i8ロードスター関連情報。パワーアップし、かつハードトップ?

なんだかいまひとつ注目されていない感のあるi8ロードスターですが・・・結構色々な情報がわかってきました。ここら辺で一度、最新の情報からわかっていることを整理して見ましょうか。

スポンサーリンク

i8ロードスターは2017年内に発表!

まずは以下の記事をご覧ください。

2017.6.6

400馬力の強力バッテリーが炸裂!BMW「i8ロードスター」初のニュル高速テスト

2018年発売へ向け、開発が進むBMWのPHEVオープン「i8 ロードスター」が、ニュルブルクリンク・ノルトシェライフェで初の高速テストを非公式で行いました。

2012年の北京モーターショーでコンセプトモデルが公開されて以来、音沙汰がなかった同モデルですが、2016年1月に「iビジョン フューチャーインタラクション」を公開すると、実車プロトタイプが市街地テストを開始。いよいよ開発車両の聖地・ニュルブルクリンクでの高速テストが実現しました。

パワートレインは、1.5リットル直列3気筒ターボエンジンとモーターを組み合わせたPHEVで、最高出力は400psに達するとレポートされています。

パフォーマンスは、0-100km/h加速は4.3秒、最高速度は250km/hを目指します。カメラマンによれば、ニュルでは最高200km/h以上の高速で爆走していたといいます。

ワールドプレミアは2017年内が有力です。

(APOLLO)

(クリッカー APOLLO)

まあ、テストは必ずニュルブリクリンクでやるとは言え、なんだか気持ちが上がる記事じゃありませんか?

ちなみに、2018年内の発売はすでにアナウンスされています。

強力モーターでスポーツカーの名に恥じぬパワーを獲得!

「i8ってスポーツカーなの?」という疑問は長らくBMWファンだけでなく専門家の間でも議論されてきました。モーターアシストで強力な加速力を持つとは言え、「PHV」と行った場合にはどうしてもエンジンの方をメインに考えてしまう現在の常識からすると、1.5L直列3気筒エンジンというのがどうしても引っかかる向きも多かったと思います。かくいう私もそちら派でした。

スポンサーリンク

ですが、今回は訳が違います。

今でもシステム総合出力は266kw(362ps)を発揮して1,500kgという軽量ボディを、停止から100km/hまで4.4秒で到達させていました。数値的には、今回0-100km/h加速の数値は0.1秒しか上がっていません。一概には言えないのは承知ですが、加速力はトルクの方が果たす役割は大きいですから、今までもモーターの十分なトルクを生かしていたという訳ですね。

ですが、パワーが400馬力の大台に乗ったというのは、与える印象という点で大きいでしょう。私は個人的には、ようやくスポーツカーとして認められるようになるかも、という予感がしています。これは、のちにノベル理由もあるのですが。

ちなみに、ドアは相変わらず「ディヘドラル・ドア」ですが、屋根はハードトップ?!

あのように上に向かって開くドアは正式には「ディヘドラル・ドア」と言います。最近は愛読誌CGでもこの表記が増えて、なんだそれ?と思っていたのですが、昔からある呼び方のようです。CGでこの表記が増えたのは、マクラーレン関連の記事が増えたからでしょう。あ、F1のマクラーレン・ホンダのことじゃないですよ。マクラーレン・カーズの方です。

これはなんだか個人的には安心しました。あれがないとなんだかi8じゃないような気がしてしまいまして・・・。実用上の理由もあるのでしょうね。あの幅が広くて高いサイドシルを超えるのは、通常のドアでは乗り降りにちょっと骨が折れそうです。

i8試乗の思い出

2016.05.14

そして注目の屋根ですが・・・ロードスターといえば、頼りないソフトトップが相場という世間的な思い込みとは裏腹に、ハードトップの可能性もある様です。確かに、写真で見る限りソフトトップの質感にはちょっと見えにくいですね。だとすると、オーナー予備軍の方は外したハードトップの置き場も確保しておくことをご考慮されておく方が良いかもしれません。

BMWはi8ロードスターで本気を見せたと思います。

これは個人的な感想ですので「そういう見方もあるんだ」くらいで聞いていただいて結構ですが、私はBMWの本気がi8ロードスターに現れていると思っています。

確かに、商品力があって一定の需要が見込めるということもあるかもしれません。ですがそれ以上に、古典的なスポーツカーの楽しみとしてのオープンを、最先端のPHVシステムを搭載したi8で実現しているというところがまず一つの理由です。

そして、パワーアップもしていますが、バッテリーにはi3になされたのと同じ改良が施されて容量が上がっているはずです。

i3の航続距離が伸びてお値段据え置き。

2016.07.14

こうすることで、EV走行距離が伸びたというのもそうですが、「エンジンではなく、モーターが主力のスポーツカー」としての性格をはっきりとさせる狙いもあったと思います。そう、私もとらわれていた「1.5L直列3気筒」はもはやネックではないんです。エンジンは、あくまでバッテリーが切れた時の予備動力くらいに思ってもいいかもしれません。これこそが、私が先に申し上げた、「i8がスポーツカーとして認められる」と思った理由です。

とは言え、実際には、強くアクセルを踏んだらエンジンもかかってモーターと協調して強力な加速をするのでしょうけどね。

さて、あなたはどう思いますか?

私は・・・早く実物を見て触って・・・乗って見たいです(笑)。こればかりはさすがのToto BMWさんでも試乗車としては用意できないでしょうから、BMWジャパンから駆り出している期間限定試乗の時を狙うしかありませんね。ちなみに、オープンは私の永遠の憧れです。ですが、以前も過去記事で申し上げたかもしれませんが、VWビートルカブリオに乗った時に周囲の目が恥ずかしくて恥ずかしくて・・・。自分ではちょっと所有できない「憧れ」なんです。

最先端のパワープラントと古典的スポーツカーの楽しであるオープンエアの融合、どのような感覚になるのか楽しみですね。

では、今回はこの辺で失礼します。ありがとうございました。

スポンサーリンク













6 件のコメント

  • 引用記事の見出しにびっくり‼️
    バッテリーが爆発したのかと(笑) 400馬力はモーターですよね。
    同時にLCIするであろうノーマルルーフの方も期待大ですね。スーパーカーになるには2秒台100km/hに到達するくらいにはなって欲しいところですが…。私は1.5Lエンジンにはむしろ肯定的で、更にパワーアップしてスーパーカーに近づいたi8が税金格安で乗れるわけです。420iより自動車税安いっていうのはそれだけで凄い事だと思います。
    フェラーリやランボルギーニだと何倍も必要ですからね。維持費もエコなスーパーカーは魅力的です。
    ところでこのタイプのボディのオープンは、ランボルギーニなど見ても屋根だけ無くなる感じですね。
    ハードトップだと外した屋根はどこにしまうんでしょう?
    私が初めてオープンカーに乗ったのはまだ大学生の頃、マツダのNAロードスターが売り出された時に試乗した時です。開放感は半端なかったですね。
    以来(海外赴任時は除く)新車購入時にはオプションでサンルーフを付けています。オープンは買えないまでも開放感が欲しくて。
    紅葉のワインディングロードを屋根も窓も全開で走るとそこそこの開放感が得られます。春先は妻の花粉症があるので全閉ですが。

    • あっきろ様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      あ(笑)。なるほど。そう見えますね、確かに(笑)。

      i8は実用的ですよね。実用的というのは、所有も含めて、という意味でして、まさにあっきろ様がおっしゃる通り、維持費も含めてフツーに所有できる車だと思います。

      オープンはいいですよねー。でも、街中では一眼視線が気になります。というか、ビートルカブリオに乗っていた時は、普通に家内と会話していてもぜーんぶ聞こえていそうで気になりました(笑)。結構みなさん、涼しい顔して乗ってらっしゃいますけど、あの境地にたどり着くには私にはかなりの修行が必要なようです。

      いわゆる「タルガトップ」みたいな屋根なんでしょうね。エンジンフードなどに被せてしまえるような仕掛けがあればいいのですが・・・。そうでないとおちおちオープンエアも楽しめませんよね。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • オープンカーの話題、思わず気合が入ってしまいます。
    最近までE36カブリオレを所有していました。20年近くの間、素晴らしい開放感と裏腹に、雨の日はドアを開けたときの屋根からの滝に悩まされつつも、長い間楽しませてくれました。オープンカーの開放感は、フルフェイスのヘルメットを被って走るバイクよりも確実に上回ると思います。
    ただ、あっきろさんが仰るように、私の家内も花粉症で日焼けがイヤッ!
    隣に乗せた時には、大きな防止にサングラス、マスクをして長袖に手袋・・・
    何だかゴルフ場からキャディーさんを拾って来た様な感じで、雰囲気はイマイチでした。
    でも、またいつか、真冬の高速を頭寒足熱の露天風呂状態で疾走したいと願ってます。
    今のF11もスライディングルーフが付いていますが、私の運転ポジションが前過ぎて全く意味がありませんでした。後席に座った人からは好評ですが。
    リタイヤする年になったら、自分が楽しめる旧車のオープンカーを持つのが夢ですが、無理だろうなぁ~
    i8のハードトップ、天井部分だけならば車体のどこかに仕舞えそうですよね?無理かな?

    • keybowBMW様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      なんと!伊達な車のオーナー様でいらしたんですねー。
      >オープンカーの開放感は、フルフェイスのヘルメットを被って走るバイクよりも確実に上回ると思います。
      なんと素晴らしい表現でしょうか!私はバイクに乗った経験がないのですが、それでも2輪は気持ちいいだろうなあと思ってはおりました。オープンがされを上回るというのは、言われてみれば確かにそうですが、実際に言われてみるとエラく甘美な響きのものですね!

      でも、奥様がキャディさんだなんて(笑)。やはり、特に車に興味のない女性にとっては、オープンカーって女性の天敵が多いだけのものですよね。ただ、花粉症は私もそうですので中々みにつまされる話ではあります。私でしたら、マスクをして乗ると思いますし。これ、おかしくもないですよね?かつて、CGの姉妹誌のNAVIで、雨の日にモーガンに傘をさして乗るという話が書いてあったのを思い出しました。オープンカー乗りたるものの心意気ですね。

      もし本当にハードトップなのだとすれば、なんとかどこかに格納できるよう工夫して欲しいですよね。そうでないと、オープンカクローズ固定になってしまいます。オープンで出かけて出先で天候が急変しようものなら悲劇、いえ、喜劇以外の何物でもないですよね。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

    • bmwpopo様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      ですが・・・買えません!書いません!(笑)。

  • ponta にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください