停止した後じわじわ動かないでー!(笑)

スポンサーリンク

これは実は前々から思っていたのですが、320dになってからより一層強く感じる様になった事です。まあ、そう深刻な話ではないので、気軽に捉えてください。

スポンサーリンク

信号待ちでじわじわ前に。

どなたもお心当たりおありだと思いますが、私が申し上げたいのはこのタイトルにあるクルマです。

クセなのか、まだまだ青になるには時間があるのに、一定時間毎にブレーキを離してジリジリと前に詰めて行く方、その他にも、赤で止まる間際に止まったかと思うとまた前に詰めて行く方、色々いらっしゃいます。

結構な頻度でお見かけしますし、タクシーなどでも多いので私の方が偏狭なのかも知れませんが、私、こういうクルマが前にいるのが苦手なんです。

赤信号で完全停止した時のみが休める時。

以前渋滞の中でも気を抜かない方がいいですよ、という話の時にも申し上げましたが、クルマが動いている限りは私は気が抜けない性分です。

これはこれで私のクセなんだと思いますが、ここで前のクルマが中々停止しないと、ほんのわずかな休憩の「お預け」をくらってしまっているみたいになります(笑)。

ですが、320iで初めてアイドリングストップがついた時には話は簡単でした。前が進んでも、「無視」。私は間を詰めない、という方法で回避出来たんです。まあ、すごく間が空いたときはもちろん詰めていましたが。

ですが320dになってからはせわしない思いをすることもあります。

何が違うかというと・・・ACCです。

ACCというと高速道路での巡航時に使用するもの、という考え方もあると思いますが、実は市街地でもかなり有用な装備です。前車との車間も適切に保ってくれますし、もちろん完全停止から発進までサポートしています。

ただの「クルーズコントロール」、つまり一定速度を自動で保つデバイスは、確かに高速道路や郊外の流れの良い道路でないと安心して使えません。

ですが、先にも申し上げた通り、乱暴に言えば、ACCは車間を一定に保つデバイスですので、むしろ流れが不規則な時ほど威力を発揮するんですよね。

なので、私は市街地でも積極的にオンにしています。

ACCをオンにしている時だとなんで困るの?

ここで停止している時に前のクルマが動くと、エンジンがかかってしまいます。

いえ、折角アイドリングストップしているのに!燃料が無駄になる!ということではありません。まあ、多少はそれもありますが(笑)。

ACCのこの機能、実は私、かなり頼りにしていまして、エンジンがかかった=発進の合図、と捉えています。

別によそ見をしているわけではありませんが、前車に遅滞なく発進することで、少しは渋滞しないように貢献できるというのと、完全に休んで気を抜いていても大丈夫だからです。

それが、まだ周りは動いていないのに「ぶるん」とエンジンがかかって休憩時間の終わりを告げられます。

これが私のリズムに合わないんですよね。

こんなことを言っているわりに、夏にエアコンをオンにしていると、信号待ちの途中でアイドリングストップが解除され、エンジンがかかってしまうことがあるのですが、それは気にならないという(笑)。

まあ、完全に私のわがままと言えなくもないですが・・・。

「目標位置での停止」

確かこんなタイトルだったと思いますが、教習所でありませんでした?

当ブログで何回かご紹介している通り、私が学生時代に通った教習所は県下有数の厳しさで有名でしたが、この「目標位置での停止」、かなり絞られました。

習っている時は「なんでこんなことをそこまで厳しくするんだろう?」と泣きそうになりましたが(笑)、そのおかげで免許を取ってからこの方、目標位置での停止に失敗したことはありません。自己基準なのでかなり採点は緩めですが(笑)。

なので、あのジワジワ動く方の心理がわからないんですよね。確かに、きちんと前に詰めた方が渋滞の時などは渋滞長が短くなるかも知れません。

ですが、もしそれが狙いなら、ダラダラ停止するより、ある程度のところでピタッと止まって、発進加速を強めにした方が余程効果があると思います。

なので、この理由は却下です(笑)。

対策としては。

実は今日、1週間の買い出しに行った時に前にいたタクシーが正にこうした運転でした。停止している車列へのアプローチも極端に遅いスピードでノロノロと向かい、停止したと思ったら小刻みにちょこちょこ前に出る、という。

のろのろしているので急いでいるわけではないと思うのですが・・・ACCを使っていなくても嫌なケースです。

私は即座にACCを解除し、まずは「進んでも無視」作戦に出ました。ですが、相当ずりずりと前に進んでいくので、前がクルマ2台分以上空くんですよね。

そこはさすがに詰めなければ後ろに迷惑ですから詰めますよね。信号の度に繰り返すので、あっという間に疲れて来ました。たかが15分くらいなんですけどね。

幸い、片側3車線の国道でしたので、チャンスを見つけて一気に抜き去りました。結局のところ、対策としてはこの様に抜くか、後ろにつかないことしかない様ですね。

もしかして、「運転は疲れる」っていう人って・・・

時々いらっしゃいますよね?「運転は疲れる。何時間も走って行くなんて無理。」っていう方。

私だって何時間も走り続けているわけではなく適宜休憩を挟んでいるので、合計で何時間も運転できているだけなのですが、こうおっしゃる方、もしかして「ジワジワ前に進む」をやって自ら消耗してしまっているのでは?と思いました。

全員が全員ではないでしょうけど、運転という極めて頭脳的な労働では、うまく休憩しないと集中力が続きません。その集中力だって、人間の場合は持って1時間が限度だそうです。

余談ながら、私はこれを高校生の時から知っていたので、大学での90分一コマの時間割がキライでした(笑)。

フランスの英雄ナポレオンは、1日に3時間しか眠らなくても大丈夫だと豪語し、かつ実際にそうだった様です。ですが、モノの本で読んだのですがこれには裏があり、ナポレオンは休憩時間を見つけては10分15分でもマメに眠っていたそうです。「マイクロスリープ」というらしいのですが、クルマの運転でも、眠るまでは行かないまでも、小刻みな休憩は必要だと思うんですよね。

じゃあ前のクルマがジワジワ進まなかったらみんなナポレオンになれるのか?!それは・・・あなた次第としか言いようがありませんね(笑)。

あ、くれぐれも運転中に眠ってはいけませんよ!そういう時こそ、ナポレオンに習い、安全な場所で10分15分でも睡眠をとりましょう!

では、今回はこの辺で失礼します。ありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク













10 件のコメント

  • ブレーキオートホールド付きの車が良いですよ!足が楽です。アイドリングストップもします。これに慣れると、無しの車は乗れません。ACCとはまた違う快適装備です。

    • bmwpopo様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      ああ、なるほど!それなら貴重な休憩を妨げられませんね。みんながナポレオンになれると(笑)。

      ですが、前がどんどん開いていくのはやはり気持ちのいいものではないですね。渋滞が恒常化している東京都内では、やはりドライバー一人一人が渋滞が少しでも軽くなるようにお互いに気を使うべきだと思いますし。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • ジリジリ動く人には是非MT車に乗って欲しいですね。おそらく面倒臭がってやらなくなるはずです(笑)
    停止位置の話ですが、車両感覚が乏しいのかどこに停まっているの?という人も多いですよね。
    酷い人は停止線から車2台分くらい空けている人も偶に見かけます。
    私はいつも線を踏まないギリギリにどこまで寄れるかなんて考えながら停止したりしています。
    なので車両入れ替え直後は車両感覚を掴むのにかなりこだわりますね。今回はフロントカメラがあるのでボタン1つで停止位置確認できて便利です。
    我が家から出て最初の信号交差点の所に今ではめっきり少なくなった電話ボックスがあって、信号にかかって停まると、運転席からそちらを見ると停止線とボディ先端がちょうど反射して見えるんです。これがとても役に立っています。
    車両の前端の感覚は、ボンネットと横断歩道の関係、ミラー下端と停止線の関係などで視覚的に覚えるのですが、以前の国産車のは忘れましたが、BMWはE46にしろF36にしろ、私のシート調整位置だとサイドミラー下端と白線の手前側を揃えるとちょうど良い感じです。E46の時はこれに加えてボンネットの一番高く見える部分と横断歩道の手前のラインを合わせるとぴったりでした。F36は歩行者保護の観点からボンネットが少し持ち上がったデザインなのでボンネットの稜線を横断歩道に食い込ませないといけなくなりました。この辺りは乗り慣れて感覚を磨くしかないですね。

    • あっきろ様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      ホントですよね。MTに乗って是非ともやめてほしいものです。
      実は私、都内の渋滞の原因の一つはこれではないかと思っているんです。もちろん、最大の理由は信号待ちからの発進の遅さですが、この目標位置で止まらないでじわじわ動くのも原因です。交差点で渋滞していて、前が詰まっているので交差点に侵入しないで再び信号待ちになってから、前の方でじわじわ進まれてクルマ2台分くらいはゆうに空いたりしますからね。

      >車両の前端の感覚は、ボンネットと横断歩道の関係、ミラー下端と停止線の関係などで視覚的に覚えるのですが、以前の国産車のは忘れましたが、BMWはE46にしろF36にしろ、私のシート調整位置だとサイドミラー下端と白線の手前側を揃えるとちょうど良い感じです。
      これは私のF30でもそうですね。むしろ、正しいドライビングポジションに合わせるとそうなるのかもしれません。以前の日本車では、FF社ではやはりボンネットが短いのか、ミラーに白線がちょうど隠れるくらいでぴったりでしたね。

      感覚を磨くのって、むすかしいですよね。「もうこするんじゃないか」という恐怖に打ち勝ってこそですから(笑)。そんなところでストイックに自分の恐怖心を克服しなくてもいんでしょうけど(笑)。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • こんにちは
    やはり 皆さんもお思いだと思いますが、最近の運転マナー ルールは本当にだらし無いと言うか イラっと来る事が多いと思います! ここの所必要にかられた資格試験に伴い道路交通法 並び道路運送車両法等を教習所での勉強をした以来詰めて学び直しましたが 何しろ進行妨害や通行区分違反など周りを確認しない車両の多さといったらありゃしないですね。自分優先の気持ちなのでしょうか..?
    これでは事故も渋滞も減らぬ一方かと。 ヒェ〜やめて〜と声が出てしまう 笑
    pontaさんの言う通り 適宣休憩を取る、 これは菰田さんのスムーズドライビングに繋がるリスクマネジメントで酸っぱく言っておりました コーヒーを飲んでから10〜15分寝る!と ナポレオン 目指したいものですね!
    あっ DRL〜 2.3日乗ってましたらすっかり慣れました、やっばり煌々と100%の輝きのbmwが良いですね! ありがとうございました。

    • char様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      おお、のっけから高いテンションでお怒りですね!ですが、私も同感です。私が運転免許を取得した頃は、もっとマナーが良くみなさんキビキビとした運転をされていたと思います。急にマナーが悪くなってきたのは・・・そうですねえ、ミニバンが世の中に溢れかえり、高速1,000円だった頃くらいからでしょうか、目に見えてマナーが低下しました。

      これは、おそらく運転がつまらない、お座敷ミニバンに乗っているからというのもあるでしょう。高速1,000円だからクルマでの移動が一番安い、でも運転は疲れるから嫌、ミニバンなら「自分の家であるかのように」リラックスしていける・・・これが大きな勘違いであることはいうまでもありません。自分の家ではありません。一歩間違えばおおごとになりかねない、鉄の塊を動かして移動しているんですから。

      運転中の休憩の重要さは、どの自動車ジャーナリストさんもおっしゃっていますよね。私は寝つきが良くて眠りも深い方なのですが、乗り物ではあまり眠れないという厄介な体質の持ち主ですが、10分くらい目をつぶっているだけでも違います。

      DRL、いいですよね。今やDRLをオンにする手段もかなり一般化してきていますが、それでもまだ半数くらいでしょうかね、オンにしているBMWは・・・。かっこいいですし、安全性も高まるので是非ともオススメしたいです。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • ponta様、はじめまして。
    ゆっきーと申します。
    いつもブログ楽しみに拝見しています。

    私もじりじり動く車はいやです。
    ただ、後ろの車に「ちゃんと前の車との車間を詰めろよ」と思われてもいやなので、あまりに空くときは詰めますが、できる限りはそのままでいようと思っています。
    また、実は7月の終わりにX3が納車となり、基本的にはオートホールドを利用しているのですが、オートホールドを利用していると、これまで以上にその場にとどまりたくなります。

    ところで、私もしばらく前からBMWを話題の中心としたブログを始めました。ponta様ほど深い話ではないのですが、思うところを書いていますので、もしよければのぞきにきてください。

    今後ともよろしくお願いします。

    • ゆっきー様

      初めまして!いつも当ブログにお越しいただきありがとうございます!コメントまで頂けて大変嬉しいです!

      >「ちゃんと前の車との車間を詰めろよ」
      そうなんですよね。これ、私もきになるんです。そこをあえて無視ですよ(笑)。ちょっとくらいなら見逃してもらってもいいかな、と・・・。まあ、渋滞しているときはすかさず詰めますが。あるいは、あらかじめ詰めすぎかな!というくらい詰めて止めて、じわじわ動いたらちょうどいいくらいに間が開くのを待つ、という(笑)。

      ゆっきー様はX3にお乗りなんですね!納車の日のワクワク感とかが伝わってきて、いいブログですね!今後もお邪魔します!

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!お気軽にコメントくださいね!

  • 確かにドライバーの問題もあると思いますが、もう一つ思うのが雑な動きをする車が原因じゃないかと思います。例えば直進性が悪かったり、ブレーキが唐突に効いたり、ATのクリープが強くてちょっと気を抜くとずるっと前進したり、なので雑な車に乗っているといつの間にか操作も雑になってしまうと思うのです。
    逆に118dに乗り換えて思うのはこういった微小な操作でも、ちゃんとリニアに反応してくれるので運転が雑になりにくいですね。それとあまりに鈍臭いのもストレスになりますので、この辺は流石BMWかと思います。

    この動画でジャーナリストの清水和夫さんが1シリーズについて褒めちぎってます^_^;

    • GSGSGS様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      なるほど!鋭いご指摘ですね。BMW乗りならではの視点と言えるでしょう。1シリーズから7シリーズ、果てはXシリーズまで判で押したように意図通りに動く(ハンドリングだけでなく)BMWではありえないですよね。そういえば、輸入車でこういう動きをする方って少ないかもしれません。まあ、輸入車に乗る方ってやっぱりそれなりにクルマに興味がある方でしょうから、そうした運転をする方も少ないのでしょうね。

      いや、清水和夫さんが褒めちぎるんですから本物ですよね。私も118dに乗った時にはその出来の良さに衝撃を受けましたから。そういえば、同じ姓のモータージャーナリスト、清水草一さんが中古で320dを購入したようで、WebCGに連載していますが、ここでも褒めちぎっていますね。

      やはりBMWはクルマ好きの琴線に触れる「何か」があるのでしょう。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です