M2にMTが設定されて思うこと。

M2にMTが設定されて、報道で話題になっているのは既にご存知かと思います。概ね歓迎されているようですが、私の感想はちょっと違うんです。複雑な胸中を今日はご報告します。

スポンサーリンク

一応概要を。

M2の6MTが日本でも11月生産分から導入されます。M-DCTドライブロジック搭載車より25万円安で、お値段は768万円から。

他のスペックはM-DCTドライブロジック車と全く一緒です。

心踊らないんですよね。

私はBMW好きとして、やはり一度はMのオーナーになってみたいという気持ちはあります。実際、Mは大好きで、分不相応にもToto BMWさんが設けてくださったMの高速試乗会にもお邪魔して、M3とM6の高速ドライブを堪能しました。

M3に試乗!Mフルラインナップ高速試乗会、行ってまいりました!1

M6に試乗!Mフルラインナップ高速試乗会、行ってまいりました!2

これは相当にエキサイティングな体験でしたし、すごく楽しかったです。

そして、M2はM-DCTドライブロジック搭載車にいち早く試乗させていただいてまして、これもかなり興奮ものの体験でした。思わず欲しくなりましたね。

M2初試乗!もしかしたらどこよりも早い試乗記

それなのになぜ?とお思いになるかもしれませんが、今回のMT追加は全く心踊らないんです。

古典的な運転の楽しみはあると思います。

MT車を運転するのは確かに楽しいです。

現代の車にはない独特のリズム感に乗って、エンジンを意のままに操れますよね。今回のM2の6MTを駆使してワインディングロードを走ると同等楽しいと思います。

ですが・・・正直申し上げて、今回の決定は私には意味がよくわからないんです。というか、少なくとも私には全く魅力的ではありません。

各社が発表しているニュースを見ると、ブリッピング機能がついている!と書いてありますよね。

これは報道のミスリーディングなところでして、これを読んだ読者の方は、「じゃあM-DCTドライブロジックにはついていないのか」と思うはずです。

上でご紹介したM2試乗の記事を読んでいただければお分りいただけますが、ちゃんとM-DCTドライブロジックでも、シフトダウン時に派手にブリッピングします。

BMWのプレスリリースにそのように書いてあるから記事として載せているんでしょうが、うがった見方をすると、それ以外に売りはないのか?と思ってしまうんです。私の中のブラックpontaが耳元でそのように囁いています。

せっかくM-DCTドライブロジックがあるのに。

M-DCTドライブロジックって、すごくよくできたロボタイズドMTです。通常のトルコンATのようにスムーズなシフトを実現していますし、操作に対する反応も抜群。これぞ意のままにエンジンを操ることができるトランスミッションだと感じました。

私は古典的なものも好きですが、元来が新しいもの好きですので、M-DCTドライブロジックの方が新鮮に感じるというのもあります。それ以上に「憧れ」もあるんです。

クルマへの憧れの入り口って色々あると思います。実用に使うだけで楽しいという方もいらっしゃるでしょうし、常にピリピリとしたサーキットの雰囲気の中にいないと面白くない、という方もいらっしゃるでしょう。

私はどうかというと・・・中庸です(笑)。というか、人並み(クルマ好きの方の中で、という意味で)にレースを見るのは好きですし、F1は一時期は眠い目をこすってでも見ていたものです。いまでも、テレビの中継があるときはせめてスタートだけでも見たりしています。

スポンサーリンク

私がクルマに興味を持ち出した年齢の頃のF1といえば、アイルトン・セナを中心に、日本でもF1人気が高まっていた頃でした。テレビで見るオンボード映像に興奮し、ホンダミュージックに酔いしれ、モナコGPは手に汗握りセナとマンセルのテールトゥノーズのバトルを見た世代です。

そんな私にとっての憧れって、F1のオンボード映像で感じられるスピード感と音でした。エンジン音は今でも甲高いエンジン音の方が好きですし、鈴鹿の130Rの脱出からシケインへのアプローチでの連続したシフトダウン音は特にかっこよくて憧れましたね。もちろん、シフトアップしていくときにエンジン音が途切れないことにも衝撃を受けました。

その頃はまだ市販車には今のようなロボタイズドMTは搭載していませんでした。いえ、正確にいうとフェラーリだけは搭載していましたが、そんなの買えるわけもありませんでしたので、VWが最初に出した時にはえらく興奮したものです。

私が再三再四、スポーツATのパドルシフトをお勧めオプションとしてご紹介している理由の一つは、このロボタイズドMTへの憧れ、もっといえばあのF1への憧れもあるんです。

その後、日本車でも採用されるのを楽しみにしていたのですが、日本車は意に反してミニバンとCVTというガラパゴスな世界に没入していき、一気に興味を失いました。

そしてBMWに出会って惚れ込むわけですが、心の中には常にあの、F1が良かった時代の映像が、憧れとしてあったんです。

そんな私にはM-DCTドライブロジックは夢のトランスミッションなんです。

ですから、ここでMTを出されても振り向かない、というのはご理解いただけるかと思います。

もう一つ、これはサーキットでわかったのですが・・・。

Toto BMWさん主催のイベントで、本庄サーキットで340i M Sportを運転した体験のことは以前紹介しました。

BMW3シリーズでサーキット走行!Toto BMWのイベントでの貴重な体験!

そのあと、現役レーサーの隣に座ってサーキット走行を体験する機会にも恵まれました。

BMW3シリーズツーリングでサーキット同乗走行!現役レーサーはやっぱりすごいです。

この時に悟ったんですが、本気で早く走ろうと思ったらMTをクリクリ操作している余裕はないんです。

攻めようと思ったら、私が同乗したレーサーさんのように、まだコーナー脱出前でも強引にトラクションをかけて脱出加速を開始する、という運転も必要ですが、その時にMTでシフトする余裕は・・・私には確実にないですね(笑)。

こうした時にM-DCTドライブロジックだったら楽しかっただろうなあ、と思いました。もちろん、普通のATにパドルシフトでも楽しいのですが。

楽しいとは思うんです。でもでも。

誤解しないでいただきたいのは、それでもかなり楽しいだろうなあ、と思うんです。こんなハイパワー車をマニュアルシフトを駆使して意のままに操れたら、爽快感抜群でしょう。

そして、そうしたドライビングプレジャーを求めるユーザーに答えるところはBMWらしいと思います。

ですが、それでもまだ思うのは、NEXT100yearsを標榜しているBMWとしては、もっと新しい提案が欲しかったんです。なんだかもっと、スポーツドライバーがワクワクするような、何か。

それはきっとユーザーが思いもよらないもので、最初にiDriveが世に出たときのような戸惑いを世間に巻き起こすかもしれませんし、ビジネス的には成功はしないかもしれません。

ですがそうした進取の気性をなくしたらそれこそ私が期待するBMWではなくなってしまいます。

今回MTが設定されたのは、市場からの要望によることも多かったのだと思います。まあ、M2のように振り回せる人には振り回せるクルマには、MTは非常にマッチするということは頭ではわかっています。

でも、私の憧れの世界とは違うんですよね。

今日はちょっと毒を吐いてしまいましたが、嘘偽りのなく私が考えていることです。

では、今回はこの辺で失礼します。ありがとうございました。

スポンサーリンク













10 件のコメント

  • こんにちは
    私もPontaさんに同意です。
    以下はあくまで個人的な意見ですと前置きして。

    私が免許を取った30余年前ははっきり言ってATそのものが使えた代物ではありませんでした。
    加速時の変速はギクシャクするし減速時も思った通りにシフトダウンしてくれない。
    そもそも車の信頼性そのものが低くて国産車であっても壊れる事も多かったと思います。

    当時はMTの運転が難しい面倒臭いと思う人が主にATを運転する様な傾向があってそれはAT普及率にも現れていました。
    ATの進化と普及率は感覚的に比例していると思います。それでも私はE46LCIのMTを買いました。
    当時E46のATは既にステップトロニックを備えかなり出来は良くなっていました。それでもまだ私にはMTの意のまま感が優っていて本当はツーリングが欲しかったのですがセダン(もしくは左ハンドルのクーペ)を選ぶしかありませんでした。

    最近のATでは私の意のまま感の主な部分は減速時のエンブレ具合です。加速時のスムースさは既にE46の当時から時にMTよりも効率よくなっていましたから。(正直なところ今では逆転していると思います)
    減速にしても最近は何もしなくてもほぼ意のままに近くなっています。
    実は現在F36 420i Luxuryの納車待ちです。当然日本ではMTは選べません。(ついでに言えば4月のエンジン変更でパドルシフトのオプションが外れてしまい残念な気分です)
    それでも欲しい程に違和感は無くなっていますし、自動化が進化してヒューマンエラーを補償するメリットの方が多いと思う様になったからです。

    とは言え効率を考えずに自らでシフトアップする面白さを全く否定するものでもないので、私がこれからのMTに望む事は完全なメカニカルMTではなく、現在著しい進化をしている自動化のメリットを合わせ持ったMTになって欲しいということです。
    DCTにクラッチペダルを付けた物と言えばいいでしょうか。MTモードにしたい時だけクラッチが手動になる。クラッチのオンオフも指定出来てもいいですね。
    完全自動運転が実現される頃、ノスタルジックに運転したいと思う時はもしかしたらそんなMTかもしれないと思います。(かつてMTに乗っていた老人だけかも知れませんけど)

    長々と自分語り持論語り失礼しました。

    • (元)E46乗り様

      久しぶりにコメントいただきありがとうございました。非常に熱のこもったコメントで、読んでいて引き込まれました。

      実はこの記事、大多数の方に反感を買うだろうなーと思いながら書きました。が、私よりもよほどBMW歴の長い(元)E46乗り様のお考えと同じと伺って、勇気付けられました。ありがとうございます。

      私も、最近のATはドライバーの思い通りに反応する、いい進化を遂げたと思っています。効率だけを追い求めてCVTの開発に血道をあげてきた日本車ですが、ヨーロッパメーカーは、運転にとってもっと大事なことを実現しようとしていた、その結果が現在のBMWの8ATの出来であり、メルセデスの9G-TORONICであり、VWのDCTであると思っています。そして今では、加速データや燃費は、ATの方がいいというケースも珍しくなくなりましたよね。

      古典的なシフトして走る楽しみを否定するものではないですが、折角、長足の進歩を遂げたM-DCTドライブロジックがあるんですから、何かこうもっと・・・あるだろう!みたいに突っ込みたくなりますよね(笑)。私は具体的に思いつきませんでしたが、確かにおっしゃるようなDCTにクラッチもついているものというのは一つ選択肢として自動車メーカーには検討していただきたいものですね。自動と手動を選べるって、大事なことです。最後にエラーを防ぐのは、やはり人間ですからね。しかも、この方式ですと、一時期ツーリングカーレースで流行った「シーケンシャルシフト」みたいでかっこいいかもしれません。

      420iご成約おめでとうございます!納車待ちとは、楽しい時期ですね。私は毎日カタログを見てニヤニヤして妄想を膨らませておりました(笑)。私、うかつにも知らなかたのですが、新エンジン導入と共にパドルシフトがなくなってしまったんですか?ということは今やパドルシフトはM Sportだけのものということですよね。
      うーん、これは残念ですね。4シリーズにこそイメージ的にも必要なオプションだと思うのですが・・・装着率が悪かったんでしょうね。私は一押しオプションなのですが・・・。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております。ありがとうございました。

      • はい。420iはM sportのみパドルシフト430i以上は全タイプ標準になっています。オプションが無くなってしまいました。
        3シリーズもLCI以降パドルシフトが欲しければ320i以上のSportかM sportを選ぶしか無くなっていますね。
        選択肢が多過ぎて誤発注等多かったのでしょうか。
        モダンラインも消えてしまったし色々寂しいです。

  • VWのDSG車=GTIに7年乗っていた私が来ましたヨ

    純粋な速さで言ったら、もはやAT(DCT)がMTを超えたのは間違いなく、
    これは世間の皆様にも、十分周知されたレベルになったかと思います。

    ゆえに、MTに乗る、MTを選ぶ、というのは、
    あくまで趣味、自分で操作することを愉しむためだけのモノ(選択)、と割り切って言える、
    ある意味、正常な時代が来たのかもしれません。

    ダウンロード音源が全盛の時代に、
    あえてアナログレコードを選ぶ人がいる、のと同じように。

    : こちらは、音質で言えばアナログが上、と言われそうなので、
    : これ以上の比喩はしないでおきますが 笑

    昨年、趣味半分/お仕事半分的な関係で、
    ポルシェの広報車にたくさん乗らせて頂いたのですが、
    ポルシェのPDKは、私が乗っていた時代のDSGとは
    比較にならない程、洗練されていました。

    極低速のマナーの良さと反比例する、
    超ウルトラミラクル電光石火のシフトダウン&ブリッピングは、
    これはもう驚きを通り越して、嘘でしょ~(笑)と言っちゃうレベルで、
    効率や速さを求めるなら、これを超える事は不可能と言い切れるものでした。
    (ポルシェGT3やマカン・ターボにて)

    しかし、楽しさと言えば、
    MTで乗らせてもらったケイマンGTSの方が断然上で、
    ヒール&トゥでクラッチを切り、シフトレバーを操作し、クラッチを繋ぎ、
    それに合わせてサウンドが変化する事は、
    理屈じゃない楽しさがあると再確認した次第です。
    (あくまで主観です)

    BMWで言えば、E46/M3(MT)とE92/M3(MT)を運転させて頂いた事がありますが、
    これはまたターボとは違う、どこまでも伸びていくような加速感と、MTとの組合せが楽しいのですが、
    普段乗りなら、低速からトルクの効く昨今のターボ&多段ATの方がラクチンですし、
    これはこれで気持ちがいいのもまた事実ですね。

    趣味としての一台を持てるのか、それともすべてを一台で賄う必要があるのか、
    前者なら、私は迷わずMTを買いますが、後者なら燃費とパワーの両立を考えつつ、
    やはりATやDCTなどを選ぶでしょうね、これからも。

    そういう意味で、M2にMTという選択肢を設けることは、
    愉しみ方のひとつとしての提案、としては賛成、というスタンスの私です。
    全く台数が見込めないモデルを、わざわざ用意してくれたBMWにも感謝、です。

    私だって、一台しか持てないなら、
    やはり、MTよりDCT車を選んでしまうと思いますので…
    (そして、これからも一台しか持てないのは変わりません…)

    • CMO様

      いつもコメントいただきありがとうございます。貴重なご意見を賜り、大変嬉しい限りです。

      AH3の直前でしょうか?VWのDSGに7年も乗られていたということは、ロボタイズドMTをかなり初期の頃から乗られていたんですね。しかもゴルフGTIですか?!ホットハッチの代表車とは・・・羨ましい限りです。

      CMO様のおっしゃること、よくわかります。そして、それは真実だとも思います。私がここで申し上げたかったのは、市場のニッチなニーズに応えることはあっぱれですが、何か新しい提案が欲しかった、ということです。
      M2というクルマが初代M3のオマージュであることも、趣味性が高い車であることも承知しておりますが、それでももうちょっと何かなかったのかな、という気持ちもあるんですね。完全に無い物ねだりの域ですが。

      クルマの楽しさって、速さや安楽さが全てではありません。CMO様がおっしゃるように、超高性能車のGT3よりもケイマンMTの方が楽しかったというのは、私もかなり実感を持って納得できます。ですが、無条件に「M2にMT設定!素晴らしい!」と諸手を挙げて言えないモヤモヤが残るんですよね。それをあえてこの記事のように表現してみた、という次第です。

      私も、BMWがユーザーのニーズを組んでMTモデルを出してきたのはいい決断だったと思いますが、私の憧れとは違った、ということでご理解いただければと思います。

      いずれにしろ、BMWのキャッチフレーズがEfficient Dynamicsになっても、Freude am Fahrenもまだ大切にしているメーカーであることは今回の件で証明されたのではないかと考えております。なんだか矛盾しているようですが、これが私の中のモヤモヤの原因なのかもしれませんね。

      というわけで、私はM2が2台目だとしても・・・おそらくM-DCTのモデルを選ぶと思います。

      今後も引き続き貴重なご意見をいただけると嬉しいです。よろしくお願いします!

      • 新しい提案、それはまさにリスクと表裏一体で、
        企業から言えば、受け入れてもらえない=売れないリスク、
        購入ユーザからすれば、新しいモノ=いつ壊れるかわからない、という懸念がありますが、
        それでも、私は新しいモノを新しいウチに飛びつくタイプでもあります 笑
        .
        GTIの時のDSGも、世間では「熟成されてから~」と仰っている方が大半でしたし、
        もし壊れたら修理代は100万コースという話も多々伺いました。
        そんな話にもめげずに購入し、これはいたく気に入ったのはいうまでもありません。
        これこそATの究極だ、と思いましたが、その後の進化は少々止まっているのが残念ですね。
        (8速DSGなどが出るかな?と期待していたのですが)
        .
        AH3も、BMWとしては新しい提案だったと思いますが、
        市場にはまったく受け入れられずw、半世代で消える運命となったのはご存知の通りです。
        こちらも、初物だから~とか、BMWにハイブリッドで意味わからない等々、
        世間一般では惨憺たる評価だったように思いますが、私は結構気に入ってます 笑
        (ご自身では購入しない)評論家の皆さんからの評価も高かったですが、
        BMWとしては、評価が高い事より、売れてくれなくては困りますもんね。
        .
        .
        昨今のBMWで言えば、i3やi8がかなり新しい提案でしたね。
        一般的なモデルではありませんから、そんなに市場に出回っている訳ではありませんし、
        本当に新しいモノを求める方は、(世界を見ると)テスラに圧倒的に流れているようですね。
        .
        何が言いたいのかと言いますと、
        皆さん、なかなか新しい提案には飛びついてくれないんですよね。
        .
        だからこそ、そういうクルマを体験する機会をもっと増やして欲しい、
        というのが、私の願いなのですが、
        それは、BMWで言えば、TokyoBayがその役割を果たしそうですし、
        メルセデスで言えば、メルセデスコネクションがその役割を果たしていますね。
        .
        私が、この1~2年に乗ったクルマで、一番衝撃を受けたのはトヨタのミライです。
        これこそ、まさに「未来」で、テクノロジー云々より、クルマとしての出来の良さが素晴らしく、
        これを皆さんが乗る機会が殆どないことに、非常に残念に感じている次第です。
        .
        こういう新しい提案+クルマとしての出来の良さを知ることで、
        もっともっと「新世代のクルマ好き」が増えていくと感じているんですけどね・・・。
        .
        スミマセン、また論点がズレてきたのでこのあたりで。

  • Pontaさん
    いつも楽しく拝見しています。
    このM2のMTの件も、発表以来、実車が見れるのを首を長くして待っていますが、なかなか機会はないでしょうね。お世話になっているディーラーさんには、M2のDCTモデルはあるのですが、怖くて乗っていません。いつでも乗りに来てくださいと言われてはいるのですが、行ってません。後先考えずに発注しそうで…。
    先日、「BMW 100th ANNIVERSARY TOUR」で、M4のDCTモデルに試乗させてもらいました。初めてDCTモデルに乗ったのですが、10分程度の試乗でしたので、良くわからないままに終わった…という感じです。
    今、E90の320のATに乗っていますが、最初は、MTにする心算でした。ただ、実車の運転席でドライビングポジションを確認した時、クラッチに合わせてシートポジションを決めると、極端にステアリング位置が近くなってしまい、これでは困るなぁと、泣く泣くATにしました。(単に、足が短いということですね)
    が、やはりMTが欲しいです。次はMTにしたいと思っています。私がMTに求めるのは、絶対的な早さでも、スムーズなシフトでも、ましてや燃費でもありません。車との一体感というか、自分で操作している感覚でしょうか。
    私の勤務先に、E90の323(AT)から、F30の320(MT)に乗り替えた友人がいます。この友人は、ダブルクラッチも、ましてやヒールアンドトゥも知りませんでした。が、「MTの楽しさを知ったら、ATには戻れない」と、年間2万キロ走っています。こんな話を聞くと、MTへの憧れが募ります。
    長文、失礼しました。

    • irmscher様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      MTって、クルマの原始の魅力を掘り起こしてくれるアイテムだと思います。人がなぜ自動車が発明されてからというもの、この機械に魅せられていったのか、なぜ速さを競うようになっていったのか、それには「自分の操作で風を切って走る」快感というのが原点なのではないかと思っています。

      そういう意味ではM2のMTって、そういう「野性味」を多分に残していると思います。ただ、私としてはM-DCTの出来が余りに良かったので、MTって本当に必要なのだろうか、と思ってしまった次第です。

      MTであれば、逆に相対的にアンダーパワー気味のクルマの方が楽しめるというのが私の個人的な見解でして、ご友人のおっしゃること、すごーく良くわかります(笑)。ですが320dの日本仕様には設定がありませんし・・・ ここでも8ATの出来が余りに良いので特に不満はない状態です。

      MTにしてもATにしても駆け抜ける喜びを失わず、様々なユーザーのニーズに合わせているんでしょうね。でも、もう少し画期的なMTでも出して、 なんらかの提案が欲しかった、というのが正直なところではあります。

      では、またのコメントを楽しみにお待ちしております!

  • Pontaさん
    はじめまして、320MTです。
    Golf3 cli のMTから始まり、
    BMWは3を中心にE46 ,E90,そして今はF30まで、
    ずーと、MspoのMT に乗り続けてきました。
    乗り換えようとする度に、AT やDCTを担当に勧められて(最近は諦められていますが)
    試乗しますが、賢い機械に載せられいるだけで、楽しくありません。
    よくできてるんですがね。
    満足感を得られないものに、大金を払うことはできません。
    ここは、価値観の違いでしょうが。(先進性に価値を求めるか?原始的楽しみに価値を求めるか?)
    ここ最近、立場の弱いMT派、恐らく、合理的なものは、消えないでしょう。
    やっと、夢のMの何とか届きそうなMTバージョンが出たのです。
    温かく見守って下さい。

    • 320MT様

      初めまして!当ブログをご覧いただきありがとうございます!コメントいただけて大変嬉しいです!

      >温かく見守って下さい。
      ももももちろんですよ!私はMTを否定しているのではありません。MTを出すならもっと付加価値があったでしょうに、と言いたいわけです。

      私自身、かつてはインプレッサWRXのMTに乗っていましたので、その楽しみはよくわかっています。アルバイトで運転するトラックですらクリクリシフトするのが楽しかったくらいですから。トラックのトランスミッションなんて、コスト削減の権化ですから大変でした。ちゃんと回転を合わさないとシフトダウンでも入らなかったり。それが回転がピタッとあってすっと入った時の快感といったらもう・・・って運転しているのはトラックなんですけど、そんな感じでした。

      320MTさんのようにMT派の方がいらっしゃることも理解していますし、もちろんおっしゃる通りMTが楽しいのには賛同します。機械はシンオウルナものほど壊れにくいので、MTというのはそういう意味でも優れているとも思っていますことは、記事の中でも述べている通りです。

      なんだかちょっと話が発散してしまいましたが、ご理解いただけましたでしょうか?

      今後とも当ブログにお越しいただけると大変嬉しいです。またコメントいただけるのえお楽しみにお待ちしております!

  • CMO にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です