Carly for BMWでのコーディングをミスって入院。代車は驚きのi3でした。

だいぶ前の記事で、Carly for BMWがF系のコーディングに対応したので早速試してみようとしていることをご紹介しました。その後ずっと放置していたわけではありませんが、トラブルに直面してサポートを仰ぎ、ついに思い切ってディーラーに相談した、というわけです。無謀だと思われるかもしれませんが、さすがToto BMWさん、親身になって相談に乗ってくれただけでなく、想像以上のプレゼントまでしてくださいました。

スポンサーリンク

まずは復習。

この記事を書いた後、Carly for BMWである程度コーディングを行ってできることを記事にまとめようと思っていました。

禁断のコーディング ~ Carly for BMW

禁断のコーディングに挑戦!まずはCarly for BMW Liteで接続確認。

実はこの後すぐにコーディングに取り掛かりました。まずは手始めにスタートアップ画面をM Performance化。

6e1fafd2-6ab1-4884-bc70-a48ba28fd51b

これは簡単でした。やり方は間も無くまとめるのでもう少しお待ち下さい。

そしてさらにはウィンカーの5回点滅。ここまでやって、試しにデイタイムランニングライトをやってみようかと思った時でした。

項目としてはありましたので同じ手順でやってみたら・・・

310cde78-e07f-4d93-9099-ec9a16b367c1

は?な、なんですか?これ。

そして全く先に進めなくなりました・・・。

しょうがないのでサポートにメール。

これはラチがあきません。そしてここから、今にして思えばなんでそんなことをやってしまったんだろうということをやってしましました。絶対に真似しないでくださいね。

それは、アプリをアンインストールして再インストールという、禁じ手です。

昔まだMacがMacintoshといっていて、Performaという一体型のパソコンの頃から使っていた私としては、Macは何かあったら強制再起動・再インストールという刷り込みができてしまっています。

それをやってしまったんですね。

だって、ここに何かパスワード的なものを入れるんでしょうが、そんなのどこにも書いてないのでリセットしたかったんです。

そしてKOMBIとFEMという二つのECUのうち、FEMに全くアクセスできなくなってしまいました。

しょうがなく、サポートにメールです。時差がありますし、向こうも調べながらですのでむちゃくちゃ時間がかかりました。

何通ものメールが飛び交ったのですが、肝心なところだけをご紹介すると、

私「これこれこうでこう言う画面になってしまったんですが。」
サ「Hi!トラブルだね。そこにはPINコードを入れるんだよ。」
私「そのPINコードがわからないんですが。」
サ「そのメッセージをスクロールダウンすると出て来るだろ?」

スポンサーリンク

なんですとーーー?!

私「実は再インストールしちゃいました。」
サ「Oh、それはまずい。実はアップデートしたばかりで、そのバージョンだと必ず初期設定がメールで飛ぶようになっているからすぐに復旧できるんだが・・・ログはないかい?」
私「これ?」
サ「No」
(数回繰り返す)
私「・・・もしかして、もう初期化するしか手がない?」
サ「・・・」

最後は本当にこんな感じでした。

このやり取りに1ヶ月以上費やしましたね。

そこでしばらく考えたのち、こっそりとToto BMWさんのサービスにご相談してみたんです。

そして初期化へ。

当初は、「バッテリー端子を外してしばらく放置したのちに再接続する」という方法もあるとご紹介されました。入庫して上書きもできるけど、1泊お時間ください、と。

そんなに再インストールって時間がかかるんでしょうか?と思い、より詳しくうかがってみると、そうではなく、インストール自体は2〜3時間で終了するものの、その後少なくとも半日以上置いてみて、バグがないかどうかを確認するとのことです。

バッテリーの端子外しも基本は同じ。しばらく完全に電源を断つことでリセットされ、初期状態が再インストールされるということだそうです。したがって、こちらは何かあった時に対処できないので、かなり危険が伴いリスキーであるとのこと。

で、コーディングって色々言われていますけど、入院可能なんでしょうか?と伺ったところ・・・「いいですよ」とのこと。

本当に驚きました。

これで治るのかどうかわかりませんが、とりあえずお願いすることにし、今日、所用を済ませた後に預けてきたわけです。

代車にびっくり。

Toto BMWさんに着いた時、2台の車が並んでいるのが目に入りました。i3と330e。代車を用意してくださる時は必ず表に出してきてくださっているので、このどちらかだろうなー、でもさすがにi3はないか、と思いながら駐車しました。

すると相変わらず元気なご担当のUさんが出ていらっしゃって、しきりにi3の中を覗き込んでいます。そこに以前もお世話になったサービスフロントのFさんもいらっしゃって、3人で車談義に話を咲かせていたところ、突然Fさんが、

「充電はもうできたかな?」

と言い出しました。Uさんも、

「もう満充電なりましたー」

とか答えています。

まさか。

「今日の代車、これです。i3。」

・・・本当に?いいんですか?私、そういえばこんなキャンペーンに申し込んで、未だに連絡が来ていない・・・ということは外れたんですよね。

i3の2週間モニターキャンペーンに申し込んでは見たけれど。

そうしたらまさかのリベンジです。いや、たった1日、しかもToto BMWさんと自宅の往復ですが、これは嬉しいプレゼントでした。

それにしても、治りますかね?

どうなるかは、私にもわかりませんが、これで治ったらいいですね。そうしたら、時計のGPS連動とかもやってみたいです。また、ウィンカーの玉切れチェックのオフという項目もありますので、もしかしたら、PIAAのLEDよりも明るいウィンカーに変更できるかもしれません。

今の320dで気になるところ。オートライト・ウィンカーなど。

ご参考までに、デイタイムランニングライトは現在の日本では、厳密に言うと残念ながら違法なようですので、断念せざるを得ないようです。

治るかどうか・・・実際に明日受け取ってすぐには確認できないと思いますが、必ずご報告します。

あ、もちろんi3の印象もご報告しますよ。ご期待ください。予告的なことを言いますと・・・意外と使えるかも?!という印象ながら、改善して欲しい点も散見されました。

では、今回はこの辺で失礼します。ありがとうございました。

スポンサーリンク