BMWのクリーンディーゼル vs. PHVの燃費対決!実燃費で、コストも比較。

私のようなディーゼルのオーナーだけでなく、これから購入しようとしてディーゼルかPHVかで迷っていらっしゃる方としては、実燃費が気になりますよね。今回は、私の経験の他に、知人との会話や当ブログに今までいただいたコメントから総合して、カタログ燃費ではない、実燃費での比較を試みてみたいと思います。

スポンサーリンク

1.  225xeアクティブツアラーのケース

少しだけおさらいしておきますと、225xeアクティブツアラー(以下単に「225xe」と呼びます。)は、218iと同じ1.5L3気筒ガソリンエンジンで前輪を駆動し、モーターで後輪を駆動します。システム最高出力は165kw(224ps)を誇り、この数値を見るとベビーギャングといってもいいほどの高出力ですよね。

実は、会社で知人が私を嬉しそうに見つけて教えてくれたのが、この記事のきっかけです。彼は普段はX3のxDrive20dに乗っておりまして、「ディーゼルの燃費が良くってやめられないっす!」と言っています。

そんな彼が、この間車検を迎えました。その際の代車として借りたのが、225xeだったそうなんです。そしてなんと、

「青森行っちゃいました(笑)」

は?聞き間違えたかな?でも今、青森って言ったような気が・・・。

「あ、もちろんディーラーには事前に言っておいたんですけどね。」

って、代車で青森まで行くなんていう人、初めて見ました(驚)。まあ、彼は私なんか目じゃないくらいの長距離ランナーでして、車検(1回目)の時の走行距離が50,000kmを超えていたほどです。しかも、そこまで長距離を走るのに、ほとんど高速を使わずに行くんですよね。

もう結論が見えてしまっていますが、ディーゼルかPHVかでいうと彼には100%ディーゼルが合っています。幾ら何でもこれは間違いありません。

で、225xeの燃費ですよね。

走行パターンは往路は白河まで下道で、そこからは高速道路で。復路は完全に下道で、ということでした。この走行パターンで、17.6km/L。ちょうどカタログ燃費通りですね。218iで17.3km/L、218dのカタログ燃費は22.2km/Lですからもう少し頑張って欲しいのですが、忘れてはいけないのは、30kmくらいならガソリンを1滴も使わずに走れることです。

そんな彼が言っていました。

「高速のSAで充電しようと思ったんですけど、形が違ってできなかったんですよね。できればもっと燃費が伸びたと思うんですが。」

まあ、今回の彼の使用パターンは長距離連続走行で、PHVの優位性が発揮されにくい状況だったことに加え、やはり途中での充電ができなかったことが大きく響いていますね。これはCGの2016年7月号における、BMW330e vs. メルセデス・ベンツC350eのテストと同じパターン、同じ結論ですね。

ですが、この高速走行が比較的少ないパターンでカタログ燃費を出すというのは大したものです。やはりPHV、市街地燃費がいいんですね。

2. 330eのケース

ここからは、当ブログにいただいた情報からです。

なんとも羨ましいことに、すでに330eをご購入された方がいらっしゃって、しかもお二方が当ブログ宛にコメントをお寄せくださっています。

本当にありがとうございます。情報をお寄せくださった2名以外の方々にも、この場をお借りして深く御礼申し上げます。大変心強く、いつも励まされます。

まず、お一方は330eに乗り換えて間もない方ですが、街中をちょこちょこと走って8km/L。

もうお一方は、330eに乗り始めて3ヶ月、お仕事に使用していらっしゃいます。外回りで20-25kmくらいだそうですが、それだけではエンジンは目覚めないので、エンジンを起こすべく400kmほどのドライブを2回。で通算燃費は、なんと20km/L!カタログ燃費(17.7km/L)を大きく上回る低燃費です。

ものすごく差がありますよね。運転パターンがPHVの想定にハマれば、ここまで燃費が伸びるものなんですね。驚異的です。

ここから推測されるのは、やはり従来から当ブログで言っている通りに、PHVで低燃費で走るのには走行パターンを選ぶようですね。あと、乗り始めてすぐのお一方目の方の結果を見るに、慣れといいうか、使用法もあるのかと思います。

つまり、十分な充電状態をいかに乗り始めに持ってこれるか、ということです。

これは、私がi3を代車で借りた時にディーラーの方から聞いた話ですが、室温は充電しているうちに調整しておいた方がいい、特に暖房には電力を使うので、冬場は室内を暖めてから出発しないと如実に航続距離が落ちます、とのことでした。

i3は十分な航続距離を持っているのか?カタログ通り120kmも走れる?

 

PHVだって、EV走行する距離が伸びた方が当然燃費はいいはずですからね。

3. 320dツーリングの場合

330eとの比較になりますが、私の320dツーリングは、iDriveアップデート前の通算燃費で14.5km/Lでした。これは大きく330eの方に水をあけられていますね(笑)。

ですが、ハイオクと軽油では、単価が違うので、燃費の数値だけを単純比較しても意味がありません。

一番大事なのは、コストです。では、いつも通りその場合の1kmあたりのコストの比較をしてみましょう。

2016/10/5現在、ハイオクの全国平均が129.4円/L、軽油が96.0円/Lですので、

330e::129.4円÷20km=約6.5円

320dツーリング:96.0÷14.5=約6.6円

なんと、ハイオクの方がわずかに有利ながら有意な差が認められません。

330eはその車名が示すとおり、320dよりもパワーがあり、システム最高出力は185kw(252ps)もあります。それでこの燃費とは、すごいですよね。

スポンサーリンク

 

感想と総括

トータルではPHVの方が維持費がかかりそう。

もちろん、PHVのコストを考える時、燃費だけではなくバッテリーの充電にかかる電気代も考慮しなければいけませんし、ライフスパンで見た維持費となると、何年後かに来るバッテリー交換の費用も見込まなければいけません。

これが、知人がディーラーに聞いた話ですと、X5のxDrive40eのケースとして聞いた話なのですが、バッテリーには5年とか7年の保証がついているものの、交換となると120万円かかるとのこと。

ひえええ。と、ちょっとおののきました。

でも330e好きです。

ですがPHVはかなり魅力的なクルマです。残念ながら3シリーズツーリングでは設定がない(対応グレードは4気筒ガソリンエンジンの330i)ので、ツーリング好きには330eは選べませんが、それでもなお、ツーリングを我慢してでも330eにしたい!と思わせるものがあるのも事実です。少なくとも、私はそうです。

330e試乗!新しい世界を見せてくれる環境対応車

BMW100周年記念車第8弾は330e。これ欲しいです。

PHVがもし急速充電できたとしても、充電しながら走行するのは現実的か?

ただ今回わかったのは、長距離はディーゼルが断然有利、短距離はPHVに軍配が上がる、という、当たり前のことが目の当たりになった、ということです。

そして、よく言われる、PHVにも急速充電さえあればもっと燃費は伸びたあろうということ。

これは真実だと思います。i8にはCHAdeMO対応のソケットがあり、急速充電できるのですが・・・。

でも、充電のコストと時間のロスというのも考えると、実はPHVは長距離を充電しながら走るということを想定していないのではないかと私は思います。BMWではi3を購入した人向けに「ChargeNow」というサービスを展開して、充電環境を整備しているので、私が上の記事で一見さんとして月会費も払わずに充電した場合よりは安いでしょうが、あまりに急速充電ばっかりしても却って高くついてしまうケースもあるでしょうからね。

現実的には、食事などの長時間休憩の時のみ充電し、その他は特に充電しない、というのがいいところかな、と私は思います。

でも、PHVはやはりEVと違って普通に走れるガソリンエンジンがあるので、たとえ充電環境が整っていなくても長距離ドライブで困らないのがEVに比べたら利点で、ディーゼルと同等の手軽さを実現していますよね。

さて、どっち?!

さて、あなたならどちらを選びますか?コメントでお気軽にお答えください。また、他のご意見も楽しみにお待ちしています!

では、今回はこの辺で失礼します。ありがとうございました。

スポンサーリンク













18 件のコメント

  • pontaさんおはようございます。
     今回の記事は、エコカー=ハイブリッドという某社の戦略に染まった日本人に、重要なサジェッションとなるものと拝察します。
     バブリーなころならいざ知らず、10年くらい一台に乗り続けることが当たり前になっている昨今、ハイブリッド車のバッテリー問題がマスコミに取り上げられないことが不思議です。PHEVもそこは同じでしょうが、欧州でディーゼルが支持されていることの意義をもっと知らしめてほしいものですね。
     今回の記事も大変参考になりました。小生も、明日納車予定でワクワクしています。

    • 桂様

      いつもコメントありがとうございます!

      確かに桂様がおっしゃる通り、なぜバッテリー交換のことが話題にならないのか、私も不思議でなりません。その点、ディーゼルはエンジンも頑丈で長持ちするので申し分ないですよね。PHVは、あくまで過渡期の技術だと私は思うのですが・・・行き着くところはやはり燃料電池と太陽電池のハイブリッドかな、と思います。もっとも、私がその時にまだ存命かどうかわかりませんが(笑)。

      それよりも、明日いよいよ納車ですか!私も自分のことのように楽しみです。C220dの方が優れている点など、ご遠慮なくコメントでお送りいただければ幸いです。

      また、お待ちしております!

  • 初めまして、AH3に乗っておりますCMOと申します。
    330eの情報、興味深く拝見致しました。

    当方のAH3、
    休日の街乗りですと10km/l程度、

    高速では、
    燃費を意識しない走りで12-13km/l程度、
    燃費を意識して走ると14-15km/l程度です。

    330e、高速での伸びは想定通りですが、
    街乗りで8km/lというのは少々驚きました。

    燃費については、320dは素晴らしいですね。
    私も代車で何回かお借りしましたが、
    高速なら、どんなに雑に走っても17km/lを割ることはなく、
    街乗りでもみるみる燃費がよくなっていく事に驚かされました。

    320deなんてモデルが出たら、
    凄い燃費をたたき出しそうですね 笑

    • CMO様

      初めまして!当ブログにお越しいただきありがとうございます。

      AH3にお乗りなんですね!私も当ブログで代車で借りた際のはしゃぎっぷりを披露してしまっていますが(笑)、本当に面白い、スーパー3シリーズですね。

      私は本当にはしゃぎすぎてしまって、街中でもそこまで良い燃費は出せませんでした。高速で14-15km/Lと言うのは、あの加速っぷりからすると驚異的とすら言えますね。

      本当におっしゃる通りだと思います。ディーゼルのハイブリッド、これが最強ですよね。発進だけモーターで、定速走行に移ったらエンジンで、と言うロジックであればバッテリーも比較的小さくて済み、かつ燃費はかなり改善されると思うのですが・・・。それこそ、Activehybridの技術を使用すればすぐにでもできそうなものですけどね。今現在ないのが残念です。

      貴重なお話ありがとうございました。これからも当ブログでお楽しみいただき、またコメントいただけると嬉しいです!お待ちしております!

  • 330eと320dの燃費対決、330e乗りとしては気になるところですね。
    結論から言ってしまえば、私のように普段は仕事で短距離使用、時々長距離ドライブという使い方なら330e。遠出や長距離が多い方は320d。ということになります。まさに、ご指摘の通りだと思います。
    私の場合、「電費」は充電器にタイマーを取り付け、基本的に深夜電力料金でまかなっています。ただし自由業なので早朝から客先へ出かけることもありますので、そのような時は事務所に帰ってからタイマーを外して、昼間料金で充電しています。
    このような使い方だけですと、それこそ一滴もガソリンを使わずに生涯を終えることだってあり得ます(笑)。
    もちろんエンジンは飾りでも重しでもありませんし、LCI後の4気筒ガソリンエンジンは低く重厚なサウンドにチューニング?されていますので、つい回したくなってしまうのも事実です。なによりモーターとエンジンの合作による痛快な加速は、一度体感するとやみつきになります。個人的には、これが330eを選ぶ最大の理由だとさえ思っています。ま、いい歳(65歳です)こいて思い切りアクセルを踏み込むことは滅多にありませんが。

    3ヶ月間330eに乗った感想(のようなもの)を、以下思いつくままに書かせていただきます。
    試行錯誤を繰り返しながらも、基本面倒くさがり屋なので、普段はAUTOとCOMFORTのデフォルトな組み合わせです。これだとバッテリー残量が10%を切ったところでエンジンが介入します。そのまま走行していると、ある程度リチャージしたところでモーター走行に切り替わり、延々その繰り返しになります。「急速充電したい場合はシフトノブを左に倒して」、ということですが、その分ガソリンも食うことになるので、目的意識的にスポーツ走行する時以外はやりません。
    80㎞/hを超えると、待ってましたとばかりエンジンが始動します。いきなりタコメーターが跳ね上がるので、エンジン大丈夫かと心配になります(笑)。
    10%の残量からフルチャージまで、約4時間半かかります。3時間半くらいと聞いていましたので、ちょっと長いなと。ひょっとしてうちの電圧が低いのか?(笑)。
    前に乗っていた320iMスポに比べると、バッテリーの重量が加わったせいか、乗り心地や直進安定性が落ち着いたような気がします。ぶっといリアタイヤもそれなりに相応しくなったかな。横に乗ったカミさんが、(前のクルマよりも)ずっと安定してるねと言っていましたし。

    さて、通算燃費が20㎞/Lとご報告しましたが、これにはカラクリがあって、実は「電費」は計算外です。先に書いたように、普段使いでエンジンをかけないのなら、ナンボでも伸びていきます。7月初めの納車でしたので、猛暑の3ヶ月間、エアコンをガンガン効かせて走った結果です。エアコンを使わなければ2割ほどは航続距離が伸びると思われます。
    燃料タンクが40Lと小さいので、800㎞以上を無給油で走りきることは無理かと。400㎞の日帰りドライブで、燃料計の針は真ん中よりやや左でした。純粋にハイブリッド走行だけだと12~13㎞/L程度かと推定します。
    欧州産のPHEVは、やはり途中充電を考慮していないのかも知れません。電池が切れたら発動機が(発電機も)あるじゃないか。それがPHEVでしょ、みたいな。
    だらだら書いてすみません。お伝えしたいことはまだまだありますが、今回はこのくらいで。
    なお、いつか某美人自動車評論家?が書いておられたような、トランク内が異常に熱くなる現象は、今までのところありません。でもチョコレートは入れないようにします(笑)。

    • 夢酒様

      非常に詳しいレポをありがとうございます。

      やはり充電で走るだけですとガソリンを1滴も使わないのですね。これはすごいです。本当にほぼEVですね。

      i3には充電タイマーがiDriveの設定にありました。そこに自分が消え訳している電力会社の最安時間帯を入力し、即充電するか否かを設定しておけば、充電コードを繋いでもすぐには充電しないようにできたようです。「ようです」と推測なのは、私がi3を借りた時にメニューで見たのですが、実際に試したわけではないので・・・。
      この設定、330eにはありませんでしょうか?

      330eは確かに車重が重いので非常に落ち着いた乗り心地ですよね。もしかしたら3シリーズ随一のプレミアム感ではないかと思います。Activehybrid3でもそうでしたが、バッテリーで車体が重くなると言うのは、乗り心地には有利ですからね。よりフラット感が増します。
      M Sportということですが、Activehybrid3と同じく、スポーツサスではないのではないでしょうか?だとすると、乗り心地・安定感に静粛性まで加わって、心地よいでしょうね。

      長距離走行の時は、あえてシフトレバーを左に倒して、マニュアルで8速まで上げて延々と充電すればなんとか80%まで行きませんでしょうか?当ブログで何度かお伝えしている通り、私には妄想癖がありまして、「左に倒せば80%まで充電」と聞いてからは、ということは高速道路ではシフトレバーを左に倒してマニュアルシフトで8速で低速走行して充電して、高速を降りたらEV走行できるようにしておけばもしかして最強?と、買いもしないのに必死で考えておりました(笑)。

      それにしてもPHVは過渡期の技術とは思いますが、無酒様がおっしゃられているように、バッテリーが切れてもエンジンで走れるという柔軟性が非常に魅力的ですよね。i3のように暖房で極端に航続距離が落ちるということもなさそうですし。

      また330eのレポをお聞かせください。もちろん、他にもなんでも結構です。またのコメント、楽しみにお待ちしております!

      • すみません。自分の名前を間違えてしまいました。無酒ではなく夢酒です。「ムッシュ」と呼びます。でも大酒飲みではありません(笑)。
        だらだら長い駄文に丁寧なご返信を有り難うございました。
        充電設備の件は知り合いの電気屋さん任せでしたので、i3のような充電タイマーの設定があったのかどうか覚えていません(汗)。その電気屋さんは三菱のアウトランダーにも乗っておられるので、手慣れたものでしたけど。
        高速道路等で「シフトレバーを左に倒してマニュアルで」充電することについては、知ってはいたものの、どうせガソリン食うから意味ないと、頭から決めてかかっておりました。年食うと固定観念が抜けなくて困ったものです。機会を見つけてやってみようと思います。
        やがてヒーターが必要な季節になりますが、バッテリーにどれほどの負担がかかるのか、またどうすれば気持ちよく乗れるのか、ちょっとワクワクしています(笑)。

        • 夢酒様

          いつもコメントいただきありがとうございます!

          そうですよね。「夢酒」様ですよね(笑)。勝手ながら私の方で修正させていただきました。
          私も「きっと『ムッシュ』様なんだろうなー、と思っておりました。

          おそらくですが、330eの暖房はi3と違ってヒートポンプではないと思います。せっかくエンジンがついていますので、エンジンが温まるまではエンジンがかかってしまうのではないかと推測しております。最強の熱源ですからね(笑)。

          充電時間の設定は、iDriveの中にありませんでしょうか?i3だけなのかもしれないのではっきりとは申し上げられませんが、ちょっとわかりにくい箇所に設定があったような記憶があります。
          もしかしたら取扱説明書に何か書かれているかもしれませんね。

          では、またのコメントを楽しみにお待ちしております。また、ゆうた様へのご返信もありがとうございます。こうした交流が広がるといいですね。私も何だかワクワクします。

          今後ともよろしくおねがいします!

  •  PONTAさん,こんばんは。
     いつも有益な記事をありがとうございます。

     先回,330e乗り始めの件を書かせていただきました。
    その後せっせとクルマを走らせています。今回は300km(うち高速は60km)を走り,10km/lの燃費でした。充電設備がなく,全く充電をしない,ガソリンのみの走行です。お宅で充電可能なユーザーがいらっしゃるようですが,うらやましいです。あの充電用道具の出し入れを考えると,町中で充電というのは億劫にも思えますが,どうなんでしょうね。
     新車の価格と比べると100万を超える交換費用は少々割高な気がします。それでも,楽しい乗り方ができるならばその負担は我慢してもいいかなと,今は思っています。もっともその時期になったらどう思うか定かではありません(笑)。それはともかく,save modeで走行しているときのエンジンの力強さを考えると,死んでしまったバッテリを登載したままの走行が危険でなければ(危ないような気もしますが),専らガソリンエンジン車として乗り倒す手もあるかもしれませんね。
     エンジンは瞬間的に3000回転になる程度しか踏み込んでいません。エンジン音は相当遮音されているようですが,Mercedesのエンジンとは違って,踏み込んだらどんな音なんだろうという興味を抱かせる音でした。BMW初心者としては,シルキーシックスと呼ばれるエンジン音の残響でもあったらいいなあと思っています。

     また新しい記事を楽しみしております。

    • 横から失礼いたします。ゆうた様と同じく330e乗りの夢酒と言います。
      たしかに現状では町中での充電設備の利用は億劫ですね。道具の出し入れに加えて、普通充電で3時間以上もかかっては現実性がありません。1時間程度では数キロしか走れませんし・・・。
      BMWのウォールボックスは見た目かっこいいのですが、アレは高すぎます。たしか工賃別で15万円くらいするんですよね。なによりウチみたいなボロ家には全然似合いません(笑)。
      ディーラーの営業マン氏も、「ウチでやると高いですから、お知り合いの電気屋さんに頼まれた方がいいですよ」と言っていました。中身はパナソニックの汎用品みたいですので、工賃を含めて8万弱で取り付けてもらいました。電気の質に変わりはありませんから(笑)、ponta様の仰るように、もしご自宅で取り付けることが可能なら、検討される価値はあると思います。
      生来のものぐさで、毎日ソケットを突っ込んで充電するなんてメンドクサイと思っていましたが、今では楽しみにさえなっていますよ。
      もちろんハイブリッド車として「乗り倒す」手もありますね。ponta様のご意見は大変参考になります。このクルマは知れば知るほど奥が深いです。またBMWジャパンも本気でインフラ整備に取りかかっているようですし、いろいろな可能性を秘めていると思います。
      100万超えのバッテリー交換費用について、「楽しい乗り方ができるならばその負担は我慢しても・・・」のご意見に、我が意を強くしました。その頃にはもっと改良され安くなっているかも知れませんしね。
      私はE46後期の320i(2.2Lのいわゆるスモールシックスです)で、小排気量とはいえBMW6気筒の気持ちよさを堪能し、10年乗りました。F30になってからは6発エンジンは高嶺の花となり、4気筒のショボい(失礼)音にがっかりしたものです。でもLCl後は生まれ変わったように滑らかで気持ちの良いサウンドを聞かせてくれます。6気筒とはまた違った、新しい感覚の「駆け抜ける喜び」を与えてくれているように思います。
      横から長文、大変失礼しました。私も330e初心者ですので、今後ともよろしくお願いいたします。

      •  PONTA様,夢酒様,こんにちは。コメントありがとうございました。
         マンション住まいですので,充電設備は残念ながら無理で、電気のみで気持ちよく走行する機会は多くありません。室内にはエアコン用の200V配線はあるのですが(笑)。
         save modeで走行すると90%程度まで充電可能です。たしか50%程度の充電状態を維持するということだったような気がしますが、少し事情が違うようです。S modeでも充電できそうですが,S modeは町乗りでは少しパワーがありますので,ゆっくり目に発進するeco proで緩行しながら充電しています。
         save modeとeco proで走行が中心になって,以前よりも走行車線を走ることが多くなりました。年齢相当の走行スタイルになったのは,買換えの思わぬ副次的効果ですが,前のクルマを運転していたときと比較し,割り込みをする車やヘッドライトが見えないほど接近する後車(これは怖いです)が増えたような気がします。
         330eは,慣れるにつれて好きになってきています。ダウンサイズをしたら満足できるクルマに出会えるか疑問を持っていましたが,今はこれに買い換えて良かったと思っています。走行距離が2000kmになり,エンジンをフル回転できるのが楽しみです。
         またの記事を楽しみしております。
         
         

        • ゆうた様

          いつもコメントありがとうございます。

          save modeでも90%まで充電できるんですね。オーナーではない外野の私としては、それだけでも十分なような気がします。バッテリー容量を考えると、充分な距離をEV走行できますね。まあ、毎回というわけにはいかないかもしれませんが・・・。

          ゆうた様のご事情を勘案すると、実はゆうた様は330eと320dの比較でよく言われる、「長距離なら320d、短距離が多いなら330e」に当てはまらないかもしれませんね。つまり、長距離を走られた方が燃費が良くなる、ということです。

          330eのガソリンエンジンは320iのものと同じですので、バッテリーによる車重増加分を勘案しても、高速をおとなしく走る限り18km/Lくらいは走るでしょう。そしてその間ずっとエンジンでそうこうして、目的地付近のICで降りて、一般道はほぼEV走行、というパターンがぴったりな気がします。

          ちなみに、私もディーゼルに変えてからおとなしく走るようになりました(笑)。確かに、走行車線を走っているのに後ろにぴったりとくっつかれたり、割り込みされたりというのは多くなりましたね。そういう輩は大抵、某大メーカーのミニバンですとか、HVに乗っていますが、そんな運転じゃクルマが泣いちゃいますよね。

          若干愚痴になりますが、最近は特に運転マナーだけでなく運転技術が低下しているように思います。もちろん、昔から後ろにくっつ到割り込んだりする人はいましたが、それなりに運転が上手い人がやっていた気がするんですね。ですが今は、クルマの限界や特性も把握せずにただやっているというか・・・「質」の低下をものすごく感じます。

          なんだかゆうた様のコメントを拝見すると、好きになっているどころではなく、非常にクルマを慈しんで乗っていらっしゃるのが伝わって来て、私もハッとして考え直させられます。
          今後も引き続き330eのことを色々お教えください。またのコメント、楽しみにお待ちしております。

    • ゆうた様

      いつもコメントいただきありがとうございます。330eの追加レポ、大変興味深く読ませていただきました。

      ゆうた様の燃費を伺って、恐らく十分な充電がされていないのだろうと勝手に想像しておりましたが、やはりそうでしたか。エンジン自体は320iと同じエンジンで、扱いやすさと燃費には定評のあるエンジンですが、「街中で8km/L」という数値が私の記憶の中の320iとほぼ同じでしたので・・・。

      図らずも、先の無酒様のコメントと合わせると、充電状態で燃費が全然違う、対比が大変興味深いですね。ですが、シフトレバーを左に倒して走れば80%までは充電できるので、結構EV走行できるくらいには貯まるはずですよ。シフトレバーを左に倒しても、マニュアルシフトすれば8速まで上がりますし、高速での低速走行はむしろ内燃機関の方が得意ですので、今度お試しください!

      充電設備は確か200Vのソケットを新設するんですよね?私がディーラーで聞いたところ、あの、BMWのウォールボックスがなくても別に大丈夫です、と言われたのですが・・・実際はどうなんでしょう?特に充電が早くなるわけでもないようですし、330eはもしかしたらゆうた様のような通常のHVとしてのしようも視野に入れられているようですので、あまり気にされなくてもいいかもしれません。ただ、ちょこちょこノリが多いのであれば、やはり充電設備の増設はご検討された方がいいのでしょうね。

      エンジンは・・・私が乗っていた320iと同じエンジンとは思えないほどスムーズです(笑)。330eの試乗でここは大変衝撃を受けた部分で、このエンジンとこのフラット感の高い良好な乗り心地だけでも330eの価値がある!と思ったくらいです(笑)。4気筒ですが、相当いい感触のエンジンですよ。

      ではまたのコメント、楽しみにお待ちしています!またぜひ330eのお話をお聞かせくださいね。もちろん、どんなコメントも大歓迎です!よろしくお願いします!

  • pontaさんと同じの320dツーリング乗りです。
    9月に三重県からBMW Tokyo Bayに行って来ました。その行きは、気合を入れて、燃費チャレンジ!今までも、ディーゼルの燃費は、カタログ値は、簡単に越える値をだしていましたので、期待していましたが、期待以上でした。今までは、コンフォートで燃費を試していましたが、エコプロを使ってみました。そして、エアコン23℃設定、高速はACCです。みんからには、画像を掲載しているので、リンク掲載しておきますので、興味がありましたら、ご覧下さい。(自慢じゃないですよ!笑)
    372キロ走って、燃費29.2です。都内に入るまでは、30越えもあったのですが、30維持は無理でした。

    お台場を楽しんでから、帰りは、せっかくなので東京で寄り道しながら、都内で渋滞にはまり、高速をいえないような速度で、帰ってきましたら、798.7キロ走って、燃費21.5でした。

    今回の燃費は、極端ですが、普段乗りですと、燃費は、リッター14キロ程度です。
    長距離&高速は、間違いなく、ディーゼル有利でしょう。長距離を走ったときは、燃費をみていますが、本当に良い燃費で、関心する所です。冬、スタッドレスに交換しても、それほどかわりない燃費も、驚くところです。

    PHVは試乗させてもらいましたが、電気で走行できる短距離使いの方には、最高ではないでしょうか?
    どちらも、メリットがありますので、甲乙つけがたいですが、ディーゼルのパワフルな感じと、燃費の良さには、かなり予想をうわまわりました。ただ、アイドリングのエンジン音や振動は、当初より、気になるようにはなってきました。

    • bmwpopo様

      いつもコメントいただきありがとうございます!
      三重県から東京までののドライブ、本当にお疲れ様でした!

      みんから拝見しました。すごいですね!M5にi8、そしてX5 xDrive35dですか!確かに前2台は現実味がないですね(笑)。でもM5って、普段使いもできそうじゃないですか?

      それにしてもすごい燃費ですね!エアコンONで29.2km/Lとは!ルートは三重からですと、伊勢湾岸〜新東名〜東名〜首都高4号〜中央環状(山手トンネル)〜湾岸線でしょうか?いやー、それにしても相当に自制して走られたのではないかと思います。

      そして帰路は・・・やはりちょっと下がりましたか。そうなんですよね。ここがターボエンジンらしいというか、特性がそのままですよね。

      低回転域で走っていると信じられない燃費で走りますが、回すと落ち込みますよね。落ち込むといっても19km/L以上ですので全く悪い燃費ではないですが・・・。

      慣れてくるとそうですね、音と振動って最初に感動したほどではなくなってきます。ですがこれは本当にただ単なる慣れなんですよ。

      例えば、私がかつてE90からF30に乗り換えた時、初めて乗った時には「え?!これでエンジンかかっているの?!」と驚きました。ですが、慣れてくるとちゃんとエンジン音もしますし、振動も感じられるようになってきます。
      こうしたご経験ございませんでしょうか?そこに「ディーゼル」だから、というフィルターがかかると、一層気になるんですよね。

      当ブログでもご紹介している、M2に試乗した時の話ですが、試乗を終えて私の320dツーリングに乗ると、静かで振動もなさすぎて笑っちゃいました。M2はかなりの音でしたし、振動もビリビリくるものですから。M3と比べても静かですよ。

      というわけで、たまに他の車を試してみられると、愛車を客観的に見られるようになりますよ。アウディを見にいった記事でも書いていますが、私が他メーカーのクルマでもひょいひょい見にいくのはこのためです。そして、より愛着を持って愛車を見れるようになるんですよ。bmwpopo様もレクサスやポルシェなど色々試乗なさっていたりするので、同じかと思いますが・・・。

      では、またのコメントを楽しみにお待ちしております!また燃費チャレンジされたら教えてくださいね。みんからの貴ブログも、これからお邪魔させていただきますのでよろしくお願いします!

      • pontaさん、レクサスにお乗りになった事がないそうですので、1度レクサスディーラーに行かれて、320Dの良さをさらに、実感してください^^

        • bmwpopo様

          いつもコメントいただきありがとうございます!

          そうですね、レクサスは最近本当によくなって来ているようですので興味津々です。ですが、ダウンサイジングエンジンとディーゼルがまだまだですよね。ダウンサイジングターボは投入されましたが・・・。

          おそらく買うことはないと思いますが、自分の中の評価軸を定めるためにも機会を設けて試乗させてもらいたいですね。IS200tかな、と個人的には思っています。
          bmwpopo様おっしゃる通り、320dの良さを再確認できるといいですよね。

          では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

      • >私が他メーカーのクルマでもひょいひょい見にいくのはこのためです。
        >そして、より愛着を持って愛車を見>れるようになるんですよ。
        >bmwpopo様もレクサスやポルシェなど色々試乗なさっていたりするので、同じか>と思いますが・・・。

        新しい車がでると、試乗をしたくなります。試乗大好きです。BMW、ベンツ、アウディ、レクサス、何でもきになった車、ディーラーさんには、ぶらっと出向きます。笑 
        人間の感覚というのは、いい加減で、違う車に乗ると、すぐ、その車の感覚になります。代車などを数日借りると、体が、代車に慣れてきます。1年点検の際、代車を2日間借りました。最新の740i新車のような車でした。BMWの中でも、最高クラスの車です。最新の3000CCターボは、燃費も10程度はしります。乗り心地も良く、素晴しく良かったです。(当然ですね)7シリとはいえ、基本はBMWですので、操作などは、3シリと共通な部分が多く、何も違和感なく走れます。

        そういう、最高の車を2日間、乗った後に、自分の320Dに乗り換えたときのギャップでがっかりするかと思いましたが、それが、まったくなく、逆に、オイル交換されて、加速が軽い、軽い、スイスイはしります。音も、まったく煩く感じませんでした。あれ?7シリより軽快じゃん!と 笑 
        320Dのディーゼルは良いと思った瞬間でした。

        代車が、1シリーズの時も、1に乗っているときは、これでも、十分だねって思っていましたが、自分の3に乗ったら、全然違う!!3のほうがぜんぜん良い思いました。笑

        試乗する機会は結構あります。自分の車より、高級な車も多いです。試乗後、帰りに、自分の車に乗ってかえりますが、今まで、320Dに乗ってから、試乗後、自分の車に乗ってガッカリと思った事はほとんどないように思います。唯一、それを感じたのは、ポルシェマカンGTSのフリー試乗した後ぐらいです。ポルシェは別格と言えます。

  • ゆうた にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です