4秒、最高速250km/h(リミッター作動)を、加速性能で上回るもの。スポーツセダンと呼ぶに相応しいパフォーマンスを備えている。

写真を拡大写真を拡大写真を拡大写真を拡大

いかがですか?この時点でF10のM5のパフォーマンスを上回ってくるという・・・、とんだモンスターマシンですね。

じ、じゃあM5はどうなっちゃうの?ALPINAは?

個人的な感想を正直に申し上げると、もういらないんじゃないかと(笑)。

いやいや、冗談です。もちろん、M5はそのうち発表されるでしょうし、さらなるハイ・パフォーマンスカーとしての期待が嫌が応にも高まります。もちろん、ALPINAもです。

個人的な予想ですが、加速性能としては

M550i<ALPINA<M5

の順ではないかと思っています。ここら辺は、BMWとALPINA双方がさりげなく守っているヒエラルヒーですよね。「M」の方がALPINAよりも若干上回るという・・・。そして、エンジンの吹け上がりや走りの味付けがそれぞれで違ってくるのでしょう。

そしてさらに、ALPINAにはディーゼルモデルの期待も高まりますね。F10ベースのD5は、日本に導入されている523dよりは確かにハイ・パフォーマンスでしたが、おそらくALPINAファン、というかBMWファンがALPINAに期待するものとしては物足りなかったのは事実でしょう。個人的には、G30ベースのD5では、現在D3に搭載されているエンジンくらいは乗せてくることを期待しています。

M PERFORMANCEモデルで目立つ高性能化

それにしても、BMWのラインアップにおいて着実にM PERFORMANCEモデルが定着しつつありますね。

M140i/M240iが魅力的なのはもちろんですが、M760iやX4 M40iまで、その車種はどんどん増えつつあります。

スポンサーリンク

7シリーズのラインアップと装備が充実!PHVがエントリーモデルに、M PERFORMANCEモデルも!

2016.10.13

M140iとM240iクーペ発表・・・までは予想通り。でもお値段でサプライズ!

2016.09.02

それぞれクラスに応じたハイ・パフォーマンスエンジンを搭載し、足回りなどにMのスパイスを効かせた刺激的な車になっているようです。「ようです」というのは、私自身は1回も乗ったことがないからこのような言い方をしていますが、M140iなんかはかなり興味を持っています。何より、あのモジュラーユニットの直列6気筒があまりに気持ちよかったので。

BMW3シリーズでサーキット走行!Toto BMWのイベントでの貴重な体験!

2016.10.09

と、ここで見渡してみると、残念ながら我らが3シリーズにはM PERFOMANCEモデルの設定がありません。340iがその役割を果たすのかと思いますが、こちらはあくまで通常のラインアップです。M140i/M240iに搭載しているエンジンでは3シリーズには物足りないかも?!という思いはありますが、そうするとBMWの現在の量産エンジンのポートフォリオを見ても適当なエンジンがありません。X4を見てみるにつけ、やはり「M340i」ということになるのでしょうが・・・これはどうでしょう?F30系のうちに出ますかね?私は来年とも言われるモデルチェンジ後まで設定されない可能性が高いのではないかと思っています。

M PERFORMANCEモデルが一番バランスが取れていて好きです。

乗ったことはありませんが、340i M Sportに、しかもサーキットで乗った経験からいうと、例えば「M340i」というクルマが出来たらそれが一番バランスがいいと思います。ここでいうバランスというのは、日常での使用と、サーキットまでは行かないまでも、時々山道で楽しむ、というような大多数の方がBMWに期待する使い方です。もっとも、だいぶスポーツ走行よりですが。

Mでももちろんいいのですが、あの過剰な高性能は正直、高速道路でも持て余します。

M3に試乗!Mフルラインナップ高速試乗会、行ってまいりました!1

2016.07.17

M6に試乗!Mフルラインナップ高速試乗会、行ってまいりました!2

2016.07.17

日常使用での乗り心地とかも考慮すると、M6なら実用的ですが、M3となるとちょっと私の年齢ではきついです。じゃあM6買えば?となるかもしれませんが、そうすると今度はお値段が・・・(泣)。

ボディサイズ的にも、お値段的にも、そしてクルマそのものとしても私だったらM140iですね。これは是非とも試乗して見たいです。BMW Tokyo Bayとかで少しでいいので試乗して見たいのですが、そもそも試乗車がないみたいなんですよね。

M550iだけでなく、M550dとかも出ないかな。

F10にはドイツ本国ではM550d xDriveというモンスターディーゼルがラインアップされていました。

7シリーズのディーゼルはM550d/ X5 M50dの進化系でクアッドターボ化!日本導入は?

2016.06.02

まださすがに本国でもラインアップされていないようですが、これが日本に入ってくると面白いことになりますよね。なにせ、F10のM550dは、280kw(381ps)/ 740Nm、0-100km加速4.7秒を誇りつつも15.8km/Lという低燃費!だそうです。

F10ではそうでしたが、すでに上の記事でご紹介しているように、今後は7シリーズにさらに発展したクアッドターボが搭載されます。となると、次期M550dにも搭載される可能性が高いということですね。

というわけで、私の中でのベスト5シリーズは、M550d xDriveツーリングです!まだ、発表されてもいませんし、本当に出るのかどうかもわかりませんが(笑)。

まあ、F10の時も左ハンドル仕様しかなかったので日本仕様が用意される可能性は限りなく低いですが、まずは本国での発表を期待して待ちたいですね。そもそも、ディーゼルへの偏見が根強く残る日本にこんな変態ディーゼルエンジンを持ってきて売れるのかどうか・・・。あ、いえ、なんでもないです。独り言です(笑)。

では、今回はこの辺で失礼します。ありがとうございました。

 

スポンサーリンク













2 件のコメント

    • bmwpopo様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      いやいや、そうは言ってもディーゼルの力強い走りに反してあの低燃費はやめられませんよ。確かに、ガソリンも乗りたいですけどね。あの、3L直6に乗ってみたいです。340iも高杉ですので、M140iにてが届くかどうか・・・。買いませんけどね。

      M550d、本当にすごいみたいですよ。YouTubeとかでしかみたことがありませんが、イギリスのクルマ雑誌でも、「なんでこれは左ハンドル仕様だけなんだ?イギリスでも売ってくれ!」的な記事を書いているところもありましたし。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください