1シリーズと2シリーズにもモジュラーエンジンの波が。

最近、BMWのニュースでよく見るので知ってはいたんですが、なんでそんなに大騒ぎしているんだろう?と思っていまして・・・迂闊にも気づいていませんでした。そういえば「120i」と「220i」のエンジンはモジュラーユニットではなかったんですよね。

スポンサーリンク

120iと220iのエンジンも320iと同じモジュラーユニットに。

要するにそういうことですね。

今まで「120i」のエンジンは「118i」と同じ直列4気筒1.6L直噴ターボで、170ps/250Nmだったんですね。一方で220iは3シリーズと同じエンジンでした。

これが新型のいわゆる「B型」エンジンに切り替わって、120iに関しては出力がアップして184ps/270Nmに変わったわけですね。

1シリーズもモデル末期ですが細かく変更を加えて商品力を高めてくるあたりが中々小憎い演出ですね。

このモジュラーユニット、私は318i、330e、340iでそれぞれ3気筒・4気筒・6気筒を試したことになりますが、非常に上質で、「これぞBMW!」という繊細な回転フィールも持ち合わせた素晴らしいエンジンなんですよ。その後でメルセデスのCクラスやアウディA4という設計年次の新しい車に乗ったにも関わらず、やはりこのエンジンが一番イイ!と言える程素晴らしいものでした。

どう素晴らしいかというと、BMWでよく言われる「モーターのように吹け上がる」という特徴を、気筒数に関わらず見事に体現しているエンジンだったんです。

一方でディーゼルエンジンのモジュラー化は・・・

218dアクティブ/グランツアラーでデビューした直列4気筒2Lディーゼルエンジンが118dが半年ほど前に追加されたばかりで、かつX1にも最近追加されましたね。

BMW118d試乗! ~ 最強の実用コンパクトBMW

X1ディーゼルに試乗!〜完成度の高い、万能コンパクトSUV

118dや218d、それにX1 xDrive18dに搭載されているエンジンは110kw(150ps)ですが最大トルクが微妙に違い、118dは320Nm、218dとX1は330Nm。もっというと、320dは140kw(190ps)/ 400Nmで、523dとX3は135kw(184ps)/ 380Nm。

スポンサーリンク

なんで同じ直列4気筒2Lディーゼルでこんなに違うの?!と思うくらいのバリエーションですね。実はこれはエンジンの形式が違うんです。

最新の「B型」と呼ばれる、ガソリンエンジンとも基本構造を共有化する最新エンジンが搭載されているのは、118dと320d(B47D20A)。そして、1世代前ながらB型ユニットを搭載するのが218dとX1 xDrive18d(B47C20A)。そしてモジュラーユニットではないエンジンなのがX3 xDrive20dと523d(N47D20C)。私の320dツーリングは前期型ですので523dなどと同じN47D20Cユニットです。

B型エンジンのディーゼルはガソリンエンジンと同じポンプを使用したり、噴射圧を高めたり、1回の燃焼工程での噴射回数を増やしたりして燃費とパワーの改善を図ったエンジンでして、このB型のディーゼルエンジンもまたガソリンと同じく非常に上質な回転フィールを持ちます。

で、なぜここまで色々違うのかというと・・・ただ単に5シリーズやX3がモデル末期だからですね(笑)。今度新型に切り替わる時はエンジンもB型ユニットに変わるでしょう。

ドイツのBMWのサイトを見てもエンジン形式が書いていないので、325d/ 330d/ 335dそれぞれのエンジンがB型モジュラーユニットなのかはわかりませんでしたが、実はすでにガソリンエンジンとの基本構造の共有という点で、ディーゼルエンジンもモジュラー化の波に飲み込まれていたのでした。

この素晴らしいB型エンジンが短命に終わりませんように。

最近の当ブログでもご紹介している通り、ヨーロッパでは脱内燃機関の動きが始まっています。

BMWは内燃機関では燃費の向上に、EVでは航続距離の延長に寄与するのに重要なボディの軽量化に真っ向から取り組み、CLARプラットフォームを完成させて市販車に投入しています。

このCLARプラットフォームとB型ユニットの組み合わせ、まだ7シリーズでしか味わえませんが、できれば長くBMWの主力として頑張って欲しいです。すでに発表された5シリーズも、もっと言えば次期3シリーズをはじめとして次期X5や次期X3もCLARを採用するので、当然これにB型ユニットが搭載されてくるでしょうね。

ですが、脱内燃機関が加速すると、新車で買える期間は意外と短命に終わってしまう可能性もあります。すでにオランダでは2025年以降は内燃機関のクルマは新車では買えなくなる見込みであり、ノルウェーでも同時期までにEVしか購入できなくなる可能性も報じられています。ドイツでも連邦参議院が同様の法案を可決したばかりですね。まあ、これは法的拘束力はないものらしいですが。

となると、エンジン屋としてのBMWの内燃機関による車の歴史は、このCLAR+B型エンジンが最終形となるかもしれないんですよね。

最後の最後で基本構造にまで手を入れて大胆な改革を施し、来たる総EV化をも今から視野に入れているBMW。なんだか今までになく歴史の転換点にいる感覚が押し寄せてきて、無性にドキドキしています。

では、今回はこの辺で失礼します。ありがとうございました。

スポンサーリンク













6 件のコメント

  • 6気筒3000「B型」エンジンは、今までの6気筒3000と比べて別エンジンと思いました。7シリで高速に乗る時に、踏み込んでみましたが、エンジン音、加速体感は、気持ちよいものでした。最高です。車が7シリですから、車も最高ですが!笑 最近で一番印象深いエンジンです。320DのB型ディーゼルは試乗したことありませんが、前モデルでも相当優秀ですから、良いのは想像が付きます。

    私はpontaさんと同じで、総合的にはディーゼル押しですが、このB型3000は、ディーゼルに負けないぐらいの魅力があると思いました。燃費も都内を走って、大きな7シリで10以上を表示する所は、凄いと思います。新車では無理ですので、中古欲しい!

    脱内燃機関が加速するかもしれませんから、pontaさんの次の車選びも早くなるかもしれませんね。

    • bmwpopo様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      色々なクルマへのご試乗経験がおありのbmwpopo様がそうおっしゃるのですから、間違い無いのでしょうね。私も、B型ユニットは本当に優秀なエンジンだと思います。

      7シリーズで都内で10km/L以上走って、しかもあのパワーというのは、もはや私の中では「スゴイ」を通り越して「ズルい」の領域に入っています。

      私の妄想では、今もしちょっとした宝くじでも当たったとして、買うとしたら340iと320dで迷いそうだなあ・・・などと思うくらい、340iはサーキットでは良かったですね。とはいえ、初サーキットでしたのでちょっと記憶が曖昧なところがありますが(笑)。

      実はB型ユニットの320dは試乗したことがないんですよ。偶々Toto BMWさんに試乗車がないときばかり私がいっていたのですが、逆に乗らなくて良かったかも知れませんね。乗ったら欲しくなりますから。買わないですけど。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております!

  • いつも面白く楽しい記事をありがとうございます。
    私は440i(B58エンジン)に乗っていますが、思いがけない不具合の修理のため、車体性能が同じと思われる435i(N55エンジン)をディーラーの代車として数日間乗る機会がありました。
    どちらも素晴らしくスムースで魅力的なエンジンだと思いましたが、加速時の吹け上がり、高回転時の気持ちよさ、雑味のない高音質は、私も悔しいことに、残念ながら435i(N55)の方が圧倒的に優れていると感じました‥。B58では、燃焼効率向上、エンジン配置の汎用性向上、ディーゼルと供用化する為、等により大きく変更されたロングストローク化が、やはり官能性の面でネガティブに作用しているのだと思います。ディーラー整備の方も同意見でした。
    7シリーズはエンジン以外に防音・防振を主体とする車体性能が極めて優れていますから、エンジン性能における官能性は大きくマスクされたのではないでしょうか。

    • 440i_LHD様

      初めまして!いつも当ブログにお越しいただいているようで、ありがとうございます!コメントもいただけて嬉しいです!

      440iですか!いいですねー。しかもこのハンドルネームからすると・・・こだわりの左ハンドルですね?ということはドライビングポジションというか、足の位置などはオフセットせずに自然な位置に収まっているということですね。

      私がN55エンジンの3L直列6気筒に乗ったのは、実は当ブログの過去記事でも書いている、Activehybrid3のみです。モーターアシストによる強烈な加速に驚きましたが、エンジン自体も非常にパワフルなエンジンでした。こちらのエンジンは、あくまで私の感想ですが、かなり野性味のあるエンジンだったと思います。いかにも直噴ターボの、低回転域からトルクがグイグイ溢れ出ている、といった感じですかね。
      対するB58エンジンは、これまた個人的な感想ですが、非常に繊細な回転上昇をするエンジンだと思いました。もちろん、パワーに不足はありませんし、実際すごい加速なのですが、それを感じさせないといいますか、非常に洗練された感触だったと記憶しております。双方ともロングストロークで実用性を狙っているかと思いきや、きちんとスポーティなところはさすがBMWと思いました。

      個人的には・・・どちらも好きですが(笑)、最新のB型エンジンは何気筒でも滑らかな感触を示すことから非常に優秀なエンジンだと思っています。これは完全に好みの問題だと思います。以前、当ブログの記事でもMとALPINAの比較をしましたが、Mが好きな方もいれば、私のようにALPINA好きもおります。それと同じだと思います。

      ぜひ、440iの魅力を教えてくださ!実は、私は高回転域でのスムーズさがどうだったかまでは余裕がなくて覚えていないんです。なにせ340iに試乗したのは、サーキットでしたから(笑)。

      これからもお気軽にコメントいただけると大変嬉しいです。楽しみにお待ちしております。

  • モジュラー化のメリットを考えると当然部材は色々共用できるのでPontaさんがおっしゃる通りコストダウンがありますね。
    何よりエンジンルームの設計がある程度画一化できるので色々な黄金比の再計算なども毎回細かく必要なくなってエンジンやその周りの設計にかかる時間が短縮出来そうです。
    その分設計者は、ガソリン動力やその乗り味に関する部分は従来の水準を保ったままEV/PHV機能や安全装置の設計など他の部分に時間や能力を注力できるメリットがあると思います。
    色々将来を見据えての事なんでしょうね。
    これからも目が離せませんね。

    • (元)E46乗り様

      いつもコメントいただきありがとうございます!

      いつものことながら、(元)E46乗り様の博識さと、ぐっと切り込んでいく鋭い視点の持ち方は私もいつも学ばせていただいております。

      B型モジュラーユニットは、単なるコストダウンだけに留まらない、非常に優秀なエンジンだと思います。低回転域からトルクがあるのに、従来のダウンサイジングターボのようにそれを誇示するかのような力強さではなく、あくまでBMWらしい繊細な回り方をして、優秀なエンジンだと思います。

      (元)E46乗り様ご指摘の通り、実はこのエンジンのモジュラー化って、将来的なEVやPHV化に向けた布石だったのかも知れませんね。そういうこともあって、クルマの電化には一歩先んじているのでしょうか。

      では、またのコメント楽しみにお待ちしております。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください