BMW M8がニュルブルクリンクでテスト中!

M8・・・なんだか違和感のある響きですが、8シリーズが復活したら当然追加されるべき車種ですよね。これがニュルブルクリンクでテスト中だそうです。

スポンサーリンク

M8

BMWが8シリーズを復活させるという噂が絶えないことは当ブログでも再三お伝えしていますが、もしかしたらお若い方はかつての8シリーズを知らないか知れませんね。念のため、当ブログで以前ご紹介しているのが以下の記事です。

8シリーズ復活するんですね。

2016.07.12

そして以前も8シリーズが開発中の姿をキャッチしたことをお伝えしましたが、個人的には今回の記事の方が8シリーズが流麗なスタイリングを備えていることがわかる写真でしたのでご紹介したいと思います。

ニュルに新怪物!BMW史上最強クーペ、600馬力の「M8」をスクープ

BMWが20年振りに復活を目指す、フラッグシップ・クーペ「8シリーズ」の頂点に立つ「M8」プロトタイプを、カメラが初めて捉えました。

ニュルの高速テストで捉えたその試作車は、フロントバンパーに巨大なエアインテーク、大径アロイホイール&ブレーキローターを装備。

パワートレインは、最大馬力600psとも噂される4.4リットルV型8気筒ツインターボや、直列4気筒ツインパワー・ターボと電気モーターを組み合わせた、「840e」プラグインハイブリッドのラインナップが予想されます。

「M8」モデルラインナップには、クーペのほか「グランクーペ」や「コンバーチブル」も登場する可能性が高く、90年代「8シリーズ」に設定されなかった最強Mモデルが大暴れしそうです。

ワールドプレミアは2019年と思われます。

(APOLLO)

ニュルに新怪物!BMW史上最強クーペ、600馬力の「M8」をスクープ写真を拡大ニュルに新怪物!BMW史上最強クーペ、600馬力の「M8」をスクープ写真を拡大ニュルに新怪物!BMW史上最強クーペ、600馬力の「M8」をスクープ写真を拡大ニュルに新怪物!BMW史上最強クーペ、600馬力の「M8」をスクープ写真を拡大ニュルに新怪物!BMW史上最強クーペ、600馬力の「M8」をスクープ写真を拡大

すべての写真を見る(11枚)

(クリッカー APOLLO)

カモフラージュはされていますが、大まかなスタイリングはよくわかりますよね。

スポンサーリンク

伸びやかなスタイリング

ボディサイズに制限を受けないラグジュアリークーペだけにかなり伸びやかなスタイリングをしていますよね。特にリアのなだらかに落ちるルーフラインからリアガラスを経てリアオーバーハングまで続くラインは美しいです。カモフラージュがされた状態なのでちょっとオーバーハングが長いような気がしますが、この辺りははおそらくサイドにプレスラインが走ってさほど目立たなくなって来るでしょう。

個人的には少し現行の4シリーズクーペのボディラインとの共通点があると感じています。要するに、BMWのクーペの文法に沿ったスタイリングということが言えるのでしょうね。

そして顔つきは、G型に変わってからの5シリーズ・7シリーズとの共通点を感じさせるものになるのではないかと思いますが、F13系の現行6シリーズでは少し個性的な顔つきが与えられていますので、「そのまんま5/7シリーズ」には当然んあらないでしょう。だって、3シリーズと4シリーズだって、よーく見ると顔つきが違いますもんね。4シリーズの方がちょっとつり目というか。

エンジンは600馬力。ということは・・・

これと一緒ですね。

BMW 次期M5のスペックはスーパースポーツにも優るとも劣らず。

2017.04.22

と、ご紹介した記事にも書いているじゃないですか?でも・・・そうですかね?ここが個人的にはちょっとひかかるんです。

いかがですか?「BMWのフラッグシップクーペ」「ベントレーコンチネンタルやメルセデスSクラスクーペがライバル」という車の、しかもM仕様ですよ?M純正ではなくMのチューンですけど、このエンジンは使わないんでしょうか?

7シリーズのラインアップと装備が充実!PHVがエントリーモデルに、M PERFORMANCEモデルも!

2016.10.13

このV12エンジン、上の記事を書いた時は知りませんでしたが、どうもこれ、ロールス・ロイスに搭載しているV12ではないでしょうか?となると、まさにフラッグシップにふさわしいと思うのですが・・・。MはMでも最近はやりの「M860i」とかに乗るんですかね?いや、でもそうすると最高出力が610psですので、わずかながらにM8の600馬力を上回ってしまいますね。これはBMWのヒエラルヒー的にはありえないことです。

この辺が今ひとつ私にはしっくりきていないところです。ただ、他メーカーを見てもラグジュアリーを極めたV12搭載モデルに後からV8モデルが追加されるというのはよくある話(最近ではフェラーリGTC4Lussoなんかがそうですよね)ですので、このクラスもむしろV8の方が人気があるのかも知れません。

もしかして、V8だけではなく、F1的なという意味でHVになるとか?!・・・ちょっとそれはないでしょうかね。

カモフラージュなしの姿が早く見たいです。

自分で購入できるクルマでもないですが、やはり自分が好きなBMWが満を辞して投入するフラッグシップクーペですから、やっぱり気になりますし、それどころか興味ありありです。どんなカッコいいスタイリングで出してくれるのか、走行性能はどうなのか。

個人的にはあの、5シリーズでのダブルプレスラインが引き継がれるのかに興味があります。あのシャープな美しさは、もっと彫りを深くしたらクーペにこそ似合いそうだと思うんですよね。

M8の発表は再来年ですか。それまで気長に待つしかありませんね。まあ、その前に「M」ではない8シリーズが発表されるのでスタイリングはわかりますので、ますはそれをうずうずしながら待ちますか。

では、今回はこの辺で失礼します。ありがとうございました。

スポンサーリンク













4 件のコメント

  • 別の情報では8クーペには860iもあるようです。これがV12積むんでしょうか?M850iはxDriveでしょうし、M8は当然xDriveでしょうね。M8は運動性能を重視して比較的ヘッドの軽いV8が妥当じゃないかと個人的には思います。
    8クーペ及び8カブリオレが2018末から2020迄に順次世に出るようなので、M8はそれほど早くは出てこないかも知れません。
    写真ではかなり大きく見えますが、全長5m程という事なので現行6シリーズとそれ程変わりないですね。
    残された6シリーズが5シリーズから異動になるグランツーリスモのみなのか、クーペやカブリオレも出るのかも気になります。今のところそういう情報には出会っていませんが…

    • あっきろ様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      なるほど、ということは860iがもしかしたらマイルドMシリーズになって「M860i」とかで、M8はV8でノーズを軽く、というのは非常に説得力がありますね。さすがのあっきろ様のご慧眼です。

      おっしゃる通り、サイズ的にあんまり6シリーズと変わっていないような・・・じゃあなんでわざわざ「8」を復活させたのだろう?と思いますよね?結局、6シリーズが上級移行するために8シリーズにしたのではないか?という考え方もできますが、穿った見方に過ぎるでしょうか?

      GTの車種拡大というのは、あり得るのでしょうかね?元々、GTってシーザーサラダのような成り立ちじゃないですか?要するに、「あったものを組み合わせて作ったらうまくできちゃった』見たいね感じで。確かシーザーサラダはそうだった気がします。GTも中国だけのためにロングホイールベース板のシャシーなんて作っていたら割りに合わない、そうだ、これでSUV的なものを作ってしまえ!という感じ・・・じゃないとは思いますが・・・まあ、そういうことで(笑)。そう考えると、GTの車種拡大は中国市場の動向が鍵を握っているかもしれません。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • 年齢が若いので、8シリーズ知りません 笑
    Mpontaはいつ、登場するのでしょうか?楽しみです。600キロにパワーアップ??

    • bmwpopo様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      えーっと、またすぐわかるようなウソを(笑)。以前頂いたコメントの中でのbmwpopo様の華麗なクルマ遍歴の一部だけでも、8シリーズの時には既にこの世に生を受けていたことは確実ですから(笑)。

      Mpontaですか?私をBMW Motor Sportに持ち込んでチューンしてくれたら嬉しいですけどね。あ、それでしたらALPINAに持ち込んで欲しいかもです。そこで吸排気関係のチューニングで最大酸素摂取量を増大させて、下半身にはスポーツサスを組み込んで強靭かつしなやかな足腰を作り上げ、そして筋繊維を肥大化させてパワーアップ!妙にたくましくて素早い動きで力持ちの中年親父ができますよね。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください