2シリーズアクティブツアラーLCI!新しいBMWファミリー共通の顔つきへ!

日本だけでなく、世界中で人気を博しているという2シリーズアクティブツアラーですが、早くもLCIの車両がキャッチされた様です。

スポンサーリンク

2シリーズアクティブツアラーLCIモデル

まずは以下の記事をご覧ください。

2017.4.13

日本発売から2年半足らず。BMW2シリーズ アクティブツアラーにもう改良新型!

FF採用BMW初のミニバン、「2シリーズ アクティブツアラー」の改良型プロトタイプをカメラが捉えました。

同モデルは、2012年のパリモーターショーで最初のコンセプトモデルを公開し、2014年12月より日本で発売が開始されていますが、発売開始から僅か2年4ヶ月で、早くも改良型プロトタイプを捕捉したことになります。

インフィニティの巨大SUV「QX80モノグラフ」発表。まつ毛風LEDも市販化してほしい

主な改良点は、エクステリアではヘッドライト、LEDデイタイムランニングライト、フロント及びリアバンパーがリフレッシュされる程度になるほか、室内はトリムを一新する、最新世代のiDrive、ナビゲーション、エンターテイメントソフトウェアのアップデートが実行されると思われます。

日本仕様のパワートレインは、引き続き1.5リットル直列3気筒ターボ、2リットル直列4気筒ターボ、直列4気筒ディーゼルターボ、プラグインハイブリッドがキャリーオーバーされる可能性が高いようです。

ワールドプレミアは2018年3月のジュネーブモーターショーが有力です。

(APOLLO)

写真で見る限り、ぱっと見は大きく変わっていない様に見えますが、私が注目したのは、ライト周りです。

BMWファミリーの顔はこれでいく!

・・・とは言っても、ライト周りが一番カモフラージュが多くてはっきりとはわかりませんが、まずはエンジェルリングの光り方が変わっているように見えます。

現行型では、ライトは既にLED化されているものの、さらに後発のBMWとは違って、従来のバイキセノンライトのバルブだけをLEDに変えた様な感じでした。

ところが今回の写真を見ると、エンジェルリングは、LCI後の3シリーズの様な光り方をしていますし、カモフラージュで隠されている部分、特にライトの上の方は、「眉毛ウィンカー」を隠している様にも見えます。

スポンサーリンク

そして、私は最初にこの写真を見た時に「おっ!かっこよさそうー」と思ったのですが、何だかライトのレンズのカット、要するにライトの形が変わりそうですよね。カモフラージュのせいかも知れませんが、何だか最新のBMWファミリー共通の、「切れ長の目」になっていそうな感じに私には見えました。何だか、X2に似せてきている様な。

BMWのXシリーズフルライン化は2018年!残るは「2」と「7」ですが・・・

2017.03.28

今まではコロッとしていて、むしろ「可愛い」の味付けの方が強かった2シリーズアクティブツアラーですが、LCIでグッとハンサム顔に変身しそうですね。

まるで、ピッコロ大魔王が復活する天下一武道会に現れた、突然大人になった悟空みたいです。

人気車種って、普通はあまり変えませんよね。

現にF30系はデザインの評判も良かったようで、LCIといえど大きなデザイン変更はありませんでした。

2シリーズアクティブツアラーの好調ぶりを考えると、これでも結構変えている方だと個人的には思います。好調ではあるものの、顧客から「もっとBMWらしくクールに!」という要望があったのかも知れませんね。或いは、穿った見方をすると、モデルライフを延命するために、今回最新BMWの顔にアップデートした、ということもあるかも知れません。

でも私はそれでいいと思います。クルマの肥大化が続く限り、ベストなボディサイズというのは段々ヒエラルキーの下の階層に移っていくと思います。5シリーズよりも3シリーズ、3シリーズよりも2シリーズと言った具合に、です。

この様に考えると、私も次の買い替えの時には3シリーズがターゲットではなく、X1/2や1/2シリーズが候補になることだってありえますし、むしろその可能性が高いと思っています。

この時に、前モデルが延命されていて開発期間が十分にあれば、次期モデルの完成度が高くなるのでは?と、自分に都合よく勝手に考えているわけです(笑)。

パワープラントの革新はこのクラスからかもしれないと思っています。

何だか「風が吹けば桶屋が儲かる」くらいまどろっこしい話になりましたが、要するに私はBMWのコンパクトクラスが結構好きということです(笑)。

1シリーズの完成度の高さ、X1の万能ぶりを予感させるパッケージング、2シリーズアクティブツアラーの実用性と走りのクオリティの高さ。いずれもBMWの名に恥じないものであることは確認しています。

BMW118d試乗! ~ 最強の実用コンパクトBMW

2016.05.23

X1ディーゼルに試乗!〜完成度の高い、万能コンパクトSUV

2016.10.01

2シリーズアクティブ/ グランツアラーにディーゼルのxDriveがついに登場!この日を待っていました!

2017.01.18

さらに、これまた勝手な予想ですが、EVはこのクラスから「くる」のではないかという個人的な予想です。本格EV社会の到来はまだ先でしょうが、ボディの軽いこのクラスだからこそ、EVでの後続距離も稼ぎやすいはずです。まあ、その代わりにバッテリーを積むスペースの点では不利ですけど。

近い未来、そんな時が来るのかどうか、得意の妄想を働かせて楽しみに待ちたいと思います。

では、今回はこの辺で失礼します。ありがとうございました。

スポンサーリンク













8 件のコメント

  • 先日のアクティブツアラー試乗の感触が抜けきらないうちのLCIのニュース、気になります。
    2シリーズクーペのLCI情報やこの写真を見ると最近のデザインロジックであるライト先端がキドニーグリルと繋がるという変更はなさそうですね。バンパーだけでなくライトそのものの金型も変更するのはコストかかりますからね。
    それでいくと現行X3は随分頑張った感じですが。
    先日の試乗ではまだ私の選択肢には入りそうにないですが、グランクーペに乗りつくした後には価値観が少しは変わっているかもしれません。次期1シリーズはFFでしょうし、そちらという手もありますが。
    なんにせよ選択肢が多いのはいいと思います。

    • あっきろ様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      あっきろ様は4GCをつい最近選ばれたくらいの「熱い」方ですから、まだまだ2シリーズとかって考えられませんよね。

      そして、ご指摘の通り、FFとなるであろう次期1シリーズというのも考えなければいけませんよね。FF化で1シリーズはスペースユーティリティが高まる→3シリーズはさらにスペースユーティリティを高めなきゃ!→さらに大型化という流れが既に見えてますから(笑)。

      ただ、その時には現行M140iの中古というのもアリかも知れませんね。価格もこなれているでしょうし。

      まあ、何にしても将来のことはわかりません。まずはお互い今の愛車を存分に堪能しましょう!

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • こんにちは。もうアクティブツアラーがLCIですか・・・早いですね。
    発売間もなく私の父親に(当時120iでしたが)猛プッシュして218iに乗り換えてもらった経緯があります。
    乗り比べて、やはり運転が楽しいのは120iだと思いますが、74歳の親父曰く、乗り降りがとにかく楽になったのとエンジンパワーがちょうどよいとの事で、結果アクティブツアラーに乗り換えたことは大正解だったと申しております。  横幅が何気に少し大きいと購入前はビクビクしていましたが、2年半経った今も擦り傷はいまのところ見当たりません(笑)。 6月の誕生日に車を手放し免許を返納することに決めたそうなので、ぜひあと2か月、無事故で全うしてもらいたいです。

    アクティブツアラー、私もたまに借りて乗ることがありますが、運転席に座った瞬間、
    「めちゃくちゃ乗り込みやす~い」
    と感激している自分がおり、そろそろスタイルや走行性能うんぬんより実用性を有難がる傾向になっているのかな?感じ、ある種のもの悲しさと申しますか、歳について考えさせられることが増しています。(腹の肥大化も原因ではあるのですが(笑))

    前置き長くてすみません。だからこそX1やアクティブツアラーの今後は私個人的には大変興味深く、世界で大成功してもらいたい車種であります。

    • GYU POWER様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      そうでしたか。お父上が218iにお乗りだったんですね。しかも免許の返納もお決めになっているとは。

      素直にお父上のご決断に敬服します。そこまで楽しいクルマに乗っていながら潔くご決断するというのは、中々できないことだとお察しします。私でしたら、そのようにできるか、自信がありません。

      私は、将来のこと云々抜きで、単純にアクティブツアラーが好きです。周囲に威圧感を与えるようなミニバンが多い中で、非常にクリーンで知的なスタイリングと実用性を兼ね備えていて、メルセデスのBクラスとともに、これが将来のフルEV、完全自律運転車の姿なのではないか?と思えます。もちろん、走りもいいですしね。

      これからもこのクラスは目が離せません。当ブログでもこの様に折に触れて取り上げて行きたいと思っています。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • ボディサイズの大型化って本当に必要なのかな?と思うときがあります。
    もちろんデザイン上こうしたい、というものがあっての結果でしょうけどユーザーサイドからみると不必要な大型化ともとれる場合もありますよね。第一、日本の交通事情にマッチしてないという…。
    まぁ、自車の置き場が制限されてるやっかみですけどww
    それと、次の候補車輛をダウンサイズする件ですが、こちらの意見にも大いに共感します。次の乗換え時は確実に1人(もしかしたら2人)は家族から独立しているはずです。また年齢からくる昇降のしやすさなど、その時のベストな車輛ってあると思うんですよね。次も同じシリーズに乗れるとは限りませんし、乗りたいと思うかもわかりません。
    そういう意味でも、これから先も色々アンテナは張っておかないといかんですね。

    • 寒梅様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      いやー、寒梅様の今回のコメント、1行目から全てのクルマ好きの心の叫びを代弁するかの様にズバッと切り込んでいますね。切れ味抜群です(笑)。

      私は、昨今のボディサイズの肥大化は、安全のためなどの理由があるにせよ、エンジニアの努力不足が半分、ユーザーのリテラシーの低さが半分だと思っています。かつて、自動車ジャーナリストの福野礼一郎氏がフェラーリ360モデナを評して、あのサイズに納めたのがフェラーリの凄みである、といったことをおっしゃっていました。つまり、ボーッと作っていたら、360モデナはもっとだらしなく肥大化していた、と。

      これは本当のことだと思うんです。そして、ユーザーだって、誰もが「大きく立派なクルマ」を欲しているわけではないのは、古い話で大変恐縮ですな、「プリメーラ・パッケージ」で一世を風靡した初代プリメーラが絶賛されたことでも明らかです。

      自動車メーカーは早くこうしたことに気付いて欲しいですよね。

      後段のご意見にも、深く共感します。自分の「その時」にあった車両を選んで長く乗れたら、こんなに嬉しいことはないですよね。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • 2シリーズアクティブツアラーが手が届きそうな価格で登場したので、BMWディーラーに出向いたというのがあります。国産車に乗っている人が興味をもってもらうには最高です。私の周りにいる人ですが、BMWはどうなの?と聞かれて・・・その後、黒のグランツアラーのディーゼルモデルに乗っている人がいます。

    納車されてすぐ見せて頂きました。320Dと並べて写真もとりました。
    最近、お話する機会があったのですが、燃費、走り、非常に満足しているようでした。
    後ろに乗られる方の乗り心地は、ちょっと跳ねるような感想らしいです。

    今は、5シリーズクラスと同等の大きさはあるだろう車に乗っていますが、見た目がかなり大きくみえますが、これが、乗ってみると、快適^^小さい車も良いですが、大きいのも良いです。輸入車は長距離がつかれないと良く言われますが、正直、320Dより楽に運転できる分、疲労が少ないと感じています。

    アクティブツアラーも楽に運転できそうですので、ツーリングより疲れないかもしれませんね。

    • bmwpopo様

      いつもコメント頂きありがとうございます!

      グランツアラーのご友人、ご満足されてらっしゃる様で何よりですね。それにしても、グランツアラーでしかもブラックともなると、かなり凄味のある感じになりそうですね。

      グランツアラーは後ろが跳ねますか。私が短い時間試乗した限りではそこまでは気づきませんでしたがオーナー様ならではのご意見ですね。

      思うに、bmwpopo 様が感じてらっしゃる「疲労度の少なさ」は、視点の高さと振幅の大きさから来ているのではないかと推測します。

      視点の高さは、慣れないうちはロールが大きく感じて怖いかも知れませんが、遠くまで見通せるので精神的に疲れません。私は、トンネルで渋滞ですとか、大型バスやトラックの後ろで渋滞など、視界が効かない状況下では、時間に余裕があっても精神的に限界が来ます。

      そして、振幅の大きさは言わずもがなでしょう。先日、当ブログでもご紹介しましたが、M2と740eを比較すれば一目瞭然ですね。かたや小さな振幅を繰り返し、かたや巨大空母の、ようなゆったりとした振幅ですから。空母に乗ったことはないですけど(まだ言ってる)。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です