BMW純正のディーゼルエンジン添加剤、2回目の投入。

先週のToto BMWのサーキットイベントで息子が執念で手に入れてくれたディーゼル添加剤ですが、その時は燃料がほぼ満タン状態だったために入れませんでした。そして今日、燃料が半分をちょっと切ったのを見計らって、早速投入して燃料も補給しました。

スポンサーリンク

これがBMW純正ディーゼル燃料添加剤

DSC_0305

以前もご紹介しました。1本目は入手するのを忘れていたために、直前にバタバタして入手しましたが、今回は打って変わって、既に手元にあるので、入れるタイミングはかるという余裕です(笑)。

ですが、今日、週末の買い出しに行く時に・・・見事に家に忘れてきました(笑)。家内に呆れられながら、わざわざ途中でUターンして家に戻り、気を取り直して再出発です。

半年に1回くらい、燃料が半分くらいの時に1本入れて、燃料を満タンにする。

これが私がディーラーで教わった入れ方です。もちろん、長らく入れていなかった場合には一気に2本投入するのもありだそうです。私は、乗っている期間を考えると、1年半くらい経つので今回が2回目ということは1回飛ばしていることになりますが、まあ、前回は今年のGWに入れたので、あまり気にせずに今回も1本だけ入れました。

GSについて、給油前にゴソゴソと何か取り出してやっている姿は怪しさ満点だったに違いありません。ですが、今日は天候も良くお出かけの方が多かったようですので、GSも私一人を観察しているほどヒマではなく、無事に給油も終えました。

別に悪いことをしているわけではないので堂々とやればいいんでしょうけど・・・。

ディーゼル添加剤を入れるメリット

ガソリンエンジンの時はわたしもそれほど「エンジンの汚れ」は気にしていませんでした。

今時のハイオクは必ず清浄剤が添加されていますからね。まあ、ガソリンエンジンの320iに乗っていた時にこの添加剤を入れて効果があったので、その時に考えを改めましたが。

ですが、現代の直噴エンジンというのは、その特性上「スス」つまりカーボンがが多く発生するそうです。つまり、エンジン内部にカーボンが堆積しやすいということですね。

そうすると、きめ細かい燃料噴射の制御が身上の直噴ターボエンジンにとっては大いに問題です。堆積したカーボンのせいで噴射した燃料が理想的な渦を生成して完全燃焼しないと、燃費が悪くなるばかりか、パワーダウンもしてしまいますし、排気ガスだって汚くなりますよね。

このエンジン添加剤を入れることで、そうした堆積したカーボンをお掃除してくれます。

スポンサーリンク

燃料に清浄剤が入っていないディーゼルエンジンのことを考えると、定期的な添加剤の投入は必須ではないかと私は考えています。

何年後かに、自分の愛車が黒煙を吹いて走るところなんか見たくないですからね。まあ、自分で運転していたら見れませんけど。

このような目的ですので、この添加剤を入れたら、エンジンを高回転まで回して、堆積したカーボンを吹き飛ばしてあげるとさらにいいでしょう。

ちなみに、エンジンを思いっきり回すと堆積したカーボンを吹き飛ばす効果があるので、最初の慣らしの時以や添加剤を入れた時以外も時々やっておくといいですよ。高速道路でシフトダウンしてやるといいかもしれません。

その時にガソリン車でもちょっと黒い煙が出ることがありますが、気にしないでください。というか、むしろ喜んでください。その黒煙が、堆積したカーボンが排出されて燃えている煙だそうですので。

今回はまだまだ効果は感じられませんが。

今日は本当にチョイ乗りでしたので、今回はまだ効果は出てきていません。

ですがこの添加剤、経験上は即効性があって、この時に満タンにした燃料が半分を切る頃には効果を体感できるはずですので、なんだか無駄に距離を走りたくなります。

そのせいか、無計画な我が家には珍しく、今度の週末は紅葉を見ながら温泉に行きたいとか、さりげなく先のドライブの予定を話題にして距離を伸ばそうと目論んで見ました(笑)。

まだまだエンジンの経年劣化などを気にするほどの年数ではないですが、こうして大事に乗っていけば劣化の進行をできるだけ遅くできそうで、気分的には安心できますよね。

プラセボでもいいんです。とはいえ、わざわざBMWが純正で出すくらいですから、効果が体感できなくても確実に効果はあるはずですよね。

そう、どこかのカー用品メーカーやガソリンの元売りなどがこの添加剤を出しているのだとちょっと怪しいのですが、クルマメーカー純正の安心感、BMWのエンジンに最適化されていそうな感じがする信頼感がいいんです。

あ、ですがちゃんと効果は体感できますよ。エンジンの感触が違ってくるのはすぐにわかるレベルです。

この添加剤に興味があるけれども、お付き合いのあるディーラーに置いてないという方も多いと思います。その辺は以前の記事にも書きましたが、そのような方のため、Amazonのリンクもご紹介しているのでこの記事をご参照ください。

BMW純正燃料添加剤の効果

また効果を体感したらご報告したいと思います。

では、今回はこの辺で失礼します。ありがとうございました。

スポンサーリンク













4 件のコメント

  • ディーゼルもそうかはわからないのですが、ガソリン車用はshellだった気がします。同じ成分(?)がshellのハイオクに入っていると聞きました。間違いでしたらすいません。

    • echigoya様

      早速有用な情報をお寄せいただきありがとうございます!

      そうなんですね。shellですか。ということはガソリン車の方はひたすらshellで入れ続ければ良さそうですね(笑)。確かに、shellのハイオク「V-パワー」は清浄性能をかなり声高に主張していますよね。ガソリン車の添加剤がshellのものというのは納得です。shellのガソリン価格が比較的高めなのもその辺に理由があるのでしょうか?

      軽油は・・・ちょっと調べて見た限りではわかりませんでした。以前当ブログでも書いたのですが、昔はプレミアム軽油という清浄剤入りの軽油があったらしいのですが、何分にも日本の経由に硫黄分が含まれていた頃の話で、今ではサルファフリーとなっているからか、どこの元売りでも軽油では清浄性能はうたっていませんね・・・。ですが、純正指定までしてだすということはどこかの軽油には入っているはずですよね。ちょっと軽油の流通に関して詳しくないのですが、もしかしたらヨーロッパではプレミアム軽油のようなものがあるらしいので、それに入っている成分なのかもしれませんね。もし日本でも清浄剤を軽油に入れている元売りメーカーさんがあればそこ一択で給油するのですが。

      それにしてもshellは評判がいいですね。フェラーリ乗り御用達なだけあります。実は私の自宅の近くにもshellのGSがあるのですが、単価が高いこともあってどうしても足が遠のいてしまいます。しかも、十分行動範囲なのですが、私の自宅からはちょっと距離がありまして、しかも目の前が超高級住宅街のところなので、いつもポルシェやメルセデスSクラスが普通に見えてしまうくらいの超高級車、ベントレーやフェラーリがいるので気が引けてしまって(笑)。

      ともあれ、お教えいただいて本当にありがとうございました!またんコメント、楽しみにお待ちしてます!

  • 添加剤、国産のときは、オイルに添加する、MT-10というのを入れたことがあります。エンジン音が静かになったような気がしました。この添加剤も、気になりますね。機会があれば、いれてみたいと思います。最近は、BMWディーラーに行く機会がめっきりなく、BMWの試乗もご無沙汰しております。前にも言いましたが、pontaさんは、購入後も、身近に良い担当さんが見えるので、うらやましい限りです。

    • bmwpopo様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      MTー10、ネットで調べて拝見しました。これは、金属の磨耗を防ぐタイプの添加剤ですね。私は実はアルファロメオもすきなのですが、かつて、エンジン設計上のクリアランスの大きいアルファ用に、チタンをコーチングする添加剤があったことを思い出しました。

      BMW純正添加剤は、ガソリン・ディーゼルに関わらず、直噴エンジンにおいて、従来のポート噴射のエンジンよりも多く発生するカーボンを除去する清浄機能を謳っている製品になりますのでMT-10とは性格は全く違うと思いますが、効果は覿面ですよ。一度是非お試しください。自分でも簡単に入れられますしね。

      私は今まで、というか大抵の方はそうかもしれませんが、クルマのディーラーとここまで良い関係が築けるとは思いもよりませんでした。長年Toto BMWさんでお世話になっているので特に意識することがないことも多いのですが、それにしても担当さんが変わっても同じレベルでのサービスがいつも受けられるのは本当に心強い限りです。これでは他メーカーに浮気したくなってもできません(笑)。

      何でしょうね?私がこのようにブログを書いているからと言って特罰扱いしてくださっているわけでもないですが、一番なのは、「めんどうくさがらずに真摯に話を聞いてくれる」「とにかくスタッフさんがみんなクルマ好き」というのが大きいのではないかと思います。

      bmwpopo様もそのようなディーラーと出会えるといいですね。

      では、またのコメント、楽しみにお待ちしております!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください